東芝 43M540Xの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥153,090
東芝 43M540X テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、東芝 43M540X テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/08/05 更新

ランク王編集部

大勢でのゲームに!チューナーなしで4Kが楽しめる液晶テレビ

こちらは43V型のBS/CS 4Kチューナー内蔵の液晶テレビです。チューナーなしで4K新衛星放送の視聴が可能なモデルになっています。より緻密に映像を再現する映像エンジン「レグザ エンジン Evolution」とサウンド技術を搭載し、さらに美しい画質と音質を実現しています。

HDR10、ARCにも対応しており、外付けHDDでより音質にこだわることもできます。地上、BS/CSは3チューナー搭載しているため、地デジ、BS/CSすべてで2番組を裏番組録画することが可能。ゲームモードももちろん搭載しており、大型なので家族や友人と楽しめるゲーム用テレビとしておすすめします。

編集部おすすめの記事

43M540Xの基本スペック

種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
43 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
HDR方式 
HDR10HLG
映像処理エンジン
レグザエンジン Cloud
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
1V型(インチ)あたりの価格
¥1,507
BS 4K
110度CS 4K
地上デジタル
BSデジタル
110度CSデジタル
BS 4K数
2
110度CS 4K数
2
地上デジタル数
3
BSデジタル数
3
110度CSデジタル数
3
録画機能
外付けHDD
自動録画機能 
早見再生【倍速】
1.5 倍速
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
DAZN
dTV
ひかりTV
ひかりTV4K
TSUTAYA TV
Hulu
U-NEXT
Paravi
Rakuten TV
Chips!TV
有線LAN
無線LAN
ホームネットワーク機能
レグザリンク
DTCP-IP 
SeeQVault対応 
HDMI端子
4端子ARC対応
USB端子
2(録画専用1/汎用1)
光デジタル音声出力端子
1
LAN端子
1
ヘッドホン出力端子
視聴距離(目安)【m】
0.8 m
消費電力【W】
116 W
待機時消費電力【W】
0.4 W
スマートスピーカー連携
Google アシスタントAmazon AlexaLINE Clova
音声実用最大出力【W】
20 W
スピーカー数
2個
ゲームモード
ALLM
幅x高さx奥行 【mm】
959x597x168 mm
重量 【kg】
10 kg
多段階評価 
★★★★
省エネ基準達成率 
209%(2012年度)
省エネ性マーク(緑) 
年間消費電力量【kWh】
81 kWh
年間電気代【円】
2187 円

43M540Xの通販サイト比較

楽天 ¥153,090

在庫 : ○

楽天で詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

【ゲームモード】ゲーム用テレビおすすめ18選|低遅延で応答速度が速い機種は?のサムネイル画像

【ゲームモード】ゲーム用テレビおすすめ18選|低遅延で応答速度が速い機種は?

2022/08/08

【2022】43インチテレビの人気ランキング|43型テレビとの違い・サイズ感は?【4K・有機EL】のサムネイル画像

【2022】43インチテレビの人気ランキング|43型テレビとの違い・サイズ感は?【4K・有機EL】

2022/08/05

【2022最新】40インチテレビおすすめ13選|安いモデルから4Kまで!ゲームにも!のサムネイル画像

【2022最新】40インチテレビおすすめ13選|安いモデルから4Kまで!ゲームにも!

2022/08/05

【2022最新】東芝液晶テレビのレグザ(REGZA)おすすめ10選|特徴・シリーズ・評価のサムネイル画像

【2022最新】東芝液晶テレビのレグザ(REGZA)おすすめ10選|特徴・シリーズ・評価

2022/08/05

【2022最新】コスパ最強!格安テレビのおすすめ19選|1万円台の安いテレビものサムネイル画像

【2022最新】コスパ最強!格安テレビのおすすめ19選|1万円台の安いテレビも

2022/08/04

【2022最新】4Kチューナー内蔵テレビのおすすめ20選|ダブルチューナーとは?メーカー比較ものサムネイル画像

【2022最新】4Kチューナー内蔵テレビのおすすめ20選|ダブルチューナーとは?メーカー比較も

2022/08/04

【最新版】8万円未満の30以上50インチ未満のテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】8万円未満の30以上50インチ未満のテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/08/04

【2022年最新】4Kテレビのおすすめ32選|サイズ別に人気モデルを紹介のサムネイル画像

【2022年最新】4Kテレビのおすすめ32選|サイズ別に人気モデルを紹介

2022/05/10

【2022年|家電芸人おすすめテレビも!】液晶テレビおすすめランキング38選のサムネイル画像

【2022年|家電芸人おすすめテレビも!】液晶テレビおすすめランキング38選

2022/04/28

【迷う】テレビのサイズの決め方!テレビの大きさの平均は?おすすめ14選ものサムネイル画像

【迷う】テレビのサイズの決め方!テレビの大きさの平均は?おすすめ14選も

2022/04/15

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】のサムネイル画像

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】

2022/04/05

【最新版】40インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスの4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスの4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスのテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスのテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】40インチクラスのフ4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスのフ4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】4K液晶レグザ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】4K液晶レグザ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【徹底解説】4Kテレビとは|ハイビジョンテレビとの違いは?おすすめ11選ものサムネイル画像

【徹底解説】4Kテレビとは|ハイビジョンテレビとの違いは?おすすめ11選も

2022/04/04

【壊れやすいメーカーってある?】テレビの人気メーカー12社の特徴一覧!気になる口コミも紹介!のサムネイル画像

【壊れやすいメーカーってある?】テレビの人気メーカー12社の特徴一覧!気になる口コミも紹介!

