Mac向け液晶モニターの選び方とおすすめ15選!解像度も要チェック?

Mac向け液晶モニターのおすすめ商品を紹介します。MacBook、Mac Pro、Mac Minでデュアルディスプレイのためのモニターの選び方を、出力端子や解像度、画面サイズの説明と併せて簡単に解説。Mac向け液晶モニターのおすすめ15選も是非ご覧ください。

2022/01/11 更新

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

MacBookを仕事で使っている方、モニター1枚で使いづらいと感じたことはないでしょうか。近年発売されたMacBookには映像出力に対応したType-Cポートが、古い機種にもMini DisplayPortが付いているので映像の外部出力が可能になっています。

 

外部モニターを接続しデュアルディスプレイ化することで、作業効率が良くなることが期待できます。また、USB給電に対応したモニターなら映像出力と同時にMacBookへの給電もできるのでケーブルを減らして作業スペースの確保も容易になります。

 

MacBookをお持ちの方が外部モニターを持つことはメリットしかありません。ですが、ただのモニターでは意味がないのも事実です。この記事でポイントをしっかり解説するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

Macbookは、Macの直感的な操作性と実用性の高い性能を外出先でも発揮できるため人気がありますが、画面サイズが13~16インチと、家庭で使用するには作業スペースが小さく感じられているようでうす。

 

そこで、大きな外部モニターと接続することで広い作業スペースを確保し、快適に作業を進めていくことができるため、映像や音声の編集はもちろんのこと、テキストや表計算などの幅広い作業をする方におすすめすることができます。

 

単に大きな画面を求めるならテレビでも良いのでは?と思うかもしれませんが、テレビは「映像を映すためのもの」であり、「ユーザーの操作した情報を表示する」には応答速度が遅いことも多いため、パソコン用のモニターがおすすめです。

モニターの解像度とは、簡単に言えば画面の縦×横のマスの多さを表し、一つのマスは画素やピクセル(px)と呼ばれています。解像度に関わる言葉で「4K」は3840×2160px、「フルHD」は1920×1080pxと画素数が異なります。

 

単純に「解像度は高ければ高いほど良い」というわけではなく、同じモニターサイズで解像度が高くなる(画面領域が広くなる)ということは、表示されているアイコンや文字が小さくなります。そのため、モニターサイズに適した解像度を選ぶことが大切です。

 

実際にモニター選びをする際に、何を基準に解像度やモニターの画面サイズを選べば良いかは後述しますので、知りたい方は以下のリンクをクリックしてくださいね。

MacBookでデュアルディスプレイをしたいけれど、何を基準にモニターを選べば良いのか難しそうでわからない…そんな方のために、ここでは難しくて長い説明は端折って簡潔に外部モニターを選ぶポイントについて説明いたします。

近年のMacBookの基本的に「Thunderboltポート」を備えていることが多いです。Thunderboltにはバージョン1、2、3と種類があり、バージョンによって端子の形が異なります。

MacBookの古い機種に見られるバージョン1・2は、Mini DisplayPortの形状の端子になっています。モニター選びの際はMini DisplayPort対応の製品を選ぶようにしましょう。

 

ちなみにThunderbolt1・2とMini DisplayPort端子は形状は同じですが、できることは異なります。しかし映像の入出力については、どちらも問題なく信号を送ることができることから、モニター選びの際には特別気にする必要ありません。

近年のMacBookに見られるバージョン3は、端子の形状がUSB-Type Cと決まっています。モニター選びでは、USB-Type Cに対応したモデルを選ぶようにしましょう。

VGAやDisplay Port、DVI、HDMIなどの出力端子より外部ディスプレイと接続する方法もあります。詳細は下記のMacの公式ページへのリンクより確認できます。

一般的にはMacBook本体のディスプレイよりも大きいサイズが選ばれる外部モニターでは、画像や映像を外部モニターの画面上に置く傾向が高いです。画質の精細さ・美しさを求めるなら4K以上の解像度が綺麗でおすすめです。

 

なお、解像度については下の表に示します。

名称 解像度 価格帯
フルHD(FHD) 1920×1080 2万円~
WQHD 2560×1440 3万円~
4K 3840×2160 5万円~
5K 5120×2880 15万円~ 
6K 6016×3384 50万円~ ※Apple Display Pro XDRのみ

