ASUS ZenFone Max Pro 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.5
最安値:¥18,338
ASUS ZenFone Max Pro 携帯電話の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ASUS ZenFone Max Pro 携帯電話がどんな人におすすめなのかを評価しました。

ZenFone Max Proのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ASUS ZenFone Max Proの商品情報

ASUS ZenFone Max Proの基本スペック

Asustek

ASUS Zenfone Max Pro M2 コズミックチタニウム 【日本正規代理店品】 ZB631KL-TI64S4/A

価格:34,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーASUS((エイスース)商品名ZenFone Max Pro
キャリアdocomo , au発売時期2018/12/21
RAM4GBROM(ストレージ容量)64GB
CPUSnapdragon 660 SDM660CPUコア数8
画面サイズ6.3インチ解像度2280x1080
バッテリー容量5000 mAh前面カメラ画素数1,200万画素
背面カメラ画素数1,300万画素サイズ75.5x157.9x8.5 mm
重量175gその他機能4K撮影 , 指紋認証 , 手ブレ補正

ASUS ZenFone Max Proのおすすめポイント

超大容量のバッテリー

スマートフォンのバッテリーは3000mAhを超えていれば優秀とされていますが、本機種は5000mAhと非常に大容量のバッテリーを持ちます。使用頻度にもよりますが、SNSやメールを使う程度であれば、一日は余裕で持つのでヘビーユーザーにおすすめです。

自撮りに特化したカメラ性能

一般的なスマートフォンの前面カメラ(インカメラ)は背面カメラに比べてかなり性能は低くなっています。しかし、本機種は背面カメラと前面カメラの画素数が、わずか100万画素しか変わらないため、非常に鮮明なインカメラ撮影を行うことが出来ます。

高精彩なディスプレイ

最近はディスプレイに有機ELを採用したスマートフォンが主流になり、液晶パネルを採用した機種の価値は低くなりつつあります。しかし、本機種はIPS方式呼ばれる、医療現場などにも採用される特殊な液晶パネルを採用しているため、非常に高精彩な映像を表現することが可能です。

ASUS ZenFone Max Proの徹底レビュー(評価・口コミ)

ASUS ZenFone Max Proの悪い点をレビュー

動画視聴には適していない

上述したように、IPS方式の液晶パネルは高精彩な映像を表現できるメリットを持ちます。しかし、動きの激しい映像の表現に弱いというデメリットも持ちます。高速応答に乏しい本機種は、スポーツ観戦やYouTubeを頻繁に利用される方には適さない傾向があります。

携帯性が低い

本機種はディスプレイに液晶パネルを採用しているため、有機ELを採用している製品と比べた場合、かなり本体の厚みは大きくなっています。本体サイズも割と大きい部類に入るため、携帯性に関してはあまり優秀とはいえない機種です。

処理速度が遅い

CPUコアはオクタコア(8個のコア)なので基本的な操作に関しては問題なく行なえますが、搭載しているCPUそのものの性能が、他社製品に比べて低くなっているため、処理性能に関しては最新機種のスマートフォンより劣っています。

ASUS ZenFone Max Proの良い点をレビュー

デザイン性が高い

ASUSのように比較的マイナーなスマートフォンの多くは価格が安く機能面やデザイン性の低いものが多く、特にデザイン面に関してはチープなものが多くなっています。本機種のデザインは高級感に溢れているため、ファッションアイテムとしての活用もおすすめです。

高度な手ブレ補正

カメラ性能に特化したスマートフォンの多くは光学式の手ブレ補正を搭載しています。本機種は手ブレ補正に電子式を採用しているため、非常にハイクオリティな手ブレ補正性能を有しています。サイクリング中などでも使用できるので、アウトドアの方にもおすすめです。

4K撮影に対応している

2019年辺りから4K撮影に対応したスマートフォンは増えてきましたが、それでも4K対応の機種は未だ貴重な存在です。本機種は2018年モデルながら4Kに対応しており、非常に高精彩で鮮鋭な映像を撮影することが可能です。まさしくカメラ機能に特化した製品であると言えます。

ASUS ZenFone Max Proの口コミを集めてみました

アプリサクサク、カメラバシバシ、音デカデカなんの問題もありません!強いて言うなら幅チョイヒロッ!幅75mmは4mm差ですが片手ギリギリ笑

出典:https://item.rakuten.co.jp

大容量バッテリーとカメラ性能以外にも、比較的高い処理性能とディスプレイ性能を3万円台という価格帯でありながら実現しているので、様々な用途にも対応出来ます。低価格である程度のスペックを求めたい方におすすめです。

これまで数え切れないスマホを使って来ましたが、コスパを考えれば最高かもしれません。 プラチナバンド対応後のものが送られて来て安心しましたが、それに加えてミドルレンジながらも、非ゲーマーの自分にとっては実際の利用シーンではハイエンド機と体感的遜色は感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3万円台でこのレベルのスペックを備えている機種はかなり稀有ではないでしょうか。ASUS の技術力と営業力の高さが伺えます。

主に動画の閲覧やゲーム目的で購入したのですが、 1.明るさの自動調節をオフにしても頻繁に明るさが変わる(暗くなる) 2.アプリによっては起動中にずっと音声にノイズがでる という症状が頻発するので私の目的ではとても使い物になりませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

決してスペックの低い機種ではないものの、高画質なグラフィックを多用するアプリなどを使用していると操作に不具合が出る場合があります。ゲームや動画視聴用としては少々心もとないので、主にSNSやブラウザ利用程度のスペックと認識しておくと良いでしょう。

