【2021年】デスクヒーターおすすめ15選|火事の危険性と電気代も徹底解説!

足元の冷えは全身の冷えに繋がるので要注意!そんな足元の冷えには"デスクヒーター"がおすすめです。足元ヒーターとも呼ばれていて、デスク下に収まるようなコンパクト設計が特徴。本記事では、そんなおすすめのデスクヒーターや人気のパネルタイプについてもご紹介します。

2021/10/21 更新

冬の寒い時期、オフィスでの仕事中に足元が冷えて困っていませんか?女性の方は特に冬場でも制服がスカートのことも多く、足元からくる冷えには頭を悩まされていることでしょう。

 

そんな時は、デスクの下を温めるデスクヒーターの導入を考えてみるのがおすすめです。 しかし初めての購入となると、「本当に暖かいの?」「電気代はどれくらい?」など、気になりますよね。

 

この記事では、デスクヒーターの電気代や安全面おすすめの選び方などをわかりやすくご紹介しています。1台あれば冬の時期には幅広い使い方が出来ますので、購入の際は参考にしてください。

今すぐ見る!デスクヒーターのおすすめ15選

デスクヒーターは足元ヒーターとも呼ばれていて、デスク下に収まるように設計された暖房器具です。デスクの下に取り付けるタイプや、足元に置くタイプ、こたつのように使えるタイプなど、形状や仕様も様々です。

 

デスク下で使うことが目的とされているのでコンパクトながらも、冷えやすい足元を効果的に温めてくれます。デスクヒーターで下半身を温めることで血液の循環がよくなり、全身が温まりやすいという利点があります。

 

冷え性の女性は効率的に体を温めながら、デスクワークや受験勉強などが行えるでしょう。乾燥が気になる方は加湿器との併用もおすすめです。

暖房器具で気を付けたいのは電気代。デスクヒーターはどれくらい電気代がかかるのでしょうか。特に職場のコンセントを使う場合は、電気代がかさまないか気になりますよね。

 

基本的にデスクヒーターの電気代は、ボードタイプは1時間で2円前後、セラミックファンヒーターは1時間で15~20円くらいが主流です。

 

電気代を抑えたい方はボードタイプを選ぶと良いでしょう。セラミックファンヒータータイプを選ぶ場合は、電気代を比較して選ぶのもおすすめです。

今すぐ見る!デスクヒーターのおすすめ15選

昔ながらの遠赤外線ストーブは、熱くなりすぎて火傷をしたり、倒れたり衣類が触れると火事の危険がありました。しかし現代のデスクヒーターは安全性が高く作られています

 

多くのデスクヒーターは、パネル・ボードタイプは100~300W。セラミックファンヒータータイプは500~700Wくらいで温風がでます。

 

特にパネル・ボードタイプは高熱にならないので安全性が高く、子供やお年寄りでも使いやすくなっています。さらに安全性を求めるならオフタイマー搭載機種を選ぶと良いでしょう。

デスクの下で足元をあたためるにはデスクヒーターがおすすめ。しかしデスクヒーターはそれ以外の使い方も可能です。

小さいお子さんでも安心

歩き始めのお子様や、走り回るお子様には危険がいっぱい。コードに引っ掛かって暖房器具を倒してしまったり、直接暖房器具に手を触れてしまうこともあります。

 

その点デスクヒーターは火を使わず、部屋全体を温める暖房器具より熱量も弱めなので、小さなお子様でも安心して使えます。デスクヒーターに長時間近付きすぎて低音火傷にならないようにだけ注意しましょう。

犬や猫などのペットにも!

足元だけ暖まるデスクヒーターは、ペットにもぴったり。他の暖房器具と違い、効率的にペット周りを温めてくれます。家庭ではリビングで足元にデスクヒーターを置き、ペットと一緒にくつろぎながら温まることも可能です。

 

ペットがデスクヒーターを倒してしまっても、火傷しないというメリットもあります。ペット用ヒーターが気になる方は、猫用ヒーターについてご紹介した以下の記事を参考にしてください。

様々な形状のデスクヒーターが販売されていますが、その種類は大きく分けると2種類になります。それぞれの特徴を解説していくので選ぶ際の参考にしてください。

パネル・ボードタイプ

「パネルタイプ」のデスクヒーターは、キッチンのコンロで使う油除けのような形状で、パネルをコの字型に立てて使用します。その形状から足全体が均等に温まり、和室では背中を温めることも可能です。

 

「ボードタイプ」薄いボードをデスク下の天板の裏面や正面やサイドなどに、ぴったりと貼り付けるタイプ。デスクにくっつけるので場所を取らないのがメリットです。デスクの種類によっては、引き出しが開けにくくなることあるのでチェックしておきましょう。

セラミックファンヒーター

「セラミックファンヒーター」は、送風ファンを回して温風を出すヒーターです。暖房器具として温める性能が高く、短時間で広い範囲が温まります。

 

