【安心の日本メーカー製】NEC無線LANルーターの人気おすすめランキング10選

無線LANルーターの買替えには、NEC製品おすすめします。NECの無線LANルーターを選べば、安定した通信環境を構築することも可能です。今回はNECの無線LANルーターをランキング形式でまとめていますので、検討している方はチェックしてみてください。

安心して使える日本メーカー製の無線LANルーター

家電製品や電子機器を購入するのなら日本メーカー製を選びたいといった方も多いようです。そんな方におすすめしたいのは、NECの無線LANルーターです。無線LANルーターを生産販売している企業は数多くありますが、NECは日本の企業ですので安心感を覚えられるでしょう。

 

NECはコンピューター・通信関連機器を製造している大企業です。これまで培ってきた確かな技術で無線LANルーターを開発・製造しています。実際にNECの無線LANルーターは数多くの一般家庭で使用されています。

 

しかし、NECの無線LANルーターをいざ購入しようと思っても、これといった選ぶポイントがつかめず機種選びの判断に困っている方もいるかもしれません。機種選びを間違うと快適なネット環境を構築できません。そこで、ここではNECの無線LANルーターの選び方およびおすすめ機種を紹介します。便利機能の付いた機種や新製品も紹介しますので、チェックしてみてください。

NEC製の無線LANルーターの選び方

NEC製の無線LANルーターにはさまざまな機種があります。パット見ただけで特徴がわかる方は少ないことでしょう。そこで、ここではNECの無線LANルーターの選び方について紹介してみます。

通信規格で選ぶ

無線LANの通信規格はIEE802.11です。ここからさらにax.ac.n.a.g.bの6規格と60GHz、5GHz、2.4GHzの3周波数に分類されます。最新規格はIEE802.11axになります。通信規格といわれてもよくわからないといった方も多いかもしれませんが、無線LANルーターの通信規格はIEE802.11ac以上のものを選んでおくことをおすすめします。

 

IEE802.11acは転送速度が速く、5.0GHz帯を使用するために電子レンジ等の家電製品と電波干渉も起こりづらいです。IEE802.11acは最新の規格の一つ前のものになりますが、多くのスマートフォンやゲーム機、タブレットはこの規格に対応しています。最新の規格のaxはまだ広く普及していません。

下位互換性がある

無線LANルーターには下位互換性がありますので、無線LANに接続して使用したい機器がIEE802.11acに対応していなくても心配はいりません。たとえ使用する機器の通信規格がIEE802.11nだとしても、インターネット接続は可能で普通に使えます。

 

ただし、通信速度はその機器が対応している規格の限界値になります。

最大転送速度で選ぶ

快適なインターネット通信をするためには通信速度は重要なポイントです。速度が遅いと端末の動きがスムーズにいかずストレスが溜まります。快適なネット環境構築のために、最大転送速度も見ておきましょう。

Mbpsを見ておく

無線LANルーターの外箱には転送速度が表記されています。この数字が大きければ大きいほど、通信速度は速くなりますので、可能な限り早い機種を選んでおくことをおおすすめします。IEE802.11ac以上がおすすめと上述しましたが、この規格でも機種によって速度は異なります。

 

一番早いものは1733Mbps続いて1300Mbps、867Mbps、433Mbpsと速度は大幅に違います。契約しているインターネット回線のプランにもよりますが、1Gを超えるような通信速度のプランで契約しているなら最大転送速度1733Mbpsの機種がおすすめです。

アンテナ数

通信速度を重視したい方はアンテナ数にもこだわってみてください。無線LANルーターにはアンテナが装備されています。パった見た感じではよくわかりませんが、NEC製の無線LANルーターはアンテナが機体の内部に内蔵されています。

 

このアンテナ数が増えるほど通信速度は速くなりますアンテナ数が多いと、接続する端末を増やした場合にも速度の低下を起こしづらいです。接続する端末の多い方も、アンテナ数の多いもの選ぶようにするといいでしょう。

 

ちなみに、グレードの高い機種ほどアンテナ数は多く、低いものほど少なくなる傾向にあります。

有線接続時の通信速度も考慮する

ルーターに有線接続してパソコンを使用する方も多いのではないでしょうか。そんな方は、有線接続時の通信速度も確認してください。最新のNEC製無線LANルーターは1000Mbpsのギガビットイーサネット対応のものが多いです。

