2020年版!Seasonic電源おすすめ13選【OEM品も紹介】

自作PCを使っている人には、圧倒的品質と安定性で支持されているSeasonicの電源ユニットです。自社で販売しているものもあれば、OEMとして販売されているものもありますが、それぞれに特徴が異なってきます。そこで、選び方やおすすめの電源ユニットをご紹介します。

PC電源の選び方としてよく挙げられるのが80+認証や電源容量など、数字で分かりやすく定義された仕様が多いですが、例えばCorsairの500W80+Gold電源と、玄人志向の500W80+Gold電源では何が違うのでしょうか。

 

同じ性能の電源でも、メーカーによって価格が違うということはよくあります。その差は内部の電解コンデンサの性能に依るところが大きく、高性能な製品にはメーカーも「日本製コンデンサ採用」とよくアピールしています。

 

高性能PC電源として有名なのが台湾のSeasonicというメーカーです。電源の性能はなかなか分かりにくいところが多いため、メーカーで選ぶのも一つの手段と言えます。この記事でSeasonicの電源について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐSeasonic純正電源のおすすめをみる

Seasonicは電源ユニットを作っている老舗メーカーです。Seasonicの電源の特徴としては、下記の3つが挙げられます。

 

  • 高品質なコンデンサを搭載している
  • 長寿命なのに静音製の高いFDBファンの搭載がされている
  • ケーブルレスで内部構造がスッキリしている

 

FDBファンとは高性能流体動圧軸受のことでファンの軸内部に油を注入することで、回転時の振動をさけ衝撃吸収効果を利用したものです。Seasonicの電源ユニットはこのような特徴を持つことから、高性能といわれていて、信頼性と安定性に定評があります。また、10年12年の長期保証がされているので、安心して購入できます。

 

 

Seasonicは他社ブランドの電源ユニットも作っていて、いわゆるOEM電源として手に入れることもできます。それぞれのメーカーごとに特徴があり、どの電源ユニットを選べばいいか迷ってしまう人も多いのも事実。

 

そこで、SeasonicのOEM電源を選択肢にすることで、デザインや機能などの統一感が出るので、電源ユニットが選びやすくなります。Seasonicの電源ユニットは、とても高性能だといわれているのでメーカーとしての信頼性も高く、OEMという点がメリットとしてあげられることも多いです。

今すぐSeasonicOEM電源のおすすめを見る

他社メーカーにSeasonicが電源ユニットを提供している主なメーカーは4社です。「Antec」「Corsair」「NZXT」「ASUS」このそれぞれのメーカーの特徴に付いてご紹介していきます。

Antec

ANTECの電源ユニットは、静音製の高さと手厚いサポートが魅力ですANTECの電源ユニットは、一部のケーブル以外は着脱することができるセミモジュラーを採用しています。動きも安定していて比較的価格が安いので、コスパのいいメーカーだと好評です。

Corsair

コルセアはアメリカのメーカーで、ゲーミングデバイスを製造していることでも有名です。コルセアの電源ユニットの特徴は、フルモジュラーを採用していることや、80+Titanium認定取得をしているなど高性能なことです。

 

クーラー、メモリ、ケースなどの各部品に統一感があるため非常にスッキリとしたデザインとなっています。

NZXT

NZXTの電源ユニットも、フルモジュラーを採用しています。ケースやクーラーなど統一感のあるデザインが特徴。自作PCに統一感を出したい人におすすめのメーカーです。

 

Seasonicと共同開発したEシリーズは、80PLUS GOLD認証を取得したフルモジュラータイプの電源ユニットで、基本設計は「FOCUS Plus Gold」シリーズがベースになっています。2つの会社が共同開発していることで、高品質な電源ユニットとだといわれています。

ASUS

ASUSの電源ユニットは、ROGブランドを搭載している最上級のブランドが人気です。ROGとはRepublic of Gamersの略で、ゲーマー向きに特別設計を行ったブランドのことです。ROGはフルモジュラーを採用していて、LEDがついていたりケースやクーラーなどデザインに高級感が感じられるものです。