解像度の高さに応じてモニターの画面サイズも大きい方が好まれます。解像度に適した画面サイズのモニターでは、画面領域の広さに対して文字やアイコンが小さくなり過ぎず、見やすく作業もしやすいためです。

 

解像度に対しておすすめの画面サイズについて下の表にまとめています。

解像度 おすすめの画面サイズ
フルHD 24インチ前後
WQHD 27インチ前後
4K以上 27インチ以上

 

なお、27インチ以上のディスプレイを外部モニターとして使用する際には、置き場所の広さについても考慮し、画面サイズだけではなく、ディスプレイそのものの幅×高さ×奥行も確認した方が良いでしょう。

液晶には「IPS」「TN」「VA」と3種類あり、それぞれ画面の見え方に違いがあります。

 

種類 見え方
IPS 視野角が3タイプの中で最も広く、正面以外の斜めの角度からでも見える。
TN 視野角が狭いが消費電力を抑えられる
VA 視野角の広さはTNよりもやや広い。コントラストが高く、黒の引き締まった強い色の印象になる。

 

現在のモニターの主流はIPSですので、特にこだわりがなければIPSで問題ないでしょう。

液晶画面には、光沢のあるつくりの「グレア」、光沢を抑えたつくりの「ノングレア」、グレアとノングレアの中間の「ハーフグレア」の3種類があります。

 

種類 特徴
グレア 光沢があり映り込みがある。コントラストが高く動画や写真を見るのにおすすめ。
ノングレア 光沢を抑え映り込みが少なく、目への負担が少ない。長時間作業におすすめ。
ハーフグレア 光沢や映り込み、コントラストはグレアとノングレアの中間。グレアとノングレアの良さを求める人におすすめ。価格が高い傾向。

 

映像・画像を重視するか、作業を重視するかで種類を選ぶと良いでしょう。

身体に負担の少ない姿勢でパソコン作業をしたいなら、モニタースタンドの高さ調節ができるものや角度調整できるものが良いでしょう。

 

また画面を縦にして使用することができるピボット機能は、インターネットサイトでよく見られる縦に長く左右に無駄な余白があるページを表示したり、縦の用紙に印刷することを前提としたファイルの編集作業において、全体を把握しやすくなり便利です。

液晶画面を囲んでいる枠のことをベゼルといいます。ベゼルレスとは枠がない状態を意味しますが液晶モニターにおいて明確な決まりはなく、画面サイズを大きくすることを意図して枠の幅を可能な限り狭くしたモニター全般を指します。

 

枠がない分、画面サイズが大きく見やすくなり、また画面が宙に浮いているような前衛的でスマートな印象に魅力を感じるユーザーも多いようです。

モニターを使用するユーザーの健康面に配慮した機能の代表的なものとしてブルーライトカット機能があります。長時間のデスクワークが多い方には、負担の大きい青い光のカットは、疲労軽減効果が実感しやすくおすすめです。

 

また、フリッカーと呼ばれる画面のちらつきを押さえる機能、フリッカーフリーも眼の負担を軽減する機能なのでモニター選びの際に併せてチェックしてみてください。

Macbookの外部モニターの選び方について上では説明してきましたが、ではMac ProやMac Miniの場合はどうでしょうか。ノートパソコンの場合とは異なり、デュアルディスプレイにはモニターを2つ用意する必要があります。

 

それによって、作業効率化を図れる点はMacbookと同様ですが、さらに2つとも自分でモニターを選ぶことができることから、自由度の高いモニターの使い分けができそうですね。

 

ここでは、2つのモニターをメインモニター・サブモニターとした場合の選び方の一般的に推奨される傾向について紹介いたしますが、自分のニーズや予算と相談しながら決めて頂くのが良いでしょう。

メインモニターは目的にもよりますが、一般的には長時間視線を置いたり、その画面での作業量が多い傾向にあります。自分のパソコン使用のニーズに合わせてできるだけ好条件のものを選ぶと良いでしょう。下記に例をいくつか示します。

 

