日立 DE-N40WX 衣類乾燥機評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥28,480
日立 DE-N40WX 乾燥機の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、 日立 DE-N40WX 乾燥機がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/10/19 更新

ランク王編集部

仕上がりフワフワ!風を送り続けてシワを防ぐ衣類乾燥機

洗濯物を柔らかく乾かしてくれる衣類乾燥機です。乾燥が終了すると取り出すまでの間、5分ごとに風を送り続けてくれる「ふんわりガード」を搭載。それにより衣類のシワを防ぎ、フワフワの仕上がりを維持します。ドラム内部にはクッションがついているので、ボタンがぶつかる耳障りな音も軽減してくれます。

短時間で洗濯物が乾かせるうえに仕上がりも抜群なので、どうしても毎朝洗濯物が干せない忙しい方におすすめです。送風でシワもとれるのでアイロンがけの手間も省けます。お手入れもフィルターを外す必要がなく、掃除機でほこりを吸い取るだけのお手軽さなのが嬉しいですね。

DE-N40WXの基本スペック

衣類乾燥機・湿度センサ 衣類乾燥機・容量【kg】 4.0 kg
衣類乾燥機・設置形態 ユニットタイプ

DE-N40WXのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

日立 DE-N40WXの基本スペック

日立

日立 4.0kg 衣類乾燥機HITACHI DE-N40WX-W

価格:39,760円 (税込)

Amazonで詳細を見る ビックカメラで詳細を見る ヨドバシカメラで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 日立 商品名 DE-N40WX
容量 4kg 乾燥方式 電気
機能 毛布乾燥 ヒーター乾燥 シワ取り機能 タイマー サイズ 630x670x439 mm

日立 DE-N40WXの交換フィルター

日立(HITACHI)

日立 衣類乾燥機 ブラックフィルター DE-N3F(015) 純正部品

価格:850円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥機内フィルターが破損した際の交換用フィルターになります。標準搭載されていいるものから1~2年ほどで買い替えるケースがあるようです。

日立 DE-N40WXの設置スタンド

日立

日立 日立衣類乾燥機専用 直付けスタンドHITACHI ぴったりスタンド DES-P32-S

価格:8,700円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立てしやすく、前後に余分なスペースが発生しにくい設置スタンドです。床などのお手入れもしやすくなります。

日立 DE-N40WXのおすすめポイント

衣服をシワを防止する「ふんわりガード機能」

DE-N40WXには乾燥後にシワを防ぐため5分ごとに送風を行うふんわりガード機能が搭載されています。そのため乾燥後に長時間置いてしまってもシワにならずにおいておくことができます。

消費電力を抑える省エネ機能

DE-N40WXには消費電力を抑えるため、待機時消費電力をゼロにする機能が搭載されています。これにより大幅に電気料金を抑えることができます。

豊富な役立ち機能

DE-N40WXには多くの役立ち機能が搭載されています。室温と外気温から最適な運転を洗濯する「これっきりボタン」、ボタンのぶつかり音などを防ぐ「クッション付きドラム」、フィルターを外さずに掃除できる「お掃除ラクラクフィルター」などが搭載されています。

日立 DE-N40WXの悪い点をレビュー

静音性が低い

DE-N40WXはやや稼働音が大きく静音性が低いという意見が見受けられました。夜などに稼働させなければならない方には不向きかもしれません。

設置に手間がかかる

DE-N40WXは設置面積としては小さい方ではないため、設置がしづらいという意見が見受けられました。また、スタンドの組み立てが難しいこともその要因のようです。

室温が上がりやすい

DE-N40WXを起動すると排気などで室温が上がり換気性や窓を開けるなどの対応が必要という意見が見受けられました。乾燥させた衣服の熱も大きく影響しているようです。

扉の開閉がしづらい

扉が硬く開閉が大変という意見が見受けられました。4kgという容量上ご家庭によっては一度に何度も稼働させることもあり、そういった際に手間に感じるようです。

日立 DE-N40WXの良い点をレビュー

手入れが簡単

DE-N40WXはフィルターを掃除機で吸い取ればよいため手入れが簡単という意見が見受けられました。直接触れる心配がないというのも大きなメリットと言えるでしょう。

仕上がりが良い

DE-N40WXは柔軟仕上げ剤などがなくてもふわふわな仕上がりになるという意見が見受けられました。生乾きなどもなく好評のようです。

デザインがシンプルで置きやすい

DE-N40WXはシンプルなデザインになっているため、周りの雰囲気を邪魔しないという意見が見受けられました。洗濯機にもシンプルなデザインのものが多いこともあり、並べておくにも良いようです。

乾燥時間が早い

DE-N40WXは乾燥にかかる時間が全体的に短く済むという意見が見受けられました。洋服類であれば1時間かからずに洗濯でき、タオル類をまとめても2時間ほどで乾燥できるようです。

日立 DE-N40WXの口コミ集めました

音はそこそこありますのでアパートだと夜はかけられないかも?

