ZTE M Z-01K 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.3
最安値:¥31,800
ZTE M Z-01K 携帯電話の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ZTE M Z-01K 携帯電話がどんな人におすすめなのかを評価しました。te

M Z-01Kのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ZTE M Z-01Kの商品概要

ZTE M Z-01Kの基本スペック

ZTE

【国内正規品】M Z-01K 5.2インチ×2画面スマホ Black 黒 Android SIMフリー mz-01k 本体 docomo ZTE

価格:38,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーZTE Corporation商品名M Z-01K
キャリアdocomo発売時期2018/02/09
RAM4GBROM(ストレージ容量)64GB
CPUSnapdragon 821 MSM8996SGCPUコア数クアッドコア
画面サイズ5.2 インチ解像度1920x1080
バッテリー容量2930 mAh前面カメラ画素数2030万画素
背面カメラ画素数裏面照射積層型サイズ72x151x12.1 mm
重量226gその他機能GPS機能、ハイレゾ、指紋認証

ZTE M Z-01Kのおすすめポイント

ディスプレイが二つ

ZTE Corporation M Z-01Kは、なんとモニターが二画面あります。しかも二画面をつなげて大画面として見ることもできます。

 

さらに、片方ずつ違う作業をすることもできるし、片方をキーボードに、もう片方を作業画面にしてタブレットのように使うこともできます。とても便利で面白いです。人とは違った機種を選びたい方におすすめです。

指紋認証機能

本体横のセンサーが指紋を認証し、ロック画面の解除、dアカウントのログインをすることができます。勝手にほかのだれかにパスワードなどを見られる心配がなく、万全のセキュリティと言えます。

音を楽しむ携帯電話

オーディオチップAK4962が搭載されているので、ハイクオリティな音で音楽を聴くことができます。小さな携帯電話でノイズを抑えた迫力のある立体的なサウンドを楽しむことができます。

ZTE M Z-01Kの徹底レビュー(評価・口コミ)

ZTE M Z-01Kの悪い点をレビュー

おサイフケータイ機能がない

普段から、携帯電話をお財布の代わりに使っている方にとっては、おサイフケータイ機能がないととても不便になりますよね。

おサイフケータイ機能がないので、お財布と携帯電話を持ち歩かなくていけません。

おサイフケータイ機能を愛用している方にはおすすめできません。

折りたたむと両方が画面

携帯ゲーム機のように画面を折りたたむ時、画面が内側になればいいのですが、M Z-01Kは画面が両方とも外側に来ます。なので、落とした時や、カバンの中のものとぶつからないか心配になります。

 

絶対に落とさないし、絶対に他のものと一緒に入れないという方にしかおすすめできません。

防水・防塵機能なし

携帯電話には当たり前についていると思って油断する人も多いのではないでしょうか。M Z-01Kは防水・防塵機能が付いていません。

 

なので、濡れた手で触ったり、雨の日に傘もささずに携帯電話をチェックすると壊れてしまう可能性があります。防水・防塵機能にに慣れてしまった方には不便です。

ZTE M Z-01Kの良い点をレビュー

立てて使うことができる

画面が二つあるので、くの字に曲げて、スタンドスタイルにして使うことが可能です。

レシピを見ながら料理をするときなど、見やすくてとても便利という口コミがありました。

 

両開きの大画面で見る電子書籍

縦に両開きにして電子書籍を読むと、まるで、本や漫画そのものを読んでいる気分になることができます。また、横にして読むことで、画面の境目が気になりにくくなり、大画面で文章を読むというメリットもあります。

 

ZTE Corporation M Z-01Kのおかげで読書が楽しくなって、読書量が増えるかもしれません。

2030万画素のカメラ

インカメラ、アウトカメラ両用の2030万画素のカメラが搭載されているので、きれいな自撮りをすることができます。二画面のカメラならではの利点です。

ZTE M Z-01Kの口コミを集めました

バッテリーの消耗が早い(特に全面表示続けると)。充電も遅そう。高速充電ケーブル必須。

出典:https://review.kakaku.com

これは皆さん想像できていたことだと思いますが、二画面あるので、バッテリーには二倍の負荷がかかり、バッテリーの消耗がはやいという結果につながっています。そのような理由でバッテリーの持ちが悪いというコメントが上がっております。

通話音質は普通です。 が、Dolby Atmosは圧巻です!映画、ゲーム、音楽好きには最高です。

出典:https://review.kakaku.com

映画もゲームも音は大事と言えます。その点、M Z-01Kは皆さんの欲求を満たしてくれる存在だと思います。音にこだわりたい方にはおすすめできそうです。

2画面使っていても両画面ヌルヌルサクサク動くのでビックリです。

出典:https://review.kakaku.com

せっかく二画面あるのに、処理能力が低くて動きは半減となるようであれば不便ですが、M Z-01Kはそんな心配はご無用です。さくさく動いて、皆さんを驚かせてくれることでしょう。

変な端末が好きで購入しているので当然満点。

出典:https://review.kakaku.com

人とは違った端末を持ちたい、変わったものが好きという方にはこれ以上ない端末ですよね。 M Z-01Kでいろんな楽しみ方を見つけて、便利に楽しくご利用いただければと思います。

