シングルボードコンピューターのおすすめ商品10選|選び方も紹介

シングルボードコンピューターは、非常に機能が充実していて教育用途だけでなく様々な場面で役に立ちますが、製品選びで迷ってしまう人もいると思います。今回は、シングルボードコンピューターのおすすめ商品に加えて、製品の選び方や使い道についても詳しく説明していきます。

低価格ながらも簡単なプログラミングやウェブサーバー、NASの構築ができることでシングルボードコンピュータ界で爆発的な人気を誇る「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」ですが、シングルボードコンピュータはラズパイ以外にもたくさんあるのをご存じでしょうか。

 

ラズベリーパイは国内でも非常に人気なため、シングルボードコンピュータといえばラズパイというイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、ラズベリーパイよりも高性能なものや、ラズベリーパイよりも低価格で手に入るものなど、案外シングルボードコンピュータは選択肢が広く、いざ買おうと思っても悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

メインストリーム向けのCPUを搭載しておらず、またOSもLinux系やandroidといった軽量で開発環境を想定したものばかりで、一般的な知識ではシングルボードコンピュータの良し悪しは判断しにくいですよね。この記事で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐシングルボードコンピューターのおすすめ人気商品について見る

シングルボードコンピューターは一つの基盤に、プログラミングを動かすために必要なCPUと、プログラミングを書き込むために必要な周辺機器が搭載された部品となります。

 

数千円程度の安い価格で購入できますが、パソコンのマザーボードに比べると性能が低く、ほとんどの製品がWindows10に対応していません。Aruduino Unoは性能自体は非常に低いですが、初心者でも取り扱えるため、電子工作や教育の分野でよく使われます。

 

シングルボードコンピューターの中には、Ubuntsu等のOSに対応した物もあります。OSが使える製品では、コントローラーとして使えるだけでなく、簡易的なコンピュータとして利用することもできます。

Raspberry Piとは通称ラズパイと呼ばれ、イギリスのラズベリーパイ財団が教育目的で開発した、シングルボードコンピューターになります。一般的なマイコンよりも圧倒的に性能が高いのにも関わらず、数千円程度で購入できることから、Raspberry Piがヒットして有名になりました。

 

現在では、LinuxやWindows10 IoT CoreといったOSを動かせることから、電子工作等のホビー用途だけでなく、IoT機器への組み込みやサーバー用途でも使われています。

今すぐシングルボードコンピューターのおすすめ人気商品について見る

シングルボードコンピューターを使えば、色々なことができるので幅広い使い道があります。ここでは、シングルボードコンピューターの代表的な使い道について、説明していきます。

教育用の機材

プログラミングの書き込みやすさから、メカトロニクス等の電子工作を行う講義において、Raspberry PiやAruduino Uno等のマイコンが使われています。また、子供のプログラミング教室においても、シングルボードコンピューターが使われることがあります。

 

教育用途でマイコンを利用する時は、秋葉原やネットショップで電子部品等も購入する必要があるため、電子部品用の予算も準備しておくようにしましょう。

高性能マイコンとして電子工作

Raspberry Piは高性能マイコンとしても使うことができ、多数のLEDやセンサーを制御できるだけでなく、小型のDCモーターやサーボモーターの制御も楽々行えます。そのため、電子工作用のマイコンとして、Raspberry Piを使ってみるのもおすすめです。

 

著作権のないオープンソースコードを使えば、プログラミングコードを自由に書き換えられます。そのため、LEDを点滅させるLチカ等の初歩的な制御も行うことができます。

IoT機器への組み込み

一部の高性能なシングルボードコンピューターでは、Windows10 IoTに対応しているものがあります。C言語でプログラミングの作成を行えば、産業用のIoT機器への組み込みを行うのに必要な、PLC制御も行うことができます。

 

IoT開発は参入障壁が高いものでしたが、Raspberry Pi4の登場により、数千円程度の低価格で簡単にIoT開発を行えるようになりました。個人でIoT開発を行いたい人は、メモリ容量が大きくて価格も安い、Raspberry Pi4がおすすめです。

サーバーとしての利用

Raspberry PiはSSD程記憶容量が大きくないものの、数十GBの記憶容量があるため、ウェブサーバー用の外部記憶媒体(NAS)として利用できます。普通のパソコンでサーバーを作るよりも、圧倒的に低消費電力となるので、電気代が気になる人におすすめです。

