三菱 LCD-A50RA2000 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥136,800
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) LCD-A50RA2000 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) LCD-A50RA2000 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/12/07 更新

ランク王編集部

ブルーレイレコーダー内蔵!1台4役の4K録画テレビ

4Kチューナ内蔵でBS/110度CSによる4K放送がすぐに見られる液晶テレビです。最大の特徴はブルーレイレコーダーを内蔵した録画一体型であること。ハードディスク(2TB)とUltraHDブルーレイ再生に対応しているので、これ1台で4K放送の録画・再生・ダビングがすべて楽しめます。余計な機器や複雑な配線が必要ないので、テレビ周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

また、インターネットに接続するとネット動画を視聴したり、別部屋のパソコンやテレビで録画していたものを再生したりできます。もちろん画質・音質にもこだわっており、美しい映像とクリアな音も魅力の1つです。

LCD-A50RA2000の基本スペック

HDR  対応 画面サイズ【V型(インチ)】 50 V型(インチ)
年間消費電力量【kWh】 134 kWh 画素数(縦) 3840x2160
HDMI端子数 3端子ARC対応 種類 液晶テレビ
パネル性能 4K 1V型(インチ)あたりの価格【円】 3319 円
BS 4K 110度CS 4K
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル BS 4K数 2
110度CS 4K数 2 地上デジタル数 3
BSデジタル数 3 110度CSデジタル数 3
録画機能 内蔵ブルーレイ内蔵HDD(2TB)外付けHDD 再生機能 ブルーレイDVD
自動録画機能  早見再生【倍速】 1.3 倍速
YouTube TSUTAYA TV
有線LAN 無線LAN
Bluetooth ホームネットワーク機能
USB端子 1(外付けHDD用)1(USB機器用) 光デジタル音声出力端子 1
LAN端子 1 ヘッドホン出力端子
消費電力【W】 145 W 待機時消費電力【W】 0.2 W
カードスロット SD/SDHC/SDXC ゲームモード
重量 【kg】 26.4 kg 年間電気代【円】 3618 円
映像処理エンジン DIAMOND ENGINE 4K 視聴距離(目安) 0.9 m
スピーカー数 ツイーター/左右各1個ウーハー/左右各1個

LCD-A50RA2000のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

三菱電機 LCD-A50RA2000の基本スペック

三菱

LCD-A50RA2000

価格:136,800円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

  

メーカー 三菱電機 商品名 50V型 液晶テレビ REAL LCD-A50RA2000
画面サイズ 50インチ 画素数 3840x2160
画質 4K 録画機能 内蔵HDD、外付けHDD
サイズ 1128x790x334 mm 重量 26.4kg
機能 Bluetooth通信、ホームネットワーク機能 省エネ性能 ★★★★★

三菱電機 LCD-A50RA2000のおすすめポイント

外付けの手間なし!大容量2TBのハードディスクを内蔵

録画一体型液晶テレビなので、録画、再生、ダビングなどがこれ1台で完結します。大容量の2TBのハードディスク内蔵で、4K放送なら最大約126時間、ハイビジョン放送なら最大約2160時間録画することが可能。連続ドラマや特番を撮り溜めしておきたい忙しい方にもおすすめです。

美しく鮮やかな映像を可能にする「DIAMOND ENGINE 4K」

「DIAMOND ENGINE 4K」は、映像信号を独自のアルゴリズムで超解像処理し、高画質にアップコンバートする高性能エンジンです。地デジや4K放送だけでなくブルーレイディスクの映像も高精細で美しいものに再現するので、録画した映像も高画質で楽しめます。

Bluetooth通信やSDカードにも対応し、楽しみ方の幅が広がる!

便利機能が充実しているのもLCD-A50RA2000の特徴。Bluetooth通信に対応しているのでスマホで聞いている音楽をテレビで再生して高音質を楽しんだり、音の気になる夜はヘッドホンでテレビの音を再生して映画鑑賞を楽しんだりすることも可能です。また、SDカードスロットを搭載しているので、撮影した写真や動画をテレビの大画面で楽しむこともできます。

三菱電機 LCD-A50RA2000の悪い点をレビュー

「おこのみ予約」の容量が少ない

登録したジャンルや出演者を元に、自動で検索して録画してくれる「おこのみ予約」。毎回番組表をチェックする手間がなく便利ですが、4K放送は録画できない点や5番組までしか予約できない点については不便だと感じる方が多いようです。

リモコンの反応が遅い

リモコンの反応速度が遅いという口コミも数件見受けられました。人によって感じ方はさまざまだと思いますが、速い反応を求める方にとってはストレスの原因にもなりかねません。リモコンの感度の良さを求めるのであれば、一度実店舗で確認してみることをおすすめします。

