【最悪?壊れやすい?】アクアの洗濯機の評判・口コミまとめ| 仕上がりは?

家電メーカーアクアは、さまざまなコスパの高い洗濯機を販売している点に定評があります。しかし「壊れやすい」「最悪」という声もあるので購入が不安ですよね。そこで、今回は実際の評判・口コミを徹底解説。おすすめ商品や故障した場合の修理についても紹介します。

2022/05/26 更新

編集部おすすめの記事

毎日の洗濯に欠かせない家電の洗濯機。縦型洗濯機やドラム式洗濯機などさまざまな種類があり、多くのメーカーが商品を展開しています。国内メーカーなら、パナソニック・日立・東芝・シャープなどが有名ですよね。

 

今回紹介するのは人気メーカー「アクア(AQUA)」の洗濯機。アクアの洗濯機は価格が相場よりも安いことで人気ですが、その反面「性能が低い」「壊れやすい」「最悪」といった評判もあるため不安になりますよね。

 

そこで、この記事ではアクアの洗濯機の気になる口コミを徹底解説します。また、おすすめ商品やアクアの洗濯機の寿命・万が一の故障した場合の問い合わせ方法についてもご紹介。アクアの洗濯機が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

ここでは家電メーカーであるアクアがどんな会社なのか・ハイアールとの関係・商品の品質はどうなのかといった点について解説します。

 

<目次>

アクアの源流を辿ると日本のパナソニックに買収された、白物家電に定評のあったメーカー「三洋電機」が元になります。

 

三洋電機がパナソニックに買収されその後、ハイアールが買収したのが白物家電部門のグループです。アクアというのはざっくりまとめると、中国メーカーであるハイアールの家電ブランド名になります。

アクアには元いた三洋電機の卓越した技術者もたくさん残っています。そのため、アクアは三洋電機の技術をほぼ継承しています。アクアは海外メーカーですが、日本で京都にあるR&Dという研究施設で開発、設計されています。

 

「心地よさ、という品質。」をキャッチコピーとして掲げていて、白物家電と業務用洗濯機に定評があります。また、コインランドリーの分野は世界でも70%のシェア率を誇るレベルです。

ここではアクアの縦型全自動洗濯機の特徴やその評判について紹介します。縦型全自動洗濯機の購入を検討している方は、特徴と口コミをチェックしてください。

 

<目次>

アクアの全自動洗濯機はアクア独自の技術である、立体的に水流を作り出すトールウイングパルセーターと、高濃度クリーン浸透で洗剤を馴染ませて汚れを落とします。そして、内部は衣類が傷みにくいスクラブドラム構造です。

 

高濃度クリーン浸透は、定水位に水流を発生させ衣類に洗剤を浸透させます。洗剤をうまくなじませるのがアクア独自の技術トールウイングパルセーターの仕事です。トールウイングパルセーターは、タテとヨコに水流を発生させる「3Dパワフル洗浄」で汚れをよく落とします。

 

3Dパワフル洗浄はタテの水流で汚れを落とし、ヨコの水流で揉み洗い効果を付加。その結果、立体的に水流が発生し撹拌させるので、手で揉み洗いしたように頑固な汚れを落とすシステムです。

スクラブドラムは凹凸に丸みがあり、脱水の穴が小さく衣類のダメージを軽減します。例えば、衣類のほつれや色落ちなど抑えることが可能です。また、洗濯の際に付く糸くずも糸くずフィルターで受け止めます。洗濯後の糸くずをほとんど残しません。

アクアの洗濯機で脱水すると衣類はきれいにやわらかく、ソフトな仕上がりに。中には、アクアの洗濯機で「ジェルボールコース」の機能を搭載した機種があります。ジェルボールコースの洗濯機は、P&Gがアクアとともに協力開発したシステムです。

 

アリエールやボールドのジェルボール洗剤を使用すると、脱水後は防臭・香りが付いて仕上がりが格段によくなります。

小さなお子さんのいる家庭では食べこぼしや泥汚れなど、衣類を何度も洗うので毎日が大変ですよね。毎日何回も洗っていると悩むのは衣類の痛みです。アクアの全自動洗濯機は、衣類の痛みを軽減できます。

 

