空気清浄機にカビが発生?カビの原因と対策方法を解説!【プラズマクラスター】

空気清浄機から嫌な匂いがすると思ったらカビが生えていた、そんな経験のある方もいますね。ここではなぜ空気清浄機にカビが生えるのか、その対策とカビ抑制に本当に効果のある機種など、空気清浄機でのカビ対策をわかりやすくご紹介していますので参考にしてください。

2021/11/29 更新

編集部おすすめの記事

じめじめとした季節に、「空気清浄機の内部からカビの臭いする」と感じたことはありませんか。カビ対策の方法について知れば、清潔な空気清浄機を使ってお部屋の環境を心地良くできます。

 

また、加湿空気清浄機によってはダイキン・シャープ・パナソニックといったメーカーごとにカビ対策機能が搭載されているため、賢く活用すると衛生的に扱えるのがポイントです。併せてフィルターなどの掃除のコツを押さえておけばより効果的に手入れが行えます。

 

こちらの記事では、加湿空気清浄機にカビが発生する原因やメーカーによるカビ対策機能・掃除方法のコツについて説明していくのでぜひ参考にしてください。

最近は空気清浄機をリビングや寝室に導入しているご家庭が増えています。そんな空気清浄機ですが、最新の機種であっても手入れを怠るとカビが発生することも。ここでは、空気清浄機にカビが生える原因を以下の項目に分けて詳しく解説します。

 

まずカビの発生する条件ですが、これにはカビの好む環境が必要です。基本的にカビが好むものは『温度、湿度、栄養素』と言われ、これらの条件が揃うとカビが繁殖しやすくなります。梅雨にカビが発生しやすくなるのもこの湿度と温度が影響しています。

 

もう少し細かくみていきますと、湿度はおおよそ60%以上で繁殖し始め80%以上で活発となります。温度は25℃〜28℃ががもっとも活発ですが、最低5℃ほどあれば繁殖には困りません。また栄養素とは付着しているゴミやほこりそして皮脂と思いがちですが、実はプラスチックでさえ餌としてしまいます。

 

これらをわかりやすくまとめますと、

 

  • 湿度 60%以上 (80%以上はさらに悪い)
  • 気温 25〜28℃ (5℃以上であれば繁殖できる)
  • ゴミやほこりなどの栄養素

 

以上が、カビが非常に繁殖しやすい条件となります。

次に、どのようにしてカビが発生するのかをご紹介します。実は、カビの発生源となる胞子は常に空気中に浮遊しており、その数も数個〜数千個に登ります。綺麗なお家に見えても、カビはあらゆるところで繁殖し、また建材を餌にできるため、カビを完全にを取り除くことは非常に難しいです。

 

そのような状況で、上記の三大条件が揃うとカビの育成が促進されてしまうため、私たちがよく見る黒カビ赤カビ、パンなどに生える緑カビとして発生してしまいます。常にカビの元となる胞子は存在していますので、私たちにできるのは、育成を促さないように環境をできるだけ調節することでしょう。

 

この時、空気清浄機でも加湿機能付きの機種であると加湿タンクの中の水が湿気となります。また、空気清浄フィルターに付着するほこりやゴミがカビにとって絶好の餌となりますので、こまめに手入れをする必要があると言えます。

空気清浄機からカビ特有の臭いがしたら注意しましょう。すでに内部のタンクやフィルター部分でカビが大量に繁殖している可能性が高いです。また、それだけでなくそのカビが撒き散らす胞子を、空気清浄機を通して部屋中に拡散している可能性があります。

 

カビを大量に吸い込んだ場合は体調不良といった健康被害も起こりかねません。臭いがする場合は、すぐにお手入れをする必要があります。そうでない場合も2ヶ月に1回ほどは空気清浄機の掃除を心掛けましょう。

空気清浄機の中で特にカビが発生しやすいのは、加湿タンク周りとフィルターです。タンクはタンク本体もそうですが、タンクから空気清浄機本体に給水する時の接地部品周辺は、各メーカー構造上常に濡れていることが多いため赤カビが発生しやすいです。その前段階として、『ぬめり』を感じたことのある人も多くいるでしょう。

 

また、加湿空気清浄機の場合、加湿フィルターは常に湿っている状態なのでカビが発生しやすいです。加湿フィルターは日頃あまり取り外さない位置に設計されていることも多いため、手入れの際にも見落とされやすいです。

ここでは、実際にカビが発生した場合、体にどのような影響があるかを解説します。どうも最近咳が止まらないという方、もしかしたら、その原因はお部屋の空気清浄機にあるかもしれません。