 

サーバーを作る方法は非常に簡単で、Raspberry PiとルーターをLANケーブルで接続し、OMVと呼ばれるソフトをインストールするだけで、サーバー設定を行えるようになります。

Raspberry Piでは要求性能を満たさないため、Windows10 Homeをインストールできません。しかし、高性能なシングルボードコンピューターでは、IntelのCPUを搭載した物もあり、Windows10 Homeに対応した製品も存在します。

 

LattePanda Windows10と呼ばれる製品では、Windows 10 Homeがプリインストールされていて、OSを購入する費用がかかりません。シングルボードコンピューターでWindows 10を動かしたい人は、LattePandaの製品がおすすめです。

シングルボードコンピューターには、様々な機能が搭載されているので、どの製品を選んだら良いか分からない人もいると思います。ここではシングルボードコンピュータの選び方について、詳しく説明していきます。

用途で選ぶ

電子工作や趣味でシングルボードコンピューターを使う場合は、OSが搭載されていない低性能なシングルボードコンピューターで十分です。しかし、サーバーの開発やIoT機器への組み込み用途で使う場合には、Ubuntu等の専用OSが必要となります。

 

教育や電子工作で使われるArduino Unoは、使い勝手が良いものの、性能がRasberry Piと比べ物にならないくらい低いです。どんな用途に使うか決まっていない場合は、汎用性の高いRasberry Piを選んだ方が良いでしょう

性能・拡張性で選ぶ

シングルボードコンピューターで、一番重要な性能がCPUとメモリの性能であり、製品によって非常に大きな差があります。製品を購入する予算がある人は、コスパが良いRasberry Piや高性能シングルボードコンピューターがおすすめです。

 

ピン数に関しても重要な性能であり、ピン数が多ければ多いほど電子部品を接続しやすくなります。電子工作を本格的に行いたい場合は、ピン数が多いArduino Megaがおすすめです。

 

最後に、USBポートや無線接続機能についても、プログラムを書き込む上で欠かせない機能となります。BluetoothやWi-Fiを利用すれば無線でプログラムを書き込めるため、頻繁に書き込む人は無線機能が付いた製品がおすすめです。

価格で選ぶ

CPUやメモリの性能は価格に比例し、数千円程度のシングルコンピューターではスマホ並の性能になっていますが、数万円程度の製品ではノートパソコン並の性能を持つものもあります。

 

Rasberry Piよりも安価なシングルボードコンピューターとして有名なのが、Arduino Unoですが、Rasberry Piよりも桁違いに性能が低いです。シングルボードコンピューターの性能にもこだわる人は、性能が高くて価格も安いRasberry Piを選ぶようにしましょう。

搭載OSで選ぶ

低性能なシングルボードコンピューターでは、OSを搭載することができませんが、比較的高性能な製品であればOSを搭載することができます。デフォルトの状態では独自OSがプリインストールされていますが、Linuxやandroidを搭載できる製品も存在します。

 

Raspberry Piでは、LinuxベースのUbuntsuをインストールすることができますが、androidはインストールできません。androidを搭載したい人は、他の製品を選びましょう。

KKHMF

CH340G マイクロコントローラーボード Arduino Nano互換

価格:349円 (税込)

300円台という圧倒的に安い価格が魅力的なシングルボードコンピュータ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

KKHMFのAruduino Nano互換のシングルボードコンピュータは、300円台で買えるのにも関わらず、まとめ買い商品になっていないので非常にコスパが高いです。基本的にAruduino Nanoと変わらない性能となっているため、電子工作にも使いやすいです。ただし、価格が安い分CPUの性能が抑えられているため、書き込みが遅いというコメントも見受けられました。非常にお買い得なので、安いマイコンが欲しい人におすすめです。

ビット数 8ビット 対応OS
CPU ATmega328P 16MHz メモリ 2KB
ピン数 20ピン USBポート USB Type-B×1
対応言語 Java, C, C++ その他機能
重量 約4.5g サイズ 60 x 20 x 5 mm
ELEGOO

Arduino UNO R3互換コントロールボード

価格:1,299円 (税込)

