エルジーエレクトロ二クス PH550G プロジェクター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥54,000
LG PH550G プロジェクターの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、LG PH550G プロジェクターがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/25 更新

ランク王編集部

コンパクトでおしゃれだけじゃない!機能もしっかり◎

本商品はLGから発売されている小型プロジェクターです。10万対1の高コントラスト比に、1,280800画素のパネルになっています。そして珍しく、3D映像にも対応。また、内蔵型のバッテリーを搭載しており、最大2.5時間の連続再生ができます。バッテリーを搭載していますが、重量も650gと軽量なので持ち運びもらくらく

コンパクトながら100インチの映像もしっかりと映し出すことができ、機能は保たれています。さらに、デザインも数々のデザイン賞を受賞しているため、お洒落かつシンプルなプロジェクターとして人気の商品です。

PH550Gの基本スペック

タイプ DLPフロントタイプ コントラスト比 100
3D対応

PH550Gのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

LG PH550Gの基本スペック

LG

LG PH550G LED ポータブル プロジェクター(寿命約30,000時間/HD/550lm/0.65kg)

価格:37,939円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー LGエレクトロニクス 商品名 ポータブル プロジェクター
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ DLP
最大輝度 550ルーメン アスペクト比 169
映像入力端子 HDMI端子・コンポジット・USB・RGB(VGA端子)・ サイズ 174x48x116 mm
重量 0.65 kg 40インチワイド(投影距離) 1.2m
60インチワイド(投影距離) 1.8m 80インチワイド(投影距離) 2.4m
100インチワイド(投影距離) 3m

LG PH550Gのおすすめポイント

映画館のような大画面

100インチの大画面がいつでも手軽に楽しむことができます。電源コンセントをつなぐだけで設置場所に簡単に巨大映像を映すことができます。また、PH550Gは2.5時間連続再生可能なモバイルバッテリーを内蔵しているので外出先でも使用することができます。

持ち運びが簡単

大きさが174x48x116 mmと週刊少年ジャンプなどの少年漫画を3冊重ねたほどの大きさになります。なので、仕事の際に出先で使おうと思った時にも持ち運ぶことができます。一昔前のプロジェクターでは考えられないコンパクトで軽量なプロジェクターとなっています。

スマホの画面をミラーリング

スマートホンの画面をプロジェクターで放映する時、線でつなぐ必要はありません。スマートホンのミラーキャストを使うことで無線接続することができます。またミラーキャストが無くてもケーブルを直接つなぐことでAndroid・iOSどちらの画面も楽しむことができます。

無線で音声機器に接続できる

Bluetooth機能が内蔵されているのでBluetooth対応のワイヤレススピーカーに接続して映像を楽しむことができます。内蔵スピーカーで聞くよりスピーカーに接続することでドラマや映画などはその場にいるような臨場感あふれるエキサイティングな視聴をすることができます。

LG PH550Gの悪い点をレビュ―

バッテリー稼働時間が短い

本体に内蔵されているモバイルバッテリーがエコモードを適用して2.5時間となっていてこの稼働時間が短いと感じるレビューがあります。また、エコモードは画面の明るさを暗くすることで長時間使用するので、標準モードで見る際には時間が短縮されてしまい確かに短く感じてしまいます。

収納袋が別で必要

本体を外に持ち運ぶときには傷をつけて壊さないように袋に入れます。PH550Gも付属のポーチががついてきますがフェルト製で外からの衝撃に弱くなっています。なので本体に傷がついてしまうのを防ぐためにもう少し丈夫な入れ物を用意する必要があります。

テレビを映すには物足りない

PH550Gはチューナー付きレコーダーやPCを接続することでテレビを見ることができます。なので、リビングなどで大画面のテレビを楽しめます。しかし、画面の解像度が低かったり明るさが強くないのでテレビとして使用することをメインに考えると物足りなく感じてしまいます。

