モニターアームのおすすめ10選!人気商品や失敗しない選び方も解説!

モニターアームを利用することでデスク周りをすっきりさせ、広い作業スペースを確保できるようになります。モニターアームには可動方式や設置方法が異なるさまざまな商品が販売されています。そこで数あるモニターアームの中からおすすめの商品を紹介していきます。

2021/12/23 更新

PCのモニターをデスクに置いていて邪魔だと感じたことはありませんか?重いモニターを支える脚もまた重く、大きいです。デスクの広さは限られているためできるだけ有効活用したいですよね

 

実はモニターを支える脚を取り外し、宙に浮かせた状態でモニターを使うことができるのをご存じでしょうか。モニターアームを使うことで、脚があったスペースを自由に使うことができ、脚があることで困難だった画面の角度や向きの調整が簡単に行えるようになります。

 

作業スペースの確保はもちろん、脚がないことで場所を取らなくなり、モニターの二枚置きだって可能になります。見た目もすっきりスマートです。そんなモニターアームについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

パソコンの画面を表示するモニターは、付属しているスタンドを使用してデスクの上に設置するのが一般的です。ですが、付属しているスタンドでは角度調節の自由度が低く、理想的な角度で設置できないことがあります。

 

その点、モニターアームを利用すれば角度、高さの変更を自由に行えるので、自分好みのセッティングで作業することが可能です。こちらでは、そんなモニターアームのメリット・デメリットを解説していきます。

モニターアームのメリット

モニターアームには以下のメリットがあります。

  • デスクのスペースを有効活用できる
  • 角度や高さを自分好みに調節できる

 

モニターアームを使用すればモニターの脚がいらなくなります。今までモニターを置いていた場所が空くので、デスク周りがすっきりしてスペースを有効活用できますね

 

モニターの角度や高さの調節が自由に行えるのも魅力的です。自分が作業しやすいように調節できるので、作業中の姿勢を改善させることも可能。「長時間の作業がつらいな」と感じている方は、モニターアームの利用を検討してみてはいかがですか?

モニターアームのデメリット

モニターアームにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

  • 取り付けが面倒くさい
  • デスクに負荷がかかる

 

モニターアームは設置に手間がかかってしまうというデメリットがあります。「クランプ式」と呼ばれる机に挟み込むタイプならまだしも、製品によっては壁に穴を開けて設置するものがあるため注意が必要です

 

また、取り付けるモニターによっては重さによって机に負荷がかかってしまうこともあります。この場合は負荷のかからない設置方法を考える、机を補強して対策をとるなどの工夫が必要です。

 

ほかにもネジ穴が合わないモニターは付けられないので、設置する場所やモニターとの相性は事前にチェックしておきましょう

モニターアームはホームセンターに売っているアルミフレームやアルミ角材を利用して自作することも可能です。モニターアームを自作すれば、メーカーから販売されている製品を購入するよりも安価で導入できます。

 

デスクに取り付けるアルミフレーム部分と、モニターを固定するVESAマウント部分を作るだけ、といういたってシンプルな手順で完成します。

 

高性能なモニターアームのようにはいきませんが、デスク周りをすっきりさせることが目的であれば十分な仕上がりとなります。インターネットで検索をすれば製作例がいくつかヒットするので、工具の扱いに慣れている、DIYの腕に自信があるという方は検討してみてください

VESA規格(Video Electronic Standard Association)とは、モニターの裏側にあるネジ穴の位置を意味しています。モニターとアームのネジ穴の位置が対応していれば取り付けが可能です。

 

VESA規格に対応しているモニターには、「75×75mm」と「100×100mm」が存在し、現在は後者が一般的な数値となっています。モニターによってネジ穴のサイズ幅が異なるので、購入する際はモニター側の規格値を確認しておきましょう。

モニターアームは可動方式や設置方法が異なるさまざまな製品が販売されています。設置場所や取り付けるモニターによってモニターアームの向き不向きがあるので、失敗しない選び方をチェックしていきましょう。

アームの可動方法で選ぶ

モニターの位置調節をするうえで重要となるアームの可動方式。「水平垂直可動式」「水平可動式」「垂直可動式」の3つに分かれているので、それぞれの特徴を確認していきましょう。