Aruduino Uno R3とほとんど同じ性能を持つ格安互換ボード

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

互換品は純正品よりも性能が悪い物が多いですが、ELEGOOのAruduino互換ボードはほとんど純正品と変わらない品質を持つため、Amazonでの評判が非常に良いです。ビット数に関しては8ビットと低いものの、Aruduino Unoと完全互換であるため、教育用や電子工作用途で使うには全く問題がありません。価格については1,000円台前半で購入できるため、Aruduino Unoを購入する予算が無い人におすすめです。

ビット数 8ビット 対応OS
CPU ATmega328P 16MHz メモリ 2KB
ピン数 20ピン USBポート USB Type-B×1
対応言語 Java, C, C++ その他機能
重量 約27g サイズ 80 x 56 x 10 mm
STマイクロエレクトロニクス

ARMマイコンボード STM32VL-DISCOVERY

価格:1,802円 (税込)

Aruduinoより価格が安くて高性能なためコスパが良い

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

STM32VL-DISCOVERYは、1,000円台後半で購入できるにも関わらず、32ビットに対応していて、Aruduino Unoより性能が高いことが魅力的なシングルボードコンピュータです。操作面については、初心者には取り扱い辛いため人気が無いものの、コスパが良いためマイコンを自由自在に取り扱える中級者以上の人におすすめです。2015年に発売された製品であるため、Windows10に対応していませんが、古いOSが使える人におすすめの製品です。

ビット数 32ビット 対応OS
CPU STM32F100RB 72MHz メモリ 8KB
ピン数 64ピン USBポート microUSB×1
対応言語 Python, C その他機能
重量 不明 サイズ 不明
ARDUINO

Arduino Uno Rev3 マイコンボード

価格:3,100円 (税込)

永久保証が魅力的な電子工作用シングルボードコンピュータ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aruduino Uno Rev3は使い勝手の良さと価格の安さから、教育用途で一番人気のあるシングルボードコンピュータです。永久保証が付いているため、Amazonでの評価が4.7と非常に高くなっています。ただし、シングルボードコンピュータの性能に関しては低く、OSが使えないのが欠点となります。価格に関しては、3,000円台というお手頃な価格で購入することができるため、教育用途や電子工作用途で使う人におすすめできるマイコンです。

ビット数 8ビット 対応OS
CPU ATmega328P 16MHz メモリ 2KB
ピン数 20ピン USBポート USB Type-B×1
対応言語 Java, C, C++ その他機能
重量 45.4g サイズ 80 x 55 x 25 mm
Raspberrypi

Raspberry Pi Zero WH

価格:3,700円 (税込)

3,000円台で購入できるOS搭載シングルボードコンピュータ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Raspberry Pi Zero WHは、Aruduino Uno Rev3と大差ない値段なのにも関わらず、性能が非常に高いことが魅力的なシングルボードコンピュータです。処理性能に関しては、一般的なRaspberry Piよりも低いため、UbuntuやWindows 10 IoT Coreが使えませんが、独自OSは使用することができます。3,000円台という手頃な価格で購入できるため、安くて性能の良い、シングルボードコンピュータが欲しい人におすすめの製品です。

ビット数 32ビット 対応OS Raspbian(Debian), Arch Linux
Raspbian(Debian), Arch Linux Broadcom BCM2835 1.0GHzinux メモリ 512MB
ピン数 40ピン USBポート microUSB×1
対応言語 Python, C その他機能 無線LAN
重量 約22g サイズ 65 × 30 × 5 mm
ARDUINO

Arduino Mega 2560 マイコンボード A000067

価格:5,180円 (税込)

ピンの数が70個と豊富にあるシングルボードコンピュータ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aruduino MegaはAruduino UNOよりも高性能ですが、Raspberry Piとは比較にならないほど低性能な、シングルボードコンピュータです。ただし、ピン数は70個とRaspberry Piよりも多いため、電子工作で多くの電子部品を使う人におすすめできます。価格は5,000円台とRaspberry Piの製品と大差ないため、コスパに関しては良くありません。購入費用を抑えたい人は、KumanのAruduino Mega互換ボードを選んだ方が良いでしょう。

ビット数 8ビット 対応OS
CPU ATmega328P 16MHz メモリ 8KB
ピン数 70ピン USBポート USB Type-B×1
対応言語 Java, C, C++ その他機能
重量 70.0 g サイズ 117 x 60 x 25 mm
Raspberry Pi

Raspberry Pi 3 Model B+

価格:5,890円 (税込)

