パソコンで音楽鑑賞するならサウンドカードが必須!【おすすめ10選】

パソコンなどは購入したままでも音楽を聴くことはできますが、どうしても音質が低くなります。そんな音質を上げるための機器がサウンドカードです。ここでは、このサウンドカードの種類や特徴、選び方やおすすめの製品について紹介します。

サウンドカードと聞くと馴染みのない方が多いでしょう。サウンドカードはPCパーツのなかでもオプションに分類されるもので、「なくても動く」からわざわざ付けないという方がほとんどでしょう。サウンドカードはいわゆるオンボードサウンドの機能をより強化したいという時に用いられます。「CPU内蔵のグラフィックではゲームができないからグラフィックボードを付ける」のと同じです。

 

実はオンボードサウンドはマザーボードによって全く違うというのをご存じでしょうか。マザーボードの違いと言われると、チップセットやVRMフェーズ数などが注目されがちですが、サウンド関係の基盤も同様に違いがあります。むしろ、オンボードサウンドの方が違いが激しいとまで言えます。

 

そんな「マザーボードによる違い」を簡単に解決する方法がサウンドカードです。「なくても動く」という、一見すると趣味性の高い話に思えますが、環境や用途によっては無視できない話になるのがサウンド関連のお話です。この記事で詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

サウンドカードのおすすめをすぐに見る

音を再生するためのサウンドカードですが、あると便利な場面がいくつかあります。ここでは、サウンドカードが必要になる場面について紹介します。

音楽鑑賞

サウンドカードが必要となる場面で一番多いのが音楽鑑賞です。音楽はスマホやステレオなどで聴いているという人も多いでしょうが、パソコンで音楽を聴いている人もいます。もしパソコンで音楽を鑑賞するのなら、サウンドカードはあったほうがいいでしょう。

 

パソコンには最初から音を出すための機能はついていますので、サウンドカードなしでも音楽を聴くことはできます。ただ、サウンドカードなしで音楽を聴く場合は、あまり音質が良くないのが一般的です。また、標準で付いているスピーカーも品質はあまりよくありません。

 

もしパソコンに良いスピーカーをつなげて高音質な音楽を聴きたいのであれば、サウンドカードは必須です。最近流行っているハイレゾ音源に対応しているものもありますし、イコライザーなどの機能も豊富です。音質にこだわるのなら、サウンドカードはぜひ導入してみてください。

ゲーム

最近ではe-Sportsが流行っていることもあり、パソコンでゲームをする人も増えています。そして、パソコンでゲームをする際にも音が重要になります。これはゲームの音楽を高音質で聴くというよりは、ゲームの中の音をより聞き分けることが重要になります。

 

パソコンに最初から搭載されているオンボードの音の場合、マザーボードについていますので、ちょっとしたノイズを拾ってしまいます。ゲームのFPSなどでは音は重要になりますので、こういった余計な音は消したいところです。サウンドカードを使うと、こういったノイズは極力減らすことができます

 

また、ゲームでは音が出る方向も重要です。FPSなどでは、ちょっとした細かい音が鳴る方向を聞き分けて行動する必要がありますので、できればサラウンド環境を整えるのが理想です。オンボードのサウンドでは、サラウンドに対応しているものはほぼありませんので、サウンドカードが必要になります。

パソコンを購入したままの状態でも音を聴くことはできます。たいていはオンボードサウンドを使うことになります。このオンボードサウンドでは何がだめなのかというと、たいていのものは音質が最低限レベルという点です。

 

オンボードサウンドは、とりあえず音が出るといった程度な上、マザーボードに直結しているため、ちょっとしたノイズを拾ってしまうのも欠点です。そのため、よっぽど音に拘りがないか、予算に制限があって音は後回しになっている、という状況でないのなら、サウンドカードは導入したほうがいいでしょう。

 

特にパソコンに高音質のスピーカーをつなぎたいのなら、サウンドカードにしておかないと、せっかくのスピーカーの意味がありません。音に拘るのであれば、パソコンの購入時にはサウンドカードの分の予算も検討しておく必要があります。

一般的に、オンボードサウンドはあまり音質がよくないのですが、最近ではサウンドにこだわった高性能なオンボードサウンドも出てきています。

 

実際に口コミなどを調べてみると、

  • 高級サウンドカードほどではないが音質はかなりいい
  • スピーカーにつなぐとサウンドカードと変わらないレベル
  • 中級程度のサウンドカードぐらいの音質はある

といったものもあります。

 

シェアが1位のメーカーのASUSのマザーボードであれば、音質がいいものが増えてきていますし、他のメーカーからも高音質を売りにしたマザーボードも販売されています。マザーボードのスペックでは、音質はあまり全面に出てきませんが、昔と比べると音質は強化されてきているようですので、調べてみる価値はありそうです。