30回以上洗濯しても色落ちも少なく、糸のほつれはほとんどないと口コミでの評判は上々です。トップドアはクリアガラスを搭載している機種が多いので、洗濯の状態を目視で確認できて安心との声もたくさんあります。

ここではアクアのドラム式洗濯機の特徴や、その評判について紹介します。アクアのドラム式は形状が他のメーカーに比べて特徴的なため、口コミも合わせてぜひチェックしてみてください。

 

<目次>

アクアのドラム式洗濯機は、中のドラムが水平であることが特徴です。通常のドラム式洗濯機のドラムは斜めに設計されていますが、水平ドラムによって洗浄のムラを抑えながらしっかり洗えるのがポイント。取り出す際も衣類が絡みにくい設計なので、ストレスもありません。

 

また、洗剤の自動投入機能もついています。洗濯物の量によって自動で洗剤や柔軟剤の量を調整するため、洗剤の入れすぎを防げて経済的です。さらに、洗剤の自動投入タンクを掃除する自動投入経路洗浄機能もついているため、洗剤タンクを清潔に保てます。

アクアのドラム式洗濯機は、お湯の温度を選んで洗えるお湯洗いモードがついているものもあります。60℃の高温で洗浄することで黄ばみなども落としてくれるので、洗浄力の高さや洗い上がりの良さに満足している声もあり人気の洗濯機です。

 

また、12kgという大容量ながらコンパクトサイズな点も好評です。スッキリとした見た目のため、場所をとらずどんなインテリアにもマッチします。

ここではアクアの二槽式洗濯機の特徴と評判についてそれぞれ解説します。二槽式洗濯機は頑固な汚れを落とすのに適している洗濯機です。

 

<目次>

アクアには脱水と洗いが一体型になった二槽式洗濯機があります。性能自体は昔ながらの二槽式洗濯機です。洗濯機と脱水のつまみをカチカチっと回し自分好みの洗い方で使用するだけなので、操作性が単純で分かりやすいですよ。

 

アクアの二槽式洗濯機のパルセーターは抗菌ビッグパルセーターが搭載されており、衣類を大きく撹拌し汚れがよく落ちます。また、風呂水専用の給水口が付いていて便利です。ウールのようなデリケートな衣類にはソフト洗いができます。

アクアの二槽式洗濯機の評判として一番多かったのが、使いやすいという点です。アクアの二槽式洗濯機は昔ながらの操作性を残しており、レバーを回すだけなので非常に使いやすいのもメリットです。

 

また、デザイン性は少しチープとの意見も多いですが、汚れはしっかり落とせます。洗い終わったら、隣の脱水層に入れ簡単に脱水ができるのが便利で評判は上々です。

 

ただ、静音性はいまいちで脱水時のカラカラ音や洗濯時のゴォーっという低音が響きます。マンション住みの方は21時以降の使用は難しいかもしれません。静音性の高い洗濯機を求めている方は下記の記事もおすすめです。

ここではアクアの洗濯機全般の悪い評判を紹介します。アクアの洗濯機を買おうと思っているけれど「壊れやすく最悪」「買ってはいけない洗濯機」などのネガティブな意見が気になる方はぜひチェックしてください。

 

<目次>

アクアの洗濯機は、エラーが頻発し壊れやすいという意見が散見されています。特に二層式洗濯機の場合、脱水層がよく壊れるとSNSで言われています。ただ、よく起こるエラーは洗濯物を詰めすぎたり、トップドアが開きっぱなしで出るエラーが多いようですね。

 

稀に排水ホース関連や脱水エラーも引き起こします。エラーが出た場合は、エラー番号をメモに取り、取扱説明書などに対処法が載っているものは自分で対処できます。説明書に載っていない場合は、サポートセンターに連絡して対応してもらいましょう。

アクアは海外メーカーだし壊れやすいんじゃないの?と不安な声もあります。しかし、アクアは、ハイアールの高級ブランドで、源流は日本メーカーの三洋電機です。アクアには三洋電機時代の開発技術者も多数開発に携わっています。

 

業界やアクアのファンからは「洗いのプロ」とも絶賛されるほどです。設計上の使用年数や保証期間・アフターケアのサポートもあるので安心して購入・お使いいただけますよ。後ほど詳しく解説します。

