ティーシーエル 65C815 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥77,800
ティーシーエル 65C815 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ティーシーエル 65C815 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/20 更新

ランク王編集部

素早い動きもくっきりなめらか!「QLED」技術採用テレビ

本商品は量子ドットLED技術「QLED」を採用しており、豊かな色彩の自然に近いカラーを再現するテレビです。明暗をくっきり分けて映し出し、奥行きをリアルに表現できるのも魅力。120Hzの素早い動きもなめらかに表現する「倍速駆動技術」を採用しているので、残像感が低減され、スポーツやゲームもより臨場感ある映像で楽しめます。

また、フロントサウンドバーに加えて、背部にはサブウーファーを搭載。部屋の隅々にまで響き渡る迫力のある立体音響が強みです。映像だけでなく音にもこだわっているのも特徴の1つ。ネット動画サービスにも対応しているので、+αでもテレビを楽しみたい方に最適な1台です。

65C815の基本スペック

種類 液晶テレビ 画面サイズ【V型(インチ)】 65 V型(インチ)
パネル性能 4K 画素数  3840x2160
HDR  対応 HDR方式  HDR10ドルビービジョンHLG
映像処理エンジン マイクロディミング パネル種類 VAパネル
バックライト エッジ式LEDバックライト 画面分割(2画面機能) 
倍速機能  MEMC 120Hz倍速駆動 Ultra HD Premium
1V型(インチ)あたりの価格 - BS 8K
BS 4K 110度CS 4K
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル 124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー
BS 8K数 BS 4K数
110度CS 4K数 地上デジタル数 2
BSデジタル数 2 110度CSデジタル数 2
録画機能 外付けHDD ドライブ内蔵
自動録画機能  早見再生【倍速】
Android TV Google TV
YouTube Amazonプライム・ビデオ
Netflix DAZN
FOD dTV
ひかりTV ひかりTV4K
TSUTAYA TV Hulu
U-NEXT Paravi
Rakuten TV TELASA
Chips!TV 有線LAN
無線LAN Bluetooth
Wi-Fi Direct対応  ホームネットワーク機能
DTCP-IP  SeeQVault対応 
HDMI端子 3端子ARC対応 USB端子 2
D端子入力  コンポーネント入力
PC入力端子 光デジタル音声出力端子 1
LAN端子 1 ヘッドホン出力端子
視聴距離(目安)【m】 1.2 m 消費電力【W】 230 W
待機時消費電力【W】 0.3 W リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携 カードスロット
DOLBY ATMOS 音声実用最大出力【W】 50 W
スピーカー数 3個 ゲームモード
VRR ALLM
幅x高さx奥行 【mm】 1446x934x366 mm 重量 【kg】 27 kg
多段階評価  ★★ 省エネ基準達成率  110%(2012年度)
省エネ性マーク(緑)  年間消費電力量【kWh】 300 kWh
年間電気代【円】 8100 円

65C815のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

TLC 65C815の基本スペック

TCL(ティーシーエル)

TCL 65V型 4k対応 液晶テレビ QLED搭載 65C815 Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 倍速駆動パネル搭載 サウンドバー搭載 Dolby Atmos 2020年モデル

価格:88,345円 (税込)

素早い動きもくっきりなめらか「QLED」技術採用テレビ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー TLC 商品名 65C815
画面サイズ 65V型(インチ) 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 1446x934x366mm 重量 27kg
機能 Google Assistant 省エネ性能(★~★★★★★) ★★☆☆☆

TLC 65C815のおすすめポイント

鮮やかで美しい映像

量子ドットLED技術「QLED」を採用しているので、豊かな色彩で映像を表現できます。また、120Hzの倍速駆動技術により、動きの早いスポーツやゲームを滑らかに再現。「マイクロティミング」機能は細部まで明暗をくっきりと分けるので、立体感のある映像を楽しめます。

立体音響で迫力ある音を楽しめる

「ドルビーアトモス」という技術により、立体的な音を奏でることが可能です。さらに、サブウーファーをフロントサウンドバーと背部に搭載しているので、包み込まれるような音を体験できます。映画の視聴にもぴったりです。

多彩な機能でもっとテレビを楽しめる

YouTubeやプライムビデオなど、ネット動画の視聴も可能です。また、クロームキャストを内蔵しているので、スマートフォンの映像やゲームをテレビに映し出すこともでき、さまざまなコンテンツを大画面で楽しめます。Google Assistantによる音声検索もできます。

TLC 65C815の悪い点をレビュー

値段相応の画質

本商品は液晶テレビということもあり、有機ELテレビのような暗部のくっきりとした表現が苦手です。「色合いに深みがない」という声も見受けられました。地デジは4Kにコンパートされず、画質が荒く感じてしまいます。

不具合が発生する

「電源が入らなくなる」「音声が出なくなる」といった不具合が発生したという声がいくつか見受けられました。相談窓口の対応に納得できないという声もあります。「国産の安心できる商品が欲しい」という方は、違う商品を検討してもいいかもしれません。

