京セラ TORQUE G02 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.6
最安値:¥18,589
京セラ TORQUE G02 スマートフォン の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、京セラ TORQUE G02 スマートフォン がどんな人におすすめなのかを評価しました。

TORQUE G02のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

京セラ TORQUE G02 の商品情報

京セラ TORQUE G02 の基本スペック

au TORQUE トルク G02 KYV35 ブラック BLACK 白ロム

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー京セラ株式会社商品名TORQUE G02
キャリアau発売時期2015/07/16
RAM2GBROM(ストレージ容量)16GB
CPUMSM8928(1.4GHz)CPUコア数4
画面サイズ4.7 インチ解像度1280x720
バッテリー容量2910 mAh前面カメラ画素数約500万画素CMOS
背面カメラ画素数約1,300万画素CMOSサイズ約72×147×14.2mm(最厚部17mm)
重量約203gその他機能Wi-Fi対応、Bluetooth対応、防水、防塵、耐衝撃

京セラ TORQUE G02のおすすめポイント

水、汚れ、衝撃などに備えた最強ボディ

TORQUE G02は、一般的な防水・防塵・耐衝撃に加え防音、温度耐久、低圧対応、耐氷結などあらゆる状況下にも対応できる構造になっています。

 

更にスマートフォンが弱いと言われる海水に関しても、水深1.5mに約30分間沈める京セラ独自の耐久試験を行っており最強ボディと言える商品です。

約1,300万画素の高画質カメラ

TORQUE G02の魅力の1つは、背面カメラ画素数が約1,300万画素という高画質のカメラを搭載している所です。 水に入ると自動切り替えを行う水中モードなども付いており、海水にも対応しているので海の中での撮影を楽しむ事も出来ます。

京セラ独自技術のSMART SONIC RECEIVER

相手の声を聴く為の受話口が付いている一般的なスマートフォンと違い、TORQUE G02はディスプレイを振動させ音を伝えるSMART RECEIVERという独自技術を採用しています。

 

これにより、騒がしい場所でも耳の位置を気にする事なく相手の声をナチュラルに聞く事が可能になりました。

京セラ TORQUE G02の徹底レビュー(評価・口コミ)

京セラ TORQUE G02の悪い点をレビュー

サイズ感が大きい

スマートフォンとしては約203gと重量感がある事から、長時間片手で操作や通話をしていると疲れる人が多いようです。また、14.2mmという厚さも持ち辛さを感じる要因になっています。 ですが、元々アウトドア向けに作られた商品なので携帯性を求めて購入する人は少ないようです。

バッテリーの持ちが悪い

電池の減りが早い事やバッテリーの持ちが悪く毎日充電しているという声が多くありました。バッテリー容量は2910mAhあり、割と多めの容量ですが動画やゲームなどを利用するとWiFiに接続しても減るスピードは早いようです。

レスポンスが悪い

最新機種と比べるとスペックが低い事もあり重くなる、フリーズする、熱を持つなどの口コミが多く見られます。 中には言われているほど酷くないという口コミもあり、全ての商品が悪いと言う訳ではなさそうですが、頻繁にスマートフォンを利用する方には向いていないかもしれません。

京セラ TORQUE G02の良い点をレビュー

他と一線を画すデザイン性

ブラック、ブルー、レッド、グリーンのカラーバリエーションに加え天気やコンパス、潮流、気圧/高度などを表示できるウィジェットを搭載したTORQUE G02。ごつくてカッコイイ、武骨で好きという声がありました。 ですが特徴的な見た目から敬遠する方もいるようで、万人受けするデザインでは無いようです。

アウトドアシーンに重宝するOutdoor Portal

TORQUE G02には波情報、GPS地図、歩数計などアウトドアに必要な情報のポータルアプリがインストールされていて、中にはTORQUE G02ユーザー限定アプリがありアウトドアを楽しむ人に重宝されているようです。 また、海中でも使える安心感は非常に心強いという声もありました。