運転時間や温湿度など標準的な使用条件(日本工業規格 JIS C9921-4)に基づく経年劣化に対して、製造した年から安全上支障なく使用することができる標準的な期間です。設計上の標準使用期間は、無償保証期間とは異なります。また、一般的な故障を保証するものではありません。

出典: https://aqua-has.com

次にアクアの洗濯機全般の良い口コミを紹介します。アクアの洗濯機の全体の評判が気になる方はぜひチェックしてください。

 

<目次>

変なアレンジもなくすっきりした機能美重視のデザインで良いと思います。 日立のビックドラムは外板のつなぎ目が段差まるけでベコベコしたり安っぽかったけどそれもなく、すっきり良い感じです。

出典: https://review.kakaku.com

シンプルなデザイン、抜群の洗浄力、静かな動作音、汚れ易い洗剤ボックスをキレイに洗い流す機能など、洗濯機能に絞った高性能がとても気に入りました。 温水洗浄はしていませんが、多分抜群洗浄をするのだろうと今までの使い勝手をみて想像は出来ます。 やはり元三洋電機の技術者が転籍し作り上げた洗濯機 とても優秀な製品と思います。

出典: https://review.kakaku.com

アクアの洗濯機の良い評判としては、性能がシャープやパナソニックと言った国産メーカーにも劣りません。上記で挙げたトールウイングパルセーターやスクラブドラムといった独自の技術などは、比較的新しい全自動洗濯機の機種に搭載さています。

 

その結果、パルセーターが作り出す水流はパワーのある洗浄力が味わえ、節水力・静穏性・衣類のケア力は、アクアの洗濯機ならではです。中国産だからと言って国産メーカーに劣ることはありません。

デザインもすごく素敵で、インテリア代わりになりますね。いかにも、家電!って感じがしないのが良い。あと、埃がつきにくいとおもいます。

出典: https://review.kakaku.com

ヨーロピアンスタイルの縦型ドラムでスッキリしていて意外と集合住宅的にもコンパクトなので良い。

出典: https://review.kakaku.com

アクアの洗濯機は、スタイリッシュで清潔なデザイン性とデジタル表示は直感的で操作しやすい点も評価を得ています。トップドアはアクアのシリーズのほとんどでガラス製のドアを採用しているので、中身を確認できるのはもちろん見た目のおしゃれさも魅力ですね。

 

清潔な白を基調にした洗濯機が多いですが、その白が美しいのもおすすめポイントです。また、機械音痴でもデジタル表示やタッチパネルが直感的に分かりやすく、近未来的なデザインも人気です。

基本性能はちゃんと押さえてあって8㎏洗えてデザインが欧米的でカッコいい。これが実質7万切って買えるんですよ!

出典: https://review.kakaku.com

容量と価格のバランス、温風乾燥がある点でこの製品にした。コインランドリーでよく見かける機種だったこともあり(業務用と家庭用の違いはあるにせよ)、結果として、満足のいく製品だったので購入してよかった。

出典: https://review.kakaku.com

アクアの一番の魅力はやはり、安いことです。良い評判の中には安くてコスパが良いとの意見も多数あります。7kgで30,000円~50,000円台、10kgで80,000円台です。

 

日立やパナソニックと言った国産メーカーに比べかなり安いのが伺えます。ドラム式洗濯機も、一般的な相場の半分以下の8〜10万程度の金額で買うことができますよ。

 

本体価格だけでなく、購入する時期を検討するとさらに洗濯機を安く購入できることがあります。興味がある方は下記のリンクを参考にしてください。

ここではアクアの全自動洗濯機、二槽式洗濯機、ドラム式洗濯機の各商品とその口コミを紹介します。縦型洗濯機から紹介しますが、二層式・ドラム式洗濯機をすぐに見たい方は以下のリンクをクリックしてくださいね。

 

アクア(AQUA)

全自動洗濯機 Prette AQW-GVX80J-W

価格:77,000円 (税込)

