シャープ KC-G50の評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥35,800
シャープ 加湿空気清浄機 KC-G50の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、シャープ 加湿空気清浄機 KC-G50がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/03/11 更新

ランク王編集部

プラズマクラスター7000搭載!3つのフィルターで脱臭・集じん

本商品は菌やウイルスの表面に付着することで分解するプラズマクラスター7000を搭載した加湿空気清浄機です。プラズマクラスターには静電気を除去する働きもあるので、壁や服に花粉が腐付着することを防ぐ効果もあります。また、「ホコリブロックプレフィルター」「ダブル脱臭フィルター」「静電HEPAフィルター」の3つのフィルターでしっかりと脱臭・集じんすることができるのも嬉しいポイント。

さらに、パワフル吸じん運転でプラズマクラスターを集中的に放出し、花粉の除去やウイルスの抑制をしてくれます。プレフィルターについた大きなホコリは、後ろから掃除機で吸い取るだけでお手入れも簡単。掃除の頻度を減らしたい方にもおすすめしたい商品です。

編集部おすすめの記事

KC-G50の基本スペック

タイプ
加湿空気清浄機
最大適用床面積【畳】
空気清浄:〜23畳(38m2)加湿空気清浄:〜15畳(25m2)
集じん方式
ファン式
フィルター種類
HEPA
フィルター寿命【年】
10年
騒音値【dB】
空気清浄:52dB加湿空気清浄:42
最大風量/分【㎥】
空気清浄:5.1m3加湿空気清浄:3.4m3㎥
清浄時間【分】
空気清浄:12分加湿空気清浄:17
電気代【円】
空気清浄:約1.46円加湿空気清浄:約0.54
脱臭機能
PM2.5除去率
0.1〜2.5μmの粒子を99%キャッチ
加湿機能
対応センサー
ニオイセンサー/温度センサー/湿度センサー/照度センサー
チャイルドロック
対応
その他機能
高濃度プラズマクラスター7000
花粉モード
就寝モード
対応
適用畳数(木造和室)【畳】
8.5畳
適用畳数(プレハブ洋室)【畳(m2)】
14畳畳(m2)
タンク容量【L】
2.5L
加湿量/h【mL】
500mL
幅x高さx奥行【mm】
399x615x230mm
重さ【kg】
7.7kg
カラー
ホワイト系

KC-G50の通販サイト比較

楽天 ¥37,268

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥35,800

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

掃除・お手入れ簡単な空気清浄機おすすめ17選ランキング|楽なお手入れ方法も!のサムネイル画像

掃除・お手入れ簡単な空気清浄機おすすめ17選ランキング|楽なお手入れ方法も!

2022/05/17

【最新版】シャープの加湿空気清浄機の "今"売れているおすすめの商品ランキング11選!のサムネイル画像

【最新版】シャープの加湿空気清浄機の "今"売れているおすすめの商品ランキング11選!

2022/03/01

【加湿器機能付き】空気清浄機おすすめ15選|一人暮らし用も【2022年】のサムネイル画像

【加湿器機能付き】空気清浄機おすすめ15選|一人暮らし用も【2022年】

2021/11/30

空気清浄機加湿器で乾燥知らず!失敗しない選び方とおすすめ商品19選のサムネイル画像

空気清浄機加湿器で乾燥知らず!失敗しない選び方とおすすめ商品19選

2021/11/19

【最新版】30畳以上用の空気清浄機の"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】30畳以上用の空気清浄機の"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/08

シャープ(SHARP)

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 花粉 ホワイト KC-G50-W

価格:13,800円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
シャープ(SHARP)
商品名
加湿空気清浄機 KC-G50-W(ホワイト系)・KC-G50-H(グレー系)
サイズ
幅399×奥行230×高さ615mm
機能
空気清浄機能、加湿機能、脱臭機能プラズマクラスター
適用床面積
23畳
センサー
明るさセンサー、ニオイセンサー、湿度センサー、温度センサー
最大風量
-
清掃時間・加湿清掃時間
-
フィルター交換周期
10年
シャープ(SHARP)

【純正品】 シャープ 加湿空気清浄機用 Ag+イオンカートリッジ FZ-AG01K1

価格:642円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ(SHARP)

【純正品】 シャープ 加湿フィルター 加湿空気清浄機用 FZ-Y80MF

価格:1,714円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィルターの交換周期は約10年ですが、あくまでも基準なので、交換が必要と感じたらすぐ交換することをおすすめします。

KC-G50は高性能なフィルターを3つ採用していて、交換周期も 約10年と長く使えます。

 

1つ目は静電HEPAフィルターで10000個の微小な粒子も3つしか通さない高性能フィルターで静電気を帯びているので目詰まりしにくいのが特徴となっています。

 

2つ目はダブル脱臭フィルターで活性炭を吸着剤に加えているので汗臭やタバコのニオイもしっかりと消臭してくれます。

 

3つ目は抗菌・防カビホコリブロックプレフィルターで目の細かいフィルターなので、内部に侵入するホコリをしっかりととらえ、集塵性能の

 

KC-G50は高濃度プラズマクラスター7000を搭載しています。

 

プラズマクラスター空気清浄機の特長である、部屋全体に風が行き渡る、スピード循環気流により、遠くのホコリも引き寄せてパワフルに吸引します。

プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良くホコリを集めてくれます。

 

プラズマクラスターにより、適用床面積が23畳が実現できています!