動画配信サービスの種類が少ない

LCD-A50RA2000が対応している動画配信サービスは、YouTube、AmebaTV、TSUTAYA TV

の3種類です。確かに他機種に比べると少ないほうなので、普段から視聴の中心がネット動画という人にとっては物足りないかもしれませんね。

実際の口コミ

キーワードを設定すれば「おこのみ予約」してくれますが、5つまでしか登録できずちょっと物足りません。  また、4Kで録画予約しているのに、BSでも(おこのみ)録画しようするなど無駄な録画が気になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

リモコンが以前のMDR3のより感度が悪い

出典:https://www.amazon.co.jp

 

ネットサービス接続は限定的ですが、YouTubeさえつなげられれば十分です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

三菱電機 LCD-A50RA2000の良い点をレビュー

活躍の幅が広く1台で何役もこなせる

録画一体型でBluetooth送受信にも対応しているため、テレビ視聴だけでなく録画や再生、スマホからの録画予約などが1台で済みます。大容量2TBのハードディスク内蔵により、外付けハードディスクを別途購入をしなくても良いので総合的に見るとコスパの良いテレビという印象を持っている方も多いようです。

誤って録画を削除してもゴミ箱にいったん保存されるので安心

使い慣れない時やリモコン操作が苦手な方に多いのが、操作ミスによる意図しない消去です。LCD-A50RA2000は消去した番組が一旦ゴミ箱に保存される仕様となっているため、まだ見ていない録画番組を誤って消去し見ることができなくなるという事態を防ぐことができます。

オートターン機能が便利

高画質や高音質に対する高評価はもちろんですが、意外と多かった口コミがオートターン機能が便利というものでした。リモコン操作でテレビを好きな角度に調節できるため、その時によって見る位置が違う方におすすめです。いつでもベストポジションで視聴可能な三菱の人気機能です。

実際の口コミ

スマホで録画予約とストリーミング再生(通信速度が一定以上必要)可能なのは良いです。

出典:https://review.kakaku.com

  

録画番組を削除してもいったん「ごみ箱」に保管されるので安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

とにかくこれ1台で見る、録る、残す。全てができます。 我が家は3台目も迷わずこれに決めました。 今度のリアルは、音が良くなり、4Kで見られる。スマホからも録画したものが見られる。 などなどパワーアップしたリアルに大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

 

映像美しく、音もリアルで満足です。 我が家は買い替えの度に三菱です。 リビングとダイニングの間にTVを置き、見る場所によりターンテーブル機能で変えられるからです。

出典:https://product.rakuten.co.jp

LCD-A50RA2000とLCD-A58RA2000の違い

三菱

LCD-A58RA2000

価格:188,800円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A50RA2000とA58RA2000は同シリーズのサイズ違いです。同じRA2000シリーズのため、画質や音質、機能などは共通しています。大きな違いは画面サイズと消費電力、そして価格です。

 

A58RA2000は58インチなので、10畳以上の広めのリビングに設置する予定の方や、大画面の迫力を味わいながらホームシアターとして楽しみたい方におすすめです。一方、50インチのA50RA2000は、広めのワンルームや8畳程度のリビングに最適です。

 

また、サイズが大きいため当然価格と消費電力はA58RA2000の方が高くなります。商品選びの際は設置する部屋の大きさで選ぶのが適当ですが、コストを抑えたいのであればA50RA2000を選ぶと良いでしょう。

LCD-A50RA2000とLCD-A50RA1000の違い

三菱

LCD-A50RA1000

価格:169,000円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天(中古)で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

  

RA1000はRA2000の旧モデルであり、サイズや画素数、ブルーレイディスクレコーダーを搭載している点、Bluetooth通信対応である点などは共通しています。

 

一方、RA1000には録画した4K放送を4K画質のままBDダビングする機能や、スマホやタブレットで外出先から視聴する機能が搭載されていません。また、SDカードスロットがないので、自分で撮影した写真や動画を大画面で見たいという方にはRA2000がおすすめです。RA2000では音質の向上を図っている点も特徴と言えます。

 

ただし、RA1000は旧モデルなので価格面ではRA2000より安く、消費電力も低いというメリットもあります。ですので、機能性を重視するならRA2000、コストを重視するならRA1000を選ぶと良いでしょう。

三菱

LCD-A50RA2000

価格:136,800円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱電機 LCD-A50RA2000について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

LCD-A50RA2000の概要は以下になります。

 

  • ブルーレイディスクレコーダーを内蔵し、見る、撮る、残す、聴くをこれ1台で楽しめる。
  • Bluetooth通信機能やオートターン機能など、便利な機能が充実している。
  • 動画配信サービスも利用できるが、種類はそれほど多くない。
  • 「DIAMOND ENGINE 4K」や「DIATONEスピーカー」搭載により、高画質高音質を実現。

 

以上のことから、

 

  • リアルタイムでテレビを視聴するだけでなく、録画して時間のあるときにまとめて観ることが多い人
  • スマホやタブレットとの連携、インターネット機能などを重視する人
  • 便利機能を駆使してより快適にテレビを活用したい人
  • いつでもベストポジションで視聴したい

 

そういった方にはLCD-A50RA2000が大変おすすめです。