  • 映像(画像)の編集や鑑賞なら高解像度がおすすめ
  • 文書作成ソフトなら縦画面にできるピボット機能付きがおすすめ
  • 長時間作業にはブルーライトカットや角度調整でできるものがおすすめ

サブモニターは、メインモニターの画面を維持したまま補助的な用途で使用するスペースとして活用される傾向があります。

例えば…

 

・映像を見ている途中で、ネットで調べものをする。

・文書作成に必要な文献資料を表示させておく。

・2つの情報の内容を比較する。

 

…など、いずれにおいてもメインで使用する画面ではないので、特別、4Kのような高解像度や高機能にこだわらなくても差し障りがないでしょう。ただし、端子がパソコンからの信号を受けるのに適した形状になっているかは必ずチェックするようにしましょう。

LG

液晶ディスプレイ 27MD5KL-B

価格:158,000円 (税込)

Thunderbolt3ポート搭載5K対応の高精細液晶ディスプレイ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

公式で「Mac OSに最適化したモニター」と記載しており、Thunderbolt3を備えている5K対応の液晶モニターです。リフレッシュレート60Hzは、素早い操作感を要求されるゲームには不向きですが、動画や写真の編集・鑑賞では精細さが活きてくるでしょう。

 

また、IPSパネルの1種であるAH-IPSによって、画面を見る角度が変わっても色が変化しにくい仕様になっています。映像関係の作業・鑑賞向けのモニターと言えます。

メーカー
LG
商品名
27MD5KL-B
画面サイズ
27インチ
解像度
5120×2880
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
500nits
パネルタイプ
IPS
端子
Thunderbolt™3×1、USB Type-C™(USB3.1 Gen.1)
その他機能
高さ調節、チルト、壁掛け
サイズ
幅626×高464-574×奥240
重量
8.5kg
日本エイサー

4Kモニターディスプレイ ET322QKwmiipx

価格:57,574円 (税込)

ハイコントラストの4K画像で作業するのにおすすめのモニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VAパネルでさらにHDR10対応によりコントラストの度合いが高い4Kモニターです。リフレッシュレートが高くなく高速操作のゲームには向かず、また視野角もIPSよりも狭いため、複数人の鑑賞向けではなく、単独の作業向けのモニターと言えるでしょう。

 

フリッカーフリー、ブルーライト軽減機能が備わっているため、長時間の作業でも安心31.5インチなので、文字やアイコンなども見やすく作業向きですね。

メーカー
Acer
商品名
ET322QKwmiipx
画面サイズ
31.5インチ
解像度
3840x2160
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
300 cd/m2
パネルタイプ
VA / ノングレア
端子
HDMI2.0x2  DisplayPort
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
729.7x529.4x246.7 mm
重量
6.78kg
Asus

モニターディスプレイVA32UQ

価格:47,520円 (税込)

画像を扱う作業で細部にまでこだわりたい方におすすめのモニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Adaptive-Sync・FreeSyncで画面のちらつきを抑え、Shadow Boostで暗所まで細かく表現できるなど、4Kによる映像表現へのこだわりを追求したモニターです。さらにデジタルシネマ規格であるDCI-P3を95%カバーし、リアルな色合いを再現します。

 

映像に強く、写真・動画に関わる作業向けモニターの中でも、より細部の表現にまで強くこだわりたい方におすすめのモデルと言えます。

メーカー
ASUS
商品名
VA32UQ
画面サイズ
31.5インチ
解像度
3840x2160
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
310 cd/m2
パネルタイプ
VA / ノングレア
端子
HDMI2.0x2  DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
729.7x495x175.57 mm
重量
6.6kg
LG

4K液晶ディスプレイ  27UL550-W

価格:45,980円 (税込)

画面を縦にも横にも使えて多目的な作業におすすめなモニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K対応で27インチ、チルトの調整ができ、設置スペースや作業時の姿勢にも配慮されたモニターです。ブルーライト軽減やフリッカーフリー機能もあり、作業者の負担を軽減してくくれます。高速な操作が要求されるFPS系のゲームには不向きです。

 

ピボット機能で画面を縦・横に切り替えられるので、映像・画像編集はもちろん、視覚的なホームページ編集やテキストや表計算の作業など、様々な作業がしやすいでしょう。パソコンで幅広い種類の作業をこなす方におすすめのモデルと言えそうです。