2022/04/04

【2022】コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ15選|単身者の相場・予算ものサムネイル画像

【2022】コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ15選|単身者の相場・予算も

2022/04/04

【2022最新】スマートテレビとは?|おすすめランキング・アンドロイドテレビのデメリットものサムネイル画像

【2022最新】スマートテレビとは?|おすすめランキング・アンドロイドテレビのデメリットも

2022/04/04

【2022最新】東芝のテレビ「REGZA」おすすめ12選|選び方や故障時の対処法ものサムネイル画像

【2022最新】東芝のテレビ「REGZA」おすすめ12選|選び方や故障時の対処法も

2022/04/04

【最新版】32〜43インチテレビ"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】32〜43インチテレビ"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】4K液晶テレビ(49インチ以下) "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】4K液晶テレビ(49インチ以下) "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/09

東芝(TOSHIBA)

東芝 43M540X テレビ

価格:72,700円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
東芝
商品名
REGZA 43M540X
画面サイズ
43V型
画素数
3840×2160
画質
4K
録画機能
外付けハードディスク録画
寸法/サイズ
959×572×72mm
重量
10kg
省エネ性能
★★★★

43M540Xにはさまざまな高画質技術が採用されています。4K放送・地デジ映像の高精細化や、ノイズをクリアにしてより美しく再現する「4K/地デジビューティ」がその例です。また、ネット上のさまざまな画質の動画に高画質処理を実施してくれる「ネット動画ビューティ」もあります。

「レグザエンジンCloud」とは、クラウドと連携して画質を向上させるクラウドAI高画質テクノロジーのことです。アニメ・ドラマ・スポーツなど詳細なジャンルと画質特性をクラウド上から取得して、コンテンツに適したさまざまな高画質処理を行います。これにより、リアルで高精細な映像を楽しめるのです。

上記以外にも、43M540Xには便利な機能が多く搭載されています。「おまかせAIピクチャー」は視聴環境の明るさや色温度をセンサーで検知して、最適な画質へ自動調節します。また、好きな芸能人やジャンルのテレビ番組・ネット動画・CMなどのコンテンツをみつけてくれる「みるコレ」も便利です。そのほかにも、多様な再生機能・録画機能・スマートスピーカー連携機能があります。

角度をつけて斜めから見ると、画面が白っぽく見えてしまうことがあるようです。43M540XはVAパネルを採用しているため、視野角の狭い特性上どうしても色が浅く見えてしまいます。設定から「ワイドビューアングル」をオンにすることで、横から見た際の白っぽさが軽減される可能性もあるため、気になる方はぜひ試してください。

インターネットに繋ぐことで動画配信サービスを利用できます。しかし、口コミの中には「立ち上がりが遅い」「再生が止まる」というものも見られました。まれに、動画再生中にフリーズしてしまい、電源ボタンやほかのボタンが反応しなくなることがあります。定期的にソフトウェアの更新を行ったうえで、フリーズした場合は説明書に従ってテレビをリセットしてください。

43M540Xの口コミの中には、「番組表が使いづらい」という口コミがわずかですがありました。番組表から録画予約ができたり、過去8日分の番組表が見られたりと便利な点が多いです。しかし、番組表からは予約しかできず、一度閉じないとチャンネルを変えられません。また、番組表を最新のものにしておくためには2時間以上電源をオフまたは待機にする必要があります。

横から見ると白っぽい あまりにも白っぽいので、画面表面に傷つき防止の為のシールがついてるかと思った。 ネットに接続してるからか?電源ボタン押してもテレビがつくまで時間がかかるので 何回も押してしまう。

出典: https://www.yodobashi.com

同じ距離でテレビの端(仮に左端)側から見た場合、 対角(右側)の色合いは違和感どころではないほど変わる。 特に人の顔の場合、正気が感じられないゾンビのような色合いになる。

出典: https://www.amazon.co.jp

リモコンの反応が良くはない。テレビに向けないとだめ。発信器の角度が悪いからですね。せっかく2つ付いてるのに。 あと番組欄を終了させないと、チャンネル変えれないなんて、東芝だけでは、、、、、 番組欄の番組内容見るのも手間。

