【2022年決定版】ハンズフリーイヤホンおすすめ5選!人気商品も紹介

この記事ではハンズフリーイヤホンのおすすめ5選をご紹介します。ハンズフリーイヤホンは運転中や手が離せない時に電話をしたい場合に便利な製品です。種類も豊富なので選び方に迷う方も多いと思います。ここでは種類の特徴や選び方をご紹介します。是非参考にしてください。

2021/11/16 更新

編集部おすすめの記事

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

ハンズフリーイヤホンとは、スマホやガラケーを手に持って通話するのではなくBluetooth(ブルートゥース)でイヤホンとスマホを無線接続し、スマホを持たずに通話ができるアイテムです。

 

スマホを手に持って通話する場合は片手が塞がってしまいますし、運転中にスマホやガラケーを手に持って電話に出ることは禁止されています。ハンズフリーイヤホンがあれば手が塞がっていたとしても通話することができます。

 

運転中だけではなく本を読みながら、家事をしながらでも通話することができるようになります。ハンズフリーイヤホンは「ながら通話」に欠かせないアイテムです。手を使わずに通話したいという方はこの後ご紹介する内容をぜひ参考にしてください。

ハンズフリーイヤホンと言ってもたくさんの種類があります。使い勝手や見た目に特徴があるのでそれぞれ詳しく見ていきましょう。

片耳タイプはもっとも一般的なハンズフリーイヤホンです。おそらくハンズフリーイヤホンと聞くとこの片耳タイプをイメージする方も多いのではないでしょうか。片方の耳に装着し、イヤホンから口の付近に長く伸びたマイクが特徴です。

片耳タイプのハンズフリーイヤホンは、とにかく軽量なことがメリットです。マイクが付いているといっても重ければ耳が痛くなってしまう人もいます。片耳タイプは軽くて長時間の通話でも疲れにくいという特徴があります。

 

マイクが口元に伸びているため音声を拾いやすいというメリットもあります。「耳に取り付けるから音声が拾いづらいのでは」と思う方も多いかもしれませんが、片耳タイプのハンズフリーイヤホンなら、マイクが口元にある程度近いので快適に通話できます。

片耳タイプのハンズフリーイヤホンは、音楽再生などに対応していないことが多いです。通常のイヤホンと異なり通話に特化しているため音楽を楽しみたい方は音楽用のイヤホンと通話用のイヤホンを持ち運ぶ必要があります。

 

音楽を聞いている途中に通話がかかってきた場合、イヤホンを付け替える手間が増えてしまう点もネックです。

先ほどご紹介した片耳タイプはマイクが伸びていて面長なフォルムでした。耳に収まるタイプのハンズフリーイヤホンはマイクが伸びておらず、耳栓のように耳にコンパクトに収まるタイプです。

コンパクトタイプのハンズフリーイヤホンのメリットは、片耳タイプのものよりさらに軽量で耳に負担がない点です。長時間つけていても気にならず、ストレスフリーな点が特徴です。

 

耳栓のようにすっぽり耳にはまるため片耳タイプより遮音性が高いというメリットもあります。遮音性が高いと相手の声が聞き取りやすくなるので通話がしやすくなります。

コンパクトサイズのハンズフリーイヤホンは、本体サイズが小型であるためバッテリー容量が少ないというデメリットが挙げられます。長時間通話がしたい方やずっと待機モードにしておきたい方には不向きです。充電の頻度が増える点もネックです。

ワイヤレスイヤホンタイプのハンズフリーイヤホンは、Bluetooth接続でスマホと接続し、音楽が再生できるイヤホンの中で、マイクが搭載されているタイプの製品です。通常ワイヤレスイヤホンは音楽を再生するためのものですが、マイクが内蔵されているものは通話が可能なタイプが多いです。

片耳タイプは通話と音楽再生でイヤホンを分けなくてはいけませんでしたが、ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、音楽再生と通話でイヤホンの付け替えが必要ありません。付け替えが面倒と言う方は、ワイヤレスイヤホンタイプのハンズフリーイヤホンがおすすめです。

ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンの中には、iPhoneとAndroid端末で通話に対応していないモデルがあります。購入する際は使いたいスマホが通話に対応しているか、しっかり確認しましょう。

 

ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは通話に特化されていないため、通話を開始するための受信ボタンや受信操作がわかりづらことがあります。運転中など手が離せない時はスムーズに通話に出られなくなってしまいます。

 

左右のイヤホンがケーブルで接続されているため、手や衣服に触れた際に発生するタッチノイズが気になる場合もあります。

完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、左右のイヤホン部分が完全に独立しており、片耳タイプのハンズフリーイヤホンと同じくケーブルがありません。片耳タイプとの大きな違いは両耳に装着できて、音楽も再生できる点です。

完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、両耳に装着して通話ができるため、声が聞き取りやすく通話もしやすいというメリットがあります。音楽再生と通話の切り替えがスムーズにできるという点も便利です。

ケーブルがないため服などのタッチノイズが入ることが少なく、安定した通話が可能な点もメリットです。

完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、本体サイズが小型のためバッテリーが少ないという点がデメリットとして挙げられます。耳に収まるコンパクトタイプのハンズフリーイヤホンと同じく長時間の使用に不向きです。

 

完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーケースが付属しており、ケースにしまっておくだけで簡単に充電できます。バッテリーの少なさはバッテリーケースを使うことでカバーすることができます。

 

完全ワイヤレスイヤホンは通話に特化して作られていないため機種によっては通話の受信ボタンがわかりづらいことも多いです。通話をメインで購入する場合はボタンの位置のチェックも必要です。

有線タイプはケーブルでデバイスと接続するイヤホンにマイクが搭載されているタイプのものです。ワイヤレスタイプが主流になる前からあるもっとも一般的なイヤホンです。

有線タイプのハンズフリーイヤホンは、バッテリーを気にすることなく通話できるという点がメリットです。有線タイプは本体にバッテリーがないため充電も必要なく、好きな時に好きなだけ通話ができます。

Bluetooth接続しないため接続が安定しているという点もメリットと言えます。電波干渉を受けて通話が途切れる心配もありません。

デメリットとしてはケーブルが邪魔になりやすいという点が挙げられます。運転中などは、有線で接続していると絡まってストレスになりやすいです。また、ケーブルに負担がかかりやすく断線してしまうと使えなくなるという点もデメリットです。

 

また、ワイヤレスイヤホンタイプと同じく通話に特化していないため操作ボタンがわかりづらい場合があるという点もデメリットです。スムーズに通話したい方は慎重に選びましょう。

続いて、ハンズフリーイヤホンの使い方と注意点について解説していきます。 ワイヤレスイヤホンは使うとかなり便利なものですが、操作が複雑と思っている方も多いです。使い方も覚えてしまえばとても簡単なのでぜひ参考にしてください。

無線のハンズフリーイヤホンを初めて接続する際はペアリングをします。まずイヤホン側をペアリングモードにしましょう。その後イヤホンと接続したいスマホ側にてBluetooth接続メニューを表示し、接続したいイヤホン名を選択すればペアリング完了です。

 

ペアリングが完了すると、イヤホン側の電源を入れると自動でスマホと接続できるようになります。あとは電話がかかってきたら受信ボタンを押せば通話ができます。 こちらから電話をかける場合はイヤホンとデバイスが接続された状態で通常通り電話をかければ使用できます。

ハンズフリーイヤホンは、読書やテレビを見ながらでも通話ができる便利なものです。ただ、運転中に関しては条例で禁止されている都道府県もあるので注意してください。

 

ながら通話ができるのは魅力的ですが、その分集中力分散しています。事故の原因になることもあるので、運転中の通話は極力控えましょう。

ハンズフリーイヤホンの種類について紹介してきました。ハンズフリーイヤホンは様々な種類がありメーカーによっても大きく異なります。ここでは自分にあったイヤホンを選ぶための方法をご紹介します。

通話品質を重視して選ぶ場合について詳しく見ていきましょう。 通話品質はハンズフリーイヤホンを選ぶ上でも重要なポイントになります。通話品質が良ければ相手の音声も聞き取りやすく、相手にとっても不快感を与えずスムーズに通話することができます。

 

クリアでノイズなく通話したい方は片耳タイプのハンズフリーイヤホンがおすすめです。ケーブルがないため服との摩擦で生じるタッチノイズなど雑音の心配もありませんし、通話に特化されているため通話品質を重視する方におすすめです。

 