サウンドカードと一言で言っても、その種類は数多くあります。ここでは、そんなサウンドカードの選び方について紹介します。

外付けか内蔵か

サウンドカードを選ぶ際には、まず内蔵型か外付け型かを決める必要があります。ノートパソコンであれば内蔵型は使えませんので検討の余地はありませんが、デスクトップ型のパソコンであれば内蔵型も選択肢に入ります。

 

もしデスクトップパソコンを使っていて、マザーボードのスロットに空きがあれば、内蔵型のものがおすすめです。最初に取り付け作業が必要になりますが、一度設置してしまえば場所を取らないというメリットもあります。

 

外付け型は、本体の場所を取る点とケーブルが邪魔になるのがデメリットですが、ノートパソコンなどでも使えるため設置が楽というメリットがあります。ノイズが乗らないのもメリットですが、搭載されている端子の数が少ない傾向があります。

内蔵型の場合はS/N比にも注目

内蔵型のサウンドカードは、マザーボードに直接差し込んで使うため、ノイズが乗りやすくなるという欠点があります。そのため、音質にこだわるのなら、ノイズができるだけ少ないものを選びましょう。

 

このノイズの度合いを表すのがS/N比です。S/N比は、シグナル・ノイズの略で、音声データの中にどれだけノイズが混ざっているかの比率です。数値は高いほどノイズが少ないことになります。S/N比の数値の目安としては、最低でも110dB以上のものを選びましょう。

 

外付け型の場合は、ノイズが乗ることはありませんので、S/N比について注意する必要はありません。

音楽鑑賞にはハイレゾ対応も〇

最近ではハイレゾ対応の音源が普及してきています。音楽鑑賞で音質にこだわるのであれば、ハイレゾはおすすめです。ただし、サウンドカードがハイレゾに対応していないとハイレゾ音源は再生することができません

 

ほとんどのオンボードサウンドは、ハイレゾに対応していませんので、ハイレゾ音源を聴きたいのであれば、サウンドカードは必須です。また、オンボードサウンドがハイレゾ対応だったとしても、オンボードでは音質面で劣りますし、ノイズが乗ることもありますので、オンボードサウンドはおすすめできません。

 

ハイレゾ音源を再生するのであれば、ハイレゾ対応のサウンドカードを選ぶ必要がありますし、できるだけ高音質なものにしないとハイレゾの意味がありません。そのため、ハイレゾ対応と音質はよく検討しましょう。

イコライザー付きのものを選ぼう

音楽鑑賞を楽しむのであれば、サウンドカードにイコライザーが付いているものがおすすめです。イコライザーは、特定の周波数の音を増幅したり小さくしたりできますので、自分好みの音にすることができます。音にこだわるのなら付いているほうを選びましょう。

 

また、FPSなどのゲームをする場合にもイコライザーがあると便利です。サウンドカードの中には、プリセットとして「足音が聞こえやすくなる」「銃声をカット / ブーストする」といった機能もあります。音全体としてはいびつな音になりますが、ゲームをする上では有利になります。

 

もし本格的にゲームをプレイするのであれば、イコライザー付きのサウンドカードを導入するのもおすすめです。

入出力端子で選ぼう

サウンドカードでは、入出力端子の数と種類も重要なポイントです。もし多チャンネルのサラウンド環境を整えたいのなら、そのチャンネルに対応した入出力端子の数が必要になります。また、音質やノイズが気になるのであれば、光デジタル端子の有無も重要です。

 

もしゲームをするのであれば、マイク端子も検討する必要があります。マイク入力端子が、PCのサウンドとミックスできる「ステレオミキサー」に対応していると、ゲームを実況したいときに便利です。また、マイク端子が複数あれば切り替えて使うということもできます。

 

また、マイクやサラウンドが特に必要なく、シンプルに音楽を高音質で再生したいという場合であれば、USB接続型の「USB-DAC」もサウンドカードとして使えます。

外付けサウンドカード5選

ゼンハイザー PC用オーディオアンプ GSX 1000

EPOS | Sennheiser

ゼンハイザー GSX 1000

価格:28,000円 (税込)

ゲーマー向けUSB外付けサウンドカード

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このサウンドカードは、ゲーム用に設計されているのが特徴です。入力端子はUSBのみですが、音質は高く、7.1chサラウンドにも対応しています。本体上部のLEDタッチパネルで簡単に操作できるようになっていて、サラウンド機能や細かい音の調整がカスタマイズできます。

 