水平垂直可動式

モニターの位置を自在に変更したいという方には水平垂直可動式がおすすめ。水平垂直可動式は高さと向きを変えられるので、用途に合わせて細かい位置調整が可能です。こちらは、ガス式と機械式の製品が販売されています。

 

機械式はガス式に比べて上下の移動がしづらいというデメリットがあります。価格はやや高めになりますが、ガス式ならスムーズに動かせるので作業効率がアップします

水平可動式

高さは変えずにモニターの向きだけ調整できれば十分という方には、水平可動式のモニターアームがおすすめです。横方向にモニターを移動できるので、横並びに座っているオフィスで画面を見せあいながら作業をするときに最適です

 

こちらは高さの調整が必要ないので楽に使用できます。多くの製品はレバーやネジなどで数段階の高さ調整ができ、自分好みの高さに設定したらそのまま固定しておくという使い方もできそうですね

垂直可動式

モニターをほとんど動かさない、デスク上のスペースを有効活用したいという方には垂直可動式のモニターアームがおすすめ。可動域が上下前後のみに限られるので使い勝手はあまり良くないですが、普段使いのようにモニターを固定するだけなら十分に感じられます

 

垂直可動式のモニターは壁面に固定する製品に多く、大型のモニターを用いる環境やデスク上にスペースが欲しいという方におすすめです。垂直可動のみなので価格がリーズナブルな点も魅力的ですね

ガス式or機械式

モニターアームの可動方法には、ガス式と機械式の2種類が存在します。どちらを選ぶかによってモニターの動かし方が大きく変わります。頻繁にモニターを動かす方にとっては重要なポイントとなりますのでしっかりと確認しておきましょう。

 

ガス式はネジで固定せずにガスシリンダーによって可動するモニターアームです。ガス式は動かしやすさが魅力的で、頻繁にモニターを動かす方におすすめの可動方法です。ですが、内部に不具合があると動かなくなってしまうので注意が必要。完全に固定されていないので少し触れただけでも動いてしまうといった欠点もあります。

 

機械式はネジによって角度や高さを固定しているモニターアームです。ガス式と比較すると安定した設置が可能で、あまりモニターを動かさない方や複数のモニターを並べて設置したい方におすすめ。価格がリーズナブルな製品が多いのもメリットと言えますね。

机との接触方法で選ぶ

モニターアームを選ぶ際は設置方法もあわせてチェックしましょう。机に固定する「クランプ式」「グロメット式」に加え、「壁面固定式」「ポール固定式」の商品も販売されています。

クランプ式

クランプ式はモニターアームの設置方法で最も一般的なタイプです。デスクの天板を上下から挟むだけで設置できるので、設置は比較的簡単に行えるタイプであると言えます。取り外しも可能なため、ほかのデスクにも使いまわせます。

 

ですが、クランプの部分がデスクのスペースを埋めてしまうという欠点があります。また、机に負荷をかけてしまうためガラスや繊細な素材を使った天板には使用できません。クランプと天板の間に緩衝材を挟むなど工夫が必要です。

グロメット式

しっかり固定したい方や、デスクの形状などの都合でクランプ式を採用できない方におすすめなのがグロメット式です。机に穴を開けてボルトで固定しているので、クランプ式のようにはみ出ることもなく、アームが外れることもありません

 

ただし、机に穴を開ける必要があるため、設置に時間がかかってしまいます。取り外しが不便なので、外して使い回しがしにくいという欠点もあります。配線穴が開いているデスクを使っている方は、穴開けの手間を省けるのでグロメット式を検討してみてはいかがですか?

壁面固定式

壁面固定式のモニターを利用するとデスク上のスペースを有効活用できます。モニターが完全に浮いた状態になるので、デスクの上がかなりすっきりします。大型のモニターを使っている方やモニター台に不満を感じている方におすすめです。

 

ですが、壁に穴を開けてネジ留めをしなければいけないので、賃貸にお住まいの方や壁に穴を開けられないという方にはおすすめできません。外して使い回しもしにくいので、個人で利用する場面はなかなかないでしょう。

ポール固定式

メタルラックなどの支柱への取り付けを検討されている方には、ポール固定式のモニターアームがおすすめです。壁に穴を開けることに抵抗がある方でも、ポールがあれば壁面固定式と同様にデスク周りをすっきりさせることが可能です

 

取り付けは楽に行えますが、支柱の直径と合っているのか確認したり、モニターの可動域を計算したりする必要があります。また、ほかの設置方法と比較して製品数が少ない点にも注意が必要です。