後述しますが通話品質にはBluetoothのバージョンも重要になります。安定した通話がしたい方はBluetoothバージョンもチェックしましょう。

Bluetoothバージョンで選ぶ場合について詳しくみていきましょう。Bluetoothには複数のバージョンがあり、バージョンが高いほど接続が安定して使いやすくなっています。現在発売されている最新バージョンはバージョン5.0です。

 

遅延がなく、安定した通話を求めるのであれば、Bluetoothバージョン4.1以上の規格を選ぶと良いでしょう。 4.1より低いバージョンの場合、他機器から電波の影響を受けて通話が不安定になることがあります。安定した通話がしたい方はBluetoothバージョンもしっかりチェックして購入しましょう。

続いて防水性能を重視して選ぶ場合について詳しくみていきましょう。外で使うことが多い場合、突然雨が降ってくることもあります。ハンズフリーイヤホンを雨による故障から守るためにも、外で使うことが多い場合は防水機能がついているものを選びましょう。

 

ハンズフリーイヤホンを運動をしながら使う方もいるのではないでしょうか。運動中は汗をかきますが汗でも故障の原因になります。できるだけ防水性能があるものを選びましょう。

 

防水性能には規格があり、「IPX」で表されます。IPXの後に続く数値が高いほど高い防水性能があることを表します。外での軽い運動や多少の雨でも耐えられる程度ならIPX4以上の規格を選ぶと良いでしょう。

続いて、バッテリー容量で選ぶ場合について詳しくみていきましょう。
ハンズフリーイヤホンは基本ワイヤレス接続の機器のためバッテリーを内蔵しています。
バッテリーが切れてしまうと使えなくなってしまうのでどれだけの時間通話ができるのかで選ぶことも重要です。

ハンズフリーイヤホンには連続して稼働する連続再生時間がスペックとして公表されています。連続再生時間は音楽を再生した時の稼働時間なので通話とは異なります。

 

通話はマイクも使用するため音楽再生よりも多くの電力を消費します。長時間通話がしたいという方はできるだけ連続再生時間が長いものを選びましょう。通話をしていない待機モードでも電力を消費します。待機時間の長さもチェックしておくと良いでしょう。

バッテリーの容量も大事ですが、充電時間もハンズフリーイヤホンを選ぶ上で重要なポイントです。 バッテリー容量が少なく長時間使えない場合でも急速充電に対応しているものを選べば5分程度の充電時間で最大1時間利用できるようになります。

 

電源の切り忘れはよくあることですが、急速充電対応であれば安心です。完全ワイヤレスイヤホンなら自動ON/OFF機能が搭載されているものも多いので、電源の切り忘れが多い方におすすめです。

ハンズフリーイヤホンは、通話に特化したタイプや音楽が聴けるタイプなどさまざまです。ここでは音楽が聴けるかを重視して選ぶ場合について見ていきましょう。

ハンズフリーイヤホンの中でも、片耳タイプは音楽再生に対応していないタイプがほとんどです。音楽を聞くためには別のイヤホンを用意しなければならず切り替えの手間がかかってしまいます。

 

切り替えの手間はかかってしまいますが、音楽を聞かない方には通話に特化されているため片耳タイプの方が便利な場合もあります。

音楽再生が可能なハンズフリーイヤホンは、通常の音楽再生用のイヤホンにマイクが搭載されているモデルです。音楽再生だけでなく通話にも対応しているため、イヤホンを付け替えずスムーズに通話できるのが特徴です。

 

スマホで音楽や動画、通話を行う方には便利です。通話に特化されていないため通話がメインの方には不便に感じることが多いです。運転中や料理中など、使うシーンが明確な方は片耳タイプなど通話に特化されたタイプがおすすめです。

ハンズフリーイヤホンは運転中など手が離せない状況で使うことが多いのではないでしょうか。片耳タイプなど通話に特化されているタイプであればボタンの位置が分かりやすく、手が離せない状況でもスムーズに通話することができます。

 

音楽再生用のイヤホンは音楽に特化されているため通話時には操作しづらいと感じることがあります。完全ワイヤレスイヤホンなど、ボタンがないタイプでは一度スマホの画面を操作しなければいけない場合もあります。スムーズに通話したい方は避けた方が良いでしょう。

プラントロニクス(Plantronics)