抜群の耐久性ゆえの安心感

TORQUE G02の魅力である耐久性の強さはネットなどでも試験風景が公開されていますが、実際にボルダリングや山登りをした方でも耐水性を含め過酷な環境で故障しなかったとの声がありました。 他にも、多少乱暴に扱っても壊れないという安心感を挙げる方が多かったです。

京セラ TORQUE G02の口コミを集めました

【携帯性】 これを買う人にとって携帯性は二の次だと思う ギリギリ普通に持って歩けるレベルなのは○

出典:https://kakaku.com

やはりTORQUE G02はアウトドア向けの商品ですので、携帯性まで期待する万能タイプではないです。求めるべき機能とそうでない機能を割り切る必要がありそうです。

【通話音質】通話の音質は良いです。しかし、ある時から突然、通話しようとすると「向こうの声は聞こえるけれど、こちらの音声が向こうに届かない、スピーカーモードでしか通話が成り立たない」という、状態になりました。修理に出したところ基盤がおかしいとのこと。新しい個体に交換してもらいましたが、全く同じ症状が半年経たずに現れました。

出典:https://kakaku.com

他の京セラのスマートフォンに比べ、通話の不具合に関する口コミが多く見られます。TORQUE G02はマイクパーツが端末の真下にあるそうなので、水やホコリが入り基盤に支障をきたす事があるのかも知れません。

【デザイン】 前面ボタンと側面ボタンは本体より出っ張っているのも致命的に×。ポケットの中で勝手に画面点いてポチポチなってる。ポケットの中で画面のタッチが生きてるみたいで、どんどんアプリは開くは、勝手に発信するはで、凄く迷惑。結果的にバッテリー消費も激しくなりますよね。

出典:https://kakaku.com

確かに多くのスマートフォンは全面・側面どちらも出っ張っておらず、ポケットやカバンに入れておいても勝手に押してしまう事は少ないです。しかしTORQUE G02は、アウトドアなどでグローブを付けたままでも操作できるように作られているので、押しやすいように多少出っ張ったボタンになっています。

【レスポンス】 概ねスムースなレスポンスですが、メニューのフリック等でカクつくときはしばしばあります。客観的に見て「最高」ではないです。ただ、スペック等を確認済みですのである程度は覚悟する必要があると思います。あとは将来性への疑問くらいでしょうか?さらなる機能向上を目指すなら定期的な機種変が必要になると思います。

出典:https://kakaku.com

TORQUE G02の商品について大きく意見が分かれるのがレスポンスです。悪いという口コミの方が多いですが、こちらの口コミのようにスペックや価格を見て割り切るというのも必要かも知れません。

【呼出音・音楽】 もう少し細かく調整できて欲しいのと、スピーカーが背面にあるので不便。さらに、マナーモードでゲームアプリを起動して無音で遊んでいるところに電話があると、なぜかゲームの音がし始めて通話の妨げになるという、意味不明な症状がでました。(交換前のも交換後のも)

出典:https://kakaku.com

音質に関しては評価が高かったですが、スピーカーの位置は音楽やゲームを楽しむ人には重要なポイントになるので不便という声が見受けられます。口コミの症状に関しては謎ですが、何かと不具合が起こるのは事実のようです。

オーストラリアのケアンズでシュノーケルをしながら海中撮影をしました。使い易く楽しさ倍増です。

出典:https://kakaku.com

TORQUE G02が誇る世界初となる耐海水性能を持つからこそ成せる業です。水の中で変わる色やゆがみを最適化してくれる水中モードがあり、口コミのように使い易いのが魅力です。

中古価格は3.000円下がり5.000円で購入出来るので オフラインで使用しない人達には頑丈で手袋問わずにスクリーンタッチ出来るので良いかもです

出典:https://kakaku.com

新品でも2万円前後と十分に安い価格ですが、中古だと5000円以下で買えるのでアウトドア好きの方でスマートフォンを探している場合は、1度この最強ボディを試してみる価値はあると思います。