モニターの枚数で選ぶ

複数のモニターを利用している方は、複数枚のモニターを取りつけられるアームをチェックしておきましょう。アームを2本用意するよりも手間がかからずスペースをとらないので、株・為替の取引やゲーミング用途で使用する方におすすめです

 

モニターサイズによっては複数枚取り付けられないこともあるので、事前に配置やサイズを確認しておきましょう。加えて複数取り付けられるアームは耐荷重を意識して選ぶことが重要です

 

アーム側の対応枚数については多ければ多いほど良いというわけではありませんが、複数のモニターを運用する予定がある場合は選択の余地あり。3〜4台設置できるものもあるので用途に適した製品を見つけてみてください。

耐荷重で選ぶ

モニターアームが何キロまでの重さを支えられるか示す「耐荷重」も忘れずに確認してください。取り付けるモニターが耐荷重以上の重さになる支えられず、アームが倒れたり傾いたりしてしまいます。

 

モニターアームには耐荷重範囲が表示されているので、思わぬ事態に備えて2kg以上の余裕を持たせて選ぶことをおすすめします

エルゴトロン

エルゴトロン MXV デスクモニターアーム マットブラック 45-486-224

価格:19,288円 (税込)

「コンスタント・フォース」で好きな角度に調整できる

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいたデザインがユーザーからの高い満足度を得ているエルゴトロンが手掛けたモニターアーム。特許技術である「コンスタント・フォース」によって無段階で好きな場所にモニターを設置できます。メーカー保証が10年付いているところも嬉しいポイント。カラーはアルミニウム・ホワイト・ブラックの3種類で、アルミニウムとブラックにはグロメットマウントが付属しています。

可動方式 水平垂直可動 設置方法 クランプ式・グロメット式
対応画面サイズ 34インチ 設置枚数 1枚
耐荷重 3.2kg〜11.3kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
グリーンハウス(Green House)

グリーンハウス GH-AMCD01

価格:16,349円 (税込)

ガススプリングで力を入れずに簡単に移動できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのモニターアームは、ガス式の可動方法によって力を入れずにモニターをの位置を調整することが可能です。動画鑑賞やオフィスワークなどで頻繁にモニターを移動させる方におすすめの商品となっています。デスクへの設置はクランプ式とグロメット式の2つから選択できるので、ご自身の設置環境に合わせて最適な方法を選べます。

可動方式 水平垂直可動(ガス式) 設置方法 クランプ式・グロメット式
対応画面サイズ 10〜27インチまで 設置枚数 1枚
耐荷重 3.0〜7.0kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
グリーンハウス(Green House)

グリーンハウス GH-AMC03

価格:2,620円 (税込)

700mmポールで設置場所の自由度が広がる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

700mmのポールを採用しているため、モニターを高い位置に設置することが可能。用途に合わせて自由に設置場所を調整できるほか、デスクに置いているメインモニターの上にサブディスプレイとして配置するといった使い方もできます。4軸タイプで前後移動に対応しているほか、モニターを取り付ける部分が360度回転するので縦方向にモニターを設置することも可能です

可動方式 水平可動 設置方法 クランプ式
対応画面サイズ 23.6インチまで 設置枚数 1枚
耐荷重 〜6.0kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
Bauhutte(バウヒュッテ)

Bauhutte(バウヒュッテ)BMA-300N-BK

価格:20,873円 (税込)

複数の大型モニターを配置できるためゲーミングに最適

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全長約66cmのロングアームで自由度の高いディスプレイの配置を実現するモニターアーム。複数の大型ディスプレイを自由に配置できるため、ゲーミングデスクの構築におすすめの商品です。3画面のロングモニターアームよって非常に広い視野角を実現できることから、本格的にレーシングゲームをプレイする方にぴったりの商品であると言えます。

可動方式 水平可動 設置方法 クランプ式
対応画面サイズ 29インチまで 設置枚数 3枚
耐荷重 10.0kg(アーム1本あたり) VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
サンワサプライ

サンワサプライ CR-LA352

価格:5,462円 (税込)