 

旧モデルのものになると、100Mbpsしか通信速度は出ないものもあります。このため、ルーター選びでは無線LANの速度以外にも有線接続時のスピードも重要です。

MU-MIMO

NECの無線LANルーターには、複数の端末を接続した場合にも、通信速度の低下を起こさせないMU-MIMOという機能を搭載しているものがあります。この機能を使えば複数の端末に同時に電波を届けられます

 

というわけで、複数の端末を同時接続したい方はMU-MIMO機能搭載のルーターをおすすめします。ただし、接続する端末側にもMU-MIMO機能が搭載されていないと効果は発揮できません。

電波の強さで選ぶ

ルーターを選ぶときには電波の強さも非常に大切です。電波強度が弱ければ無線LANを端末が受信できなくなってしまいますので、チェックしておきましょう。

ビフォーミング

NECの無線LANルーターにはビフォーミングがついているものがあります。ビフォーミングとは、電波を端末に向けて集中して発信できる機能のことです。

 

ルーターを設置しているところから、端末を利用する部屋までの間に障害物があって電波が届きにくい場合は、ビフォーミング機能のあるものを選ぶと安定した通信が可能になります。

 

戸建て住宅の1階にルーターを設置して2階で端末を使うといった場合にも、ビフォーミングの搭載されているモデルをおすすめします。

ハイパワーシステム

NECの無線LANルーターのなかには、NEC独自のチューニング技術「ハイパワーシステム」が搭載されているモデルがあります。ハイパワーシステムを搭載することで、電波を広範囲に送受信できるようになっています。

 

電波の受信状態がよくないなと思っている方は、ハイパワーシステムを搭載しているモデルを検討してみるのもいいでしょう。

子機セットもある

戸建て住宅の1階に無線LANルーターを設置して、2階の部屋でスマホやパソコンを使うといった場合には電波が受信しづらくなるといったこともよく起こります。この場合は子機の付いているモデルを購入してみてもいいかもしれません。

 

2階に子機を置くことで、電波を中継できるようになりますので通信は安定します。

NECの無線LANルーターの便利機能で選ぶ

NECの無線LANルーターには便利な機能が搭載されています。ルーターを選ぶときはこの便利機能で選んでみてもいいでしょう。

WI-FI設定引っ越し機能

他社の無線LANルーターからNECの製品に替えると、無線LANの接続設定を最初にしなくてはいけません。しかし、NECの無線LANルーターにはWI-FI設定引っ越し機能を搭載しているモデルがあります。

 

こちらなら、それまで使用していた無線LANルーターにWPS機能が搭載されていれば、簡単に接続設定を引き継げます

TVモード機能

NECの無線LANルーターのなかには、TVモード機能の付いているモデルがあります。このTVモード機能の付いた親機と子機2台使うのであれば、テレビやパソコンに子機を接続して使用できます。

 

TVモード機能では5GHz帯を使用するため、、ストリーミング動画のような大容量のデータでも安定した通信が可能です。美しい映像を楽しみたいといった方は選んでみてもいいかもしれません。

USB接続ができるか確認しておく

NECの無線LANルーターを選ぶときには、USBポートがあるかどうかも確認しておきましょう。

NASを導入するなら

無線LANルーターのUSBポートにHDDを接続すると、NASとしてHDDを使用できるようになります。HDDをNASとして使えば、動画やファイルの保存・共有もできますし、パソコンやスマホにあるデータのバックアップも可能です。

 

NECの無線LANルーターにはUSBポートがついていないものもありますので、NASを導入しようと考えている方は、USB接続できる機種かどうかを確認しておくといいでしょう。

NEC製無線LANルーターおすすめランキング10選

第10位NEC

NEC Aterm PA-WG1900HP

価格:9,400円(税込)

3ストリームで安定通信

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PA-WG1900HPは3ストリーム対応モデルで、5GHz帯では1300Mbp、2.4GHz帯では600Mbpsの高速通信ができるモデルです。

 

こちらは旧モデルなのですが、安定した通信環境を整えられます。バンドステアリング、オートチャンネルセレクト機能がついており、通信の混雑を回避できるようになっています。

 

