【充電式・USB】コードレスドライヤーのおすすめ7選|持ち運びもらくらく!

一般的なドライヤーといえばコードで電源を取るタイプですが、コードレスの充電式ドライヤーがあることをご存知でしょうか?煩わしいコードのないドライヤーはとても便利です。ここでは、充電式ドライヤーのメリットやおすすめ商品を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

2021/10/21 更新

ドライヤーのコードを面倒・邪魔と感じたことはありませんか?コンセントの届く範囲でしか髪を乾かせなかったり、勝手にコードが絡まったり、収納が面倒くさかったり、コードなしで髪を乾かせたら便利ですよね。

 

実は、充電式でコードレスのドライヤーもあるんです。充電をする必要がありますが、充電さえすれば、コンセントを使わずにドライヤーを使うことができるので、旅行時にも大活躍のドライヤーなんです。しかし機能面では通常のドライヤーより劣る点も見られます。

 

そこでこの記事では、充電式のドライヤーが向いている人、充電式ドライヤーの特徴、選び方、具体的な商品を紹介します。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

今すぐ見る!おすすめのコードレスドライヤー7選

コードレスドライヤーとは、あらかじめ充電して使用するタイプのドライヤーのことを指します。最近では、スタンドタイプの充電器USBケーブルを用いて充電する商品が増えてきました。コードがない分、使用する場所を選ばず旅行や外出時にも活躍してくれるでしょう。

コードレスドライヤーのメリット

コード付きドライヤーが主流となっている今、コードなし使える充電式ドライヤーは扱いやすいと注目されています。では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?簡単にまとめてみました。

 

  • 充電式ドライヤーはコンセントを必要とせずどこでも使えるため、旅行時や停電時にも使えて便利。
  • 使用時にコードが絡まる心配がなく、自在に扱える。
  • コードがないため、軽くてコンパクトな商品が多い。
  • 場所を選ばず収納しやすい。
  • 小さなお子様がいるご家庭では、ドライヤーの使用中にコードを引っ張るなどのイタズラをされる心配がなく安全に使用できる。

コードレスドライヤーのデメリット

どのような製品にもデメリットはつきものです。以下にコードレスドライヤーのデメリットをまとめました。メリットのほうが大きいと感じる場合には、コードレスドライヤーが向いているのかもしれません。

 

  • 充電式ドライヤーは風量が弱い傾向にある。
  • 熱風の温度が低い傾向にある。
  • 充電式は充電に3時間程度の時間を要し、うっかり充電を忘れてしまうと次に使うときに使用できない。
  • 連続使用可能時間に制限がある。

コードレスドライヤーは、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは「ヘアドライヤー」、もう1つは「くるくるドライヤー」です。ここでは、それぞれの特徴について説明していきます。

ヘヤドライヤー

充電式ヘアドライヤーは、濡れた髪を乾かすための一般的なドライヤーのことをいいます。スイッチ1つで温風、冷風、弱風などの切り替えができ、好みに合わせて温度や風量を選ぶことができます。

 

ヘアセット用に弱めの温風が出るドライヤーもあり、風を当てながらヘアコームでセットすることができるので便利ですよ。また、風とともにマイナスイオンが出るものは熱による髪の傷みを防ぎます。髪の長い女性にとっては特に嬉しい機能ですね。

くるくるドライヤー

くるくるドライヤーは、別名カールドライヤーなどとも言い、ドライヤーとブラシが一体化した形状のものです。ある程度髪を乾かした後に、ブラシに髪を巻き付けるようにしながらとかします。風も出るので、髪をセットしながら完全に乾かすことができるでしょう。

 

最近では、くるくるドライヤーも充電式でコードレスのものが販売されるようになりました。コードレスだとどのような向きで使用してもコードが邪魔になることがないので、よりノンストレスでヘアセットができるでしょう。

今すぐ見る!おすすめのコードレスドライヤー7選

コードレスだしUSB充電出来るのでとても便利です。 朝時間のない時に鞄に入れて、電車の待ち時間にトイレで整える事も出来るのでズボラな私にはピッタリの商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは充電式くるくるドライヤーの口コミです。やはり持ち運びする方にとっては重宝するアイテムのようですね。時間の有効活用もできて効率的です。

温風が47度〜50度ということでしたが、そんな温度になってると思えません(冷風より少し温かいか同じと思えるぐらい)。 hotに切り替えるとモーターの回転が若干下がるので、電力をヒーターの方に回しているように思います。よって、故障ではなくこういった仕様なのでしょう。 温風が出ることが決め手で購入したので、それが満足できなかったということで星3つです。 その他が良かっただけに残念です。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは思ったより温風の温度が低かったという口コミですね。充電式はコードありのものより温度が低くなる傾向があるようです。