頑固な汚れも芯からきれいに

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手を汚さず襟・袖の汚れを落とす 「らくらくSONIC(超音波洗浄機)」搭載の全自動洗濯機(8kg)です。皮脂汚れ残りによる黄ばみも抑えることができます。「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能を採用していて、洗濯のたびに計量する手間を省き、入れ過ぎも防ぎますよ。頑固な汚れも芯からきれいにする「パワフル泡浸透&3Dパワフル洗浄」を採用。泡の力で繊維の奥の汚れをキャッチ、立体水流で撹拌しもみ洗いを行います。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

洗濯機タイプ
簡易乾燥機能付洗濯機
洗濯容量
8 kg
標準使用水量
90 L
運転音
洗い 約35dB / 脱水 約38dB
寸法・サイズ
幅550(排水ホース含む:590)×高さ1010(給水ホース含む)×奥行563(排水ホース含む:572) mm
(省略) ドラム式洗濯機も検討していましたが、やはり洗浄力は大事なので、洗浄力に自信があるこの洗濯機と比較して最後はプレッテを選びました。夏場、菌が原因でニオイが気になるようなこと、なるべく減らしたいですし! 高機能で無駄がなくコスパのよい1台に出会えて、僕の新生活もいい調子です。 これからの洗濯も楽しみです!

出典: https://review.kakaku.com

洗浄力を考慮してPretteを選んだ方の口コミです。コスパの良さに大満足の評価をされています。
アクア(AQUA)

全自動洗濯機 AQW-GV80J-W

価格:55,590円 (税込)

シンプルながら基本機能をしっかり搭載

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衣類のダメージを抑えてキレイに洗い上げる「3Dパワフル洗浄&高濃度クリーン浸透RX」搭載モデルです。P&Gアリエール・ボールドと共同開発の「ジェルボールコース」で、ジェルボールの防臭・香り付けの有効成分を最大限活かしながらすすぎを行いますよ。きれいに洗うのが見えてお手入れもしやすいクリアガラストップを採用しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

洗濯機タイプ
簡易乾燥機能付洗濯機
洗濯容量
8 kg
標準使用水量
90 L
運転音
洗い 約36dB / 脱水 約38dB
寸法・サイズ
幅550(排水ホース含む:580)×高さ980×奥行570 mm
2000年製の洗濯機からの新規購入ですので、すべてを良く感じています。目新しい機能は付いていないと思いますが、シンプルに必要最小限の機能が、ちゃんと付いているので満足しています。音も静かです。

出典: https://review.rakuten.co.jp

最低限の機能が付いていれば問題ない人にとって、AQW-GV80Jはうってつけの洗濯機のようです。気になる稼働音も気にならないとの声も多く見られます。
アクア(AQUA)

全自動洗濯乾燥機 AQW-GTW100J(W)

価格:92,070円 (税込)

衣類を傷めず優しく洗い上げる

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先に紹介したGV80Jと同様にジェルボールコース搭載のほか、汚れはしっかり落として衣類ダメージを軽減する「激落ちケア洗浄」機能を搭載しています。繊維の奥まで浸透した洗剤液が汚れを浮かし、W反転水流で衣類の絡みを抑えながらしっかりもみ洗い。スパイラルシャワーで念入りに仕上げるので衣類の痛みを抑制しますよ。また、スピーディーにふんわり仕上げる「ふわふわクイック乾燥」機能も搭載しています。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

洗濯機タイプ
洗濯乾燥機
洗濯容量
10 kg
標準使用水量
105 L
運転音
洗濯 37/脱水 38/乾燥 42 dB
寸法・サイズ
幅580(排水ホース含む:620)×高さ1060×奥行665 mm
(省略) 購入から1か月ほど使用しています。乾燥後の衣類の乾き具合は良好です。ただし、乾燥後に、乾燥フィルターにかなり糸くずが付着しており、毎回乾燥後に。この糸くずを取らないと半乾きになるので注意が必要です。

出典: https://review.kakaku.com

ふわふわクイック乾燥機能についての詳しいレビューです。乾燥機能はしっかりしているようですが、こまめにメンテナンスを行うことが大切ですね。
アクア

AQW-S60D-W

価格:3,000円 (税込)

立体循環ジェット水流で強力に汚れを落とす

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQW-S60Dは生産が終了していますが、中古品として今でも人気の高い商品です。水流を4か所から発生させてしっかり衣類を洗う立体循環ジェット水流や、W糸くずフィルター搭載で洗い上がりの良さを実現しています。洗濯後に自動で洗濯・脱水槽を掃除するので清潔に使用することができますよ。容量は6kgで布団のような大物も洗濯できます。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

