エルジーエレクトロ二クス PF50KSの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥61,380
LG PF50KSの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、LG PF50KS コンパクトプロジェクターがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/20 更新

ランク王編集部

臨場感あふれるグラフィック!家庭用シネマプロジェクター

本商品は、LGより販売されている高い躍動感を持った家庭用プロジェクターです。本体重量はわずか910gと軽量設計なので、自宅だけでなく職場やアウトドアなどでもポータブルにご利用いただけます。また、スマートデバイスとの接続も簡単。画面サイズの制約を受けずに楽しめますよ。

そのため、小さなお部屋でも大画面で楽しみたいという方におすすめ!豊かな色彩とグラデーションなので、よりリアルに近い映像を楽しみたいという方にも最適です。さらに、Fire Stick TVの挿入ができるUSBポート付き。Wi-Fiと接続するだけでオンラインストリーミングサービスが楽しみたい方にもぴったりですよ。

編集部おすすめの記事

PF50KSの基本スペック

用途
ホーム(家庭用)
パネルタイプ
DLP
光源
LED光源
タイプ
ポータブル
最大輝度【ルーメン】
600 ルーメン
コントラスト比
100000 :1
アスペクト比
16:9
パネル画素数
1920x1080
対応解像度規格
〜フルHD
Wi-Fi
Bluetooth
バッテリー
スピーカー搭載
台形補正
タテ(自動)
ゲームモード
HDMI端子
USB
幅x高さx奥行【mm】
170x52x178 mm
重量【kg】
1kg
40インチワイド【m】
1.266 m
60インチワイド【m】
1.9 m
80インチワイド【m】
2.533 m
100インチワイド【m】
3.177 m

PF50KSの通販サイト比較

楽天 ¥79,964

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥61,380

在庫 : ○

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥66,799

在庫 : ○

送料 : 有料

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

【Android・iPhone】プロジェクターとスマホの接続方法|おすすめ商品も紹介のサムネイル画像

【Android・iPhone】プロジェクターとスマホの接続方法|おすすめ商品も紹介

2022/06/07

【最新版】3万円以上の家庭用プロジェクター"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】3万円以上の家庭用プロジェクター"今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】4万円以上のポータブルプロジェクター"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】4万円以上のポータブルプロジェクター"今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【2022最新】Bluetooth付きプロジェクターおすすめ14選【イヤホンで聴ける?】のサムネイル画像

【2022最新】Bluetooth付きプロジェクターおすすめ14選【イヤホンで聴ける?】

2022/04/04

Wi-Fiプロジェクターおすすめ14選!スマホの映像を手軽に大画面で!のサムネイル画像

Wi-Fiプロジェクターおすすめ14選!スマホの映像を手軽に大画面で!

2022/04/04

LGのプロジェクターのおすすめ9選!口コミや人気の4K対応商品も紹介!のサムネイル画像

LGのプロジェクターのおすすめ9選!口コミや人気の4K対応商品も紹介!

2022/04/04

【2022最新】LEDプロジェクターおすすめ12選!価格や寿命も解説【4K対応も】のサムネイル画像

【2022最新】LEDプロジェクターおすすめ12選!価格や寿命も解説【4K対応も】

2022/04/04

【どれくらい?】100インチプロジェクターのおすすめ3選|おすすめスクリーンも!のサムネイル画像

【どれくらい?】100インチプロジェクターのおすすめ3選|おすすめスクリーンも!