光量が低い

PH550Gの光量は550ルーメンとなっています。このルーメンの前の数字が大きくなるほどプロジェクターからでる光の量が多くなります。550ルーメンだと使っていて、プロジェクタースクリーンに映る映像が少し暗く感じるとレビューがありました。

LG PH550G の良い点をレビュ―

屋外でも使える

PH550Gはパッテリー内蔵型のプロジェクターでありながら、サイズも持ち運びが楽なコンパクトサイズになっています。なので、アウトドアに持っていきレクリエーションの1つとして楽しむことができます。天井に放映することができるのでロッジに限らずテントでも楽しめます。

画質が綺麗

液晶パネルを使って映像を映すテレビと違ってプロジェクターにはあまり画質を期待できません。しかし、PH550Gを購入した人は思っていた以上の画質で映像が見れるとレビューがあります。スペースを取らず大画面で映像が見れるのは一石二鳥で嬉しいです。

天井に投影できる

別売りされている三脚を使えばPH550Gで天井描写をすることができます。体を横にしてみている時、テレビと同じように壁に映像を映していたら上半身を傾ける必要があるので疲れてしまいます。しかし、天井に投影すると体はフラットのままでいいのでよりリラックスして視聴できます。

画面のミラーリング

スマートホンやパソコンの画面をプロジェクターで映すことができるミラーリングが良いとレビューがあります。小さい画面を大人数で共有しようとすると手間がかかってしまいます。しかし、PH550Gとコードや無線でミラーリングすることができるのですぐに共有することができます。

LG PH550Gの口コミ集めました

昼間は暗くしないと無理です

出典:https://www.yodobashi.com

プロジェクターは映したい壁に光を放出することで映します。光量が少ないと太陽が出てい昼間の時間や夏場などの日中は映像を綺麗に移すことは特に難しくなります。

ランプの明るさが調節ができなくて、夜は電源使用している場合は、光が強すぎて、目が痛いですので、マイナス一点。

出典:https://www.yodobashi.com

プロジェクターを使って画面を映す位置が決まると外に持ち出す用事がない限り置いたままにしておきます。なので、寝ようとした時に部屋の中に明かりがあると寝にくくなってしまいます。

ポータブルという割にレンズカバーが付いていないし、付属のフエルトの袋も貧弱

出典:https://www.amazon.co.jp

新しく買ったものに傷がつくと誰でも気持ちが落ち込んでしまいます。しかも、レンズについてしまったら壁に映し出される映像にも影響してしまうので、丈夫な付属品がついていたほうがありがたいです。

内臓スピーカーはオマケレベルの酷い音でBluetoothスピーカーの使用がほぼ前提

出典:https://www.amazon.co.jp

内蔵スピーカーの音質が良くないとレビューがありました。本体のスピーカーが良くないと別売りのスピーカーを購入し環境を整える必要があるので、余計な出費になってしまいます。

ひと昔前のプロジェクターの価格から考えると、とんでもなく手に入れやすくなりました。 この価格帯、特にこの商品は、この価格で性能的にも機能的にも何の不自由もなく快適に使えるオススメの一品です。

出典:https://www.biccamera.com

使用していて不満がなくコストパフォーマンスが優れているとレビューがありました。最近のプロジェクターは発売当初に比べると、金額的に安い物も増えてきました。また機能も充実しているのは嬉しいです。

bluetoothで外部スピーカーを使えば映画も大迫力で楽しめます。 これグッド・バイでした。

出典:https://www.biccamera.com

Bluetoothを使って自分で持っている外部スピーカーに無線接続することでアクション映画ならハラハラドキドキの映像を楽しむことができます。家の中にあるプチシネマ空間を周りの人と共有したくなります。

エコモードにするとほぼファン音気にならず、排熱も少ない

出典:https://www.amazon.co.jp

据え置きのゲーム機やDVDプレーヤーを使い楽しんでいる時に本体から音が鳴り始めると気を取られてしまい100%楽しむことができません。本体が静かに稼働してくれるのは嬉しいです。