メーカー
LG
商品名
27UL550-W
画面サイズ
27インチ
解像度
3840x2160
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
300 cd/m2
パネルタイプ
IPS / ノングレア
端子
HDMIx2 DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト、スイベル、ピボット機能、高さ調節
サイズ
623x572x230 mm
重量
6kg
EIZO

カラーマネージメント液晶モニター CS2740-BK

価格:180,982円 (税込)

USB-Type C 1本で簡単接続のクリエイター向けモニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

164PPIという画素の密度の高さは、画素そのものが認識できないほど微細で、それだけ細部の表現が可能で、プロフェッショナルなクリエイター活動をする方にもおすすめできる4Kモニターです。

 

USB-Type Cによる接続ができるため、MacBookにケーブル1本で簡単にデュアルディスプレイ化することができ、外での作業と自宅での作業の接続に効率的でスマートな仕事を実現してくれるでしょう。

メーカー
EIZO
商品名
CS2740
画面サイズ
26.9インチ
解像度
3840 x 2160
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
350 cd/m2
パネルタイプ
IPS / ノングレア
端子
USB Type-C (DisplayPort Alt Mode, HDCP 1.3), DisplayPort (HDCP 1.3), HDMI (Deep Color, HDCP 2.2 / 1.4)
その他機能
ピボット機能、チルト、スイベル
サイズ
638 x 404.1 - 559.1 x 265 mm
重量
10.3kg
Asustek

ウルトラワイド34型モニター MX34VQ

価格:149,800円 (税込)

ワイド曲面でゲームや映像の没入度を高めるモニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超ワイド画面が特徴的で、デュアルディスプレイ化した時に画面上に様々なウィンドウを表示しながら効率的に作業をすすめていくのに適したモニターです。逆に画素の密度が109PPIとやや粗目のため、精細さが求められる映像・画像編集には向きません。

 

モニターが平面ではなく曲面になっているので、21:9のアスペクト比対応のゲームや21:9に近い映画などの鑑賞では画面いっぱいに楽しむことができるようです。

メーカー
ASUS
商品名
MX34VQ
画面サイズ
34インチ
解像度
3440x1440
アスペクト比
21:9
輝度(標準)
300 cd/m2
パネルタイプ
VA / ノングレア
端子
HDMI2.0x3、DisplayPortx1
その他機能
フリッカーフリー
サイズ
810.6x456.8x239.7 mm
重量
8.4kg
ベンキュージャパン

ゲーミングモニター EX2780Q

価格:50,290円 (税込)

画像・映像編集からゲーミングまで鮮明に表現できる液晶モニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WQHD画質を最大限綺麗に表現しようと、HDR10、DisplayHDR400標準に対応、90%のAdobeRGBカバー率と様々な技術が取り入れられ、プロフェッショナルな写真・映像編集におすすめのモニターです。

 

また、リフレッシュレートも高くゲーミングモニターとしても快適に描画し、USB-Type C端子を備え簡単に接続できる点も良いですね。

メーカー
BenQ
商品名
EX2780Q
画面サイズ
27インチ
解像度
2560×1440
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
350 cd/m2
パネルタイプ
IPS
端子
HDMI2.0x2 USB Type-Cx1 DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
614x459.7x196 mm
重量
5.9kg
ViewSonic

液晶モニター VX3276-2K-MHD

価格:39,611円 (税込)

情報表示や映像鑑賞におすすめのIPS液晶モニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WQHDとしては大きめの31.5インチのモニターでスーパークリア技術搭載のIPSパネルで色合いも鮮やかに補正するため、テレビ的な用途としても活躍できるモデル。ベゼル幅も小さく画面を広く使えるのも良いですね。

 

壁掛け用のVESAマウントにも対応しており、作業をしながらリアルタイムに更新される情報を表示させておく用途(例えば株価などの情報表示)としてのニーズもあるようです。

メーカー
ViewSonic
商品名
VX3276-2K-MHD
画面サイズ
31.5インチ
解像度
2560×1440
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
250 cd/m2
パネルタイプ
IPS/ノングレア
端子
HDMI1.4×2、DisplayPort、Mini DisplayPort
その他機能
ブルーライトカット、フリッカーフリー
サイズ
713 mm (W) x 504 mm (H) x 230 mm (D)
重量
6.2kg
日本エイサー

