ハイセンス 50a6500 テレビの評価・レビュー・製品情報・価格比較

0
最安値:¥66,583
50a6500 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、50a6500 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

50a6500のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

おすすめの記事

▶︎【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【5選】

ハイセンス 50a6500の商品情報

ハイセンス 50a6500の基本スペック

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス Hisense 50V型 液晶 テレビ 50A6500 4K HDR対応 直下型LED 2018年モデル

価格:64,330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーハイセンス(Hisense)商品名50V型 50A6500
画面サイズ109.6×61.7 cm画素数3840×2160
画質フルHD・4K録画機能外付けHDD
寸法/サイズ1116x698x244 mm重量16.6kg
機能スマホ対応、VODサービス連携省エネ性能(★~★★★★★)★★★

ハイセンス 50a6500のおすすめポイント

コストパフォーマンスが高い

ハイセンスの液晶テレビ全般に言えることですが、価格が安いという点が特徴です。50インチの液晶テレビの場合、数十万円で販売しているメーカーもありますが、50a6500は6万円前後で購入できる点が魅力です。さらに、値段以上の性能が備わっているのもポイント。高画質なだけでなく、クリアな音質と便利機能の多さに注目です。高性能な液晶テレビを購入したいけど、値段は抑えたいという方にはぴったりとなっています。

発色に優れている

50a6500は『4K RGBパネル』を搭載。三原色のみで描写をするため、より現実に近づいた色の表現が可能となります。また『直下型バックライト』を採用しているため、明暗部の色ムラが少なくなり鮮やかな映像が楽しめるほか、ハイダイナミックレンジ規格対応で現実に近い輝度を実現できます。

VODサービスに対応

50a6500の特徴として、VODサービスに対応している点が挙げられます。大画面でYoutube、NETFLIX、acTVila 4K、TSUTAYA TV、U-NEXT、クランクインビデオ、acTVila、ひかりTV 4Kの8種類のサービスを楽しむことができます。また、リモコンにはVODサービスに直接アクセスできるボタンも搭載されているため、好きなタイミングで映像コンテンツの閲覧が可能です。

ハイセンス 50a6500の徹底レビュー (評価・口コミ)

ハイセンス 50a6500の悪い点をレビュー

本体の当たり・はずれが大きい

50a6500を購入してすぐに画面のカクつきが見られ本体交換をしたという声や、緑色のランプが点灯したまま動かなくなったなど、初期不良を訴える声がありました。もちろん異常のない状態で使用しているユーザーもいますが、50a6500を購入する際は、あたりはずれが大きいということを頭に入れておく必要がありそうです。

白く見えるときがある

画面が全体的に白っぽく見える、角度が変わると白く見えるという声がありました。VA方式を採用した液晶テレビのため、正面から見た時には映像が鮮やかに映りますが、斜めからの角度には弱いというのが短所だといえます。普段から正面を定位置として映像を視聴する方には問題ありませんが、大人数で多方面から映像を見たいという場合にはおすすめできません。

YouTubeが映らないときがある

50a6500でYouTubeを視聴しようとすると、まれにエラーコードが出る場合があるという声がありました。エラーコードが出た場合YouTubeの視聴が困難になってしまうため、メニュー画面から「機器情報」を選択し最新バージョンにアップデートをするか、ハイセンスのサポートに連絡しファームウェアアップデートを行う必要があります。

ちらつきやノイズが発生する場合がある

動きの早い映像が映った場合、ちらつきやノイズが起こるという声がありました。スムース機能をオフにすると症状が改善するという報告もあるため、気になる方はスムース機能の調節をしてみると良いでしょう。

ハイセンス 50a6500の良い点をレビュー

映像が綺麗

50A6500の映像が鮮やか、色合いが綺麗、安値で購入したとは思えないほど画質が良いという声がありました。50a6500では2K信号の映像を4Kにアップコンバートしてくれるため、どの番組でも美しい状態で楽しむことができます。映像の鮮やかさを重視している方には最適だといえます。