Raspberry Pi4よりも安く購入できるのが魅力的

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Raspberry Pi 3 Model B+は、Raspberry Pi4 ModelBよりも低性能ですが、基本的なOSを搭載できるシングルボードコンピュータです。Aruduinoとは比べ物にならないほど処理能力が高いため、高性能なマイコンが欲しい人におすすめです。メモリ容量は1GBと比較的小さいため、IoT用途には向きませんが、サーバー用途としては必要十分です。総合的な性能が高くコスパが良いため、シングルボードコンピュータ選びで迷っている人にもおすすめです

ビット数 64ビット 対応OS Raspbian(Debian), Arch Linux, Ubuntu, Windows 10 IoT Core
CPU Broadcom BCM2837B0 1.4GHz メモリ 1GB
ピン数 40ピン USBポート USB2.0 Standard A コネクター x4
対応言語 Python, Java, C, C++, perl, ruby その他機能 無線LAN
重量 約50g サイズ 86 x 57 x 17 mm
Raspberry Pi

Raspberry Pi4 ModelB 4GB

価格:6,875円 (税込)

メモリ容量が4GBと大きくIoT開発やサーバ構築にも使いやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Raspberry Pi4 ModelB 4GBは、Raspberry Pi3とほとんど同じ価格帯ですが、処理性能が明らかに高いため、非常に人気の高い製品です。Windows 10 IoT Coreに対応している上に、メモリ容量が4GBと大きいため、IoT開発にも使いやすいのが魅力的です。ピン数に関しても、40ピン搭載されているため、電子工作にもおすすめです。価格は7,000円程度と安くありませんが、初めて購入する人にもおすすめできる製品です。

ビット数 64ビット 対応OS Raspbian(Debian), Arch Linux, Ubuntu, Windows 10 IoT Core
CPU Broadcom 2711 1.5GHz メモリ 4GB
ピン数 40ピン USBポート USB2.0 Standard A コネクター x4
対応言語 Python, Java, C, C++, perl, ruby その他機能 無線LAN
重量 約47g サイズ 85 x 56 x 17 mm
NVIDIA

Jetson Nano Development Kit B01

価格:13,600円 (税込)

NVIDIA製のコンピュータなので画像処理やAIの開発にも使える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NVIDIA Jetson Nano Developmentは、研究用のシングルボードコンピュータで、性能が高いことから人気のある製品です。メモリ容量が8GBと非常に大きいため、IoT開発やサーバー利用だけでなく、画像処理や人工知能の分野でも活用できます。Windows10には対応していませんが、Ubuntsuに対応しているため、コンピュータとして使うこともできます。価格は1万円台前半と高価ですが、価格に対する性能が高いのでおすすめの製品です。

ビット数 64ビット 対応OS Ubuntu(LINUX), NVIDIACUDA
CPU ARM A57 1.43 GHz メモリ 8GB
ピン数 不明 USBポート 4x USB 3.0,USB 2.0 Micro-B
対応言語 Python, C , C ++, Java, perl, ruby その他機能 画像処理機能
重量 240g サイズ 103 × 90.5 × 34 mm
LattePanda

LattePanda 2G/32GB - Win10開発板(デジタル ライセンス含め)

価格:16,999円 (税込)

Windows 10 Homeに対応した高性能シングルボードコンピュータ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LattePandaのシングルボードコンピュータは、IntelのCPUを搭載していることが特徴的な製品です。IntelのCPUを搭載しているため、Windows 10 Homeに対応している上に、Windows OSが標準状態でインストールされています。メモリ容量は2GBと小さめですが、Ubuntsuに対応しているため、様々なプログラミング言語を動かせるのが魅力出来です。価格は2万円程度と高価ですが、Windows 10対応の製品が欲しい人にはおすすめです。

ビット数 64ビット 対応OS Ubuntu, Windows 10 Home
CPU Intel Atom x5-z8350 1.44GHz メモリ 2GB
ピン数 20ピン 20ピン microUSB×1, USB Type-A×1, USB Type-B×1
対応言語 Python, C , C ++, Java, perl, ruby その他機能 Aruduinoコプロセッサ搭載
重量 約100g サイズ 120 x 100 x 35 mm

シングルボードコンピューターには、様々な機能が搭載されていて、電子工作以外にも色々な場面で役に立ちます。シングルボードコンピューターの選び方について詳しく理解し、代表的な利用用途について知ることで、自分の用途に合った製品を選べるようにしましょう!