【デザイン】ごつい感じがカッコよくて好きです。【携帯性】あまり無いけどこのスマホにそれを求めてはいけないと思います。【レスポンス】皆さんが言うほどひどくないですね。使いやすいです。 【画面表示】明るくて見やすいです。【バッテリー】凄く持ちますビックリしました。【カメラ】そこそこですね。【総評】アウトドアで使用する方には凄くおすすめです。

出典:https://kakaku.com

TORQUE G02の口コミを総合的に見ると、悪いと感じる意見の方が多かったです。もちろん感じ方は人それぞれですし、用途によって意見が分かれるのは当たり前ですが、こちらの口コミのように良いと感じる方がいるのも事実です。

京セラ TORQUE G02の関連商品と比較する

京セラ TORQUE G02とTORQUE G03 の違い

京セラ

au KYV41 SRA TORQUE G03 RED レッド KYOCERA  SIMロック解除済み

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TORQE G02の発売から2年後の2017年6月に発売されたモデルがTORQUE G03です。見た目、サイズ、重量はほぼ変わらずカメラの画素数も同じです。

 

画面解像度やバッテリー容量も変わりませんが、CPU性能は4コアで1.4GHzのTORQUE G02から8コアで2.0GHzに変わり高スペックになりました。これによりフリーズする事なくサクサク動くようになっています。

 

また、メモリーやストレージ容量も増えており動画や写真などもたくさん保存できるようになりました。本体の頑丈さや耐水機能などより高スペックを求める方にはおすすめの商品です。

 

京セラ TORQUE G02とTORQUE G01 の違い

au

TORQUE G01 au レッド

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TORQUE G02が発売される1年前の2014年7月に発売されたモデルがTORQUE G01です。サイズは68×136×15.4mmでTORQUE G02やTORQUE G03に比べコンパクトに作られており、重量も182gと軽く片手で操作をしていても疲れにくいです。

 

CPU性能や画面サイズ、メモリ容量などに大きな差はありませんがTORQUE G02と大きく違うのはカメラの画素数です。メインカメラが1300万画素のTORQUE G02に比べTORQUE G01は800万画素と低く、リアカメラでも焼く500万画素の差があります。

 

本体サイズがコンパクトの方が良いという方でなければ、スペックに大きな違いが無いので頑丈で安心して使えるTORQUE G02をおすすめします。

京セラ TORQUE G02とTORQUE SKT01 の違い

京セラ(Kyocera)

京セラ 高耐久性スマートフォン TORQUE NTTドコモ SIMフリー 米国国防総省軍事規格対応 SKT-01

価格:37,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TORQUE G02より1年前の2014年3月に発売されたモデルがTORQUE SKT01です。サイズは69×129×13.7mmで重量は169gとTORQUEシリーズで最もコンパクトな商品です。

 

TORQUE G02と比較すると画面サイズ、バッテリー容量、CPU性能、メモリ・ストレージ容量、カメラの画素数などいずれもTORQUE SKT01が劣っています。基本的には法人向けの商品で過酷な仕事場などで使う事を想定しているのでスペックは低くなっています。

 

頑丈を売りにしている商品でしたが、TORQUE G02は更に頑丈に作られているので携帯性を重視する方でなければTORQUE G02をおすすめします。

京セラ TORQUE G02の総合評価

au TORQUE トルク G02 KYV35 ブラック BLACK 白ロム

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

京セラ TORQUE G02 スマートフォンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

TORQUE G02は世界初となる海の中でも使用可能な耐海水性能を備えており、防塵・耐衝撃・耐日射などあらゆる耐久性を持ち合わせた最強のタフマンスマートフォンです。

 

またアウトドア向けの商品なので、京セラ独自の技術であるSMART SONIC RECEIVERを駆使し騒がしい環境下でもディスプレイを振動させる事で音を伝え、相手の声が聞き取れるようになっています。

 

他にもサーフィンや釣り、山登りなどに役立つポータルアプリが最初からインストールされており、アウトドアを楽しむ方には最適な商品です。

 

一般的なスマートフォンと比べるとスペックが低く万人受けはしませんが、頑丈さを求めるなら申し分ないスマートフォンになっています。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品