ティーシーエル 65P8S テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥65,900
TCL 65P8S テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、TCL 65P8S テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/10/19 更新

ランク王編集部

好きなアプリをダウンロード!Androidシステム搭載

マイクロディミング技術により、風景に奥行きが生まれ立体的な映像を生み出すことに成功しました。マイクロディミング技術は、夜景などの暗い場面、陰影が多い景色やゲームで力を発揮します。また、ダブルチューナー搭載のため、裏番組録画が可能です。

さらに、Androidシステムが搭載されているため、好きなアプリをいつでもテレビにダウンロード可能です。自分のスマホとテレビを接続すれば、大画面でスマホの映像を視聴できます。テレビでネット動画を視聴したい方、世界の絶景や名所を高画質で視聴したい方におすすめです。

65P8Sの基本スペック

種類 液晶テレビ 画面サイズ【V型(インチ)】 65 V型(インチ)
パネル性能 4K 画素数(縦) 3840x2160
HDR  対応 HDR方式  HDR10HLG
パネル種類 VAパネル LEDバックライト 直下型白色LED
1V型(インチ)あたりの価格【円】 1354 円 地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
地上デジタル数 2 BSデジタル数 2
110度CSデジタル数 2 録画機能 外付けHDD
Android TV YouTube
Netflix対応 DAZN
FOD dTV
Hulu U-NEXT
Rakuten TV 有線LAN
無線LAN Bluetooth
HDMI端子数 3端子ARC対応 USB端子 2
光デジタル音声出力端子 1 LAN端子 1
ヘッドホン出力端子 消費電力【W】 180 W
待機時消費電力【W】 0.3 W リモコン(音声操作)
幅x高さx奥行 【mm】 1445x893x275 mm 重量 【kg】 20 kg
省エネ評価 ★★★ 省エネ基準達成率【%(2012年度)】 150 %(2012年度)
年間消費電力量【kWh】 209 kWh 年間電気代【円】 5643 円

65P8Sのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

TCL 65P8Sの基本スペック

ティーシーエル

65P8S

価格:65,900円 (税込)

好きなアプリをダウンロード!Androidシステム搭載

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクロディミング技術により、風景に奥行きが生まれ立体的な映像を生み出すことに成功しました。マイクロディミング技術は、夜景などの暗い場面、陰影が多い景色やゲームで力を発揮します。また、ダブルチューナー搭載のため、裏番組録画が可能です。

さらに、Androidシステムが搭載されているため、好きなアプリをいつでもテレビにダウンロード可能です。自分のスマホとテレビを接続すれば、大画面でスマホの映像を視聴できます。テレビでネット動画を視聴したい方、世界の絶景や名所を高画質で視聴したい方におすすめです。
メーカー TCL(ティー シー エル) 商品名 65P8S
画面サイズ 65V型 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1445x893x275 mm 重量 20kg
機能 Android TVTM OS9.0 Google アシスト搭載・VOD機能等 省エネ性能(★~★★★★★) ★★★

TCL 65P8Sのおすすめポイント

Androidシステム搭載で楽しみ方いろいろ

Androidシステム搭載のテレビなら、好きなアプリを自由にダウンロードして映画やドラマを自宅でいつでも楽しめます。動画だけではなく、InstagramやTwitterなどのSNSアプリもダウンロード可能です。ネットサーフィンも可能なため、スマホ感覚でテレビを操作できます。

「マイクロディミング技術」で奥行きある映像に

65P8Sには、マイクロディミング技術と呼ばれるエリア制御ソフトウェアが搭載されています。輝度を画面のエリア別で制御しながら適切な明るさで映像を表現します。さまざまなシーンで奥行きある、鮮やかな色彩を楽しめます。

「クロームキャスト機能」で映像を大画面で楽しめる

通常は、クロームキャストの端末を別途購入しなければなりません。しかし、65P8Sにはクロームキャスト機能が内蔵されているため、届いたその日からスマホ画面をテレビの大画面で視聴可能です。スマホのゲームもテレビ画面で楽しむことができます。

TCL 65P8Sの悪い点をレビュー

不良品がある

電源が点かない、リモコンが反応しないなどの意見が散見されます。メーカーの対応に関する不満も聞かれるため、不良品を引いてしまった際の手続きは大変かもしれません。初期不良時の対応方などを購入前に、事前にチェックしておきましょう。

他のリモコンに反応する

他のリモコンに反応する症状は、TCLのテレビだけでなく、他メーカーのテレビでもあり得ることです。実際に、他のテレビの悪い口コミにも、他のリモコンが干渉し不便との意見が見られます。干渉度が高い場合は、ネットで「リモコン 干渉 対策」などのワードで検索すると対応策が見つかりますよ。

画面がちらつく

購入当初から画面がチラつく場合は、初期不良の可能性も考えられます。軽度のチラつきであれば設定変更で改善する場合もあります。映像設定から輝度や動き補正、クリア設定などのメニュー欄が表示されます。自分で画面設定を微調整できるので、1度試してみる事をおすすめします。

実際の口コミ

以前から時々、蛍光灯のリモコンに反応してテレビの電源が切れる。電源ONにはならず。必ずOFFだけ。しかし、先週ぐらいから蛍光灯に続き、エアコンのリモコンにも反応してテレビの電源が切れるようになった。この状態が続くようだとサポートに連絡して返品かと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

ダイキンエアコンリモコン・パナソニックスカパーチューナーに反応する。輝度調整が固定できない。メールでメーカーに問い合わせたが返事がない。信用できない会社ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

画面がちらついて見てられない。返品したいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

不良品。Amazon商品なのに幻滅。テレビつかない、リモコン効かない。Amazon対応は良し。返品は出来るが交換は無理との事。新しく別のテレビを購入。二度と買わない。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