 

価格も他の電源ユニットと比べると高価なので、ROGが使いやすい!と魅力を実感した人からは熱く指示されています。

今すぐSeasonicのおすすめの電源を見る

Seasonic電源ユニットを選ぶ際の選び方について解説していきます。ポイントとしては、電源容量や80+認証を受けているかどうかなどの4つ。それぞれの理由について詳しくご紹介します。

電源容量で選ぶ

Seasonicの電源ユニットを選ぶ際には、電源容量を必ずチェックしましょう。電源ユニットの価格は、電源容量の大きさと比例するといわれています。そのため、大きければいいというものではなく、用途に合わせて選ぶのがポイント。

 

一般的には450W前後があれば電源要領としては十分だといわれています。しかしハイエンド向けビデオカードを使用する場合には、6001200Wのハインドモデルがおすすめです。ネット上に自動で消費電力を計算してくれる計算機がありますので、一度計算してから購入するのも一つの方法です。

80+認証で選ぶ

電源ユニットにコンセントから入った電流を、どれだけロスなく使うことができるかを示すのが、80+認証です。このロスが少ない機器ほど電源交換効率が高いと言われていて、電気代や電源ユニットにかかる負担に影響してきます。

 

80+認証がついているということは、性能がいいということに繋がるので、これから電源ユニットを選ぶのであれば、80+認証があるものを選びましょう。また、80+認証はほとんどがgoldTitaniumplatinumのどれかとなっています。

 

余程ハイスペックを要求される使い方をしない限り、感じることはありません。そのため、どれを選ぶかについては気分で決めるという人もいるほどなので、一般的な使い方であれば深く追求しなくてもいいともいえます。

セミモジュラーorフルモジュラー

セミモジュラーとフルモジュラーの違いは、ケーブルを全て取り外しできるかどうかです。電源ユニットには様々な部品が取り付けられています。そのため、どこか一つの部品を取り外して付け替えようと思った時に、外せるかどうかは重要なポイントです。

 

Seasonicの純正電源のケーブルが安っぽいという声や、CPU電源とPCIe補助電源が同じという声もあるため、Seasonic純正電源を買う場合には取り回しができるかどうかを確認しましょう。

保証期間で選ぶ

電源ユニットには、一般家電よりもかなり長い保証期間がつけられています。短いもので7年。長いものになると12年の保証期間が付けられているので、とても高耐久なアイテムだといえます。

 

一つのパソコンを10年使うということはあまりないかもしれませんが、もっと使いたかったのに壊れてしまったという場合に、長期保証があると安心できます。

オウルテック

Seasonic FOCUS+ 750W

価格:20,490円 (税込)

120mmFDBファン搭載の電源ユニット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

80+認証を取得している10年保証の電源ユニットです。ケーブルレスが実装されていて、背面パネルとPCBが銅板によって接続されています。そのため、製品の誤差を低減させるだけでなく、作動時の出力電力の品質が改善されるといわれています。また、温度と負荷を検知して、自動的に「ファンレス」「サイレント」「クーリング」の3モードに切り替える機能を搭載している電源ユニットでもあります。

対応規格 ATX 12V Ver.2.4 サイズ 150x140x86 mm
80PLUS認証 Platinum メインコネクタ 20+4ピン

SSR-550FM

価格:19,400円 (税込)

80PLUS GOLD取得している電源ユニット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンデンサーがALL日本製ということで、安心して使えるという声が多い電源ユニットです。コネクタ数も十分な数があり、サイズもコンパクトなのも特徴の一つ。安定性も静音性も十分で、値段も決して高くはなくコスパの良いモデルだといえます。デザインもオーソドックスなシンプルなブラックなので、その他の部品と合わせても違和感はありません

対応規格 ATX 12V Ver.2.4 サイズ 150x140x86 mm
80PLUS認証 Gold メインコネクタ 20+4ピン
オウルテック

FOCUS-PX-750

価格:21,350円 (税込)

