ティーシーエル 40S515 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥37,500
ティーシーエル 40S515 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ティーシーエル 40S515 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/25 更新

ランク王編集部

動画やゲームも満喫!Androidシステム搭載4KスマートTV

Androidシステムを搭載した4Kテレビです。多数の動画ストリーミングサービスに対応しているので、好みのコンテンツをカスタマイズできます。VODサービスへ直接アクセスできるボタン搭載のリモコンには、Googleアシスタントも搭載しており音声での映像検索も可能です。

また、スマホの映像を映し出せるクロームキャスト機能も搭載しています。ディスプレイには直下型LEDバックライトを搭載。高精細で美しい映像を表現します。マイクロディミング技術が明暗をくっきりと分けられるので、よりリアルな映像再現を実現しています。低価格で購入できる点も大きな魅力なので、価格重視の方におすすめです。

40S515の基本スペック

パネル種類 VAパネル 画面サイズ【V型(インチ)】 40 V型(インチ)
年間消費電力量【kWh】 90 kWh 画素数(縦) 1920x1080
HDMI端子数 2端子ARC対応 Netflix対応
種類 液晶テレビ パネル性能 フルハイビジョン
1V型(インチ)あたりの価格【円】 749 円 地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
地上デジタル数 2 BSデジタル数 2
110度CSデジタル数 2 録画機能 外付けHDD
Android TV YouTube
Amazonプライム・ビデオ DAZN
FOD dTV
TSUTAYA TV Hulu
U-NEXT Rakuten TV
有線LAN 無線LAN
Bluetooth USB端子 1
光デジタル音声出力端子 1 LAN端子 1
ヘッドホン出力端子 消費電力【W】 75 W
待機時消費電力【W】 0.3 W リモコン(音声操作)
重量 【kg】 6.5 kg 年間電気代【円】 2430 円

40S515のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

TCL 40S515の基本スペック

ティーシーエル

40S515

価格:37,500円 (税込)

動画やゲームも満喫!Androidシステム搭載4KスマートTV

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Androidシステムを搭載した4Kテレビです。多数の動画ストリーミングサービスに対応しているので、好みのコンテンツをカスタマイズできます。VODサービスへ直接アクセスできるボタン搭載のリモコンには、Googleアシスタントも搭載しており音声での映像検索も可能です。

また、スマホの映像を映し出せるクロームキャスト機能も搭載しています。ディスプレイには直下型LEDバックライトを搭載。高精細で美しい映像を表現します。マイクロディミング技術が明暗をくっきりと分けられるので、よりリアルな映像再現を実現しています。低価格で購入できる点も大きな魅力なので、価格重視の方におすすめです。
メーカー TCL(ティーシーエル) 商品名 40S515
画面サイズ 40インチ 画素数 1920x1080
画質 フルHD 録画機能 外付けHDD
寸法/サイズ 905x574x198mm 重量 6.5kg
機能 裏番組録画、クロームキャスト機能、Googleアシスタントなど 省エネ性能 ★★★

TCL 40S515のおすすめポイント

Androidシステム搭載で豊富なネット動画に対応

Androidシステムが搭載されているので、動画ストリーミングサービスや動画サイトなど、さまざまなネット動画を楽しみやすいのが特徴です。クロームキャスト機能も内蔵されているため、スマホの動画もテレビの大画面で楽しめます。

高輝度・高精細で鮮明な映像

1296ゾーンに分けた画面を分析するマイクロディミング技術により、奥行きのある繊細な映像を実現しています。直下型LEDバックライトも搭載しており、高輝度・高精細で鮮明な映像表現も可能な、表現力豊かなテレビです。

裏番組録画に対応

外付けHDDでの録画機能に対応しています。Wチューナーを搭載しているので、テレビ視聴中でも裏番組の録画に対応。見たい番組を見逃しません。番組録画操作は、使いやすいデザインを採用した付属のリモコンで手軽に一括操作ができます。

TCL 40S515の悪い点をレビュー

不具合発生が多い

こちらのテレビの口コミで最も多かったのが、不具合の多さです。テレビの映りが悪い、購入後すぐに映らなくなった、画面が真っ白になった、ディスプレイに自然にヒビが入ったなど、通常使用ができないトラブルが数多く発生していました。

リモコンの反応が悪い

付属のリモコンの反応が悪く、ボタンを押した後のレスポンスが悪いという口コミが多く見られました。場合によっては、まったくボタンが反応しないこともあるようです。また、リモコンが反応する角度が狭いという口コミも見受けられました。

録画機能に不満

外付けHDDを接続すれば録画機能が使用できますが、番組表からの録画予約からの予約録画がうまくいかない、毎回最後の30秒が切れるなどの不満が見られました。最後の30秒が切れるのは仕様となっているため、完全に番組を最後まで録画するには手動録画が必要である点も、悪い評価となっているようです。

実際の口コミ

購入後10日ほどで、主電源を入れても映らなくなり、リモコンも効かなくなった。また、時には音も出ない場合もあった。返品しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

リモコンの反応が良くないですね。押し方で質問ウィンドウが出て回答しないと電源切れなかったり、動きが遅いから自分の感覚とズレることが多いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