注文して素早く届きました。惹かれたタイトルの通りUSB充電コードレスヘアブラシ マイナスイオン 2600mAh 150度恒温加熱電熱ブラシ 遠赤外線搭載 頭皮振動マッサージ 持ち運び便利 静電気防止 疲れ解除 火傷防止等、いちいち試すことが楽しかった。コードレスで室内でどこでもやれるし、マイナスイオンはさすか効いて髪の艶が変わったと思います。 頭皮振動マッサージ することも楽しかったです。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは充電式くるくるドライヤーの口コミです。マイナスイオン効果のあるものだと髪質もよくなるようです。やはり場所を問わないコードレスは便利ですね。

風量が弱いため、乾くまで時間がかかる。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは充電式ヘアドライヤーの口コミです。一般的なドライヤーと比べると、充電式は商品によって風量が弱く感じられることがあるようです。

便利なコードレスドライヤーですが、安全に使用するために知っておきたい注意点があります。1つは収納場所について、もう1つは海外での使用についてです。これから購入を検討している方は、ぜひ確認しておきましょう。

コードレスドライヤーの収納場所

一般的にドライヤーは髪を洗った後に使用するため、洗面所に収納しているという方が多いのではないでしょうか?しかし、充電式コードレスドライヤーは湿気の多い場所で使用するとショートや感電の恐れがあり危険です。

 

そのため、収納場所はできるだけ水回りを避け、湿気の少ない場所を選ぶとよいでしょう。また、使用後の熱い状態で収納すると、接している部分が溶ける可能性があります。収納する際は熱が冷めてからしまうことを心がけましょう。

海外旅行には注意

充電式ドライヤーを、海外旅行に持っていく方も多いのではないでしょうか?しかし、充電式ドライヤーに内蔵されているリチウム電池は、安全性の観点から飛行機の手荷物検査で引っかかる可能性があります。

 

一部制限つきで機内に持ち込み可能な場合もありますが、旅行計画の際はよく確認しておきましょう。飛行機を使った旅行に、充電式ドライヤーを持っていくことはあまりおすすめしません。海外旅行などにどうしてもドライヤーを持参したい場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

コードレスドライヤーを選ぶ際は、使用目的や髪質を把握した上で何を一番優先するかを考えることが大切です。ここでは、「風量」「使用可能時間」「サイズ・重量」「充電方式・時間」について、選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

風量

一般的に風量が弱い傾向にある充電式コードレスドライヤーですが、実際のところ機種によって風量は様々で、中には風量の強さを売りにした商品もあります。風量が強いほど髪が乾きやすく時短になるため、特に髪の量が多い方髪の長い女性におすすめです。

 

ただし、ヘアセットのためのくるくるドライヤーを検討している場合には、あまり風量が強いと髪が舞ってしまいセットしにくいかもしれません。自分に合った風量のものを見つけましょう。

使用可能時間

充電式である以上、使用可能時間には制限があります。一般的に充電時間が長いものは使用可能時間も長くなりますが、温風や冷風かによっても変わってきます。例えば、温風だと14分、冷風だと3時間というように、温風の方が使用可能は短くなります。

 

冷風では長時間使用できるものが多いので、普段から冷風のみを使うという方は、あまり使用可能時間にこだわる必要はないでしょう。

サイズ・重量

外出時や旅行など、持ち運びをする予定がある場合にはコンパクトサイズのものがおすすめです。コードレスヘアドライヤーでは、持ち手の部分が折りたたみ可能なものもあります。カバンに入れたときや、自宅に保管するときもかさばらずに、すっきりと収納できるでしょう。

 

また、ドライヤーは重量も大切なポイントです。持ち運びする際はもちろん、自宅で使用する場合にも軽量のものは腕が疲れにくく、ヘアセットしやすいというメリットがあります。ネットで購入する場合には商品を実際に手に取ることができないので、重量を見て同じ重さの別のものを持ってみるとよいでしょう。

充電方式・充電時間

コードレスドライヤーの充電方式には、USBタイプとスタンドタイプがあります。パソコンをよく利用する方は、パソコンを起動しながら充電できるUSBタイプが便利でしょう。

 

一方、スタンドタイプは、スタンド式充電器に設置して充電する方式をいいます。いつでも簡単に充電できるので、充電忘れが心配な方におすすめです。

 

充電時間は商品によって差が大きいようです。早いと、2時間程度で充電ができるものがありますが、4時間くらいかかる商品もあります。機能を比較検討し自分に合ったものを選びましょう。

サンコー

THANKO コードレスドライヤー SACRMHDB

価格:6,191円 (税込)

熱風でしっかり乾く

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスドライヤーによくありがちな冷風機能のみのものとは違い、熱風でしっかり濡れた髪を乾かします。ジムやスポーツクラブでシャワーを浴びた後や、プールの後など、日常のレジャーに持って行くことでより快適に過ごせるでしょう。また、電圧100~240V対応で海外で使用することもできます。ただ、リチウム電池が使われているため、機内の持ち込みには気をつけてください。

風量 12.5m/s 重量 614g
サイズ 幅190高さ250奥行75(mm) 使用可能時間 HOT約14分・COOL約3.7時間
充電時間 約3.5時間 充電方式 スタンド
funks

funks Lifuwa

価格:12,800円 (税込)