2022/03/02

LG

LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS (寿命約30,000時間/フルHD/600lm/Bluetooth対応/1kg/バッテリー内蔵)

価格:50,700円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
LGエレクトロニクス
商品名
Cine Beam PF50KS・ホワイト
用途
ホームシアター用
パネルタイプ
DLP
最大輝度
600ルーメン
アスペクト比
16:9
映像入力端子
HDMI端子、USB
サイズ
170×52×178mm
重量
1kg
40インチワイド(投影距離)
1.266m
60インチワイド(投影距離)
1.9m
80インチワイド
2.533mm
100インチワイド
3.177mm
Nb

天吊金具/天吊り金具NB T717Mフリー天吊金具 ホワイトプロジェクター・ブラケット

価格:1,609円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG PF50KSは特に専用の天吊り金具などはありませんが、プロジェクターにねじ穴があるので、互換性のある天吊り金具であれば使用できます。しかし、落下などして故障してしまった場合、メーカーの保証が受けられない可能性があるので十分注意してください。

フルHDの高解像度・高コントラストの美しい映像を、最大100インチの大画面で楽しめます。内蔵バッテリーは満タンに充電すると連続で2.5時間もつので、いつでもどこでも手軽に映画館の雰囲気を味わうことができます。

YouTubeやNetflixの再生が行えるwebOSを搭載しており、本体から直接YouTubeなどを再生、もしくは専用のアプリのダウンロードすればスマートフォンやタブレットPCからの操作が可能です。また、プロジェクター・オーディオはBluetoothでワイヤレス接続もできます。

LG PF50KSのランプは長寿命のLEDランプになっていて、従来のものと比べると10倍以上長持ちするケースもあります。理論上は30,000時間、1日3時間平均で使用した場合は25年以上もつ計算になります。これだけ長持ちするなら、プロジェクターが壊れるまで交換の必要もなさそうですね。

LG PF50KSの最大輝度は600ルーメンとあまり高く無いので、照明を点けた部屋や明るい屋外ではきれいに映画が出力できない場合があります。本機を使用する時はカーテンを閉めて部屋の照明を落とすか、屋外では夜間に使用するのがおすすめです。

一部の口コミにはファンの音が少しうるさいという意見がありました。明るさを落とせばそれに応じて静かになるのですが、やはり映像も暗くなってしまいます。内蔵スピーカーのみでも問題なく使用できるものの、音が気になる方は外付けのスピーカーなどを利用すると良いかもしれませんね。

LG PF50KSの映像で、赤と青の色味が若干強すぎるという声もあるようです。しかし、初期設定のままでも気にならないという方も多いですし、画質は自在に調整できるので、特に使用上の問題は無いかなと思います。

上下の台形調整はかなり優秀だと評判なのですが、左右の台形調整機能が付いていないのが不満に感じる方もおられます。左右方向に対する設置位置の融通が利きにくいので、三脚などの設置位置を調整できる道具があると便利です。

上下の画面のズレや歪みを自動補正してくれる機能が付いているため、簡単にプロジェクターとスクリーンの設置が行えます。難しい操作は不要なので、初心者の方でも扱いやすいと好評です。

LG PF50KSはxls・xlsx・doc・docx・ppt・pptx・txt・PDF問い合わせドキュメントファイルの簡易再生も可能で、ビジネスシーンでも役立つとの声も多く聞かれます。また、他の画像ファイルや音声データなども、本体にUSBを差し込むだけで手軽に再生可能です。

17×18cmというコンパクトさ、重量1kgという軽量さから、PF50KSを自宅以外の場所に持って行って利用するという方も多いです。キャンプなどのアウトドアに本機を持って行ったり、仕事のプレゼンのためにビジネスバッグに携帯したりと、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

LG PF50KSの最大消費電力は65W、スリープモードでは0.5W以下となっており、電気代を気にせずに思う存分映像の視聴が楽しめます。本機を購入された方の中には、LEDランプを採用したことによる省エネ性の高さが、購入の決め手になったという方もいらっしゃいましたよ。

PH550Gと比べて輝度は550→600ルーメンに上がっているけど、この数値以上に改善されています。 依然、部屋は暗くしないといけないけど、スクリーンが60~100型ならOK。 解像度もPH550Gより大幅改善。 PCのエクセルやワードを表示しても、中心部から周辺部までクッキリ。

出典: https://s.kakaku.com

価格の高い国内メーカーには画質の面で一歩劣る面はあるものの、同価格帯のコンパクトプロジェクターとしては高水準のHD画質を誇ります。Blu-rayの美彩な映像も忠実に再現できるのも嬉しいところです。
うるさいです。 明るさを落とせば、それに応じて静かになりますが、暗くなります。