録画機能がどうも良くない。 同じ番組を毎週録画設定しても2週目以降撮れた試しがない。 番組表から予約するとなぜか番組の最後まで撮れないことも多いので手動で1分ぐらい眺めに予約しないといけないし。もう少しなんとかならなかったのかな。

出典:https://www.amazon.co.jp

TCL 40S515の良い点をレビュー

コストパフォーマンスが良いAndroid TV

Androidシステム搭載のテレビとしてはリーズナブルという評価が、口コミで多く見られました。十分な画質と音質、ネット接続によって機能の幅が広がるという高コスパな点が、最大の魅力と感じている人が多いようです。

画質がきれい

フルハイビジョンテレビなので、4Kテレビと比較すると画質は落ちるとの声はありましたが、地デジ視聴ではまったく問題なく、むしろきれいな画質という評価を得ていました。価格面を考えると十分な画質で、満足度も高い口コミが多くありました。

ネット連携がしやすい

Wi-Fiでネットに接続すれば、面倒なケーブル接続やアプリインストールの必要なく動画ストリーミングサービスやスマホの動画やゲームを手軽にキャストして見られる点が、高い評価を得ていました。ネット動画もテレビ番組感覚でリモコン操作だけで簡単に見られる操作性の良さも、魅力といえます。

実際の口コミ

アンドロイド搭載テレビがこんなにも安く購入できてとても満足しています。 2階の寝室用に購入しましたが、画面の大きさも申し分ない。画面もキレイ。購入のタイミングでアマゾンプライムにも加入したので、プライムビデオも見られて満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

画質はさすがにBRAVIAの4Kと比べると見劣りしますし、少し正面から上下にずれると画面が白く観えますが通常使用では全く問題ありません。 むしろゲーム(ps4)での使用時にはしっかりHDRが働き、好みの画質調整さえ出来れば値段以上の力を発揮してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

いままでは、スティックPCをつないでネット動画を見ていましたが、このTVはWi-Fi接続して、TVリモコンだけでネット動画が簡単に見れるので快適です。画質と音質は価格相応ですが、コスパはとても良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

40S515と43P815Bの違い

TCL(ティーシーエル)

4K液晶テレビ 43P815B

価格:49,818円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

43P815Bは、2020年11月に発売された4K液晶テレビで、40S515の上位モデルです。VAパネル、直下型LEDバックライト採用という共通点がありますが、43P815Bは43インチで若干大きな画面サイズです。また、4K対応なのでディスプレイ性能は43P815Bの方が優れており、HDRにも対応している点が大きな違いです。

 

43P815BもAndroidシステムを搭載したモデルであるため、動画ストリーミングサービスに対応している点も40S515と同様です。機能面で40S515より優れている43P815Bですが、年間消費電力量は40S515の方が少なく、年間電気代は2000円ほどの差が出ます。年間電気代の負担が増えてもより美しい映像を見たいのであれば、43P815Bがおすすめです。

40S515と40B400の違い

TCL(ティーシーエル)

フルハイビジョンテレビ 40B400

価格:29,574円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年5月発売のTCLの40B400は、2020年6月に発売された40S515の旧モデルにあたります。どちらも直下型LEDバックライトを搭載した40インチのフルハイビジョンテレビという共通点を持ちますが、大きな違いはネット連携の有無です。

 

40S515はAndroidシステムを搭載し、Wi-Fiでネット接続をすれば多彩な動画ストリーミングサービスを使用できます。しかし40B400にはAndroidシステムは搭載されておらず、ネット動画との連携性もない点が、大きな違いです。

 

Wチューナーで裏番組録画可能という点は共通しているので、動画ストリーミングサービスは利用していない、テレビとのネット接続は不要という人であれば、40B400でも十分でしょう。

ティーシーエル

40S515

価格:37,500円 (税込)

動画やゲームも満喫!Androidシステム搭載4KスマートTV

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Androidシステムを搭載した4Kテレビです。多数の動画ストリーミングサービスに対応しているので、好みのコンテンツをカスタマイズできます。VODサービスへ直接アクセスできるボタン搭載のリモコンには、Googleアシスタントも搭載しており音声での映像検索も可能です。

また、スマホの映像を映し出せるクロームキャスト機能も搭載しています。ディスプレイには直下型LEDバックライトを搭載。高精細で美しい映像を表現します。マイクロディミング技術が明暗をくっきりと分けられるので、よりリアルな映像再現を実現しています。低価格で購入できる点も大きな魅力なので、価格重視の方におすすめです。

TCL 40S515 テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

Androidシステムを搭載しているにもかかわらず、リーズナブルな価格であることがコスパの良いテレビという口コミが多いテレビです。わざわざスマホアプリを立ち上げてテレビに接続することなく、リモコン操作のみですぐに動画を見られるのは大きな魅力です。


デメリットとしては、購入後の不具合が多く見られることやリモコンが使いづらいなどの声もありましたが、価格を考えると画質が良く、満足度の高いテレビという意見が多かったのも特徴的です。

 

以上のことから、コスパの良いテレビが欲しい、またはネット動画をよく見る人にこちらのテレビをおすすめします。