フィーオ FIO-FH5 イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥24,800
フィーオ FIO-FH5の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、フィーオ FIO-FH5 イヤホン がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/13 更新

FIO-FH5の基本スペック

タイプ カナル型 接続タイプ 有線(ワイヤード)
装着方式 両耳 構造
駆動方式 ハイブリッド型(ダイナミック型+バランスド・アーマチュア型) プラグ形状 ミニプラグ
インピーダンス 【Ω】 19 Ω 音圧感度 【dB】 112 dB
再生周波数帯域 15Hz〜40kHz ドライバサイズ 【mm】 10 mm
コード種類 コード長【m】 1.2 m
最大入力 充電端子
ワイヤレス  Bluetoothバージョン
連続再生時間 充電時間
対応コーデック  NFC 
NFMI・MiGLO対応  TWS Plus対応 
マルチペアリング対応  マルチポイント対応
リケーブル  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み 音質調整
自動電源ON機能 自動電源OFF機能
防水・防塵性能  リモコン 
マグネット連結対応 折りたたみ 
フルデジタル  サラウンド 
AIアシスタント搭載 AIアシスタント呼び出し機能
カラー ブラック 重量【g】 8 g

FIO-FH5のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

フィーオ FIO-FH5の基本スペック

Fiio

[FiiO]FH5

価格:33,177円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー フィーオ(FiiO) 商品名 FH5
タイプ カナル型 装着方式 両耳
プラグ形状 ミニプラグ コード長 1.2m
その他機能 ハイレゾ、リケーブル、ノイズキャンセル

フィーオ FIO-FH5のおすすめポイント

最高峰の音質

FIO-FH5は米knowles製BAドライバーを超高域・高域用、中域用、低域用それぞれに採用し、独自の周波数応答テクノジーにより最高峰の音質を提供します。

音導管を帯域別に分割・最適化するS.TURBOテクノロジー

FIO-FH5は「S.TURBOテクノロジー」を採用し、低域、中域、高域のそれぞれに個別の音導管を割り当てています。
3つに帯域分割されている周波数域間でのスムーズなクロスオーバーを実現しています。

装着性を追求したTRISHELL構造

FIO-FH5のTRISHELL構造は、人間工学に基づいたデザインによって正しく耳に装着することを目的としたもので、快適な装着感を実現します。
また、ドライバーを鼓膜に近づけることで耳の形の個人差に由来する意図しない高音の減衰を防ぎます。

フィーオ FIO-FH5の悪い点をレビュー

セッティングが難しい

セッティングを誤ると価格に見合わない音になるという口コミがありました。
細かなセッティングが可能な製品なので、セッティング次第でより高音質で楽しむことができますが、イヤホンのセッティングに自信がない方は注意が必要です。

付属イヤーピースが多くて迷う

色々な組み合わせでイヤーピースでおしゃれを楽しみたい方には好まれると思いますが、音質重視でどのイヤーピースを使えばいいのかわからない方には戸惑いや迷いが生じるようです。

上下左右がわかリづらい

イヤホンの向きがわかるづらく、装着時に迷うという口コミがありました。
上下の向きを正しくするとLとRの文字が横を向いてしまいわかりづらくなるようです。

ケーブルが少し硬め

ケーブルが少し硬いという口コミがありました。 好みが分かれるところではありますが、柔らかいケーブルが好みの方はリケーブルを視野に入れておいた方が良さそうです。

 

フィーオ FIO-FH5の良い点をレビュー

総じてハイレベル

解像度が高く音源を隅々まで確実に鳴らしてくれるという口コミがあります。

高音域から低音域まで偏りが少なく、全体的にバランスの良い音質のとなっているため満足しているようです。

高音質イヤホン

とにかく自然で音のつながりが良い、非常に解像度が高く立体感があるという口コミがありました。

また、付属のイヤホンケーブルにあわせて音質が調整されているようで、イヤホンケーブルを変えると音質が劣化することがあるようです。

いい意味で値段に見合わない

この値段でこの品質はとてつもないという口コミがありました。
特に超低音の音質が素晴らしいようで、しばらく我を忘れてリスニングに没頭してしまうことがあるようです。

装着感がよい

ドライバは少し重めだが装着感がよいという口コミがありました。
少し重めとのことなので、購入を検討されている方はお店で試着してみるのが良いでしょう。

フィーオ FIO-FH5の口コミを集めました

総じてハイレベルだと思いますが、特に音のクリアさは特筆すべき点だと思います。 数年使用している同価格帯のイヤホンに比べても明らかに頭一つ抜けたクリアさですね。 敢えてポエティックな表現をするなら「冬の早朝の澄んだ空気」といったところでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

同価格帯のイヤホンよりも頭一つ抜けているということで、ハイレゾ対応イヤホンの購入を検討されている方は是非店頭などで試聴されてみてはいかがでしょうか。

音のバランスはフラットかつややウォームで、非常に解像度が高く立体感も有りレベルが高いです。 低域はやや柔らかめですが、しっかりと沈み込み存在感が有ります。 中域はボーカルが前に出て歌い、かすれや刺さりも無く非常に滑らかです。 高域もしっかり出て延びていますが、刺さるような刺激はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