80 PLUS Platinum認証のフルモジュラーケーブル採用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンデンサーがALL日本製ということで、安心して使えるという声が多い電源ユニットです。コネクタ数も十分な数があり、サイズもコンパクトなのも特徴の一つ。安定性も静音性も十分で、値段も決して高くはなくコスパの良いモデルだといえます。デザインもオーソドックスなシンプルなブラックなので、その他の部品と合わせても違和感はありません。

対応規格 ATX 12V サイズ 150x140x86 mm
80PLUS認証 Platinum メインコネクタ 20+4ピン
オウルテック

FOCUS-GX-850

価格:20,671円 (税込)

650Wから850Wを選べる電源ユニット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本メーカー星の105℃コンデンサーを一次側と二次側両方に採用しています。そのことで、製品寿命と信頼性を向上させることに成功しました。必要最小限のケーブルでPC環境を整えることができるので、内部構造を簡略化させることができました。保証期間は10年で、もし不具合が発生した場合には新品と交換することができます。

対応規格 ATX 12V サイズ 150x140x86 mm
80PLUS認証 Gold メインコネクタ 20+4ピン
オウルテック

SSR-650FM

価格:12,300円 (税込)

S2FCファンコントロール機能搭載の電源ユニット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

120mmFDBのファンは、ファンの軸内部にオイルなどの液体を入れることで、ファンが回転する際の出る振動を極力避けるような設計になっています。その結果、ボールベアリングファンと比べると、動作音や熱を少なくすることに成功しました。

 

保証期間は7年あるので、万が一不具合を起こしても交換してくれるため、安心して使用できます。高価格帯の商品ではないですが、ノイズ対策がしっかりとされていて、コンデンサの質が良いと好評です。

対応規格 ATX 12V Ver.2.4 サイズ 150x140x86 mm
80PLUS認証 Gold メインコネクタ 20+4ピン
Corsair

Corsair AX1000

価格:35,426円 (税込)

自分好みのカラーにカスタマイズ可能なサイドラベル

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

80PLUS TITANIUM認定取得していて、AX1000の変換効率は最大94%を達成できました。エネルギー消費はもちろん、ノイズや温度そして電気料金を低く抑えられます。日本メーカー製の105℃コンデンサを採用しているので、寿命や品質は確保されています。ファンを回して使用していても煩くなく、保証が10年と長いことも安心できるという声もあります。

対応規格 ATX12V v2.4 サイズ 150x170x86 mm
80PLUS認証 Titanium メインコネクタ 20+4ピン
Antec

NE750 GOLD

価格:11,280円 (税込)

高効率で高耐久性を持つ電源ファン

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NeoECO GOLD80PLUS GOLD認証を取得した高品質の電源ユニットです。その理由となるのが、全てのコンデンサに日本メーカーのものを使っていることが挙げられます。待機電力も0.5Wと低く、ノイズを低く抑えられることなどコンパクトなのにしっかりと仕事をしてくれます。実際に使ってみると、ファンがとても静かという声が多いです。保証も7年あるので750Wを購入した人からは高コスパだという声があります。

対応規格 ATX12V 2.4 サイズ 150x140x86 mm
80PLUS認証 Gold メインコネクタ 24ピン
NZXT

NP-C850M-JP

価格:16,060円 (税込)

高性能なゲーミングPCに最適な電源ユニット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保証期間が10年と長く、ゲーミングPCにも使える高性能な電源ユニットです。低負荷状態で電源ファンの回数を止めることが可能なゼロRPMモードを搭載。出力電力は850Wあるので高性能なPCにも適応できます。また、必要なケーブルだけを接続するプラグイン式ケーブルシステムを採用しているので、PCシステム全体の冷却性能を向上させます。その結果、ファンの回転数を減らすことができ静音性を高めることが可能になりました。

対応規格 ATX12V v2.4/EPS12V v2.92 サイズ 150x150x86 mm
80PLUS認証 Gold メインコネクタ 20+4ピン
Asustek