洗濯機タイプ
縦型洗濯機
洗濯容量
6.0kg
標準使用水量
約112L
運転音
洗い 約37dB / 脱水 約49dB
寸法・サイズ
幅565mm(排水ホース含む)×奥行540mm×高さ895mm
国内トップメーカーと比較しても性能や品質にそれほど差を感じない。 洗濯をまめにする人だとやや容量は過剰かも。さすが6KG洗いなので汚れの落ちは良い気がします。 音はそれなりにしますね。

出典: https://www.amazon.co.jp

立体循環ジェット水流による汚れ落ちは好評なようです。他メーカーと遜色がない洗浄力なのがうれしいですね。運転音は脱水時に約49dBと一般的ですが、静音性が高いと言われる洗濯機は40dB前後なので運転音の静かさを求める方は注意したいポイントです。
AQUA

AQW-GV70J

価格:67,600円 (税込)

アクア 7.0kg 全自動洗濯機 AQUA AQW-GV70J

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクアの全自動洗濯機おすすめが、AQW-GV70Jです。AQW-GV70Jは、洗濯容量と脱水容量が7キロと、絶妙なサイズ感となっています。コスパも程よく、ミドルレンジで70,000円弱。しかも、トップガラスはクリアで美しく、お手入れもさっと一拭きで簡単です。

 

GVシリーズの最大のポイントは、ジェルボールを搭載したモデルという点です。全自動でジェルボールを搭載した機種は、7キロ台ではGVシリーズしかありません。そのため、脱水後の仕上がりは極限まで高められます。p&gと共同開発したジェルボールコースを試したいのであればコスパの良いAQW-GV70Jがおすすめです。

洗濯機タイプ
縦型洗濯機
洗濯容量
7.0kg
標準使用水量
約86L
運転音
洗濯35dB / 脱水38dB
寸法・サイズ
幅565mm×奥行550mm×高さ965mm
以下の口コミは前年モデルのAQW-GV70Hのものになります。AQW-GV70Jは2020年発売の最新モデルです。
すすぎ一回推奨の液体洗剤を使っているし、今後はすすぎ一回コースで洗っていこうと思います。 どちらも、洗濯物の傷みや絡まりは気にならなくて良かったです。 ジェルボールコースは、そもそもジェルボールが一人暮らしの洗濯量だとコスパが悪いのでめったに使用しませんが、リネン類等大量に洗濯する時には便利でした

出典: https://review.kakaku.com

アリエールやボールドのジェルボールはパックごとに個数が入っています。1日1個使用する計算で行くと34個入りがあり800円ほどの値段がします。一人暮らしレベルの洗濯量だとコスパが悪いようですね。大量に洗濯するときなどに利用すると良いかもしれません。
ガラストップなので、洗濯の様子が見えて安心です。脱水も静かですが、液体洗剤を入れる場所が不便。ジェルボールもサンプルでついてました。あとはAQUAというブランドがいまいちかなぁ。元サンヨーみたいだけど。

出典: https://www.amazon.co.jp

アクアの洗濯機の多くはガラストップを採用しており洗濯の中身が見えます。シャープやパナソニックと言った他のメーカーでも中身が見たいという人はたくさんいます。きちんと洗濯されているか不安な方でも目視で確認できるので安心感が大きいという点は大きなメリットです。
AQUA

AQUA AQW-GVX140J

価格:149,700円 (税込)

最大14kg洗える大容量の全自動洗濯機

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AQW-GVX140Jは現在生産終了していますが、大容量の全自動洗濯機として今でも人気の商品です。最大14kgまで洗濯可能で、洗濯容量がシングルサイズの毛布なら5枚までまとめて洗濯できるのが嬉しいポイント。また、汚れが目立ちやすい襟や袖などピンポイントで洗いたい場合に便利な「らくらくSONIC」も掲載。超音波の力で集中的に汚れを落とながら、黄ばみ汚れも抑制します。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