足元から腰まで広く温風が届くので、狭いオフィスでは複数人で温まったり、リビングで家族みんなで温まることも可能です。

デスクヒーターには様々な便利な機能が備わっています。自分にとって必要な機能をチェックしましょう。

オフタイマー

オフタイマー機能は、一定時間になると自動的に電源が切れるタイマー機能です。他にもセンサーで人を感知し誰もいない時は電源をオフにしたり、デスクヒーターが倒れると電源オフになる便利なタイプもあります。

 

自動的に電源を切ってくれるので、消し忘れたり足にぶつかって倒れてしまっても安心です。オフィスで急に席を外した時にも便利です。

電気代

「オフィスで8時間使う」「受験生の子供の部屋で使う」など、毎日のように長時間使用するなら電気代にも注目。例えば8時間で15円と8時間で150円では、月に換算すると465円と4,650円と大きく差があります。

 

電気代を節約したいなら、少ない熱でポイント的に温めるパネル・ボードタイプがおすすめ。一方、電気代がかさみやすいセラミックファンヒーターでも、省エネタイプがあるので購入の際は確認しましょう

静音性

オフィスで使う場合には静音性もチェック。静かなオフィスで作動音が目立つと他の方の仕事の妨げになってしまいます。特にセラミックファンヒーターはファンが回るため、多少なりとも作動音はするので注意が必要です。

 

その点、パネル・ボードタイプはほぼ無音で使用できるので、オフィスでも安心して使えます。

温度調節機能

その日の室温や体調によって、好みの温度が変わってくるので、温度調整機能が付いたデスクヒーターがおすすめです。

 

また、デスクヒーターは机の下という小さなスペースで使うため、熱がこもりがち。低温火傷しないように、こまめに温度はチェックすると良いでしょう。

デスクヒーターの世の中ランキング

  • ランク王独自のアルゴリズムで作成した商品ランキングのこと。世の中で本当に売れている商品がわかります。
1位 アイリスオーヤマ

PH-TSA-H

価格:5,980円 (税込)

電気代はコタツの4分の1!足元をピンポイントで温めるヒーター

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はデスクワークや勉強の際に足元を暖めるのに適したコンパクトなパネルヒーターです。スライド式の調整で55~40℃と幅広い温度設定が無段階で調整できる使いやすさも魅力の1つ。高さが48cmあるので、ひざ掛けと併用することでコタツのような暖かさを感じられると好評です。

使用しない時は折り畳んでスマートに収納しておけるため、省スペースに収納できるのは嬉しいポイント。6時間操作せずに経過したり、温度が上がりすぎたりすると自動で電源が落ちる「温度ヒューズ」付いているので、小さいお子様が留守番をする機会が多いご家庭にもおすすめです。
タイプ デスクパネルヒーター 燃料【L】 電気L
消費電力【W】 160W 電源コード長さ【m】 1.5m
幅x高さx奥行き【mm】 450x480x300mm 重量【kg】 1.6kg
2位 サンワサプライ

PH-DESK1W

価格:5,800円 (税込)

マグネット式だから取り付けも簡単なデスクパネルヒーター

Yahoo!で詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、サンワサプライより発売されているオフィスで活躍間違いなし!のデスクパネルヒーターです。マグネットで張り付けるだけの簡単設置が嬉しいですね。1~7時間の間で、OFFタイマーを設定できます。また、8時間経った場合は自動で運転を切ってくれる「自動電源タイマー機能」つき。スイッチは手前にあるので、使いやすさも抜群です。

切り忘れ防止に役立つタイマー機能が搭載されているため、終業時の「うっかり」や、外回りから戻れなくなった場合でも安心です。また、本商品を使えば足元からしっかり暖めることができるので、換気中の寒さが苦手な方におすすめです。
タイプ デスクパネルヒーター 燃料【L】 電気L
スタイル マグネット 消費電力【W】 27W
タイマー【時間】 設定OFFタイマー/1・2・3・4・5・6・7時間 電源コード長さ【m】 2.5m
自動電源オフ 幅x高さx奥行き【mm】 380x35x330 mm
重量【kg】 1.3kg
3位 パナソニック

DC-PKD3-C

価格:13,389円 (税込)

デスクワークを快適に!ひざ下を優しく暖めるパネルヒーター

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品はひざ下を快適に暖めることができるパナソニック製のパネルヒーターです。デスク下に入るちょうどよいサイズで、2段階の温度調整機能がついています。温度調整は約55度の強と約37度の弱の2種類。また、1時間の電気代は約4.5円とランニングコストもおさえることができます。

電源コードが長く、コンセントから離れた場所にも設置可能。また、本体を畳むと収納・持ち運びがしやすいので、オフィスでも家庭でも活躍します。パネルヒーターは冬に使うイメージですが、クーラーが効きすぎて寒いと感じるときには夏でも使えるのも便利。冷え性の方には特におすすめしたい商品です。
タイプ デスクヒーター 燃料【L】 電気L
消費電力【W】 165W 電源コード長さ【m】 1.8m
幅x高さx奥行き【mm】 450x480x300mm 重量【kg】 2.2kg
4位 ダイアモンドヘッド

Head) ROOMMATE RM-91A

価格:4,082円 (税込)