転送速度5GHz帯:1300Mbps 2.4GHz帯:600Mbpsアンテナ数3ストリーム(3×4)
間取り(電波強度)戸建て:3階建てまで マンション:4LDKまでUSBポートなし
第9位NEC

NEC Aterm WG1800HP3

価格:6,700円(税込)

利便性の高いモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

NEC Aterm WG1800HP3は3ストリーム対応のスタンダードモデルになります。最大転送速度は5GHz帯では1300Mbps、2.4GHz帯では450Mbpsになります。旧モデルではありますが、現在でも必要十分な性能を兼ね備えています。

 

電波を360度発信することもできるμSRアンテナと電磁ノイズをカットできるμEBG構造しているため、安定した通信を実現しています。

最大転送速度5GHz帯:1300Mbps 2.4GHz帯:450Mbpsアンテナ数3ストリーム(3×4)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て:3階建てまで マンション:4LDKまで
第8位NEC

NEC Aterm WG1800HP2

価格:8,580円(税込)

しっかりと電波を届けられるスタンダードモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm WG1800HP2はWi-Fi TVモード中継機能がついているモデルですので、ストリーミング動画を快適に視聴したい方は選んでみてもいいかもしれません。

 

搭載されているWi-Fi高速中継機能を使えばこちらは子機としての利用も可能で、電波の届きにくい部屋へと電波を届ける中継機としても使用できます。USBポートがついているのもよい点です。旧モデルですが、価格が安くなっていれば検討してみるのもいいかもしれません。

 

最大転送速度5GHz帯:1300Mbps 2.4GHz帯:450Mbpsアンテナ数3ストリーム(3×3)
USBポート1間取り(電波強度)戸建て:3階建てまで マンション:4LDKまで
第7位NEC

NEC Aterm WG2200HP・中継機 Aterm W1200EX セット(ペアリング済み)

価格:12,420円(税込)

安定性と高速通信を兼ね備えたモデル

Amazonで詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm WG2200HPは、4本の送信アンテナを装備する4ストリームモデルの無線LANルターになります。最大1733Mbpsの速度で通信可能で、大容量のデータ転送をした場合でも通信が不安定になることはありません。

 

ビフォーミングとMU-MIMOを搭載し、より高速な通信と電波強度も実現しています。こちらに接続して使用する端末がビフォーミングとMU-MIMOに対応していると、通信はより高速にそして安定します。

最大転送速度5GHz帯:1733Mbps 2.4GHz帯:450Mbpsアンテナ数4ストリーム (4×4)
USBポート1間取り(電波強度)戸建て:3階建てまで マンション:4LDKまで
第6位NEC

NEC Aterm PA-WG1200HS3

価格:4,557円(税込)

低価格ながら機能が豊富

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm PA-WG1200HS3はアンテナ2本の2ストリームモデルになります。11acに対応しており、867Mbpsの高速通信を実現しています。低価格のモデルにはなりますが、スマホやゲーム機の接続時間をコントロールする子供安心ネットタイマー、高速通信のためのビフォーミングやMU-MIMOも搭載されています。

 

低価格の無線LANルーターがいいのだけれど、機能も充実しているモデルがいいなといった方はこちらを選んでみてもいいかもしれません。

最大転送速度5GHz帯:867Mbps 2.4GHz帯:300Mbpsアンテナ数2ストリーム (2×2)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て:3階建てまで マンション:4LDKまで
第5位NEC

NEC Aterm WG1900HP2

価格:8,390円(税込)

安定した通信が可能な3ストリームプレミアムモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm WG1900HP2はミドルクラスのモデルになります。ミドルクラスではありますが、5GHz帯と2.4GHz帯それぞれ3ストリーム(3×4)に対応しています。5GHz帯の11acでは11ac2ストリームの場合より約1.4倍の通信速度のアップを実現させました。2.4Ghz帯では266QMに対応し600Mbpsの通信速度を可能にしました。

 

こちらの製品にはハイパワーシステムやビフォーミング、バンドステアリング機能も搭載されています。バンドステアリングはWI-FIの電波強度や対応帯域を識別して、5GHz帯と2.4GHz帯の込み合っていない帯域へ振り分けてくれる機能です。

 

あわせて、オートチャンネルセレクトという電波状況の良いチャンネルへと自動的に切り替えてくれる機能も搭載されています。

 