木造家屋に生息する一般的なカビにトリコスポロンというものがあります。世界各国どこにでもいるカビで、日本でも非常に多く目にする一般的なカビですが、このカビは咳の原因となります。この咳は肺を炎症させる訳ではなく、カビそのものが抗原となるタイプです。

 

家にいると咳が出るという方や、カビの繁殖しやすい夏場によく咳き込むと言う方は、カビが原因であると疑ってみるのもいいでしょう。空気清浄機の掃除をしてしばらくしたら、咳がピタリと止まったと言う話もあるほどです。

また別の種類のカビはぜんそく重症化との関係が明らかとなっています。特に低年齢のうちに発症する小児ぜんそくは一度治ったと思っても、大人になったら再発することも多いようです。喘息になるとお部屋のカビ対策に非常に悩まされることになりますので、小さなお子さんの多いご家庭は特に気をつけたいですね。

ここからは、空気清浄機にカビが繁殖した時のカビ取り方法を紹介します。ご家庭で簡単にお手入れできますので、やったことがない方はぜひすぐにでも実践してみてください。

まず空気清浄機のカビ取りをする場合に必要な道具を見ていきましょう。

 

 

  • 使い古しの歯ブラシ
  • マスク
  • ゴム手袋
  • クエン酸系の洗剤やカビキラー

 

 

歯ブラシはフィルターや空気清浄機の内部を擦るのに使用します。その際にカビの胞子が大量に舞う恐れがありますのでマスクとゴム手袋はぜひとも使いましょう。洗剤は台所用やお風呂の掃除で使うタイプやカビキラーが適しています。

ジョンソン

カビキラー 本体 400g

価格:291円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはカビ取りにはお馴染みのカビキラーです。ゴムやパッキンを傷めることなくカビに強力浸透し、ピンクのぬめりすらしっかり落としてしまう優れもの。普段からご家庭で使っている方も多いでしょう。このカビキラーは空気清浄機の手入れにも大活躍します。

ここでは、フィルターと加湿タンクに分けてカビ取り方法を紹介します。

フィルターの種類はモデルによって少しずつ違いますが、ほこり除けのプレフィルター脱臭フィルター集じんフィルターなどが搭載されています。加湿機能付きの場合はさらに加湿フィルターもあります。集じんフィルターは水洗い不可の場合が多いので、各フィルターが水洗い可能かどうか事前に確認してください。

 

【フィルターのカビ取り方法】

  1. 各フィルターのほこりを落とす
  2. 水で薄めた洗剤やカビキラーの中に2〜3時間ほど浸ける
  3. 取り出したら、しっかり水で洗う
  4. よく乾燥させてから本体に戻す

【加湿タンクのカビ取り方法】

  1. タンクを本体から取り外す
  2. タンクについたカビを歯ブラシなどを使って落とす
  3. 水で薄めた洗剤やカビキラーの中に2〜3時間ほど浸ける
  4. 取り出したら、しっかり水で洗う
  5. よく乾燥させる

 

いずれの作業も、しっかりとフィルター・タンク・部品を乾かすことを忘れないでください。生乾きのままで再び設置すると、その水気が湿気となりカビの好む環境に逆戻りしてしまいます。

空気清浄機にカビを発生させないように予防するためには、以下のことを意識しましょう。

 

  • 本体を定期的にお手入れする
  • 部屋の掃除をしてきれいな空気に保つ
  • 部屋の湿度が60%以上にならないようにする
  • 加湿タンクは毎日水を入れ替える

 

空気清浄機のフィルターや加湿タンクを定期的に掃除することはもちろん、部屋を清潔に保つことも重要です。部屋の空気が汚れている分、空気清浄機も汚れますので、カビが発生しやすくなります。本体と部屋をきれいに保って、カビを予防しましょう。フィルターの定期的なお手入れ方法については、以下の記事で紹介してます。

ここまで、空気清浄機にカビが発生する原因と対処法を解説しました。ここからは、空気清浄機は部屋のカビの発生を抑えられるのかを人気メーカーごとに紹介します。

空気清浄機自体にはカビを抑制する効果はありませんが、有名メーカーの中にはイオンの効果でカビを抑制できる機種が存在します。中でも1番有名なものは、パナソニックの『ナノイー』を搭載する機種です。

 

ナノイーとは高電圧でナノサイズまで分裂させたイオンで、パナソニックが開発したものです。この分子OHラジカルによってカビのタンパク質を変性させることができるため、付着カビや浮遊カビへの効果が見込めます。これは専門家から見ても一般的な家庭に生息する8割の種類のカビに対して効果があるという意見もあります。