画像観ながらアイビスペイントを使えたので絵を描くのが好きな人は便利かも。 あと、プロティクティブカバーのスピーカー穴にストラップ通せます。

出典:https://review.kakaku.com

絵を描く方には朗報です。携帯電話で気軽に絵を描くことができます。絵が好きじゃない方も、趣味の幅が広がりそうです。

2画面ということもあり重量感がある。ストラップホールもなくポーチ等を準備しないと不安。

出典:https://review.kakaku.com

画面が二つあるので、その分重さを感じるようです。携帯性を重視している方にはおすすめできません。

真ん中のヒンジ部が気にすれば気になるので、ここがもう少し幅が狭ければよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

このヒンジ部が気になる方は結構いるようです。 そんな細かいことは気にしないという方や、変わったものが好きだからこれでいいのと納得できる方にはおすすめできるかもしれません。

ほぼベゼルレスの上に四方が丸くなっているため(これ自体は非常に素晴らしいことですが)画面全体にぴったりと保護シートが貼れません。

出典:https://review.kakaku.com

折りたたむと画面が外側に来る端末なのに、保護シートをうまく張ることができないのは致命的なことです。保護シートも選ぶ必要がありそうです。

ZTE M Z-01Kの関連商品と比較する

ZTE M Z-01KとMONO MO-01Kの違い

ZTE

ZTE docomo MONO MO-01K White

価格:13,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZTE Coeporation MONO MO-01Kは、M Z-01Kのおよそ二か月前に発売された機種です。

ほぼ同じ時期なので、OSは同じAndroid7.1です。違いは、MONO MO-01Kが、CPUコア数がオクタコアであるのに対して、M Z-01Kがクアッドコアであることです。

 

CPUコア数では、M Z-01Kの方が劣りますが、内蔵メモリでは、MZ-01KはROM 64GB、RAM 4GBMONO MO-01KはROM 32GB、RAM 3GBとM Z-01Kの方がまさります。

 

なので、ゲームやアプリをされる方は、CPUでまさっているMONO MO-01Kの方がサクサクと動いてくれるので、ストレスを感じにくいかもしれません。

 

他に、バッテリー容量が異なります。MONO MO-01Kは2800mAhですが、M Z-01Kは2930mAhです。こうやってみると、M Z-01Kの方がよさそうに見えますが、M Z-01Kは二画面なので、バッテリーの消費は早いです。

 

M Z-01Kの強みは二画面であることですが、解像度もMONO MO-01Kより優れています。

その他の機能では、M Z-01Kにだけ、手振れ補正機能と4K動画撮影機能、指紋認証があります。そして、MONO MO-01Kにだけ防水、耐水機能があります。同じ時期に出ただけあって、個性ははっきりと分かれています。

 

どちらもおサイフケータイ、赤外線送受信機能などはありません。とにかく大画面を楽しみたい方、他の人と違うものを持ちたい方には、M Z-01Kがおすすめです。解像度の高い大画面で、動画を楽しむことができます。

 

シンプルが好きで、でも、ゲームはやりたいなという方には、MONO MO-01Kをおすすめします。軽量かつ防水・耐水機能があるので、どこででも楽しむことができると思います。

ZTE M Z-01Kとシャープ AQUOS sense2 SH-01L の違い

Sharp

docomo AQUOS sense2 SH-01L シルキーホワイト 白ロム

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シャープ AQUOS sense2 SH-01Lは、ZLE Corporation M Z-01Kの10か月後に発売された機種です。BlackしかないM Z-01Kと違い、AQUOS sense2 SH-01Lは四色から選ぶことができます

 

OSがAndoroid8.1に進化し、内蔵メモリ、バッテリー容量以外は、AQUOS sense2 SH-01Lの方が優れています。Aquos sense2 SH-01Lの画面サイズは5.5インチと大きめですが、二画面にしたM Z-01Kにはかないません。

 

そして、背面カメラ画素数1230万画素、前面カメラ画素数が800万画素です。これも、背面、前面両用のM Z-01Kの2030万画素には及びません。自撮りが多い方には、断然M Z-01Kのほうが良いでしょう。

 

AQUOS sense2 SH-01LにはM Z01Kのような手振れ補正機能、4K動画撮影機能がありませんが、スローモーション撮影機能、防水・耐水機能、おサイフケータイ機能が搭載されています。

 

なので、電車の乗り降りにおサイフケータイを利用されている方ならば、断然AQUOS sense2 SH-01Lをおすすめします。M Z01Kが個性的な端末なので、利用される方のライフスタイルや使い方によって選ばれると良いかと思います。

 

ZTE M Z-01Kの総合評価

ZTE

【国内正規品】M Z-01K 5.2インチ×2画面スマホ Black 黒 Android SIMフリー mz-01k 本体 docomo ZTE

価格:38,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZTE M Z-01Kの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

M Z-01K購入のメリットは、やはり二画面であることです。例えば、ポケモンGoをされる方にはとても高評価を得ているようです。大画面で見ることで、情報量も増えます。

 

ダイナミックな画面でポケモンをたくさんGetして楽しむことができると思います。そして、ポケモンGoをされない方でも、迷子になった時に地図を見るとき便利です。

 

地図を見る際に、大きな画面で見ることで、地図がわかりやすくなり、目的地をすぐに見つけ出すことができると思います。何かと便利な二画面を搭載するM Z-01Kはいろんな方におすすめだと思います。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品