3段階の風量切り替え機能つき

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温風、冷風ともに3段階の風量調節ができる高機能モデルです。ヘアセットしたいときは弱風、早く乾かしたいときは強風など、そのときの状況に合わせて適切な風量を選択できます。温風の強風にすれば、髪の長い方でもあまり時間をかけずに乾かすことができるでしょう。先端のノズルは取り外し可能で、理想のヘアスタイルに仕上げられることも可能。スタイリッシュでおしゃれなデザインも人気です。

風量 記載なし 重量 575g
サイズ 幅72高さ234奥行130(mm) 使用可能時間 HOT:HIGH25分、MID30分、LOW35分、COOL:HIGH100分、MID130分、LOW185分
充電時間 約4時間 充電方式 スタンド
ケーズウェーブ(K's Wave)

ヘアードライヤー WHS

価格:9,777円 (税込)

2つのアタッチメントで思い通りのスタイリング

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温風、冷風ともに使用でき、普段使いにもおすすめのコードレスヘアドライヤー。アタッチメントには、集風ノズルとディフューザーの2種類が選べます。集風ノズルをつければ、平たい吹き出し口に風を集中させて効率よく髪を乾かすことができます。

 

また、ディフューザーにつけ替えると、熱は保ちつつ風を拡散してくれるので、髪がふんわりと仕上がります。ボリュームのある髪やパーマのスタイリングに最適です。海外対応電圧で海外旅行にもおすすめです。

風量 12.5m/s 重量 600g
サイズ 幅70奥行145高さ245(mm) 使用可能時間 HOT 約15分・COOL約3時間
充電時間 約3.5時間 充電方式 スタンド
Deogra

USB充電コードレスヘアブラシ

価格:3,500円 (税込)

マイナスイオン効果でうるツヤ髪

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイナスイオンが放出され、髪と地肌に潤いを与えます。静電気に悩まされる冬の時期にも重宝するでしょう。また、遠赤外線を搭載しているため、発根・頭皮の血行を促します。頭皮振動マッサージ機能を使えば、頭皮の血行が促されてリラックスできるでしょう。充電方式はUSB充電を採用しているため、様々な場所か充電することができます。安めの価格設定ですが、機能性が高いのでおすすめです。

風量 記載なし 重量 記載なし
サイズ 記載なし 使用可能時間 120℃5分間
充電時間 記載なし 充電方式 USB
コイズミ (KOIZUMI)

KHR-6410/P

価格:5,265円 (税込)

2段階の温度調節機能つき

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

120℃、160℃の2段階から温度を選ぶことができ、髪をしっかりセットしたい方、ゆるくセットしたい方にもおすすめです。巻き始めに便利なイージークリップ搭載、さらに、髪を挟みながら巻けるクリップつきで初心者の方にも、優しいドライヤーです。軽くてコンパクトなデザインなので、外出や旅行にもおすすめです。ブラシ部分は髪が絡まりにくい形状となっており、髪の多い方や絡まりやすい方でも安心して使えますね。

風量 記載なし 重量 165g
サイズ 幅228奥行47高さ49(mm) 使用可能時間 約20分
充電時間 3時間 充電方式 USB
ライソン

KSDY-001D

価格:7,980円 (税込)

シンプル設計で使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風の温度は温風、冷風の2段階から選べます。髪を乾かすことに特化しており、無駄な機能のないシンプルな設計なので、スポーツ後や旅先でもしっかり髪を乾かしたいという方におすすめです。機能がシンプルなため、価格も低めの設定になっています。ゴールドが目を引くおしゃれなデザインも魅力の一つです。部屋に出しっぱなしでも、インテリアのような質感があるので、あえて見せる収納にしてもよいですね。

風量 12.5m/s 重量 610g
サイズ 幅80奥行145高さ240(mm) 使用可能時間 HOT約14分・COOL約2.5~3.5時間
充電時間 3.5時間 充電方式 スタンド
MANLI

MANLI ヘアドライヤー

価格:4,280円 (税込)

コンパクトな折りたたみ型

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたむとかなりコンパクトになるので、外出時の持ち運びも荷物にならずに済むでしょう。重量はわずか345gで、他のコードレスドライヤーと比べても格段に軽いため、軽量・コンパクトを追求したい方におすすめの商品です。また、風は冷風のみですが約30℃なので、冷たすぎず不快感のない温度となっています。マニキュアや料理を乾かしたい時にも使えて便利です。

風量 1.6㎥/分 重量 345g
サイズ 高さ20×幅17×奥行6.5cm 使用可能時間 約35分間
充電時間 約3時間 充電方式 専用充電器

自宅で電源を気にせずに使用できるのはもちろん、外出先にも手軽に持ち運べるコードレスドライヤーは、普段の生活をちょっと豊かにしてくれる便利なアイテムです。商品によって強みや特徴は様々ですので、記事の内容を参考に自分に合った1台を見つけてくださいね。

# 持ち運び # おすすめ