ROG-THOR-1200P

価格:48,780円 (税込)

Aura SyncとOLEDディスプレイが際立つROG1200W電源ユニット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ROG Thor 1200W Platinumは、美しい外観と完璧な性能を求めるコアPCユーザー向けのPSUとなっています。ASUS初のPSUには、内蔵OLED情報パネル、防塵型ウィングブレードファンなどの革新的なアイデアが多数搭載されています。また、日本製コンデンサを搭載していることで、優れた耐久性を実現しました。LEDライトが搭載されているので、他にはないかっこよさがあると好評のモデルです。

対応規格 ATX12V サイズ 190x150x86 mm
80PLUS認証 Platinum メインコネクタ -
Coolermaster

V1200 Platinum

価格:16,500円 (税込)

高品質な日本製コンデンサを100%採用

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電圧変動を僅か±1%に抑えた安定供給が魅力の電源ユニットです。フルモジュラーを採用しているので、全てのケーブルを取り外して好みのものに付け替えることが可能です。冷却ファンには、FDBの低振動・低騒音な135mmモデルを採用しました。価格としては決して安くはありませんが、それだけの価値があるという声が多い電源ユニットです。

対応規格 ATX 12V V2.31 サイズ 150x190x86 mm
80PLUS認証 Platinum メインコネクタ 20+4ピン
SilverStone

SST-NJ600

価格:29,444円 (税込)

フルプラグイン&柔軟性が高いモジュラーケーブルでケース内の取り回しがやりやすい

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SeasonicPRIMEシリーズのSSR-600TLOEM品であり、違う点と言えば外側の色がシルバーに変わっていることくらいです。こちらの電源ユニットは、海外で売られているものと比べると価格も高く、保証期間も短くなってしまいます。

 

しかし、ファンレス電源の取り扱いが国内ではないため、海外品の輸入で購入するという人が多い電源ユニットです。その理由としてあげられるのが、ATX電源で完全ファンレスの製品はとても珍しいこと。その中でもこちらのモデルは高品質なため多くのファンがついています。

対応規格 ATX12V v2.4 サイズ 150x170x86 mm
80PLUS認証 Titanium メインコネクタ 20+4ピン
PHANTEKS

PH-P1200PS (REVOLT X PSU)

価格:64,207円 (税込)

1台で2つのシステムに電源供給を可能にした電源ユニット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SEASONIC社と共同開発をした電源分配機能を搭載したATX電源ユニット。こちらの電源ユニットは、電源供給している2つのシステムを個別にON/OFFすることもできます。LEDなどがついていないとてもシンプルな電源ユニットで、日本語の説明書がついていないため自作PCに慣れている人向けです。SeasonicOEM12年保証なので安心して使える声があるという一方でPCIE8ピンがもう一つあればさらによかったという声もあります。

対応規格 ATX12V サイズ 170x150x86 mm
80PLUS認証 Platinum メインコネクタ 24ピン x2
Fractal Design

Ion SFX-L 650W Gold

価格:18,595円 (税込)

小型PC向けの電源ユニット

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セミファンレスを採用しているので、負担が小さい時にはファンが止まったままでとても静かに使用できます。使用されている電源ケーブルがとても柔らかいため、配線がスムーズに行えることも嬉しいポイントです。80PLUS GOLD認定取得しているので、安心の高品質は約束されています。日本正規代理店の品で10年保証なので安心して使用可能です。

対応規格 フォームファクタ:SFX-L 規格:ATX12V/EPS12V サイズ 125x125x63.5 mm
80PLUS認証 Gold メインコネクタ 24ピン

自作PCに慣れた人たちから圧倒的な支持を集めているSeasonicの電源ユニット。他社商品でもSeasonicのOEMという点だけで、安心して購入できるという声がある程信頼を集めているメーカーです。これから電源ユニットを購入するのであれば、Seasonic社の電源を選ぶのをおすすめします。