最大転送速度5GHz帯:1300Mbps 2.4GHz帯:600Mbpsアンテナ数3ストリーム (3×4)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て:3階建てまで マンション:4LDKまで
第4位NEC

NEC Aterm WG1800HP4

価格:6,780円(税込)

ハイパワーシステムで電波強度を向上

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm WG1800HP4は3ストリームのスタンダードモデルになります。転送速度は5GHz帯で1300Mbps、2.4GHz帯の場合でも450Mbpsの通信が可能です。

 

ミドルクラスのモデルになりますので、低価格のモデルよりも通信の安定性があり、4ストリームのモデルよりも価格が低いのが魅力です。ハイパワーシステムで電波強度も高く、接続端末の確認できる見えて安心ネット機能も搭載されています。

 

そこまでの性能は求めていないけれど、そこそこの機能を装備しておいてほしいといった方はこちらも検討してみるといいでしょう。

最大転送速度5GHz帯:1300Mbps 2.4GHz帯:450Mbpsアンテナ数3ストリーム (3×4)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て: 3階建てまで マンション:4LDKまで
第3位NEC

NEC Aterm ホワイト PA-WF1200CR

価格:3,090円(税込)

有線ギガと高速WIーFIを実装したエントリーモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格の無線LANルーターを探している方におすすめなのは、Aterm ホワイト PA-WF1200CRです。低価格のエントリーモデルではありますが、11acに対応したことにより、11nでは300Mbpsだったところ、876Mbpsと2倍以上の高速通信を実現しています。

 

μSRアンテナが搭載されているため、360度電波をしっかりと飛ばすこともできます。あわせてμEBG構造で電磁ノイズを25%カットしているため、受信感度も向上しています。

 

こちらの製品には1000Mbpsの有線ギガポートも搭載されているため、amazonプライムビデオ、Netflix、hulu、ひかりTVなどでの動画視聴やオンラインゲームも快適にできます。

最大転送速度 5GHz帯:867Mbps 2.4GHz帯:300Mbpsアンテナ数2ストリーム (2×2)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て:2階建てまで マンション:3LDKまで
第2位NEC

NEC Aterm WG2600HS

価格:8,500円(税込)

ハイパワーシステム搭載の4ストリームスタンダードモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm WG2600HS PA-WG2600HSは受信送信ともに4本のアンテナを搭載して4ストリームのモデルになります。このため、5GHz帯では1733Mbpsの高速通信を実現しています。2.4GHz帯では800Mbpsのスピードを出せます。

 

無線LANルーターを利用していない時は、ECOモードに自動的に切り替わり節電もできます。ECO機能を搭載することで、消費電力を最大10%減らしています。WAN/LANすべてのポートが1000Mbpsのギガビットに対応しており、TVモードも搭載されています。

 

 

最大転送速度5GHz帯:1733Mbps 2.4GHz帯:800Mbpsアンテナ数4ストリーム (4×4)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て: マンション:
第1位NEC

NEC Aterm WG2600HP3

価格:11,810円(税込)

安定通信機能を搭載した4ストリームプレミアムモデル

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Aterm WG2600HP3はNECの無線LANルーターの最上位機種になります。こちらは、とにかく速度を重視したい方や安定した通信を求めている方におすすめの機種です。5GHz帯では1733Mbps、2.4GHz帯でも800Mbpsの通信速度を実現しています。

 

「μSRアンテナ」と「μEBG構造」に加えて、三方向に立体的に電波を放射できるワイドレンジアンテナが採用されています。このため、360度電波を届けることが可能で、安定した通信環境を整えられます。

 

スマホを寝転がって平置きにした場合や横置きにしたときに通信が途切れるといったことはありがちですが、向きを気にせず安定した通信が可能になります。

最大転送速度 5GHz帯:1733Mbps 2.4GHz帯:800Mbpsアンテナ数4ストリーム (4×4)
USBポートなし間取り(電波強度)戸建て: 3階建てまで マンション:4LDKまで

まとめ

今回は、NECの無線LANルーターの選び方とおすすめモデルをランキング形式でご紹介してみました。最新の機種や前モデルもあり、搭載している機能もさまざまです。今回の記事を参考に、自身の利用用途に最適なNECの無線LANルーターを選んでください。