出典:https://www.amazon.co.jp

一人暮らしなどだと日中に乾燥機を使うのが難しいというケースもあり、夜にかけざるを得ない時も多いため気が付いたときにすぐかけられないというのは使い勝手に欠けるかもしれません。

設置には1時間以上かかりました。スタンドの組み立てが 難しかったのと、現存の洗濯パンと洗濯機との兼ね合いで 寸法がギリギリだったためです

出典:https://www.amazon.co.jp

乾燥機は洗濯機と並べて置いておくことが多いですが、サイズ感などを測って購入しないと思わぬ手間がかかってしまうこともあるようです。また、新しい乾燥機に買い替える際に水漏れを心配する場合洗濯パンを活用する場合がありますが、洗濯パンのサイズが合わないというケースもいくつか見られるようです。

普通の部屋で使うデメリットとして、部屋が暑くなってサウナ状態になります。窓を開けて使うか、換気扇のどちらかは必須だろうと思います。冬場は良いかもですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

夏には外干しで乾燥させる方などからは冬場のみの利用で温まってよいという肯定的な意見もいくつか見られましたが、排気が部屋に流れるということ自体に抵抗を感じる方などもいるため、使い方や使う人を選ぶ傾向があるかもしれません。

扉の開閉が硬くて大変ですが、乾燥具合はばっちりです。概ね満足です。

出典:https://www.biccamera.com

扉に別途ロック機能が搭載されているなどあればよかったのですが特別そのような機能は搭載されていないようです。使用頻度の高い方ににはやや不便に感じられるポイントのようです。

毎回フィルタ掃除が必要ですが、説明書に書いてある通り、掃除機を使って直接吸えばいいので苦にはなりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

こまめなフィルター掃除は面倒なイメージがありますが掃除機で吸えばいいだけというのはとても便利です。また、乾燥機能も高いまま保てるという点でもメリットになります。

強で60分設定で使っていますが、ゴワゴワだったタオルがフワッフワに。 感激でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

乾燥機内が広いことやクッションを搭載しているため痛みなども少ないようです。ものによってはシワも乾燥のみで気にならないという意見もありアイロンなどの手間が省けるのも大きなメリットになります。

デザインはシンプルで飾りがないところが好みです

出典:https://review.kakaku.com

洗濯機や乾燥機はシンプルなもので揃えたいという希望は比較的多いようです。すっきりとした空間の演出にもなります。

容量が大きいし、すぐ乾くので重宝してます。

出典:https://product.rakuten.co.jp

毛布やブランケットなどの場合15分乾燥させると天日干しの代わりとしても使用できるようです。高温で早く乾燥させるため、忙しいご家庭にも適しています。

DE-N40WX DE-N50WV 違い

日立

日立 5.0kg 衣類乾燥機HITACHI これっきりボタン DE-N50WV-W

価格:46,480円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DE-N50WVは2015年11月に発売された商品になります。DE-N40WXが2016年1月に発売された商品であるため、DE-N50WVはDE-N40WXの前モデルになります。 DE-N50WVとDE-N40WXの大きな違いは乾燥機能になります。 DE-N50WVには通常の風乾燥機能に加え、温風乾燥機能が搭載されています。 また、容量が50kgと大きい容量になっているという点でも違いが見られます。 しかしながら、金額面が高額になったりサイズがやや大きくなったりという点があるため、予算感や乾燥機の一度で利用する乾燥量が多い方に適している機種と言えるでしょう。

DE-N40WX DE-N60WV 違い

日立

日立 6.0kg 衣類乾燥機HITACHI これっきりボタン DE-N60WV-W

価格:54,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DE-N60WVはDE-N50WVと同様に2015年11月に発売された商品になります。 DE-N60WVは性能面でもDE-N50WVと大きな違いはありません。 唯一の違いとしては容量面になります。 DE-N60WVは60kgになっており、一人当たりの目安として一日の洗濯物量が1,5kgほどであることから4人以上のご家庭にはより適した機種になっていると言えるでしょう。 また、容量の変動からサイズも奥行きが10cm近く大きいサイズになるため設置面積の面からも検討されるのが良いでしょう。

DE-N40WX DE-N45FX 違い

日立(HITACHI)

HITACHI あとは着るだけ 衣類乾燥機 ピュアホワイト DE-N45FX-W

在庫なし

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DE-N45FXは2005年5月に発売された商品になります。 DE-N45FXとDE-N40WXの大きな違いは役立ち機能になります。 DE-N45FXはDE-N40WXの10年以上前のモデルということもあり機能面で実装されていなかったものが多くあります。 シワを防ぐため乾燥後送風を行う「ふんわりガード」や掃除機で吸い取るだけでフィルターが掃除できる「お掃除楽々フィルター」などがDE-N45FXには搭載されていません。 現在あまり取り扱いは無いようですが、基本的にはDE-N40WXを選ぶのが良いでしょう。 また、DE-N45FXは容量が4,5kgでしたが、さらに前のモデルとして容量が4kgのDE-N4CXという機種が存在していますがこちらも性能面でDE-N45FXと大きな違いがないため、検討の際は注意してみることをおすすめします。

日立

日立 4.0kg 衣類乾燥機HITACHI DE-N40WX-W

価格:39,760円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立 DE-N40WXの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 DE-N40WXは短時間での乾燥性能に優れた商品と言えるでしょう。 容量や時間設定を調整することで、乾燥物にあった適切な時間で乾燥させることが可能です。 また、お手入れの手軽さやシワを防止する仕上がりの良さという点では乾燥物量や使用頻度が高くてもストレスなく運用することが可能でしょう。 しかし、静音性が低いことや室温が上がりやすく換気が必須であるという点では使える環境や場面に左右される面が大きいと言えるでしょう。 そのため、日中などに稼働させることができるご家庭での使用に適していると言えるでしょう。 乾燥機はご家庭の乾燥物量により一度に稼働させる回数が変わりコストパフォーマンスが大きく変わります。そのため、乾燥物量や乾燥機の設置スペースなどを検討の上、自分に合った乾燥機を探してみるのが良いでしょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。