VODの閲覧ができて便利

VODサービスに対応しているという点は、50a6500の長所の1つです。スマートデバイスやPCなどを使わずに大画面かつ高画質でコンテンツを楽しむことができるため、普段からVODサービスを利用している方にとっては非常に便利な機能だといえるでしょう。

サポートが親切

初期不良やエラーというワードが目立つ50a6500ですが、ハイセンスによるサポートが早く、対応が良かったという声が多数ありました。さらに購入後の3年保証もあり、アフターサービスも行ってくれるため、万が一の時も安心だといえるでしょう。

価格が安い

他のメーカーの液晶テレビよりも価格が抑えられて満足という声や、値段の割に多機能で使いやすいという声がありました。総合的に見て「思いのほか使える」という口コミが多く見られます。コストパフォーマンスの高さは50a6500の最大の特徴ともいえるでしょう。

ハイセンス 50a6500の口コミを集めました

残念なのが、AmazonPrimeVideoに対応していなかったこと。古いLGの4Kの液晶テレビでもAmazonPrimeVideoに対応していたのですが、同じSmartTVというジャンルのテレビなのに機能が削減されているのは ちょっと残念でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

今では他のVODサービスと共に主流になっている『AmazonPrimeVideo』ですが、50A6500では未対応とのことでした。しかし『amazon fire TV stick』を使用すれば視聴できるという声もあるため、視聴したいという方は上記のデバイスを使用することをおすすめします。

購入後すぐにテレビの電源が入らなかったり、フリーズしてしまい、電源コードを抜かないと電源が落ちなかったりした。

出典:https://www.amazon.co.jp

初期不良に当たってしまったという声も何件かありました。前述したように、この場合はサポートに問い合わせをして本体交換や修理を行う必要があります。

動作が安定しない時があり、YouTubeと録画を同時に行うと再起動がかかってしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

YouTubeの再生と録画機能を並行して行うと再起動になるという声がありました。動作が不安定になるのはごくまれだということでしたが、どちらの機能も頻繁に使用するという方は注意する必要がありそうです。

肌の色が少し白色掛かっていて画質調整しても白ぼっい感じが修正できませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

やはり50a6500の「白っぽさ」が気になるという声が何件かありました。調整をしても修正できないということから、この「白っぽさ」は50a6500の仕様と考えるのが妥当でしょう。

色もクッキリとしており再現性もよく、非常に繊細な映像を観ることが出来ます。試しに、Youtubeで4Kのフリー素材の動画を再生してみましたが、やはり非常に鮮明です。

出典:https://www.amazon.co.jp

50a6500の映像が鮮やかで綺麗という声が多数ありました。画質に関しては値段以上だと感じるユーザーもいるようです。4Kに対応しているため、映像の綺麗さにこだわる方には最適だといえるでしょう。

安くてデザインが良く操作性も分かりやすいです。リモコンが非常にシンプルなのも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

テレビを使用する際、リモコン操作をする方がほとんどだと思いますが、そのリモコンがシンプルで使いやすいという声がありました。一番下の部分にはYouTubeとネットフリックスにアクセスできるボタンもあるため、利便性の高さもポイントの1つといえるでしょう。

説明書はわかりやすく書かれており、そこまで重くないため一人で組み立て可能だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

液晶テレビが欲しいけど、1人暮らしをしているため組み立てが不安といった方も安心できるのが50a6500です。わかりやすい説明書が付属しており、本体もそれほど重くないため1人でも組み立てが楽になっています。

画質は期待通り、とてもいいと思います。テレビ購入にあたり様々なブランドを見比べましたが、国産ブランドに比べても全く見劣りしません

出典:https://www.amazon.co.jp

50a6500の画質の良さは他のブランドと比較しても劣らないクオリティとの声がありました。映像の鮮やかさは50a6500の最大の長所だといっても良いでしょう。

ハイセンス 50a6500の関連商品と比較する

50A6500と50A6100の違い

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス Hisense 50V型 4K対応液晶テレビ -外付けHDD録画対応(裏番組録画)/メーカー3年保証- 50A6100

価格:57,674円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50A6100は2018年8月に発売されたモデルです。50A6500との相違点は2つあります。

 

 