モニターディスプレイ RC271Usmidpx

価格:35,980円 (税込)

ブルーライトカット&フリッカーフリーで眼精疲労軽減に優れたモニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベゼル幅が小さく画面が広く薄型でスタイリッシュな印象のモニターです。フリッカーフリーや段階的なブルーライト軽減が可能、さらにスーパーシャープネスで低解像度の画像の画素を補正やRGB+CMYの色調節が可能など、長時間の画像編集に向いた機能が多いです。

 

写真編集・動画編集の用途の他にDTM関連の作業などに使用するユーザーも多いようです。解像感や色の表現が良く、メインモニターとして活躍できそうです。

メーカー
Acer
商品名
RC271Usmidpx
画面サイズ
27インチ
解像度
2560 × 1440
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
350 cd/m2
パネルタイプ
IPS / ノングレア
端子
DVIx1 HDMI2.0x1 DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
614x445x201 mm
重量
3.8kg
JAPANNEXT

ゲーミングモニター JN-24VG144WQHDR

価格:25,770円 (税込)

ゲームを始めとした素早い描画に強い液晶モニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格なゲーミングモニターとしても人気のモデルです。ゲーム向けモニターなだけあり、リフレッシュレート最大144Hzと高速の動きも滑らかに表現できるようです。

 

ゲーム以外の用途では、DTM作曲・波形編集など音楽・音響関連ソフト使用時に早く動くタイムラインや周波数スペクトル表示も遅延なく描画できるようです。映像・画像編集では画素の密度がやや粗く、こだわる方には向かないようです。

メーカー
JAPANNEXT
商品名
JN-24VG144WQHDR
画面サイズ
24インチ
解像度
2560 × 1440
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
350 cd/m2
パネルタイプ
TN / ノングレア
端子
HDMI1.4x2 HDMI2.0x1 DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、ピボット機能、チルト、高さ調節
サイズ
563x543x227 mm
重量
4.4 kg
ViewSonic

液晶モニター VX3276-MHD

価格:37,270円 (税込)

マルチモニターの構成にもおすすめできる液晶ディスプレイ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルHD画質で31.5インチ、販売サイトによっては3万円を切る場合もある低価格モニターで、マルチディスプレイとして活用されることもあり、その場合、様々な資料を表示させたりリアルタイムで変化する情報を参考に作業するのにおすすめですね。

 

解像感は4KやWQHDほど高くはないため、精細さを要求するタイプの画像・映像編集作業には向きませんが、コストパフォーマンスが良いので、アイディア次第では汎用性の高いモニターと言えそうです。

メーカー
ViewSonic
商品名
VX3276-MHD
画面サイズ
31.5インチ
解像度
1920×1080
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
250 cd/m2
パネルタイプ
IPS
端子
HDMI、DisplayPort
その他機能
ブルーライトフィルター
サイズ
713 mm (W) x 504 mm (H) x 230 mm (D)
重量
6.2kg
ベンキュージャパン

モニターディスプレイ GW2780

価格:17,853円 (税込)

サブモニターとして補助的な使用に向いた液晶ディスプレイ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

周辺環境の明るさに応じて最適なモニターの明るさに調整してくれる「ブライトネスインテリジェンス」機能搭載。リフレッシュレートは高くないものの、そもそもの画素数が多くないためゲームもスムーズに動くようです。

 

特にこだわりがなければ、画像・映像編集を始め様々な使用用途に対応できるでしょう。サブモニターとしても、十分な機能をもっていると言えます。

メーカー
BenQ
商品名
GW2780
画面サイズ
27インチ
解像度
1920×1080
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
250 cd/m2
パネルタイプ
IPS
端子
D-Subx1 HDMI1.4x1 DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
612x463x183 mm
重量
4.85kg
Acer

液晶ディスプレイ VG240YPbmiipx

価格:26,993円 (税込)

フルHD画質としては汎用性の高い液晶ディスプレイ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

23.8インチとフルHD画質の標準的なモニターサイズでありながら、リフレッシュレートが最大144Hzと価格も安いことから、リアルタイムのモニタリングやFPSゲームなどで、遅延なく滑らかに描画します。