サウンドカード本体の耐久性も高く、2年保障が付いているので、使っていても安心できます。価格は少し高めですが、外付けタイプのサウンドカードでは一番人気があるモデルです。

サラウンド 7.1ch 入力端子 USB
出力端子 3.5mmステレオミニ ハイレゾ
対応OS Windows8.1以降

クリエイティブ・メディア Sound Blaster PLAY! 3 SB-PLAY3

クリエイティブ・メディア

Creative Sound Blaster Play! 3 SB-PLAY3

価格:1,708円 (税込)

小型軽量でハイレゾ対応の外付けサウンドカード

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型の外付けタイプのサウンドカードです。小型ですがハイレゾにも対応していて、価格もかなり安いため、コスパがよくなっています。また、対応OSもWindowsだけでなく、Mac OSにも対応しています。入力端子のステレオプラグは、ボイスチャット・レコーディングに対応しているため音声のレコーディングや配信にも使えます。

 

ノートパソコンでハイレゾ音源を使いたい場合などにおすすめです。また、ノートパソコンで軽く動画配信などをする場合にも便利です。

サラウンド x 入力端子 3.5mmステレオミニ
出力端子 3.5mmステレオミニ ハイレゾ
対応OS Mac OS・Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista

クリエイティブ・メディア Sound Blaster X-Fi Go! Pro

クリエイティブ・メディア

Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 SB-XFI-GPR2

価格:2,818円 (税込)

超小型USB直挿しタイプのサウンドカード

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このサウンドカードは、かなり小型の外付けタイプで、サイズはUSBメモリと同じくらいです。そのため、持ち運びも簡単にできます。また、USBに直挿しするだけで使えますので、ケーブル不要なので邪魔になりません。

 

バーチャル3Dサラウンド機能があるので、本体にあるヘッドホン端子に差し込むだけで、迫力のある映画やゲームのサウンドを楽しめます。外でもいい音質で音楽鑑賞をしたい場合にもおすすめです。

サラウンド バーチャル 入力端子 3.5mmミニプラグ
出力端子 3.5mmミニプラグ ハイレゾ x
対応OS Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

ロジクール Astro MixAmp Pro TR

Logicool(ロジクール)

Astro MixAmp Pro TR MAPTR-002

価格:14,800円 (税込)

プロゲーマー向けのサウンドカード

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この製品は、プロゲーマー向けとして開発された外付けタイプのサウンドカードです。eスポーツアスリートと協力しながら開発されていて、原音を忠実に再現する性能や高い耐久性など、eスポーツで要求されるスペックは十分に満たされています。

 

外付けタイプなので、パソコンだけでなく、PS4でもサラウンド再生ができるようになります。サラウンド環境になることで、音を立体的に把握できるため、ゲームプレイで有利です。ゲーミング目的でPS4やノートパソコンで使う場合におすすめです。

サラウンド 7.1ch 入力端子 USB
出力端子 光デジタル、AUX、ストリーム ハイレゾ
対応OS Xbox One、PS4、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7

PHOINIKAS外付7.1サウンドカード

PHOINIKAS

PHOINIKAS 外付7.1サウンドカード

価格:2,699円 (税込)

7.1chサラウンドと重低音の外付けサウンドカード

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この製品は、7.1chのサラウンドと重低音チャンネルの2つが搭載されているサウンドカードです。重低音チャンネルは、低中高域音質をクリアに聴くことができるため、より臨場感があるサウンドを楽しめます。

 

他にも、4種類のイコライザー機能が付いているので、好みの音質に変えることができます。面倒な設定をしなくても使えるため、すぐに使いたい人や機械が苦手な人におすすめです。また、接続できる機器の種類も多いため、これ一台でいろんな使い方もできます。

サラウンド 7.1ch 入力端子 USB、マイク
出力端子 ミニプラグ、USB ハイレゾ
対応OS Mac OS, Windows, Chrome OS, Linux

内蔵サウンドカード5選

クリエイティブ・メディア Sound Blaster Z SB-Z

クリエイティブ・メディア

Creative Sound Blaster Z

価格:9,672円 (税込)

ゲームの音がよく聞こえるサウンドカード

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽鑑賞としても十分使えますが、ゲームプレイ目的でよりおすすめできるサウンドカードです。ゲーム内の音は細かい音までよく聞こえるようになり、FPSなどでは足音から相手も位置を見つけられるようになります。

 

音楽鑑賞としても、サラウンド機能が5.1chなど基本的な機能がそろっています。普通に音楽を楽しむ場合でも、臨場感のある音を楽しむことができます。ゲームも本格的にプレイしたいのであれば、このサウンドカードはおすすめです。