1つはVODサービスに対応していない点です。

 

 

50A6500では各VODサービスを大画面で楽しめるという利点がありましたが、50A6100ではそういった利用の仕方はできません。

 

 

また、50A6100は無線LANにも未対応となっています。

 

 

そのため、VODサービスのコンテンツを気軽に楽しみたいという方は50A6500をおすすめします。

 

 

2つ目は省エネ性能が高いという点です。

 

 

50A6500の省エネ評価は星3つで、年間の電気代はおよそ3861円であるのに対し、50A6100の省エネ評価は星4つ、年間の電気代はおよそ2646円となっています。

 

 

消費電力の小ささが長所となっているため、少しでも電気代を抑えたいという方には最適だといえます。

 

 

また画面の発色や鮮やかさに関しては、HDR未対応のため若干輝度の表現が劣りますが、2Kから4Kへのアップコンバート、4K RGBパネルと直下型バックライトの採用といった点は50A6500と変わらないため、それほど大きな違いは見られないといって良いでしょう。

 

 

ほかにも、50A6500との相違点は価格が安く手に入りやすい点、重量が軽くなっており持ち運びがしやすい点などが挙げられます。

 

 

液晶テレビでVODサービスのコンテンツを見る予定のない方や、本体価格や電気代を少しでも抑えたいという方には50A6100をおすすめします。

50A6500と50A6800の違い

Hisense

ハイセンス Hisense 50V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ レグザエンジンNEO搭載 Works with Alexa対応 BS/CS 4Kチューナー内蔵 HDR対応 -外付けHDD録画対応 (W裏番組録画) /メーカー3年保証-50A6800

価格:65,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50A6800は2018年12月に発売されたモデルです。50A6500との相違点は2つあります。

 

 

1つは『低遅延ゲームモード』が搭載されている点です。

 

 

ゲームプレイ中にラグが多いとストレスを感じるプレイヤーは少なくありません。

 

 

しかし50A6800なら最小遅延は約0.83msとなっているため、高画質を維持したまま、遅延の少ない環境でFPSなどのゲームを楽しむことができます。

 

 

そのため、50A6800は50A6500でゲームプレイをして満足できなかったという方には最適な機種だといえます。

 

 

2つ目は新4K衛星放送に対応している点です。

 

 

新4K衛星放送チューナーが内蔵されているため、NHK BS4Kなどの高精細な番組を楽しむことができます。

 

 

さらに4K番組の裏番組録画もできるほか、従来の地デジ、BS、100°CSの2番組同時録画も可能。

 

 

視聴・録画できる番組の幅が広がります。

 

 

画面の発色や鮮やかさは50A6500よりも向上しており、『HDR10』・『HLG』と呼ばれるHDRの規格に対応。明暗度の幅が広がり、より現実に近づいた明るさ、色の表現が可能となりました。

 

 

ほかにもホーム画面がカスタマイズ可能である点や、dTVが視聴できるようになった点、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーと連携が可能な点などが挙げられます。

 

 

4Kの番組を楽しみたいという方や、液晶テレビでゲームをプレイしたいという方には50A6800がおすすめです。

ハイセンス 50a6500の総合評価

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス Hisense 50V型 液晶 テレビ 50A6500 4K HDR対応 直下型LED 2018年モデル

価格:64,330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイセンス 50a6500 テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

 

50a6500の特徴として、映像の鮮やかさ、価格の安さ、VOD対応という利便性の高さなどが挙げられました。

 

 

総合的に見て、コストパフォーマンスの高い液晶テレビのため、安値で高性能な商品を探している方や、VODを頻繁に視聴しているという方にはおすすめです。

 

 

しかし、一方で本体の当たり・はずれが大きく初期不良の例が数件ある点や、スムース機能使用時に若干のノイズが見られる点など、使用する上で短所となる部分も見られました。

 

 

ですが、ハイセンスのサポートが迅速かつ丁寧であることや、購入後に3年保証があることから、本体に不具合が見られた場合も安心です。

 

 

ぜひこの記事を参考に、購入を検討してみて下さい。

関連する商品

テレビの人気商品