出典: https://s.kakaku.com

LG PF50KSのファンの音が少し気になるという口コミもありますが、それでも他の同価格帯のプロジェクターと比べると静かだと思います。
このプロジェクターを買うときには徹底的に反対し、絶対に使わないと言っていた妻が、私の部屋に設置した100インチの映画を見て驚嘆の一言。その夜は私の部屋は占領されました。

出典: https://www.amazon.co.jp

購入に反対していた奥さんまで納得させてしまうとは、やはり100インチ大画面の威力はすごいですね。映画やネット動画はもちろん、ゲーム機をつなげば大迫力のテレビゲームプレイも可能なので、家族の交流を深めることにも役立ってくれるのではないかと思います。
手軽に持ち運べて、使い勝手もいいです! 少しピント合わせがうまくいかない時もありますが、おおよそは問題ありません。

出典: https://www.amazon.co.jp

ピント合わせは自動でやってくれるのですが、プロジェクターとスクリーンの微妙な距離の違いによっては上手くピントが合わないこともあるようです。その場合はプロジェクター本体をちょっと移動してあげると、上手くピントを合わせてくれますよ。
ポータブルなのでいろいろな所へ持っていきWiFiへ繋げたかったのですが、設定を一つしか記憶できないため、2箇所以上で交互で使うようなことがあったりすると、いちいちWiFiの設定をしなければならないのには少しがっかりしました。。。ポータブルプロジェクターなのに・・・

出典: https://www.amazon.co.jp

確かにWi-Fi設定を使う場所によっていちいち変えなければいけないのは面倒ですね。とは言え、設定自体はなれれば2~3分以内でできますし、本体価格とコスパの良さから見れば値段相応以上だと思いますよ。
以前レンタルしたEPSONが高精細だった記憶があるので、字幕やメニューが少しボケているのが気になります。 ソファの後ろのラックから下方に向かっての照射なので、下部の字幕がややボケているのかもしれません。 ただ、字幕が無いタイトルとかは全く気になりません。

出典: https://s.kakaku.com

Blu-rayなどの映像を視聴する際に、字幕などの細かい部分がぼやけて見えてしまうことがあります。ちなみに、スクリーンが大きいほどはっきりと画面を投射できるようで、60~100インチの大型スクリーンとの相性が良いようです。
中華プロジェクタからの買い替えです。あの爆音ファンから解放されました。ランプ方式は、画質が良いは解っていましたが。消費電力やランプ交換で端から除外していました。(ランプ寿命が来た画質はサイアク)その点LEDは、それが無いですから。

出典: https://www.amazon.co.jp

ランプ方式のプロジェクターはランプ交換が面倒で、買い替え費用がたくさんかかってしまうのがネックです。その点、PF50KSはランプ交換の必要がほぼ無いので、いつまでも美しい映像を楽しめるのが良いですね。
webOSを搭載しているのでWiFiがあれば本体だけでYouTubeなどを見れるところも良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp

YouTubeなどのネット動画は、Wi-Fiとつなぐことで外部端末無しでも見られます。もちろん、スマホなどから映像を出力することも可能ですが、動画サイトによっては読み込みが遅くなる場合もあるそうなので、プロジェクター本体から直接動画を見るのがおすすめです。
LG

LG PH550G LED ポータブル プロジェクター(寿命約30,000時間/HD/550lm/0.65kg)

価格:37,939円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG PH550GはPF50KSより以前に発売された旧バージョンのプロジェクターです。一番大きな違いは映像の質で、最大輝度が600ルーメンのPF50KSに対してこちらが550ルーメンとなっており、本機の方が映像が暗く見えてしまいます。

 

その他、本体パネルの解像度はPF50KSが1920×1080pxで本機が1280×720pxと、ドットがやや粗めです。しかし、その分本体価格はお安めなので、金額との兼ね合いからこちらを購入されたという方もおられます。

 