S/N比 116dB サラウンド 5.1ch
入力端子 3.5mmライン・マイク・光デジタル 出力端子 ヘッドホン・3.5mm×3・光デジタル
ハイレゾ対応 対応OS Windows10、Windows 8、Windows 7

クリエイティブ・メディア Sound Blaster Audigy Rx SB-AGY-RX

クリエイティブ・メディア

Creative Sound Blaster Audigy Rx SB-AGY-RX

価格:4,636円 (税込)

7.1chサラウンドとハイレゾ対応のサウンドカード

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サラウンド環境も5.1、7.1chに対応していて、さらにハイレゾ対応もしているなど、高音質なサウンドカードです。また、高機能なのに価格が安くコスパがいいのも良い点です。古いWindowsでも使えるため、いろんなパソコンで使うことができます。

 

低価格で高音質な音楽鑑賞をするのにおすすめですが、マイク入力とライン入力を同時に利用できないため、同時に使用する場合は他の製品にする必要があります。サウンドカードにかける予算があまりないが、サラウンドやハイレゾ音源を楽しみたい場合におすすめです。

S/N比 106dB サラウンド 5.1, 7.1ch
入力端子 3.5mmマイク・3.5mmステレオミニ 出力端子 ヘッドホン・3.5mm×2・光デジタル
ハイレゾ 対応OS Windows8、Windows 7、WindowsVista、Windows XP

クリエイティブ・メディア Sound BlasterX AE-5 SBX-AE5-BK

クリエイティブ・メディア

Creative Sound BlasterX AE-5 SBX-AE5-BK

価格:15,791円 (税込)

ゲーム関連機能が充実したサウンドカード

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この製品は、Scout2.0というシステムを搭載していて、FPSなどのゲーム内の敵の動きを音で感知できるようになります。また、専用スマホアプリで、ゲーム画面とは別のレーダーを表示することができます。

 

他にも、オーディオの設定をゲームに合わせてカスタマイズすることができますので、ボイスチャットをしながらゲームをプレイする場合などに便利です。音質面でも高音質ですし、サラウンドも7.1chに対応し、ハイレゾにも対応しています。

S/N比 122dB サラウンド 5.1, 7.1ch
入力端子 3.5mmステレオミニ/マイク共用 出力端子 ヘッドホン・3.5mm×3・光デジタル
ハイレゾ 対応OS Windows10、Windows 8.1/8、Windows 7

クリエイティブ・メディア Sound Blaster ZxR SB-ZXR-R2

クリエイティブ・メディア

Creative Sound Blaster ZxR SB-ZXR-R2

価格:20,167円 (税込)

ハイエンドゲーミングパソコン向けサウンドカード

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このサウンドカードの一番の特徴は、ノイズがかなり少ないという点です。S/N比が124dBとノイズが少ない回路を搭載していますので、クリアなサウンドを楽しむことができます。

 

ゲーミング目的におすすめなサウンドカードですが、音楽鑑賞としても十分に使えます。内蔵型ですがノイズが少ないため、高性能なスピーカーをつなげても問題なく高音質な音楽を楽しめます。また、入力端子、出力端子も豊富で、ドーターカードを取り付けることで、さらに多くの機器に接続することができるため、いろんな使い方ができて便利です。

S/N比 124dB サラウンド 5.1ch
入力端子 6.3mmマイク・RCA・光デジタル 出力端子 ヘッドホン・3.5mm×2・光デジタル
ハイレゾ 対応OS Windows10、Windows 8.1/8、Windows 7

ASUS STRIX RAID DLX

Asustek

ASUSTek STRIX RAID DLX

価格:21,355円 (税込)

ゲーム内音声を視覚化できるサウンドカード

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

この製品は、ハイエンドクラスのゲーミング向けのサウンドカードです。ノイズがかなり少なく抑えられていて、高音質・高性能なサウンドカードとなっています。

 

ゲーム向け機能も充実していて、統合設定ソフト「Sonic Studio」でサウンド設定を調整できます。さらに、ゲーム内で発生したすべての音声の方向を画面上のレーダーで視覚化できる「Sonic Rader Pro」機能も搭載されているので、ゲームプレイで有利です。

S/N比 124dB サラウンド 5.1, 7.1ch
入力端子 ミニプラグ 出力端子 ミニプラグ
ハイレゾ 対応OS Windows10, Windows8.1/8, Windows7

ここまで、サウンドカードの種類や特徴、選び方、おすすめの製品について紹介しました。サウンドカードは内蔵型や外付け型といった形状のタイプから、機能面でも数多くの種類があります。どれを購入するかについては、サウンドカードをどういった目的で使うのか、どんなPCで使うのかなどから選ぶようにしましょう。