洗濯機タイプ
縦型洗濯機
洗濯容量
14kg
標準使用水量
約169L
運転音
約36/約38dB
寸法・サイズ
幅650×奥行633×高さ1069mm
【洗浄力】大容量の洗濯をする際、利用する水量が少ない感じがします。つまり節水型です。洗濯時の撹拌はあまりないのですが、しっかり汚れは落とします。撹拌が小さいためか、ゴミ取りネットにたまるゴミは非常に少ないです。逆に言えば生地にやさしい洗い方をしていると思います。

出典: https://review.kakaku.com

少ない水量でも汚れをしっかり落とすパワーがあるのは嬉しいポイントですね。それでも汚れが気になる場合は、洗う前に超音波で汚れを落とす「らくらくSONIC」機能である程度汚れを落としてから洗濯することをおすすめします。
AQUA

AQW-N50-W

価格:32,665円 (税込)

使いやすい二槽式洗濯機

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクアの洗濯機で使いやすいと意外に評判が良いのが二槽式洗濯機のAQW-N50-Wです。洗濯容量と脱水量が5kgと少なめですが、一人暮らし用だと問題ありません。また、N50にはステンレス脱水層が付いているので以前より耐久性も上がり、カビが付きにくくなっています。

 

洗濯機としても汚れを綺麗に落としますし、申し分ない機能が盛りだくさんついています。レバーを回しボタンを押すだで操作できるのもポイントの1つです。普段の洗濯機を一度でも使用したことのある方ならすぐ慣れるボタン配列。一人暮らしや機械音痴の人にもピッタリですよ。

洗濯機タイプ
二槽式洗濯機
洗濯容量
5.0kg
標準仕様水量
高43 / 中36 / 低30L
運転音(50/60Hz)
洗濯43/45dB 脱水48/53dB
寸法・サイズ
幅785×奥行435×高さ918mm

アクア二槽式洗濯機の口コミはほとんどありませんでした。操作が簡単なダイヤル式で大きく視認性が良いという口コミは多数あります。中には、物珍しい人も多いようで、アクアの二層式洗濯機は多くのファンを抱えています。

 

ただ、モデルチェンジしたAQW-N50-Wは、アクアの日本製ではなく、ハイアールの中国製なので、不満を持っている方も多いようです。アクアの二槽式洗濯機はSNSなどでは脱水層の故障が多いという意見が多く見受けられますので、そういう意見も頭の片隅に入れて置いてもいいかもしれません。

AQUA

AQW-FV800E-W

価格:82,600円 (税込)

格安ドラム式洗濯機

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクアの全自動洗濯機などの機種はたくさんあります。しかし、アクアのドラム式洗濯機はここで紹介する「AQW-FV800E-W」の1つしかありません。AQW-FV800Eの大きなポイントは、「お湯洗い」が出来る点です。

 

洗濯では20°~60°の5段階範囲で、黄ばみや汚れに強いお湯で洗濯出来ます。このお湯洗いの効果が非常に高く、白い衣類に付いた脂汚れ、黄ばみ、除菌などは、見栄えの良かった元の白い服に戻るレベルです。また、様々な衣類に対応しているので、洗濯の際わざわざコインランドリーや業者に頼まずに済むのが大きなメリットです。

 

ドラム式洗濯機の相場は18万〜30万程度ですが、「AQW-FV800E-W」は価格が10万以下と破格の値段をしています。しかし乾燥機能がついていない点には注意が必要です。

洗濯機タイプ
ドラム式洗濯機
洗濯容量
8.0kg
標準使用容量
57L
運転音
洗濯32dB / 脱水44dB
寸法・サイズ
幅595×奥行625×高さ860mm
シンプルなデザイン、抜群の洗浄力、静かな動作音、汚れ易い洗剤ボックスをキレイに洗い流す機能など、洗濯機能に絞った高性能がとても気に入りました。温水洗浄はしていませんが、多分抜群洗浄をするのだろうと今までの使い勝手をみて想像は出来ます。やはり元三洋電機の技術者が転籍し作り上げた洗濯機 とても優秀な製品と思います。