シャープの「プラズマクラスター」にはカビ胞子の抑制効果が期待でき、具体的には以下の3つの働きが実証されています。

 

  • カビの発芽・生長を99.9%抑制
  • 胞子の形成の抑制
  • すでにできた胞子にも効果あり

 

プラズマクラスターを3日照射する実験で黒コウジカビ・青カビ・黒カビなどの発生を抑える効果が実証されました。除菌消臭効果以外にカビが育ちづらい環境にする効果もあるのが魅力です。

ダイキンの「ストリーマ」は浮遊・付着をしているカビ菌・ウイルスに効果が期待できます。25m3の試験空間にて実験をした結果効果が表れたため実使用空間では実験されていません。しかし、カビ菌以外にウイルス対策もしたい方におすすめです。

 

加湿フィルターや加湿する水の細菌の発生もストリーマで抑制できるため、日頃の手入れの手間を省きやすくなります。忙しい方にもおすすめなメーカーです。

ダイキン MC55W-W

コンパクトかつ充実した機能のダイキン空気清浄機

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの機種は、ダイキンの「MC55W-W」で、コンパクトに設計されながらも充実した機能が搭載された空気清浄機です。集塵・脱臭・静電HEPAフィルターが搭載され、微小な粒子を99.97%除去してくれます。また吸着能力が再生するので、脱臭能力が持続し、快適に使用できます。

 

さらに、「飛び出すアクティブプラズマイオン」「吸い込んで分解するストリーマ」のダブル方式で空気を清潔に保ってくれます。

メーカー
ダイキン
空気清浄畳枚数
25畳
加湿機能
-
イオン
アクティブプラズマイオン
シャープ(SHARP)

KC-H50-W

価格:15,695円 (税込)
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスが気になると言うことでしたら、こちらのシャープの機種がおすすめです。上位機種に比べるとプラズマクラスター濃度が低くAIフィルター自動洗浄機能のついていないエントリーモデルとなります。空気清浄機としてはスタンダードモデルですので、シンプルなモデルを探されている方に支持されています。

 

しかし一点、静か寝モードがついているものの、無音空間ですと音が響きます。そのため音に敏感な方には注意が必要です。2017年製の型落ち製品にはなりますが、最新機種と比べてペットモードがついていないだけで性能自体は同じとなりますので、非常にお買い得な商品であると言えます。

メーカー
SHARP
空気清浄
23畳
加湿機能
木造8.5畳/プレハブ14畳
イオン
プラズマクラスター7000
シャープ(SHARP)

KI-GS50-H

価格:24,900円 (税込)

高濃度プラズマクラスター搭載!シャープの上位モデル

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイグレードモデルであるこの機種はカビ対策にはおすすめ。この機種に搭載されているプラズマクラスターは25000と言う上位タイプになり、それはテスト下におけるカビの育成の抑制効果が実証されています。

 

もちろん、花粉やペットのニオイ・PM2.5やアレルゲンなど基本的なところは全て網羅しています。気になるところは本体が大きく、音もパナソニックに比べると大きいと言う点です。しかし操作は機能が多い割にシンプルで使いやすく、煩わしさは感じません。誰にでもおすすめできる機種です。

メーカー
シャープ
空気清浄
23畳
加湿機能
木造9畳/プレハブ15畳
イオン
プラズマクラスター25000
シャープ(SHARP)

除湿機 CV-J120W

価格:23,888円 (税込)

除湿機と組み合わさった空気清浄機でカビ対策をしよう

\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄機と言うと、最近では加湿機能付きの機種をどこのメーカーも出しているため、あまり印象がないかもしれません。しかし、除湿機と組み合わせることでもカビ対策には力を発揮します。カビの三大条件である湿度を下げることができるためです。

 

除湿機はお部屋の空気中の水分を下げることで除湿しますので、カビには非常に効果的です。カビの発生しやすい時期であるじめじめした梅雨や、冬場の結露からのカビ対策にもなりますので、空気清浄機との相性は抜群であるうえ効果も感じやすく強力です。

メーカー
シャープ
空気清浄
14畳
加湿機能
-
イオン
プラズマクラスターイオン

ここまで空気清浄機のカビ対策や、カビに対して効果がある空気清浄機を紹介しました。1番のカビ対策は、何と言っても対策はこまめな掃除です。空気清浄機を上手に使用して、クリーンな空気で快適な生活を送ってください。