リモコンが使いにくい

「リモコンのボタンが多く位置も近いので、押し間違いしやすい」「反応が遅い」といった声が見受けられました。ボタンはテレビのチャンネル以外にも、ネット動画のボタンもついているので、ボタンが多くなっています。リモコンが使った細かい操作が苦手な方には、使いづらいテレビかもしれません。

実際のクチコミ

液晶だからやはり暗部表現がダメだ。YouTubeで「花火」を映してみると、 暗い空にグレーのブロックノイズが出たりする。 同じコンテンツをLGのOLEDで見ると空が真っ暗となる。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

リモコンの操作方法は少し使う辛い。 ボタンが多く、近い為、押し間違えてしまい場合も有り、手元を確認しての操作が必要で、直感的な操作は出来ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

突然音声がでなくなてしまい、サポートセンタ(0120....)に電話しました。 事象を説明し、再起動したら音声が出るようになった。再度起きたらどうするのか訪ねたら、 精密機器でまれに起きる事象で、再度起きたら電話ほしい・・・そのときは回収修理等 対応するとのことであった。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

TLC 65C815の良い点をレビュー

音が迫力ある

「低音が出る」「音の迫力がすごい」「音質がかなりいい」といった口コミが見受けられました。背面のウーファーにより、迫力ある音響を演出します。そのため、映画やライブなどをテレビで観たい方にぴったりのテレビです。

コストパフォーマンスが優れている

コストパフォーマンスに言及している口コミが多く見受けられました。本商品は10万円以下で購入できる大型テレビです。「この価格で大画面なのでコスパが良い」と満足している方が多いようです。一通り機能も備えているのも魅力。

画面が大きい

「画面が大きいため満足」という声も多数ありました。65インチなので、映画やゲームなどが大迫力で楽しめます。画面の大きさも2、3日で慣れるとのこと。画面が大きい分設置も大変なので、2人以上で設置することを推奨します。

実際の口コミ

AQUOSの50インチからの買い換えです。55インチと迷いましたが、思いきって65に!でっかいなーと思うのは最初の2、3日だけですぐに見慣れてしまうのでこちらで良かったと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

アンドロイド機能付きでいいですね。43からの買い替えでしたが、画面が大きくコスパ最高です。4K見ない人にはこれですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

とにかく音の迫力が凄いです。背面にウーファーかあるので映画やライブDVDなどはド迫力です!

出典:https://www.amazon.co.jp

 

65C815と65Q815の違い

TCL(ティーシーエル)

TCL 65V型 4K液晶テレビ QLED搭載 65Q815 Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 4Kチューナー内蔵 Dolby Atmos 2020年モデル

価格:133,549円 (税込)

 

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

65Q815は65C815と同時期にTLCから発売されたテレビです。価格は65C815よりも3万円ほど高く設定されています。65C815にはなかった「ローカルディミング」機能が搭載されており、明暗の表現がよりキレイになっています。

 

ただし、65C815には搭載されていたサウンドバーとサブウーファーが搭載されていません。また、実用最大出力も65C815は50Wですが、65Q815は25Wと半分です。そのため、音の迫力は65C815のほうが優れています。

 

画質を重視するなら65Q815、音質とコストパフォーマンスを重視するなら65C815を選ぶのがおすすめです。

65C815と65P8Sの違い

TCL(ティーシーエル)

TCL 65V型 4K対応 液晶テレビ Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 65P8S 外付けHDD裏番組録画対応 Dolby Audio

価格:88,000円 (税込)

 

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

65C815は2020年11月、65P8Sは2019年9月に発売されたモデルです。価格は65P8Sのほうが2万円ほど安く設定されています。同じ65インチのテレビですが、省エネ性能は65P8Sのほうが優れており、年間電気代が65C815は8,100円なのに対し、65P8Sは5,643円です。ただし、機能面は全体的に65C815のほうが上です。

 

また、65P8Sは65C815に搭載されていた「量子ドットLED」「動き補正」「Dolby Vision」が搭載されていません。そのため、映像のクオリティは少々劣ります。他にもサウンドバーやサブウーファーがありません。そのため、コストパフォーマンスの良いシンプルなテレビが欲しいなら65C815、少し予算を上げて画質・音質の良いテレビが欲しいなら65P8Sを選ぶのがおすすめです。

TCL(ティーシーエル)

TCL 65V型 4k対応 液晶テレビ QLED搭載 65C815 Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 倍速駆動パネル搭載 サウンドバー搭載 Dolby Atmos 2020年モデル

価格:88,345円 (税込)

素早い動きもくっきりなめらか「QLED」技術採用テレビ!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TLC 65C815 テレビの種類について、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、評価・口コミ・レビュー、他製品との比較をまとめました。

 

65C815は、明暗のくっきりした映像と、サウンドバー・サブウーファーによる迫力ある音響が魅力のテレビです。コストパフォーマンスにも優れています。ただし、液晶テレビなので有機ELテレビと比べると画質が劣り、特に黒の表現は苦手です。また、不具合があったという報告も見受けられるので、「国産の安心して使えるテレビが欲しい」という方には向いていないかもしれません。

 

TLC 65C815 テレビは「10万円以下で購入できる、65インチテレビが欲しい」「画質・音質がほどほどに満足できるテレビがいい」といった方におすすめのテレビです。コストパフォーマンスを重視してテレビを探している方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。