シャープ FU-H50 空気清浄機の評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.53
最安値:¥13,180
シャープ 空気清浄機 FU-H50の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ 空気清浄機 FU-H50がどんな人におすすめなのかを評価しました。

FU-H50の基本スペック

  • 適用床面積 : 23畳
  • イオン有無種類 : その他
  • 風量 : 5.1立方M/M
  • 運転音最小 : 21.0dB
  • 運転音最大 : 52.0dB
  • 集塵フィルタ買替交換対応 : ●
  • 最大消費電力 : 49.0W
  • 自動運転 : ●
  • FU-H50のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    シャープ FU-H50の商品情報

    シャープFU-H50の基本スペック

    シャープ(SHARP)

    シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 14畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト FU-H50-W

    価格:13,700円(税込)

    amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ商品名FU-H50
    サイズ幅383×奥行209×高さ540機能空気清浄機能、脱臭機能、PM2.5対応、プラズマクラスター7000対応
    適用床面積空気清浄:〜23畳、プラズマクラスター7000:約14畳最大風量5.1m³/分
    清浄時間・加湿清浄時間清浄時間:8畳/12分フィルタの交換時期約10年

    シャープFU-H50のおすすめポイント

    プラズマクラスター7000に対応!お部屋の空気をスピード循環

    シャープの空気清浄機といえば、独自技術の「プラズマクラスター」です。プラズマクラスターイオンによって、静電気を除去しながら、部屋中の埃を急速に集めていきます。

     

    よりスピーディな空気の循環が可能となり、空気清浄機から遠い場所の埃でもしっかりとキャッチし、お部屋の中をクリアに保ちます。

    脱臭力と集じん力に優れた3つのフィルター

    空気清浄機の背面は、循環させた空気から埃などを引き寄せるフィルターが備わっています。「FU-H50」では、「プレフィルター」「脱臭フィルター」「静電HEPAフィルター」の3つを駆使して、集じん・脱臭をしっかり行ってくれます。

     

    埃を集めて、部屋の空気を清浄するだけではなく、循環させる中で、嫌な臭いを除去できます。

    空気清浄機のお手入れも簡単!

    空気清浄機として、しっかりとした機能を持ちながらも、メンテナンス面での手軽さが「FU-H50」の魅力です。

     

    お手入れは、背面のフィルターを外すことなく、表面に付着した埃を掃除機などで吸ってあげるだけで済みます。長く使い続ける上で、お手入れが簡単なのは大きなメリットになります。

    シャープFU-H50の徹底レビュー

    シャープFU-H50の悪い点をレビュー

    センサーの反応が悪い

    シャープの空気清浄機では、センサーが反応することによって、空気清浄機が稼働し、部屋の空気を清浄する仕組みになっていますが、この臭いを感知するセンサーの反応が悪いという声が多数見受けられました。

     

    タバコの臭いやペットの臭いに反応しないというレビューが多く、これらに関してはFU-H50の欠点の1つといえます、

    音がうるさい

    FU-H50は、センサーが臭いを感知することによって、稼働し、臭いの重度によって清浄モードが切り替わるようになっています。

     

    そのため、「花粉モード」にした際に、就寝時に気になるような音の大きさになるという声が見られました。静音モードなども用意されてはいるのですが、清浄効果を考えるとバランスが難しいのかもしれません。

    電気代がかかる

    前年のモデルよりもFU-H50は、消費電力が上がっているため、電気代を気にされる声が多く見られました。

     

    断続的に稼働することで効果を最大限発揮できる空気清浄機だけに、消費電力が上がるのは、どうしても気になってしまうでしょう。

     

    省エネという部分では、他の上位モデルと比較しても欠点があります。

    ハウスダストには効かない

    空気清浄機には、それぞれ求められる脱臭・集塵機能があります。花粉やタバコ、ペットの臭いやハイスダストなど、利用状況によって異なります。

     

    PM2.5やタバコの臭い、花粉などに関しては肯定的なレビューが散見されましたが、ハウスダストへの効果は薄いという声が見られました。

    シャープFU-H50の良い点をレビュー

    コスパが良い

    FU-H50は、シャープの空気清浄機の中でも、価格は抑えめで、機能も制限されているモデルではありますが、それでも購入してから、効果を実感されている声は多く見られました。

     

    「部屋の空気が綺麗なった」「臭いがなくなった」など価格の割に優れた性能を感じる購入者が多くいました。

    コンパクトで運びやすい

    FU-H50は、加湿機能のない空気清浄機になるため、その分、軽量かつコンパクトなデザインになっています。

     

    そのため、「運びやすい」「狭い部屋でも置きやすい」などの声が多く見られ、使い勝手の良さが評価に現れています。

    その上、コンパクトながらもしっかりとした清浄機能を持っているという声も多数見られます。

    花粉・黄砂・PM2.5などへの効果を実感した

    花粉や黄砂、PM2.5などに、体調への影響を及ぼされるような人にとっては、FU-H50が心強い味方であるようです。

     