解像度、立体感、高音域から低音域までとても満足されているようです。 付属ケーブルに最適になるように音質が調整されているようなので、ケーブルを交換した際は音質のセッティングが必要となりそうです。

高、中音域に3BA、低域に1DDのハイブリッドイヤホンです。 リスニング向けの音作りをしていて聴き疲れしませんし、ハウジングの形も工夫されているようで耳にぴったりな感じです。 解像度も高く、WM1ZやSE100などの高価格帯のDAPでも綺麗に鳴らせる、聴けるほどの実力を持っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

長時間聴き続けていても疲れないようです。 解像度が高い高音質を長時間楽しみたい方にはおすすめの製品です。

ボーカルの高音が伸びて凄く良い音が出ます。イヤホン本体はちょっと大きめで耳掛け型の付属ケーブルを耳に引っ掛けて使うとイヤホンが耳の奥まで入らず、きちんと鳴ってくれなかったのでケーブルの耳掛けせずに使っています。ケーブルは癖の付いてないストレートタイプに買い換えようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質、特に高音の伸びと付属品イヤーチップの種類の多さに満足されているようです。 付属のケーブルは耳にあわなかったようですが、MMCX端子ですぐに取り替えられるのがFIO-FH5の良いところです。

販売価格はミドルクラスに分類されるであろう本機ですが、音質に関しては同クラスでは頭一つ以上突き抜けているかと思います。

出典:https://www.e-earphone.jp

価格のわりには高音質であるとの評価です。 少しでもやすくハイレゾ対応イヤホンを手に入れたいという方は是非検討してみてください。

とにかく、満足度は高いです。バランスケーブルをプレゼント、とか、いろいろキャンペーンやってますね。確かに、何の割引サービスもない状態で、4万円出すのはツライ感じでもあります。しかしまぁ、音質、モノとしての魅力は十分にあるイヤホンですので、満足度は高いです。

出典:https://www.e-earphone.jp

人によってFIO-FH5の価格が安いと感じたり、適正と感じたり、それぞれのようですが音質には満足されているようです。

付属のケーブルの癖が強く、なかなか取れません。 代理店の方が付属のケーブルはイマイチとどこかで見たので LC-Cシリーズへの交換前提なのかもしれません。

出典:https://www.e-earphone.jp

ケーブルの癖が強いということで、ケーブルの感触を大切にする方は注意したほうが良いポイントです。 ケーブルが硬いという口コミがありましたので、柔らかめのケーブルを好まれる方はリケーブルを視野に入れておいた方が良いでしょう。

情報量、音の分離、音の明瞭さ、これだけあれば充分です。2万円台のイヤホンの音がボケているように感じてしまうぐらいのレベルです。 全体的に、微妙に硬い音ですが、透明感のある自然でリアルな音と言っていいと思います。全方位的に整った元気で優等生なイヤホンです。

出典:https://www.e-earphone.jp

価格相応のイヤホンで音質に満足しているようです。 付属ケーブルが少し硬いという評価ですが、扱いにくいというレベルまではいかないようです。

FIO-FH5とFIO-IEMF9Pの違い

Fiio

FiiO F9PRO FIO-IEMF9P-T

価格:20,617円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FIO-IEMF9Pは2018年2月に発売されたイヤホンです。

 

FIO-FH5とタイプ(カナル型)、装着方式(両耳)、プラグ形状(ミニプラグ)、再生周波数帯域(15Hz~40kHz)、コード長(1.2m)は同じですが、インピーダンス、音圧感度、重量が異なります。

 

インピーダンスは電圧のことで、数値が小さいほど大きな音を出すことができます。

FIO-FH5が19Ωであるのに対して、FIO-IEMF9Pは28Ωでとなりますので、FIO-FH5の方が大きな音を出すことができます。

 

音圧感度はスピーカーから出る音の大きさのことで、数値が大きいほど大きな音を出すことができます。

FIO-FH5が112dbであるのに対して、FIO-IEMF9Pは106dbとなりますので、FIO-FH5の方がスピーカーから大きな音を出すことができます。

 

重量は、FIO-FH5が8gであるのに対して、FIO-IEMF9Pは21gとなります。

 

また、FIO-IEMF9PはFIO-FH5と同様にハイレゾとリケーブルに対応していますが、FIO-FH5の約半値の価格で発売されています。

 

音質は高音から低音まで静けさを感じるきれいな音質が特徴のようで、人によっては音が薄いとか物足りないと感じているようです。

FIO-IEMF9Pは少しでも安価にハイレゾデビューしたい方におすすめのイヤホンです。

 

FIO-FH5とFIO-IEM-FA1Jの違い

FiiO

FiiO インイヤーモニタータイプ イヤホン FA1J (スモーク幾何学模様 × クリア) FIO-IEM-FA1J【日本国内正規品】

価格:13,500円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FIO-IEM-FA1Jは2019年6月7日に発売されたイヤホンです。

 