蛇腹式で省スペース設置・収納が可能なパネルヒーター

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、ダイアモンドヘッドより発売されている足元からしっかりと暖めてくれるパネルヒーターです。4面識のヒーターは3つの関節で折り曲げられる仕様になっているので、デスクの下に置いても邪魔になりません。温度は、弱・中・強の3段階。たためばコンパクトになるので、収納にも困りませんね。3時間のオフタイマーも嬉しいポイントです。

電源を切り忘れてしまいがちな方でも安心してお使いいただけます。コンパクト設計なので、狭いオフィスのちょっとしたスペースに置いて使いたい方にもピッタリ!また、お子さまの学習机の下やダイニングテーブルの下に置きたい方にもおすすめです。
タイプ フリースタイルデスクヒーター 燃料【L】 電気L
消費電力【W】 130W 電源コード長さ【m】 1.5m
幅x高さx奥行き【mm】 1160x10x510 mm 重量【kg】 1.7kg
5位 パナソニック

DC-PKD4-H

価格:9,450円 (税込)

広範囲を暖められる自立タイプのパネルヒーター

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は足先から膝下まで広範囲に暖められるパナソニックのパネルヒーターです。自立タイプでデスク下にも置きやすく膝から下を包み込むように立てかけられるので、足元をしっかり暖めてくれます。床に座った状態でも背中から暖めることもできるのは嬉しいポイントです。

厚さ3cmの薄型で場所をとらず、使わない時はコンパクトに折り畳みが可能。強と弱の2段階の温度調節ができ、夏の冷房の冷えすぎからも守ってくれます。弱は37℃と体温よりも少し高いくらいと程よい温度設定で、電気代を節約したい方にピッタリ。比較的高価ながらも、メーカーの安心度から人気が高いデスクヒーターです。
タイプ デスクヒーター 燃料【L】 電気L
スタイル 据置き 電源コード長さ【m】 1.8m
幅x高さx奥行き【mm】 450x480x300mm 重量【kg】 2.2kg

デスクヒーターの世の中ランキングの比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:6047753の画像

    アイリスオーヤマ

  • アイテムID:6047754の画像

    サンワサプライ

  • アイテムID:6047755の画像

    パナソニック

  • アイテムID:6047756の画像

    ダイアモンドヘッド

  • アイテムID:6047757の画像

    パナソニック

  • 商品名
  • PH-TSA-H
  • PH-DESK1W
  • DC-PKD3-C
  • Head) ROOMMATE RM-91A
  • DC-PKD4-H
  • 特徴
  • 電気代はコタツの4分の1!足元をピンポイントで温めるヒーター
  • マグネット式だから取り付けも簡単なデスクパネルヒーター
  • デスクワークを快適に!ひざ下を優しく暖めるパネルヒーター
  • 蛇腹式で省スペース設置・収納が可能なパネルヒーター
  • 広範囲を暖められる自立タイプのパネルヒーター
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 5800円(税込)
  • 13389円(税込)
  • 4082円(税込)
  • 9450円(税込)
  • タイプ
  • デスクパネルヒーター
  • デスクパネルヒーター
  • デスクヒーター
  • フリースタイルデスクヒーター
  • デスクヒーター
  • 燃料
  • 電気
  • 電気
  • 電気
  • 電気
  • 電気
  • 消費電力
  • 160
  • 27
  • 165
  • 130
  • 電源コード長さ
  • 1.5
  • 2.5
  • 1.8
  • 1.5
  • 1.8
  • 幅x高さx奥行き
  • 450x480x300
  • 380x35x330
  • 450x480x300
  • 1160x10x510
  • 450x480x300
  • 重量
  • 1.6
  • 1.3
  • 2.2
  • 1.7
  • 2.2
  • スタイル
  • マグネット
  • 据置き
  • タイマー
  • 設定OFFタイマー/1・2・3・4・5・6・7
  • 自動電源オフ
ニトリ

くっつけられるマグネットヒーター NO(ホワイト)

価格:4,990円 (税込)

ニトリの人気商品!電気代は1時間あたり約0.6円

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デスクの天板裏側に取り付けて使用するデスクヒーターです。付属のパーツを使用することでさまざまな材質に取り付けることができます。電気代は1時間あたり約0.6円とかなりローコストで経済的な一台です。

 

ヒーターは遠赤外線搭載で、体の内側からじんわりと温めてくれます。1・2・3時間の3段階調節が可能な電源オフタイマー付きなので、消し忘れを防止することができます。国内メーカーならではの1年保証付きです。

メーカー ニトリ 商品名 マグネットヒーター
タイプ パネルヒーター(マグネット) サイズ(幅x高さx奥行き) 320×350×196mm
重量 1,000g 電気代(消費電力) 約0.6円/1時間
機能 切タイマー(1・2・3時間)付き

おすすめのデスクヒーター15選と選び方をご紹介しました。デスクヒーターは冬のオフィスでの強い味方になり、お家でも活用できます。お気に入りを見つけて快適に過ごしましょう。

# おすすめ # 電気代

ヒーター・ストーブ デスクヒーター デスクパネルヒーターの全商品一覧

商品一覧を見る