Zenfone3からの買い替えです 体感的には1.5倍以上はバッテリー持っている感じで、朝出かけて夕方帰ってくるまで結構使っても不安はないレベルです

出典:https://review.kakaku.com

バッテリー容量に特化しているスマートフォンでも、使用者の用途次第では物足らない場合が多く、各サイトの口コミでもそのような意見は散見します。本機種に関しては5000mAhと規格外の容量であるため、多くの方にとって満足いただけるでしょう。

安っぽくないので所有してて特に気が滅入ることもない。 バッテリーのせいでごついが仕方ない。カラバリはASUSっぽいがもう少し種類があってもいい。

出典:https://review.kakaku.com

サイズがかなり大きいので携帯性には優れませんが、バッテリーの容量を考えれば我慢できる程度のものとなっています。サイズは大きいですが、デザインは先鋭的でスタイリッシュなものなので、そこまで気にはならない程度でしょう。

でかい、分厚い、重い。その分ヘビーユーザーでも1日は間違いなく持つ。車営業でナビ使用やらYou Tube流したりしてますが1日は充電いりませんね。

出典:https://review.kakaku.com

本機種のバッテリー容量は、ヘビーユーザーでも問題なく使うことが出来るほど大きくなっています。画面の明るさによりますが、動画を長時間視聴していてもかなりの長い時間充電は持ちます。

んースペックとは別にタッチの感度が悪い。ツムツムしてもZenfone4 selfie proと明らかに操作性が違う。 CPUは若干いいはずだが。

出典:https://review.kakaku.com

こちらの口コミの方もおっしゃるように、CPUのスペックはそこまで低くないものの、タッチの感度が悪いというデメリットを持ちます。レスポンスが重要なアプリを使用するには少々心もとないので注意が必要です。

カメラのクオリティーはすごくいいですよ。 食べ物も景色もきれいに写ります。ここには非常に満足してます。とするとカメラ用としても使えるな。

出典:https://review.kakaku.com

本機種はバッテリーだけでなく、カメラにも特化した機種なので、カメラ性能を重視する方にもおすすめです。

ASUS ZenFone Max Proの関連商品と比較する

ASUS ZenFone Max ProとZenFone 5の違い

Asustek

ASUS Zenfone5 ブラック 【日本正規代理店品】 ZE620KL-BK64S6/A

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZenFone 5はZenFone Max Proと同じASUSから発売されているスマートフォンです。 ZenFone 5とZenFone Max Proは、「音質」「バッテリー容量」「前面カメラ画素」において違いがあります。

 

音質については、ZenFone Max Proがハイレゾに対応してないのに対し、ZenFone 5は対応しています。 スマートフォンで音楽をよく聴く方にはZenFone Max Proの方がおすすめです。

 

バッテリー容量については、ZenFone Max Proが5000mAhであるのに対し、ZenFone 5は3300mAhとなっています。両者ともバッテリー容量の多い部類に入るスマートフォンですが、圧倒的にZenFone Max Proの方が性能は上です。

 

前面カメラ画素については、ZenFone Max Proが1300万画素であるのに対し、ZenFone 5は800万画素となっています。

 

ZenFone 5とZenFone Max Proの違いに関する結論としては、音質に関してはZenFone 5の方が優秀で、スペックに関してはZenFone Max Proの方が優秀です。カメラ機能を重視する方にはZenFone Max Proを購入する方が得策だといえるでしょう。

ASUS ZenFone Max ProとZenFone Maxの違い

Asustek

ASUS Zenfone Max M2 ミッドナイトブラック 【日本正規代理店品】 ZB633KL-BK32S4/A

価格:26,504円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZenFone MaxはZenFone Max Proと同じASUSから発売されているスマートフォンです。 ZenFone MaxとZenFone Max Proは、「画面解像度」「バッテリー容量」「前面カメラ画素」において違いがあります。

 

画面解像度については、ZenFone Max Proが2280x1080であるのに対し、ZenFone Maxは1520x720となっています。 画面解像度の違いはかなり大きいので、画質重視の方はZenFone Max Proを購入するほうが良いでしょう。

 

バッテリー容量については、ZenFone Max Proが5000mAhであるのに対し、ZenFone Maxは4000mAhとなっています。 どちらもバッテリー容量の多い機種ですが、ZenFone Max Proの方が性能は上です。

 

前面カメラ画素については、ZenFone Max Proが1300万画素であるのに対し、ZenFone Maxは800万画素となっています。

 

ZenFone MaxとZenFone Max Proの違いに関する結論としては、コストパフォーマンスに関してはZenFone Maxの方が優秀で、スペックに関してはZenFone Max Proの方が優秀です。バッテリー持続時間を重視する方にはZenFone Max Proを購入する方が得策だといえるでしょう。

ASUS ZenFone Max Proの総合評価

Asustek

ASUS Zenfone Max Pro M2 コズミックチタニウム 【日本正規代理店品】 ZB631KL-TI64S4/A

価格:34,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ASUS ZenFone Max Pro 携帯電話について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの方にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、おすすめポイントについてですが、やはり、「バッテリー容量」と「カメラ性能」と「ディスプレイ性能」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「バッテリー容量」に関しては、長時間の使用を重要視する方にとって、ご購入の決め手になるのではないでしょうか。

 

続いて、口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、今回紹介した製品のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品