AQUAの洗濯機は壊れやすい?寿命や故障した時の問い合わせ先も

ハイアールブランドのAQUA洗濯機は壊れやすい?そんな事はありませんでした。むしろ頑丈で高耐久、静音性と省電力性に優れています。コインランドリーのシェアからAQUAの歴史、そして口コミまでをご紹介します。

2021/10/28 更新

編集部おすすめの記事

中国メーカーは壊れやすい。そんなイメージを多くの人が、現在も持っているでしょう。しかし中国メーカーが壊れやすく、品質が粗悪だったのは昔の話です。なぜなら品質に厳しいといわれている日本で、AQUAは12%ものシェアを獲得しています。洗濯機よりもさらに繊細で高品質が求められるPCの分野でも、中国メーカーのLenovo(レノボ)は2017年の調査で、壊れにくいメーカーとして評価されています。

 

中国製品が安かろう悪かろうは、すでに昔の話になっています。世界シェアでテレビ出荷台数2位のTCLや、ハイセンス。エアコンでは世界シェア1位の珠海格力電器など、中国家電の躍進は凄まじい速さです。今や中国製の家電製品は、コストパフォーマンスに優れているという評価がもっとも多いのではないでしょうか。

中国の白物家電製品の品質が良くなったのは、いったいいつ頃からでしょうか。中国が市場開放したのは1992年です。2000年代初頭には安い人件費を目当てに、世界中の製造メーカーが中国に工場を建てました。また中国外の企業による、中国への投資も盛んに行われました。

 

中国は国を挙げてITや白物家電、その他の製造業における品質向上に取り組みます。外国企業のM&Aや合併、現地法人化などもその手法の1つです。また日本とは比較にならない高給で、エンジニアや技術者を世界から集めました。

 

世界の工場と呼ばれて様々な製品を製造した中国は今や、世界中の製造業のノウハウを持っていると言っても過言ではありません。中国製品の品質向上も、なかば必然的に進んでいったのです。

世界中が中国に進出する環境の中で中国企業は、積極的に世界や日本の技術を取り入れようと動きます。2002年に中国のハイアールは、三洋電機との合併を行います。その後、パナソニックが三洋電機を完全子会社化したときに、洗濯機・冷蔵庫部門をハイアールに売却します。その際にAQUAが、ハイアールへと引き継がれました。

 

今でもハイアールの洗濯機部門の開発陣は、旧三洋電機から引き継がれた技術が多く残されています。またエンジニアも、三洋電機からの方がいらっしゃるようです。このように中国メーカーは、技術を取り込むことで白物家電の品質向上に努めてきたのです。

 

エアコンや冷蔵庫はもとより、洗濯機事業もまた品質を向上させてきた部門の1つです。AQUAやハイアールには、三洋電機から引き継いだ多くの技術とノウハウが活かされています

三洋電機といえば昔から、尖った技術で多くの熱心なファンを獲得してきた家電メーカーでした。パンにご飯を混ぜたごパンを焼くホームベーカリーや、炊飯器のおどり炊きで三洋電機を思い出す人もいるのではないでしょうか。

 

三洋電機は洗濯機の名門でもありました。1953年には日本初の、噴流式洗濯機を開発・販売します。さらに現在の縦型洗濯機の原型である、パルセータが底についている洗濯機を開発したのも三洋電機です。渦巻き式と命名されたそうです。他にも糸くずフィルターや洗剤量のガイドも、三洋電機が開発した機能です。

 

三洋電機の尖ったエンジニアたちは、ハイアールになった現在もAQUAで活躍しているそうです。

大物の洗濯物や、雨の日の洗濯物でコインランドリーを活用する人は多いと思います。そのコインランドリーの洗濯機の73%がAQUAと知っていましたか?ホテルなどのランドリールームの洗濯機も、圧倒的にAQUAが多いようです。未だにSANYOのロゴの付いた洗濯機を、使用しているところもあるようです。

 

なぜAQUAの洗濯機は、コインランドリーでこれほど圧倒的なシェアを誇るのでしょうか?壊れにくく頑丈といのが、一番の理由です。AQUAの洗濯機が中国製だから壊れやすい、というのは間違いでした。

AQUAの洗濯機の特徴として、他のメーカーに比べて低価格ということが挙げられます。国内大手の東芝やシャープ、日立などに比べると1万円以上安いことも珍しくありません。1人暮らし用セット家電などでは、国内メーカーより海外メーカーが3万円以上安くこともあります。

海外メーカーが壊れやすいという話はありますが、AQUAはむしろ壊れにくく頑丈です。洗濯機はどのような機能がついているか?も大事ですが、やはりいちばん気になるのは耐久性です。

 

AQUAはハイアールに吸収されてからも、日本人エンジニアが多く活躍しています。技術面のみならず耐久性や品質も、日本製品と比べて遜色ありません。海外メーカーの中ではもっとも、品質の高い洗濯機の1つです。

このように価格は国内メーカーよりリーズナブルであり、品質は国内メーカーと比較しても遜色ないのがAQUAブランドの洗濯機です。コインランドリーで圧倒的な人気ということも、AQUAの洗濯機の耐久性や頑丈さを表しています

 

AQUA(アクア)は過剰な機能を省いている面が、リーズナブルかつ高品質で高耐久性につながっているのです。一般的な家庭での洗濯機として、もっともおすすめできるのがAQUAブランドと言えるでしょう。洗濯機の買い替えでは必ず、検討する選択肢に入れておきたいものです。

上述した通りAQUAは中国メーカーですが、品質は向上しておりすぐに壊れるということはありません。当然ながら、他メーカーの製品と比較して寿命が短いということもありません。

 