静電気により、ホコリがこびりつかず、目詰まりがしにくい構造になっているフィルターになっているためお手入れがしやすくなっています。

 

フィルターについたホコリは後ろパネルをつけたまま、掃除機で吸い取るだけになっています。

空気清浄機は寝室などで寝るときに使ったりすることも多いので、静音性の高さも重要です。

KC-G50は通常時静音性が高く音も気にならないが、清浄モードになると音がきになるという意見が多いです。

 

また、加湿機能を使うときも水タンクの音が気になるという方が多いです。

空気清浄機を購入する方で、花粉症を軽減させるために購入したという方が多いです。

 

KC-G50を使用してから「ニオイが気にならなくなった」という方もいますが、花粉を思ったより吸収してくれず、期待はずれだったという方もいます。

 

空気清浄機は効果を感じる人の個人差が大きい商品なので、一概にデメリットとは言い切れません。

 

 

KC-G50はアマゾンでベストセラーにもなった人気商品です。なので、ネットの口コミをみて購入した方が多いです。

 

しかし、実際に届くと想像以上に大きく置く場所に困ってしまったという方が多いようです。

なので、しっかりとサイズを確認して購入する必要があります。

KC-G50は空気清浄機としての機能がありながら加湿機能も兼ね備えています。

空気清浄機のフィルターは手入れがカンタンですが、加湿フィルターは手入れがめんどくさいと感じる方が多いです。

 

また、手入れをしないとニオイが出てきて気になるという意見もあります。

空気清浄機は機能が多くなればなるほど価格が高くなります。なので、加湿機能が搭載されている空気清浄機は比較的効果になってしまいます。

 

しかしKC-G50は加湿機能も搭載しているのに安い!コスパがいい!という意見が多いです。

コスパの良さも購入にいたるのに重要な要素と言えます。

小さい子供がいる家庭のオムツのニオイや、喫煙者の方のタバコのニオイにも瞬時に反応するニオイセンサーの評価が高いです。

 

ニオイが気になり消臭機能を求めて購入した方から「買ってよかった!」という意見が多いです。

空気清浄機で重要な要素として、デザインの良さがあります。

普段人目につく機会が多い家電なので、インテリアとして購入する方が多いからです。

 

KC-G50は見た目もスライリッシュで、デザイン性がいい!という意見が多く、高い評価を受けています!

普段は静音ですが、清浄モードに入ると結構大きい音になります。

出典: https://www.amazon.co.jp

空気清浄機は寝室などで寝るときに使う方も多いです。そこで静音性というものが重要になってきます。 KC-G50は通常時は静かだが、センサーが働き清浄モードに入ると音が少しきになるという意見が多いです。
消臭能力も集塵能力も低いし、花粉で鼻が痒いのも治らない。

出典: https://www.amazon.co.jp

空気清浄機は人によって効果を実感する差が大きい製品です。 効果を家事ている方も多いですが、花粉を吸い取るために購入したが効果が薄いと感じる方が多いです。
想像よりも大きめでしたが、性能も良いので満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp

空気清浄機は大きすぎて置く場所に困るというのが大きな欠点となってしまいます。 KC-G50は最初少し大きくて置く場所に困ったという方が多いです。
問題なく使えるが、加湿機能を使うと加湿フィルターがすぐ汚れる。

出典: https://www.amazon.co.jp

KC-G50は空気清浄機能の他に加湿機能もついています。しかし、空気清浄機能の手入れはカンタンですが、加湿フィルターは汚れやすく、手入れもめんどくさいという意見が多いです。
空気清浄機と加湿器の機能を兼ね備えていながらコストパフォーマンスに優れてるモデルです。

出典: https://www.amazon.co.jp

空気清浄機としての機能を兼ね備えながら、加湿器としての機能も十分に兼ね備えているため、コストパフォーマンスがいいという意見が多くあります。 機能と価格をみたときに安いと感じる方が多いので、コスパが良いというのはメリットと言えます。
ゴミ箱の横に置いているのですが、オムツなど匂いのする物を捨てる時は反応していますのでセンサー反応は良さそうですし、匂いも気にならなくなるので良。

出典: https://www.amazon.co.jp

KC-G50は4つのセンサーを搭載していますが、特にニオイセンサーの反応が早くて消臭効果も大きいという意見が多いです。 子供のおむつやタバコの匂いに対して素早く反応して、素晴らしいと感じる方も多いです。
見た目がスタイリッシュで特に何もないシンプルな部屋ですが、周囲に馴染みます。 またお部屋を問わない感じです。