FIO-FH5とタイプ(カナル型)、装着方式(両耳)、プラグ形状(ミニプラグ)、コード長(1.2m)は同じですが、インピーダンス、音圧感度、再生周波数帯域、重量が異なります。

 

インピーダンスは電圧のことで、数値が小さいほど大きな音を出すことができます。 インピーダンスは、FIO-FH5が19Ωであるのに対して、FIO-IEM-FA1Jは15Ωとなりますので、FIO-IEM-FA1Jの方が大きい音を出すことができます。

 

音圧感度はスピーカーから出る音の大きさのことで、数値が大きいほど大きな音を出すことができます。

FIO-FH5が112dbであるのに対して、FIO-IEM-FA1Jは111dbとなりますので、FIO-FH5の方がスピーカーから大きな音を出すことができます。

 

再生周波数帯域は音を拾う範囲のことで、幅が大きいほど広い範囲の音を拾うことができます。

FIO-FH5が15Hz~40kHzであるのに対して、FIO-IEM-FA1Jは20Hz~20kHzとなりますので、FIO-FH5の方が低音も高音もより広く拾うことができます。

 

重量は、FIO-FH5が8gであるのに対して、FIO-IEM-FA1Jは4.5gとなります。

 

また、FIO-IEM-FA1JはFIO-FH5と同様にハイレゾとリケーブルに対応していますが、FIO-FH5の約半値の価格で発売されています。

小型軽量で携帯性が良好、音質についても高解像度の高音域からエネルギーを感じる低音域まで、質感豊かな音楽を楽しむことができます。

 

FIO-IEM-FA1Jは手軽に持ち歩ける軽量イヤホンでしかも安価。 重量と価格を重視している方におすすめのイヤホンです。

FIO-FH5とFIO-IEM-FA7Jの違い

eイヤホン楽天市場店

FiiO フィーオ FA7J 【FIO-IEM-FA7J】 【送料無料】 高音質 4BA搭載 イヤホン ハイレゾ対応 イヤフォン 【1年保証】

価格:42,210円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FIO-IEM-FA7Jは2019年6月7日に発売されたイヤホンです。

 

FIO-FH5とタイプ(カナル型)、装着方式(両耳)、プラグ形状(ミニプラグ)、コード長(1.2m)は同じですが、インピーダンス、音圧感度、再生周波数帯域、重量が異なります。

 

インピーダンスは電圧のことで、数値が小さいほど大きな音を出すことができます。

FIO-FH5が19Ωであるのに対して、FIO-IEM-FA7Jは23Ωとなりますので、FIO-FH5の方が大きな音を出すことができます。

 

音圧感度はスピーカーから出る音の大きさのことで、数値が大きいほど大きな音を出すことができます。

FIO-FH5が112dbであるのに対して、FIO-IEM-FA7Jは110dbとなりますので、FIO-FH5の方がスピーカーから大きな音を出すことができます。

 

再生周波数帯域は音を拾う範囲のことで、幅が大きいほど広い範囲の音を拾うことができます。

FIO-FH5が15Hz~40kHzであるのに対して、FIO-IEM-FA7Jは20Hz~40kHzとなりますので、FIO-FH5の方が低音をより広く拾うことができます。

 

重量は、FIO-FH5が8gであるのに対して、FIO-IEM-FA7Jは5.3gとなります。

 

また、FIO-IEM-FA7JはFIO-FH5と同様にハイレゾとリケーブルとノイズキャンセリングに対応しています。

 

FIO-IEM-FA7Jは発売開始されたばかりで、音質や装着性に関する口コミがあまり見受けられませんので、店頭で試着と試聴をしてから検討を進めるのが良いでしょう。

 

FIO-IEM-FA7JはFIO-FH5よりもやや高めの価格で発売されていますが、少しでも軽量のイヤホンをお探しの方、ブラック系の色よりもクリア系の色を好む方におすすめのイヤホンです。

 

Fiio

[FiiO]FH5

価格:33,177円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィーオ(FiiO) イヤホン FIO-FH5の種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

FIO-FH5は世界最大級のBAドライバーメーカーである米Knowles製ドライバーを搭載していることもあり、音質については高音域、中音域、低音域ともに高い評価を得ています。

 

ただ、細かなセッティング機能を有していること、付属のケーブルから別のケーブルに変更すると音質が変化したりすることから、やや玄人向けのイヤホンという印象があります。

 

価格については、他社の同価格帯製品と比較して、パフォーマンスに満足しているので安いと感じている方もいれば、イヤホンで3万円台後半から4万円は高いと感じる方もいるようです。

 

FIO-FH5の価格が高いと感じている方は、本記事の中で比較したFIO-IEMF9PやFIO-IEM-FA1Jもあわせて検討されるのが良いでしょう。

 

イヤホンの装着性について、耳の中に入りきらない等のレビューも見受けられますので、試着をした上で検討を進めるのが良いでしょう。

FIO-FH5は音楽のジャンルを選ばずにハイレベルかつクリアな音質を求める方におすすめのイヤホンです。

 

本記事を参考に、関連製品含めて是非検討してみてください。