TCL 65P8Sの良い点をレビュー

大画面で高画質な4Kを堪能できる

65型の大型テレビを7、8万円で購入できるだけでコスパ抜群ですよね。しかも4K対応テレビなので別途チューナーをつければ、さらに高画質の4Kを堪能できます。4Kチューナー内蔵で高くなるよりも必要に応じてアップグレードでき便利です。

画質・音もいい

大手メーカーの上位モデルの画質や音質と比べると物足りなさは感じますが、金額とのバランスを考えると満足できるレベルです。HDR10(ハイ・ダイナミック・レンジ)にも対応しているため、細かな色彩表現もできます。画質によほどのこだわりがないのであれば十分満足できるレベルです。

Android TVだから便利

口コミにもあるようにAndroidTVは、大きなタブレット感覚で使えます。手元のスマホとテレビ画面に交互に視点を合わせると目が悪くなりやすいですが、CM中にネットニュースも大画面で見れるのでとても便利です。AndroidTVなら目の疲れを最小限に抑えられます。

実際の口コミ

コスパは最高。否定的なレビューも見ましたが、確かに、少し一般的なTVとは様子が違うけど、どなたかが書いてたように、大型のタブレットと思えばそれなりに使えるし、サウンドが寂しいのも価格から言って許せる範囲です。照合評価は限りなく星5に近い4かな。このまま壊れないで相当年数楽しめたら文句なし。価格のアドバンテージはとても大きいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

画質は某社製品(高いヤツ)と比べれば落ちるのかもしれませんが、こだわる方はお金を出してそちらを購入される事をおススメします。個人的な見解は、金額に対して非常に画質も良く、特に不満点はありません。おかげで、WEB会議用の大画面が安価に構築出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

ケーブルテレビの4Kとは相性がいいのか、画質、音とてもいいです。アンドロイドtvとしても非常に優れています。コスパとてもいいと感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

画質が綺麗で驚きました。androidTVにも感動です。満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

65P8Sと65C815の違い

ティーシーエル

65C815

在庫なし

素早い動きもくっきりなめらか!「QLED」技術採用テレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は量子ドットLED技術「QLED」を採用しており、豊かな色彩の自然に近いカラーを再現するテレビです。明暗をくっきり分けて映し出し、奥行きをリアルに表現できるのも魅力。120Hzの素早い動きもなめらかに表現する「倍速駆動技術」を採用しているので、残像感が低減され、スポーツやゲームもより臨場感ある映像で楽しめます。

また、フロントサウンドバーに加えて、背部にはサブウーファーを搭載。部屋の隅々にまで響き渡る迫力のある立体音響が強みです。映像だけでなく音にもこだわっているのも特徴の1つ。ネット動画サービスにも対応しているので、+αでもテレビを楽しみたい方に最適な1台です。

65C815には、量子ドットLEDと呼ばれる技術が採用されています。量子ドットLEDパネルのメリットは、通常の液晶パネルよりも細かな色彩表現ができること、消費電力が少ないことです。長時間テレビや映画を見る方には、QLED液晶が採用された65C815がいいでしょう。

 

また、65C815にはフロントサウンドバーと、低音が心地よく響くサブウーハーが搭載されています。迫力ある音響を楽しみたい方には、65C815がおすすめです。

 

そして、65C815のバックライトはエッジ式が採用されているのに対し、65P8Sには直下型が使用されています。エッジ型の65C815は色ムラが懸念されますが、本記事で紹介した65P8Sの直下型は均一にバックライトが当たるため、色ムラのない鮮やかな映像美を楽しめます。

TCL 65P8Sとハイセンス 65E6Gの違い

Hisense(ハイセンス)

ハイセンス 65E6G

価格:89,820円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TLCの65P8Sとハイセンスの65E6Gの大きな違いは、4Kチューナーの有無です。65P8Sには4Kチューナーは内蔵されていませんが、65E6Gには4Kチューナーが内蔵されているため、別途チューナーは不要です。

 

また、ハイセンスの65E6GにはADSパネルが採用されています。ADSパネルの特徴は視野角が広いことです。斜めからテレビを視聴しても色合いが均一に見えるので、家事の途中でもきれいな映像で視聴できます。他にも65E6Gには映像モードやゲームモードなどが搭載されています。

ティーシーエル

65P8S

価格:65,900円 (税込)

好きなアプリをダウンロード!Androidシステム搭載

Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マイクロディミング技術により、風景に奥行きが生まれ立体的な映像を生み出すことに成功しました。マイクロディミング技術は、夜景などの暗い場面、陰影が多い景色やゲームで力を発揮します。また、ダブルチューナー搭載のため、裏番組録画が可能です。

さらに、Androidシステムが搭載されているため、好きなアプリをいつでもテレビにダウンロード可能です。自分のスマホとテレビを接続すれば、大画面でスマホの映像を視聴できます。テレビでネット動画を視聴したい方、世界の絶景や名所を高画質で視聴したい方におすすめです。

TCL 65P8Sテレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

65P8SにはAndroid機能やマイクロディミング機能、クロームキャスト機能が搭載されています。価格の割には安定した高音高画質を楽しめる高コスパなテレビです。しかし、画面のチラつきや不良時のメーカー対応に不満を感じているユーザーも多々見られます。

 

保証期間や、初期不良時の対処法などを調べてから、購入するとよいでしょう。とはいえ、65P8Sはクロームキャストや無線LANなど、スマホとの連携機能も充実しています。特に大画面でネットを楽しみたい方には、満足度の高いテレビといえるでしょう。