出典: https://www.amazon.co.jp

見た目のデザイン性が高く、スタイリッシュで部屋のインテリアとしても満足しているという方が多いです。空気清浄機は目立つ場所に置くことが多い製品なので、デザインも選ぶ際に重要な点です。
暖房入れっぱなしで寝る寒い時期は、寝起きの喉の乾燥がひどく、「あー、こういう感じで風邪って引いちゃうんだな」と仕方なくマスクしながら寝てました。でもこれつけてるとマスクなしで快眠です。それだけで買う価値ありだと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

KC-G50は空気清浄機能の他に加湿機能もついています。手入れが少しめんどくさいですが、乾燥する時期には暖房と併用できて乾燥しなくなったという意見が多くあります。
シャープ(SHARP)

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 花粉 ホワイト KC-G50-W

価格:13,800円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
シャープ(SHARP)
商品名
加湿空気清浄機 KC-G50-W(ホワイト系)・KC-G50-H(グレー系)
サイズ
幅399×奥行230×高さ615mm
機能
空気清浄機能、加湿機能、脱臭機能プラズマクラスター
適用床面積
23畳
センサー
明るさセンサー、ニオイセンサー、湿度センサー、温度センサー
最大風量
-
清掃時間・加湿清掃時間
-
フィルター交換周期
10年
シャープ(SHARP)

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 花粉 ホワイト KC-H50-W

価格:15,590円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KC-H50はKC-G50の一年新しいモデルもなっていて、2017年モデルです。

 

この2つの機種はサイズやスペック面で見ても違いがなく、1年後に型番だけ変更された製品のようです。公式のサイトで確認してもサイズ、スペック共に違いはありませんでした。

 

唯一の違いとしてあげられるのがカラーバリエーションです。

 

KC-G50はカラーがホワイト系とグレー系の二種類がありますが、KC-H50はホワイト系のみとなっており、グレー系がなくなっているという点が違いと言えます。なので、グレー系を購入したいと考えている方はKC-G50を購入してください!

 

価格の違いですが、KC-H50の方が新しいので、少し高くなっています。

 

KC-G50とKC-H50はスペックとサイズの面で見ると違いが全くありません。それどころかカラーバリエーションも少なくなっています。なので、購入する際には単純に安い方を購入することをおすすめします。

 

シャープ(SHARP)

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 ホワイト KC-J50-W

価格:25,404円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KC-J50はKC-G50より2年後に発売された2018年モデルです。

 

この2つの製品の違いとして大きな違いはありません。しかし、小さな違いはあるのでそれをご紹介します。

 

1つ目は運転モードの「静か寝」が「おやすみ運転」に変更された点です。これにより静音の消費電力と1時間当たりの電気代が安くなっています。しかし、わずかな差です。

 

2つ目は高さが少し短くなり、質量も少し軽くなったという点です。高さが615から513に、質量が7.7から7.5になりました。

 

3つ目はチャイルドロック機能がなくなったという点です。KC-G50はチャイルドロックがついていて、かけるとチャイルドロックの解除以外の設定がいじれなくなるという機能です。

 

違いとしては以上となります。特に性能としてそこまで大きな変更点はありません。

 

なので、スペックの面でそこまで変わらないので単純に価格が安い方を購入することをおすすめします。ただ、小さなお子さんがいる方はチャイルドロックがついているKC-G50をおすすめします!

 

シャープ(SHARP)

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 花粉 ホワイト KC-G50-W

価格:13,800円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
シャープ(SHARP)
商品名
加湿空気清浄機 KC-G50-W(ホワイト系)・KC-G50-H(グレー系)
サイズ
幅399×奥行230×高さ615mm
機能
空気清浄機能、加湿機能、脱臭機能プラズマクラスター
適用床面積
23畳
センサー
明るさセンサー、ニオイセンサー、湿度センサー、温度センサー
最大風量
-
清掃時間・加湿清掃時間
-
フィルター交換周期
10年

「シャープ 加湿空気清浄機 KC-G50の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。」

 

シャープの加湿清浄機はプラズマクラスターもついていて、コスパもいい人気商品になっています。

 

しかし、空気清浄機としての機能は高評価ですが、加湿機能に関しては同価格帯の製品に負けている面もあります。

 

評価として、KC-G50は空気清浄機能と加湿機能を低価格で使いたい!、小さな子供がいて、ホコリや乾燥が気になる!という方におすすめです。

 

空気清浄機は価格が高くなるほど高機能になります。しかし、そこまでお金をかけたくないという方も多いです。

 

なので、自分に必要な機能は何かということを価格と天秤にかけて選ぶ必要があります。

ぜひ、自分にあった空気清浄機を探してみてください!