    睡眠時や起床時に効果を実感されており、心地よい就寝を可能にしながら、起床時も目や鼻、喉などの痛みが解消された人も多いようです。

    シャープFU-H50の口コミを集めました

    花粉症がひどくて、辛すぎて購入しました。家の近辺は、黄砂とpm2.5もかなり多くて、悲しいことにうち周辺にいるときが一番ひどくなるんです… ずっと睡眠不足だし、鼻水とくしゃみ、目、鼻、顔の痒みがひどくて辛くて辛くて… 届いてから早速設置して運転を始めて、一時間もたつと、ずっと閉塞していた鼻が開通して鼻で息がすえるようになり、気付けば痒みも無くなっていました!! 私だけでなく、長男も同じく!! もう、感動ですよ!! 寝室用と二台購入したので痛い出費ですが、藁をもつかむ思いで購入しました。 良かった!! 花粉症で苦しんでいる方々は、是非是非試してみてください!!

    出典:https://review.rakuten.co.jp

    FU-H50は、プラズマクラスターの力を駆使して、花粉や黄砂、PM2.5などにも対応しています。 こういったものに悩まされてきた人にとっては、空気清浄機を置く前と後で劇的な変化を実感できるのでしょう。

    加湿なしタイプで探していました、海外製のスタイリッシュな物と悩みましたが、フィルターの交換がいらなくて、掃除が簡単なこちらを選びました、パワーも満足で今年の花粉症は軽症で過ごせています、デザインもスマートで大満足です

    出典:https://review.rakuten.co.jp

    FU-H50のメリットとして、お手入れが簡単という点が挙げられます。 背面のフィルターに付着した埃を掃除機などで吸ってあげるだけで、お手入れが完了します。 長く使うものだからこそ、お手入れの簡単さが評価されているといえます。 また、加湿機能がない分、水垢などの掃除も必要ありません。

    我が家で犬を飼い始めて早速購入しました。べつに犬の獣臭を取りたいためでもなく、なんとなく少し取れればいいかな程度で期待していませんでしたが、使いはじめの翌日の朝えっ!という感じでした。まるで山の湖畔の朝みたいな清々しい空気でした。もう各部屋に設置を考えています。絶対損しない商品です。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    脱臭に関しても肯定的な口コミが見られました。 FU-H50は、プラズマクラスターと3重構造のフィルターによって、部屋の臭いを素早く取り除くことができます。 ペットを飼われている方にもおすすめの空気清浄機です。

    お値段の割にフィルター交換は10年だし感度もいい感じです。リモコンがあれば、言うことなしだったんですが、いい買い物が出来ました。

    出典:https://review.rakuten.co.jp

    FU-H50は、1万円代から購入できる空気清浄機ということもあり、コスパの良さも非常に評価できます。 部屋に一台あるだけで、劇的な変化を実感することができるでしょう。 価格と機能のバランスが取れた商品です。

    ニオイセンサーがほとんど反応しません。 タバコなんて吹きかけてたまに反応するくらいのレベル 正直、期待はずれです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ニオイセンサーに対する悪い口コミも見られました。 空気清浄機の場合、臭いに反応して即座に脱臭するか、部屋の空気を循環させて、時間をかけて脱臭するかが評価の分かれ目になっているかもしれません。

    揚げ物をしているとき、本機を遠くに置いているのにランプの色が変わっていて、吸い込みも自動で強くなっており、おおー!と思いましたが、しばらく経っても油の臭いは改善されていない。 元々ハウスダスト対策にと思って購入したが、あまり効果は感じられない。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    花粉やPM2.5に対する肯定的なレビューが目立つ一方で、ハウスダスト対策への否定的なレビューも見られました。 この部分はシャープの空気清浄機の得手不得手の問題かもしれませんし、空気清浄機の置き場所や運転モードなど、改善可能な部分もあります。

    製品自体は悪くないんだけど、前年モデルよりと仕事量は変わらない割に、消費電力・騒音値の双方が上がっているのは如何なものだろう。形も丸っこくてダサい、前年までのモデルのほうがすっきりしていて収まりが良い。 2018-10月現状、こちらよりも性能の良い 前年モデル FU-G51-W がこの製品よりも安く買える状態で、あえてこちらを買うメリットはあまり感じません。どうしてもこのデザインが良いという人くらいかな?