洗濯機の寿命は約10年前後と言われています。理由は、約7割の人が10年程度で故障による買い替えを行っているからです。また、メーカーによる補修用の部品保有期間は製造打ち切り後6年と定められています。製造が終了している洗濯機の場合は6年を過ぎると修理も難しくなるため、買い替えが必要になります。

洗濯機の故障は、いくつかのよくあるパターンがあります。

 

  • コントローラーの故障
  • 排水と給水の故障
  • モーターの故障

 

購入して1年以内の故障なら、保証がついており無料で修理できます。また、コントローラーが示すエラーコードの中には、個人で解決できる故障もあります。AQUAのメーカーページや取扱説明書で確認しましょう。

 

修理費用は洗濯機のモデルによっても異なるため、メーカーに問い合わせてください。修理費用が購入費用より高くなりそうであれば、新しい洗濯機の購入を検討しましょう。

AQUA

アクア 7.0kg 全自動洗濯機 ホワイトAQUA AQW-GV70H-W

価格:50,400円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
AQUA
商品名
AQW-GV70H-W
寸法・サイズ
幅565mm(排水ホース含む)×奥行550mm×高さ965mm
機能
3Dパワフル洗浄/やわらか脱水/高濃度クリーン浸透等
洗濯方式
縦型
洗濯容量
7.0kgまで
スペック詳細
https://aqua-has.com/laundry/product/aqw03/GV70H/
取扱説明書
https://aqua-has.com/upload/support_material/torisetsu_43120190610131245.pdf

AQW-GV70Hは1人暮らしで洗濯物をためやすい人、ないし一般的な3~4人の家庭におすすめできる洗濯機です。大きな特徴としては洗濯物容量が7キロあること、インバーター機能が備わっていることです。

 

インバーター機能とは停止・全開しか回転のない通常の洗濯機ではなく、必要に応じて回転数を変化させてくれる機能です。これにより例えば夜間の洗濯物を、静かに行うことが可能になります。特にアパートや賃貸の場合、洗濯機の騒音は気になります。インバーター機能のついた洗濯機は、非常におすすめな購入候補でしょう。

 

 

一番多い評価が、インバーター機能がついた洗濯機の中でもっともリーズナブルだったという評価です。国内洗濯機メーカーに比べると、2万円以上安かった例もあるそうです。AQUAはハイアールの中では最上位モデルですが、国内メーカーに比べるとコストパフォーマンスに優れています。

 

次に多い口コミが、静音性に対しての満足感でした。インバーター機能付きの洗濯機の中では普通程度の評価ですが、価格が安かったこともあり好感度が上がっています。その他にも省電力性に対する口コミもありました。

 

ただし機能面では洗濯機に必要な、最低限の機能しかついていません。逆に言えば他メーカーの過剰で使用しない機能を省いたモデルが、AQW-GV70HやAQUAの特徴と言えます。

洗い・すすぎの音はそれなりで、水音の後ろに洗濯槽の回る音が聞こえます(それでも今までよりは静かです)。 脱水は本当に静かで驚きました。 そして日立では脱衣所に響き渡るほど長くてうるさかった終了時のメロディ音が普通のブザー音になりました(苦笑)。

出典: https://review.kakaku.com

やはり脱水のときの騒音は気になるものです。本当に静かと評価されるほどですから、ほかの洗濯機と比べても静かなのでしょう。
他社に比べて値段は2~3万くらい安い。加えて、コインランドリーや業務用洗濯機では世界的シェアを誇る会社だというのでそこを信頼して購入。 使ってみての感想は、「静か」、「手入れが楽」そして「水をそれほど使わない」というところで目からうろこ。

出典: https://www.amazon.co.jp

同じクラスのモデルでは、他社製よりかなり安いようです。コストパフォーマンスに優れているとの評価は、もっとも多かった評価の1つです。また世界的シェアというのも、購入に際して安心感が大きくなりますね。

AQUAはもともと日本のメーカーであり、高い技術力と品質が評価されていた三洋電機が大本です。中国資本になったとはいえ、現在でも日本人エンジニアがその技術力と品質管理などを担っています

 

日本のコインランドリーでも高いシェアを誇り、世界的にもトップブランドと認識されています。一部には中国メーカーだから壊れやすいという風評がありますが、実際はむしろ頑丈で耐久性があります。購入の際の安心感は、国内メーカーに匹敵するのではないでしょうか。

 

コストパフォーマンスに優れ、機能では必要最低限。頑丈で高耐久性という洗濯機がAQUAの特徴かと思います。質実剛健というイメージが、AQUAには一番にあっているのではないでしょうか。

関連する記事

ハイアール冷蔵庫の口コミ・評判|壊れやすいって本当?【デメリット】のサムネイル画像

ハイアール冷蔵庫の口コミ・評判|壊れやすいって本当?【デメリット】

2022/04/05

【2022年最新】ハイアールの冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方のサムネイル画像

【2022年最新】ハイアールの冷蔵庫の一覧と最新情報|特徴・評判やおすすめの選び方

2021/10/21

【2022年最新版】パナソニックのテレビVIERAの人気おすすめランキング15選【特徴・評価・選び方も】のサムネイル画像

【2022年最新版】パナソニックのテレビVIERAの人気おすすめランキング15選【特徴・評価・選び方も】

2022/04/04

【壊れやすいメーカーってある?】テレビの人気メーカー12社の特徴一覧!気になる口コミも紹介!のサムネイル画像

【壊れやすいメーカーってある?】テレビの人気メーカー12社の特徴一覧!気になる口コミも紹介!

2022/04/04

LGテレビの特徴・評価|壊れやすい?デメリットも解説【4K・有機el】のサムネイル画像

LGテレビの特徴・評価|壊れやすい?デメリットも解説【4K・有機el】

2022/04/05