ポール固定式でデスク周りを有効活用できる

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は、デスクのスペースを埋めずに有効活用できるポール固定式のモニターアームです。支柱径25〜40mmの丸パイプ、25mm〜30mmの角パイプに取り付けることが可能です。モニターを取り付ける部分が360度回転するので横方向のポールへの設置にも対応しています。モニターだけでなく液晶テレビも取り付けられるなど、幅広い使い方ができる便利なアイテムです。

可動方式 画面ローテーション/スウィング/チルト 設置方法 ポール固定式
対応画面サイズ - 設置枚数 1枚
耐荷重 8.0kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
BESTEK

BESTEK BTSS01BK

価格:3,980円 (税込)

充実した機能をリーズナブルな価格で手に入れるなら

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらの商品は、ほかのメーカーに比べて手を出しやすい価格であるところが魅力です。リーズナブルな価格でありながらその性能は本格的。対応画面サイズは27インチまで、耐荷重は10kgと十分な性能が備わっています。工具不要なレバーで調節できるので、誰にでも扱いやすいところもポイントですね。「試しに使ってみようかな」という方はもちろん、本格的に使用する方にもおすすめです。

可動方式 水平可動 設置方法 クランプ式
対応画面サイズ 17〜27インチまで 設置枚数 1枚
耐荷重 10.0kgまで VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
Amazonベーシック(AmazonBasics)

Amazonベーシック K001503

価格:9,980円 (税込)

AmazonのPB商品だから高品質&使いやすい

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonのプライベートブランドである「Amazonベーシック」から販売されているこちらの商品は、壁に取り付けてモニターを設置できるタイプとなっています。モニターが宙に浮いた状態になるので、デスク上のスペースを埋めることがありません。アームはスムーズに動かすことができ、頻繁にモニターを動かす方にもおすすめです。説明書が付属しているので簡単に組み立てができるところも嬉しいですね

可動方式 水平垂直可動 設置方法 壁面固定式
対応画面サイズ 32インチまで 設置枚数 1枚
耐荷重 2.3kg〜11.3kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
グリーンハウス(Green House)

グリーンハウス GH-AMCA02

価格:4,471円 (税込)

水平垂直・ガス式だから角度調節が自由に行える

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PCで作業をしながらモニターを移動したいという方におすすめなのがこちらの商品です。4軸構造となっており、高さ・角度・奥行きの調節を自由に行えます。ガス式で可動するためアームを片手で動かすことも可能。イラスト制作や動画編集など、PCで作業をしながらモニターを移動すること場面がある方におすすめです。価格もリーズナブルなので初めてのモニターアームにぴったりの商品となっています

可動方式 水平垂直可動(ガス式) 取り付け方法 クランプ式
対応画面サイズ 27インチまで 設置枚数 1枚
耐荷重 9.0kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
エルゴトロン

エルゴトロン LX デスクマウント 45-248-026

価格:34,947円 (税込)

特許技術でデュアルディスプレイの移動も簡単

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モニターアームの定番メーカーであるエルゴトロンから販売されているデュアルタイプの商品です。昇降範囲が33cmと広いところが特徴で、特許技術である「コンスタント・フォース」によってスムーズな移動が可能となっています。縦並び・横並びのどちらにも配置できるので、複数画面を使った動画編集や株・為替のトレードをされている方におすすめの商品となっています。

可動方式 水平垂直可動式 設置方法 クランプ式・グロメット式
対応画面サイズ 24インチまで 設置枚数 2枚
耐荷重 9.1kg(アーム1本あたり) VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)
HUANUO

HUANUO モニターアーム

価格:4,299円 (税込)

コスパの高いガス式モニターアーム

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手頃な価格でありながらガス式で可動する高コスパなモニターアーム。上下左右の多角度調節に加えて、前後にも移動する自由度の高さが魅力的です。設置方法もクランプ式・グロメット式から選択できるため、ご自身の設置環境に合わせて柔軟に対応させることが可能。2年間の品質保証もついているので品質にこだわって商品を選びたいという方におすすめです

可動方式 水平垂直可動(ガス式) 設置方法 クランプ式・グロメット式
対応画面サイズ 17〜27インチまで 設置枚数 1枚
耐荷重 2.0kg〜6.5kg VESA規格対応 ○(75×75mm/100×100mm)

モニターアームを導入することでデスク周りのスペースを有効活用できます。見た目がすっきりするだけでなく作業効率もアップするので、現状の作業環境に不満を抱いている方はモニターアームの導入を検討してみてはいかがですか?

# おすすめ