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) M70 Black-Red M70-BR

価格:2,663円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラントロニクスの展開する片耳タイプのハンズフリーイヤホンです。通常の通話に加えて近年主流となっている「LINE」や「Skype」などSNS通話アプリでの通話にも対応している点が魅力です。

 

通話に特化しているタイプなので、耳元にある分かりやすい通話ボタンを押すだけで通話と終話を行うことができます。初期設定が難しくてできないという方でも日本語の音声ガイドがついているので安心ですね。

 

待機時間は最大16日間、連続通話時間は11時間と大容量バッテリーを搭載している点も魅力です。

バッファロー

iBUFFALO iPhone7,iPhone7Plus動作確認済 Bluetooth4.1対応 デュアルマイクヘッドセット NFC対応 ブラック BSHSBE34BK

価格:5,980円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気メーカーバッファローが展開している片耳タイプのハンズフリーイヤホンです。通話だけでなくiPhoneやAndroidなど音声アシスタントにアクセスできるという特徴があります。音声アシスタントは「Siri」や「Googleアシスタント」など音声のみで情報をやり取りできる機能。簡単な検索などもハンズフリーでこなすことができるのはかなり魅力的ですね。

 

待機時間は約194時間、連続通話時間は6.7時間と容量も十分です。通話だけでなくマルチに活用したい方におすすめです。

BOSE(ボーズ)

Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン ミッドナイトブルー/イエローシトロン

価格:20,700円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気オーディオメーカーであるボーズが展開している完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンです。
音質に定評がありクリアな通話が可能なタイプで、音楽再生も高音質で楽しむことができます。最大の魅力としては完全ワイヤレスで小型でありながら連続再生時間が5時間と大容量バッテリーである点です。

 

一般的な完全ワイヤレスが3時間程度なので長時間利用したい方におすすめです。

また、IPX4の防水性能も備えているため運動時や雨の時でも安心して使用できる点も魅力ですね。

ソニー(SONY)

ソニー SONY ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D : Bluetooth/ながら聴き/NFC対応/マイク・操作ボタン付 2019年モデル グレー SBH82D H

価格:6,992円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソニーが展開しているワイヤレスイヤホンタイプのハンズフリーイヤホンです。
耳を塞がずに使用できるオープンイヤー型のため屋外で通話する際も外音を取り込みながら安全に使用することができます。

 

約2時間の充電で約7.5時間利用できる急速充電に対応しているため充電が面倒くさい方や忙しい方にもおすすめです。Bluetoothバージョン4.2で低遅延高音質のクリアな通話ができる点も魅力です。

 

バッファローと同様音声アシスタントに対応しているためハンズフリーからの通話なども可能になっています。

ソニー(SONY)

ソニー SONY イヤホン h.ear in 2 IER-H500A : ハイレゾ対応 カナル型 リモコン・マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック IER-H500A B

価格:8,480円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同じくソニーが展開している有線タイプのハンズフリーイヤホンです。
カラーバリエーションが豊富でファッションにも合わせやすいという魅力的なラインナップ。音質に関してもハイレゾ音源の高音質に対応しているため音楽だけでなく通話もクリアに楽しめます。

 

有線のため充電が必要なくイヤホンとデバイスさえあれば使えてしまうのも魅力です。ケーブルについているリモコンもカスタマイズできるため自分の使いやすいように設定し直せるのも嬉しいポイントですね。

ハンズフリーイヤホンは運転中や料理中など手が離せない状況で非常に便利なアイテムですgが、種類が豊富で何を選んだらいいかわからなくなることもあります。そんな時はまず音楽を聴くか聴かないかで選ぶことをおすすめします。

 

音楽を聴くのであれば音楽再生に特化しているタイプ、聴かないのであれば通話に特化したタイプと大まかに絞れるため選びやすくなりますよ。

関連する記事

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選のサムネイル画像

【2022年最新】Ginovaのワイヤレスイヤホンおすすめ14選

2021/10/21

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】のサムネイル画像

【2022年完全版】joyhouseのワイヤレスイヤホンの最強おすすめ【11選】

2021/10/21

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版のサムネイル画像

かわいいワイヤレスイヤホンの人気おすすめ【11選】2022年最新版

2021/10/21

【2022年完全版】Zoloのイヤホンの最強おすすめ【13選】のサムネイル画像

【2022年完全版】Zoloのイヤホンの最強おすすめ【13選】

2021/10/21