出典: https://review.kakaku.com

アクアのドラム式洗濯機はデザインがかっこよく、洗浄力は抜群に良いです。また、高機能な点が所有者に大いにウケています。ブランド力を海外メーカーの選ぶ指標にするより、優秀な技術者がいるというのは洗濯機を選ぶ時の一つの指標ですね。
本体自体も小さめなので、すっきりしています。 色も白で圧迫感がなし。 汚れ物も、温かいお湯で、ドロもとれます。 漬け置きコースもあるので、バケツは不要だし。 節水効果もあるので、確かに水道代は減りました。以前はドラムじゃなかったので。 おとも大きくないし、揺れも激しくない。

出典: https://review.kakaku.com

やはり、20°~60度の範囲の温かいお湯で洗濯できる機能は、大きな汚れや細かい汚れも落ちやすいという意見が多数あります。しかも幅が59.5cm、奥行きが62.5cmと比較的スリムなのも評価ポイント。
AQUA

AQUA AQW-DX12M ドラム式洗濯乾燥機

価格:164,800円 (税込)

コンパクトで大容量なまっ直ぐドラム

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでコンパクトな見た目ながら、12kgの大容量タイプのドラム式洗濯機。温水によって黄ばみなどしつこい汚れをしっかり落とせるお湯洗いモードも搭載しています。また、なかなか洗えないスーツや制服、ダウンなどのアウターを温風ミストとUVライトの力で除菌・消臭するエアウォッシュ機能によって、家庭で簡単に衣類ケアできるのがおすすめのポイントです。

 

スペック詳細はこちら

取扱説明書はこちら

洗濯機タイプ
ドラム式洗濯機
洗濯容量
12kg
標準使用水量
約84L
運転音
洗濯時34dB/脱水時46dB/乾燥時47dB
寸法・サイズ
幅595×奥行685※7×高さ943mm
大手メーカーの洗濯機10年経過し脱水音がひどく更新。リサイクル券も同時にお願いしスムーズに入れ替え出来ました。洗濯機は初めてのメーカーでしたが12キロにしてはコンパクト! 使ってみると脱水時の床揺れはありますが一戸建てなら許容と感じます。 新規使用の匂いは感じませんでした。コインランドリー感覚ですかね。 一番安かったショップでした。下取りしてるとこより安価で購入できました。

出典: https://review.rakuten.co.jp

大容量なのにコンパクトであることに定評があるアクアのドラム式洗濯機。デザインや洗浄力など全体的な評価も高いため、どんな場所にも合うことがメリットですね。
【使用初日の感想です】うちは乾燥機をしっかり使うのですが、アクアの機種がどれもそうなのか、車でいう「新車の臭い」というやつが酷すぎます。これまでパナソニック→日立→ときて今回が初アクアです。前の2台には無かった異臭(温められたゴムや接着剤系の臭い)が乾燥した洋服やタオルにしっかり染み付いてしまい、かなりしんどいです。使っているうちに気にならなくなれば良いのですが。 【一週間使用して追記】樽乾燥や通常洗濯を繰り返して、ようやく乾燥が臭わなくなってきました。でも、前の2メーカーと比較すると、乾燥力は弱い気がします。終了しても生乾きなので、そういうセンサーはついていないのかなと思いました。

出典: https://review.rakuten.co.jp

使い始めの時期に洗濯機の匂いがついてしまうことがあるようなので、気になる場合は洗濯槽洗浄をすることをおすすめします。このAQW-DX12Mには全自動で洗濯槽を洗浄・乾燥してくれる機能があるため、事前に洗濯槽内を洗っておきましょう。

一般的な洗濯機の寿命は6〜8年ほどと言われています。アクアでも「設計上の標準使用期間」を設けていて、家庭用洗濯機は7年です。この標準使用期間を過ぎても問題なく使用を続けられる場合も多くありますが、不具合がないか様子をみながら使用することになります。

 

万が一故障した際は、保証期間内であれば無償で修理を受けることができますよ。保証期間の多くは購入日から1年です。

 

期間を過ぎた場合は有償サービスに切り替わりますが、三洋電機時代から続く高い技術力のサポートを受けることができます。問い合わせは365日対応です。

他社メーカーに引けを取らない性能の高さを誇るアクアは、安くて高性能な洗濯機が欲しい方におすすめです。新しい洗濯機を検討している方は、コスパのいいアクアの洗濯機も選択肢に入れてはいかがでしょうか。