 

サブモニターとしての活用はもちろんのこと、VESAマウント対応で壁掛けマルチディスプレイ化もおすすめできます。

メーカー
Acer
商品名
VG240YPbmiipx
画面サイズ
23.8インチ
解像度
1920×1080
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
250 cd/m2
パネルタイプ
IPS / ノングレア
端子
HDMI2.0x2  DisplayPortx1
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
540x412x240 mm
重量
3.85kg
Philips(フィリップス)

液晶ディスプレイ 241E9/11

価格:19,200円 (税込)

低価格にして高い機能性と信頼性をもつ液晶ディスプレイ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サブモニターとしては低価格にして十分な機能性を備えたディスプレイで、視野角の広いIPSパネルにブルーライト軽減やフリッカーフリー、AMD FreeSyncによる滑らかで高速なレスポンスなど、長時間作業から映像鑑賞、ゲームまで幅広く活用できるでしょう。

 

低価格帯のモニターには、いくつかの画素が機能しない「ドット抜け」で評価を下げてしまうものがありますが、241E9/11はドット抜けがなくて良いという印象をもつユーザーが多いのが特徴的です。

メーカー
フィリップス(Philips)
商品名
241E9/11
画面サイズ
23.8インチ
解像度
1920×1080
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
250 cd/m2
パネルタイプ
IPS / ノングレア
端子
D-Subx1  HDMIx2
その他機能
ブルーライト軽減、フリッカーフリー、チルト
サイズ
537x414x176 mm
重量
2.93kg
Asustek

モバイルモニター MB16AP

価格:42,950円 (税込)

外出先でも活用できるビジネスバッグサイズの液晶モニター

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄くて軽量、コンパクトな15.6インチの画面サイズのモニターはビジネスバッグにも入り、外出先でもデュアルディスプレイ化するのに適しています。画面の縦横を判断して自動で回転するのも、様々な作業で利便性を高めてくれますね。

 

USB-Type Cによる接続が可能なのも魅力的で、自宅・外出先・移動中を問わずどこでも作業に集中できます。移動性の高い人におすすめなモニターです。

メーカー
ASUS
商品名
MB16AP
画面サイズ
15.6インチ
解像度
1920×1080
アスペクト比
16:9
輝度(標準)
220 cd/㎡
パネルタイプ
IPS / グレア
端子
USB Type-C (Displayport Alternate Mode)
その他機能
縦置き可、ブルーライト軽減、フリッカーフリー
サイズ
幅359.7mm×奥行き8mm×高さ226.4mm
重量
0.85kg

外部の液晶モニターに何も映らないケースとして多いのが、「USB-Type Cのケーブルでmacとモニターをつないでいるのに映らない」というものです。

 

USB-Type Cとは、単に端子の形状を表していて、全てのType CがThunderboltに対応しているわけではありません。そこでまず、解決策から述べると、「Alt Mode対応」と記載されたUSB-Type Cのケーブルを使って接続してください。

 

Alt Modeとは、映像に限定して言えば、USB-Type Cのケーブルで、「Thunderbolt、DisplayPort、HDMIなどの信号を送ることができる」という意味です。Alt Mode非対応のケーブルでは映像信号を送ることができません。

Mac向けの液晶モニター選びでは、自分のニーズに合った解像度と画面サイズと外部モニターとの対応関係を基に、便利機能を吟味して選ぶことが大切です。快適なデュアルディスプレイを体感できるよ良いですね。

関連する記事

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルものサムネイル画像

【2022】テレビスピーカーの人気おすすめ20選|Bluetooth対応・高音質モデルも

2021/10/21

【2022最新】bravia(ソニー) テレビおすすめ10選【特徴・評価・口コミも】のサムネイル画像

【2022最新】bravia(ソニー) テレビおすすめ10選【特徴・評価・口コミも】

2021/10/21

【なぜ安い?】シャープテレビ(AQUOS)の特徴・評価・評判|最悪って本当?のサムネイル画像

【なぜ安い?】シャープテレビ(AQUOS)の特徴・評価・評判|最悪って本当?

2022/04/05