    出典:https://www.amazon.co.jp

    性能や価格などへの不満よりも消費電力に対する否定的な口コミもありました。 性能の向上と省エネ化は両立するのが困難な部分ではあるため、こういった口コミがでるのも仕方のないことかもしれません。 商品自体はコスパが良く、性能もしっかりしています。

    ダイキンの空気清浄機が古くなってきたので、この商品を購入しました。狭い部屋で納豆食べてもセンサーは反応なし。ダイキンはすぐに反応して消臭してくれるのに・・・ちょっと残念な結果になりました。いちいち手動で強にして消臭しています。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    他社の製品と比較して、ニオイセンサーの反応の悪さが指摘されていました。 継続的に使用を続ければ、脱臭効果は期待できるので、反応スピードに関しては、やや不満を持たれる方が多いのかもしれません。

    シャープ(SHARP)

    シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 14畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト FU-H50-W

    価格:13,700円(税込)

    amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ商品名FU-H50
    サイズ幅383×奥行209×高さ540機能空気清浄機能、脱臭機能、PM2.5対応、プラズマクラスター7000対応
    適用床面積空気清浄:〜23畳、プラズマクラスター7000:約14畳最大風量5.1m³/分
    清浄時間・加湿清浄時間清浄時間:8畳/12分フィルタの交換時期約10年

    シャープFU-H50の関連商品と比較する

    シャープFU-H50とFU-J50の違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ プラズマクラスター7000搭載 スタンダード空気清浄機 ホワイト FU-J50-W

    価格:23,291円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    2017年モデル「FU-H50」に対して、2018年最新モデルの「FU-J50」。

     

    基本スペックやデザイン、サイズなど、変化が見られた点は全くありません。仕様上は、販売時期が異なるだけで、全く一緒の空気清浄機といってもいいでしょう。

     

    両モデルのスペック表を見ても、全く異なる部分が見当たりません。年度ごとに新モデルをリリースしていると考えるのであれば、特段マイナーチェンジなどを行わずに、名前だけ変えて新商品を発表したと考えることもできます。

     

    スペックに差がほとんど見られないのであれば、古いモデルで安い方を購入した方がいいでしょう。FU-J50は、2018年モデルというだけの理由で20,000円を上回る価格で販売されています。

     

    型落ちのFU-H50ではありますが、性能を考えれば、安くなっているこちらを購入した方がいいでしょう。

     

    家電の中には、毎年新モデルをリリースするメーカーが多いですが、その中には、特に改善した部分や新しい部分がなく、モデル名だけ変わっているだけの商品もあります。

     

    スペックと価格で比較してみても、そういった場合は明らかに旧モデルを購入した方が得です。2017年に販売されたモデルというだけで、性能的には全く変わらず、その上、価格が10,000円違うとなれば、安い方を選ぶべきです。

    シャープFU-H50とFU-H30の違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 10畳 / 空気清浄 13畳 ブルー FU-H30-A

    価格:8,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    FU-H50よりもコンパクトなモデル「FU-H30」。同シリーズかつ同年に発売されたモデルで、FU-H50よりも一回り小さいサイズになっています。

     

    清浄範囲(13畳)や脱臭・集塵パワーは劣りますが、部屋の広さによっては、こちらのモデルでも十分効果を発揮します。小さいからといって、性能が劣るという意味ではなく、部屋のサイズに見合った必要最低限の機能といえるでしょう。

     

    空気清浄機は、置く部屋の大きさに応じて適正なサイズのものを購入することが求められます。そのため、コスパの良い空気清浄機を探している中で、このモデルを候補にしたのであれば、住んでいる部屋の広さに応じて、2つのサイズから適正なものを選ぶといいでしょう。

     

    価格も10,000円を下回っていますし、低価格の空気清浄機としては、かなりコスパに優れているといえます。6畳1間の部屋に住んでいるような方であれば、これぐらいのコンパクトな空気清浄機がぴったりです。

     

    基本的に大きな空気清浄機を購入しても、部屋が狭ければ、邪魔になりますし、性能としては確実にオーバースペックです。

     

    シャープでプラズマクラスターで、加湿機能がいらないという選択をするなら、この2つのモデルから選ぶと良いでしょう。

    FU-H50だと少し大きいと感じる人は、こちらがおすすめです。

    シャープFU-H50の総合評価

    シャープ(SHARP)

    シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 14畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト FU-H50-W

    価格:13,700円(税込)

    amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ商品名FU-H50
    サイズ幅383×奥行209×高さ540機能空気清浄機能、脱臭機能、PM2.5対応、プラズマクラスター7000対応
    適用床面積空気清浄:〜23畳、プラズマクラスター7000:約14畳最大風量5.1m³/分
    清浄時間・加湿清浄時間清浄時間:8畳/12分フィルタの交換時期約10年

    シャープFU-H50の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    プラズマクラスターによって、部屋の空気を素早く清浄できる空気清浄機です。コンパクトなボディで、小さい部屋には最適な商品です。置く前と後では、部屋の状態が劇的に変わるはずです。

     

    花粉やPM2.5でお悩みの方や、コスパの良い空気清浄機を求めている方におすすめです。

     

    部屋の大きさによっては、ワンサイズ小さいモデルもラインナップされていますし、最新モデルと比較しても、スペック的にあまり変わらない点を考慮すれば、FU-H50を購入した方がいいでしょう。

     

    空気清浄機が部屋にあるだけで、部屋の環境はかなり改善されます。部屋に漂う埃や臭いにお悩みの方は、空気清浄機の購入が推奨されます。

    シャープのFU-H50は、コスパに優れており、性能もバッチリなので、気軽に購入できますし、部屋の環境を良好にしたい人にはおすすめです。

    関連する商品

    空気清浄機の人気商品