とは言え、ポータブルプロジェクターに画質の良さを求める方にとっては、PH550GとPF50KSの画質の違いは大きいと思います。携帯専用機として使用するなら多少画質が悪くても構いませんが、ホームシアター用としての品質を望むなら、PF50KSの方がよりおすすめです。

 

なお、対応USBやHDMI端子などは共通のものが使用できますので、現在PH550Gからの買い替えを検討されている方は、後継機であるPF50KSを購入されるのも良いのではないでしょうか。

LG

LG PF1000UG LED 超短焦点 プロジェクター(寿命約30,000時間/フルHD/1000lm/1.9kg)

価格:128,242円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG PF50KSと同様のタイプのプロジェクターではあるものの、こちらはケーブルやリモコンなどを含めて重量が2kg以上もあるので、少し持ち運びには不便かなと思います。

 

その代わり最大輝度は1000ルーメンと高く、もちろんフルHD対応なので画質はとても良いです。LEDランプ方式でランニングコストもあまりかかりませんし、外部機器との接続もPF50KSと同じくワイヤレスで接続できる辺りもコスパが良いです。

 

また、本機は「超短焦点タイプ」のプロジェクターなので、スクリーンと本体の距離を大きく離さなくても映像が投射できます。人通りの多い室内や狭い場所にしか設置できないという場合に便利です。また、ピントずれが起こりにくいメリットもあります。

 

そんなハイスペックなPF1000UGですが、機能の高さと相応に価格もかなりお高めです。プロジェクターを持ち運び専用機として使う方には少しオーバースペック気味ですし、その場合はPF50KSの方が使いやすいのではないかと思いますよ。

LG

LG PH450UG 超短焦点 バッテリー内蔵 LEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/450lm/1.1kg)

価格:52,865円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG PH450UGはポータブルプロジェクターではありませんが、大きさはPF50KSよりほんの少し大きいくらいなので、持ち運びも楽に行えるかなと思います。ただし、やはり携帯する用では無いので、ランプなどの部品が破損しないように注意する必要があるでしょう。

 

機能面の違いとしては、キーストーン自動補正機能が付いていないくらいです。とは言え、本機は超短焦点タイプなのであまり気にする必要はありません。

 

しかし、最大輝度が150ルーメンも違うと画質は大きく劣ってしまいます。超短焦点な分ピントずれが起こりにくいため、同じ輝度のプロジェクターと比べれば良い方ですが、明るい場所だと映像がほとんど見えなくなってしまうこともあるでしょう。

 

プロジェクターにとって最大輝度はとても重要なポイントですので、同じ価格帯のならばPF50KSの方が断然おすすめですね。

LG

LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS (寿命約30,000時間/フルHD/600lm/Bluetooth対応/1kg/バッテリー内蔵)

価格:50,700円 (税込)
\プライムデー事前エントリー開催中!!/
Amazonで詳細を見る
\Summer SALE開催中!!/
楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG PF50KS コンパクトプロジェクターについて、商品情報やおすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他の商品との比較をまとめてみました。

 

PF50KSは自宅でもお出かけ先でも、気軽に映像視聴が楽しめる軽量サイズのプロジェクターです。しかし、小さいながらもとても高機能で、ハイスペックなプロジェクターと比較しても遜色の無いフルHD映像を楽しめるのが大きなメリットです。

 

また、従来のランプ方式のプロジェクターと異なりLEDランプを搭載しており、長編映画を毎日1本鑑賞し続けたとしても、25年以上ランプ交換をしなくても良いというコスパの良さも兼ね備えています。

 

短焦点タイプのプロジェクターと比べるとピントずれが起こりやすいことや、小さいスクリーンだと画像がぼやけてしまうことがあるのはデメリットですが、自動補正機能やリモコン一つで行える画質調整のおかげで、初心者にも使いやすいものになっています。

 

画質だけを見るともっと良い商品もあるものの、コスパの良さ・使いやすさ・映像の品質のバランスが非常に良く取れたプロジェクターなのではないでしょうか。