出典: https://review.kakaku.com

youtubeを見た時にフリーズしまい、電源ボタン含め何の操作も効かない状態になりました。 画面に出た指示通り(電源ボタンを4秒間押して強制OFF)では復旧せず、コンセントを抜いて数分放置しないとエラーはクリアされませんでした。

出典: https://paypaymall.yahoo.co.jp

ほかの大手メーカーから販売されている4K対応43V型テレビの中では「コスパがいい」という口コミがありました。動画配信サービス・2番組録画機能・その他さまざまな便利機能が搭載されているにもかかわらず、10万円以下で購入可能な点が好評のようです。

口コミの中でも多く目にしたのが「録画機能が使いやすい・便利」という録画機能に対する高評価です。43M540Xには「みるコレ」で設定したテーマや視聴傾向から、自動録画してくれるおまかせ録画機能に加えて、録画したものの番組表を自動生成してくれる機能があります。特に、番組視聴時でも別の番組を録画しておける2チューナー録画機能が好評です。

43M540Xにはゲームモードが搭載されており、購入の決め手にしたという口コミも見られました。HDMI・ビデオ入力のときに映像メニューからゲームモードを選択できます。レスポンスを重視したゲームに適した画質設定になり、さらにコンテンツモードからオート・HDゲーム・ポータブルゲーム・SDゲームと細かく設定が可能です。

テレビを視聴しながら同時に裏番組を2番組録画できます。この機能はなかなかない機能だと思います。他メーカーではだいたい視聴しながら1番組しか録画できないと思います。また録画した番組を再生するのにも手間がかからず簡単に再生できるし、cmもスキップできます。他にも安価な海外メーカーありますが、東芝は間違いなくコスパも良い商品だと思っています。

出典: https://shopping.yahoo.co.jp

ゲームをやるので映像遅延の少ないゲームモードを売りにしてる事、あと倍速モードは無いのですが、映画やドラマを観る事が多いので、倍速が無くても支障が無い(逆に邪魔です)この機種にしました。HDRに対応してるので、PS4の映像が劇的に綺麗になりました。あと、50型の迫力が凄いです。ネットフリックスやYouTubeが、ボタン一発でアクセス出来るのは便利です。

出典: https://www.yodobashi.com

ベーシックなモデルなのにこれだけ綺麗に映れば十分すぎるくらいでしょう。 dボタンやNetflixなどの表示が非常に早い(BRAVIAが遅すぎる?)ので気持ちがいいです。dボタン、Netflix内での操作も快速(PS4Proの数倍の速さ)。これでベーシックモデルなんですから驚きです。

出典: https://www.amazon.co.jp

録画中も2画面表示ができるようになっています。 YouTubeだけでなく他の複数の動画にも対応が拡充しており、リモコンに専用ボタンも搭載されています。PCとスマホのみで利用していた、アマゾンのプライムビデオを観る機会が増えました(^^)

出典: https://www.yodobashi.com

東芝(TOSHIBA)

東芝 REGZA 43C340X テレビ

価格:65,534円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

43C340Xは43M540Xと同じく、東芝から発売された43V型のテレビです。43M540Xとはほぼ同じ機能が搭載されています。大きく違うのは「レグザエンジンCloudが搭載されていない」「BS4K・110度CS4Kのチューナー数が少ない」という点です。

 

43C340Xには4K対応チューナーが1つしかずつしかないため、番組を視聴しながらの録画はできません。また、レグザエンジンGが搭載されており、クラウドAIの処理には若干劣るものの大きな差はないでしょう。43M540Xと比べて価格が安いので、予算を抑えたいという方にはおすすめです。

東芝

東芝 REGZA 50Z740X テレビ

価格:127,980円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

50Z740Xは43M540Xの上位モデルとなっており、シリーズでは50V型が一番小さいサイズです。画面のサイズ以外にもレグザエンジンCloudがPROになっていたり、LEDバックライトが全面直下型になっていたりと、まさに43M540Xの進化版と言えます。

 

43M540Xにはなかった倍速機能が搭載されています。また、リモコンからの音声操作も可能です。ゲームモードもより高画質・高レスポンスで楽しめます。特に、見逃したり録画し忘れたりした番組も視聴可能な「タイムシフトマシン機能」が好評です。しかし、上位モデルなだけあって価格は10万円を超えるので、予算と相談しながら検討してください。

東芝(TOSHIBA)

東芝 43M540X テレビ

価格:72,700円 (税込)
\ご愛顧感謝デー開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝 43M540X テレビについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

43M540Xは他メーカーの同等機種に比べて、コストパフォーマンスに優れたテレビと言えます。視聴しながら別の番組を録画できる機能に加えて、みるコレ・動画配信サービスといったスペックも充実しています。また、多様な画質設定をシーンやジャンルに合わせて選ぶことも可能です。しかし、横から見た際の画面の違和感が気になるという方にはあまりおすすめできません。

 

以上のことから43M540Xは

 

  • コスパを重視したい
  • ネット動画を楽しみたい
  • 2番組録画機能がほしい

 

という方におすすめです。