上下の台形自動修正が優秀 ほぼ手動で調整する必要がない

出典:https://www.amazon.co.jp

プロジェクターを設置したら綺麗な映像を映すためにピントを合わせる必要があります。しかし台形自動修正があると自動で合わせてくれ手動操作は最後に少しやるだけですみます。

PH550GとPF50KSの違い

LG

LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS (寿命約30,000時間/フルHD/600lm/Bluetooth対応/1kg/バッテリー内蔵)

価格:50,700円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PF50KSは2018年に発売され、2016年に発売されたPH550Gの最新上位モデルになります。PH550Gと同じように持ち運びに便利なコンパクトサイズになっていますが、少し大きくなっています。また機能面では大きく変化していて特に映像がより綺麗に映されるようになっています。

 

最大輝度がPH550Gの550ルーメンに対してPF50KSは600ルーメンと明るくなっています。また、パネル画素数も1280x720から1920x1080にグレードアップしているので映し出される映像はよりきめ細かく綺麗になっています。

 

PF50KSはWebOSが搭載されています。なのでインターネット動画をよく見る人はリモコン操作でYoutubeやNetfilixを楽しむことができます。また、スマートホンにLG TV Plusアプリをインストールすればスマートホンからも操作をすることができます。

 

サイズと重さが変更されているので下記に記載します。

PH550G  :170x52x178 mm   0.65 kg

PF50KS :174x48x116 mm  1 kg

比べて見るとひとまわり大きくなっているのが分かります。なので、外に持ち運ぶ事に関してはPH550Gに負けてしまいます。

 

総評としては、画面の解像度向上とWebOS搭載によって機能面のグレードが上がった代わりに持ち運びが不便になっています。なので、頻繁に出先で使うことを考えていないけどイベントがある時に使いたいと思っている方におすすめします。

PH550GとPH30JGの違い

LG

LG PH30JG コンパクトポータブル LEDプロジェクター(寿命約30,000時間/HD/250lm/0.49kg/バッテリー内蔵) PH30JG

価格:38,780円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2017年に発売されたPH30JGはPH550Gをよりコンパクトにして持ち運びに特化させたプロジェクターです。最大光度が250ルーメンと光度の面で劣っていますが、パネルの画素数は同じになっています。

 

持ち運びを便利にするために大きさを小さくしただけでなく、内蔵モバイルバッテリーも強化しています。最大稼働時間が2.5時間から4時間とサッカー1試合分長くなりました。ただこれは明るさを50ルーメンに下げた時の時間になります。

 

USB Type-Cを接続すれば視聴しながらプロジェクターを充電できます。また、スマートホンに繋いだときにはスマートホンを充電することができます。

 

比べて見ると、パネルの画素数は同じなので環境が整っていればPH550Gと変わらない映像を見ることができます。また、充電のバリエーションが2つあるので、充電を忘れてしまう心配もありません。プロジェクターを出先でよく使う人におすすめします。

LG

LG PH550G LED ポータブル プロジェクター(寿命約30,000時間/HD/550lm/0.65kg)

価格:37,939円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LG PH550G ポータブル プロジェクターについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

PH550Gは最大100インチの大画面をいつでも楽しむことができます。それはプロジェクターをコンパクトサイズにしたことで持ち運びにが簡単になり場所に限定されることなく使うことができるからです。

 

映し出す映像も壁に映し出すだけでなく、三脚を使うことで天井に映すことができるのも魅力的です。また、Bluetoothスピーカーがあるのなら臨場感あふれる大迫力の映像を経験することができます。

 

昔のプロジェクターは据え置きの物が多く、コンパクトで持ち運びに便利なものは多くありませんでした。今は多くのプロジェクターが複数メーカーで作られています。価格が変わることで機能も大きく変わります。ぜひ、自分が欲しいプロジェクターを見つけて下さい。