ASUS zenfone 3 laser 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.1
最安値:¥15,700
ASUS zenfone 3 laser 携帯電話の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ASUS zenfone 3 laser 携帯電話がどのような人におすすめなのか評価しました。

zenfone 3 laserのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ASUS zenfone 3 laserの商品情報

ASUS zenfone 3 laserの基本スペック

Asus

ZenFone 3 Laser ZC551KL

価格:28,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーASUS商品名ZenFone 3 Laser ZC551KL
キャリアSIMフリー発売時期2016/11/26
RAM4GBROM(ストレージ容量)32GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 430CPUコア数オクタコア
画面サイズ5.5インチ解像度1920×1080
バッテリー容量3000 mAh前面カメラ画素数800万画素
背面カメラ画素数1300万画素サイズ76x149x7.9 mm
重量150gその他機能Wi-Fi対応、Bluetooth対応、デュアルSIM対応

ASUS zenfone 3 laserのおすすめポイント

0.03秒のオートフォーカスで瞬時にピント合わせ

レーザーオートフォーカスというASUSの独自技術で、なんと0.03秒のAFを可能にしました。景色も人物もスナップ写真も、花火や夜景や動くものでも、簡単瞬時にピント合わせ。これで、逃したくない最高の瞬間を逃さずに、世界を切り取ったような見たままの美しさで撮影できます。

指紋センサーでより素早く簡単に

最大5つまで登録できる背面の指紋センサーは、スマートフォンを手にした時に、一番使いやすい場所に合わせて配置してあります。さあこれからメール・電話をしようというまさに時に、持ち上げたらそのまま認証されてロック解除されるように最適な配置になっているのです。

長時間バッテリーでいつでも快適操作

3000mAhの長時間バッテリーと省エネ技術を駆使し、電池持ちの長さにこだわりました。待ち受け待機だけなら最大なんと22日。WiFiでのブラウジングは最長15時間、動画再生時間は最長12時間です。これだけ長ければ、ゲームや重いアプリを使っても、電池が長持ちしてくれます。

ASUS zenfone 3 laserの徹底レビュー(評価・口コミ)

ASUS zenfone 3 laserの悪い点をレビュー

ゴーストタッチ

ゴーストタッチと呼ばれる、触れていないのにタッチパネルが反応し、結果的にタップしてしまうという現象が頻繁に起こるという口コミが散見されました。どうも、Wi-Fiのつながりの悪い状態だと起こりやすいようです。ネット閲覧が不便になりますので、少々考えものです。

文字変換が使いにくい

デフォルトのキーボードにはAtokが入っているようですが、どうも変換の具合が悪いという口コミが見受けられました。海外製の端末ならではの不満点ですね。その場合、後から別の変換キーボードを入れるなどして対策している方も、なかにはいらっしゃるようです。

充電端子が故障しやすい

充電端子のmicroUSBの差込口が故障しやすいという口コミがいくつか見受けられました。2年も立たず充電できなくなったので、修理に出すことになったという体験談も。充電端子は外からの摩擦で潰れての有償修理と判断されやすいので注意が必要です。

Wi-Fiつまりが起こりやすい

Wi-Fiつまりと呼ばれる、マークは付いていてもネットが繋がらない、更新されないという現象が起こりやすいとの口コミがいくつか見受けられました。その場合はWi-Fiをオンオフする、端末本体の電源を入れ直すなどで改善するようですが、頻繁だとストレスがたまりそうです。

ASUS zenfone 3 laserの良い点をレビュー

軽快なレスポンス

本機種はレスポンスが非常によく、ゲームやアプリとしても端末が熱くなることもないという口コミが見受けられました。内臓データや利用アプリの状態、利用ゲームにもよりますが、このzenfone3 laserの操作性は軽快でさくさくと動く、比較的使いやすい機種だと言えそうです。

GPSの感度が格段に向上している

こちらは全機種のzenfone2 laserからの乗り換えの方々の口コミですが、今までのASUS製スマートフォンでは使い物にならなかったGPSの感度が格段に上がり、現在地も狂うことなく利用できるようになった、とのことです。地図アプリやカーナビとしての利用もこれで安心です。

高級感のあるデザイン

上品で高級感のあるデザインがいいという意見が見受けられました。人間工学に基づく曲線と手にフィットしやすいボディで、持ちやすくホールドしやすくてもおしゃれで気持ちのいいデザインです。かっこいいスマートフォンが手の中にあると気分も上がり嬉しくなりますね。

ASUS zenfone 3 laserの口コミを集めました

3Dゲームとかでもスムースに動作しています。 発熱とかもそれ程上がりません、たまに、39度近くまで上がったりしますが、少し休ませれば下がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲームもアプリもスムーズに動きレスポンスもいいという使用感の意見です。発熱もそれほどないのはバッテリーにも優しく使いやすい機種と言えます。

初期設定の時点で、ゼンフォン3からの機能で、アプリによっては最適化の解除をしないと、メールが届かない、もしくはスゴく遅れて届きます。解除後は、快適に使えてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

このzenfoneシリーズは最適化の設定が端末ないについており、アプリによってはメールが届かないなどの不具合が起こることがあるそうです。その場合は解除してください。

WIFI詰まりが出ています。ネットが遅い、ログインできなくなったりする、読み込みが他の端末と較べて遅い。 WIFIルーターを3社変えて他の端末とくらべてみても、反応が遅かったりしています。

出典:https://review.kakaku.com

Wi-Fiつまりに関する口コミはこちらの方以外にも見受けられました。端末によるという意見もありますが、一人二人の意見ではありませんでしたので、これは問題点と言えそうです。

初期から挙動が悪い。 ゴーストタッチしまくる。 修理に出しても「リセットしてください」しか言わない。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゴーストタッチと呼ばれる、触れていないにも関わらず、勝手に画面が反応している現象の報告は何人かありました。ASUSの機種ではたまに起こる現象ですが、本機種でも起こっているようです。

物はいいのですが、アップデートだけはしないほうがいいです。調子悪くなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらはアップデートで動作が重くなったという意見です。中にはこのようにバージョンアップで重たくなってしまう場合もあるようですので、アプリとの相性など情報集めをしてからの方が良さそうです。

GPSのモードは「高精度」ではなく「GPSのみ」でやりましたが、それで不満なところは何一つなく、むしろ満足できるレベルでした。 今までが「高精度」にしても、GPSのアプリを併用しても、裏蓋にアルミシールを貼っても、急に走り出したり動かなくなったりどこか変なところに飛ばされたりしてたので…(笑

出典:https://www.amazon.co.jp

GPSの精度がとても高く満足だという意見です。前モデルまではzenfone2 LaserではGPSの感度が問題ともされていたため、この改善はとてもいい進化です。

性能は十分なのに安い。初期不良が今回はなく良かった。次もこれで良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

スペックも高く性能もとてもよく、コストパフォーマンスに優れているのは嬉しいですね。満足度の高そうなスマートフォンだと言えそうです。

文字変換は、GALAXYや iPhoneと比べると ちょっと操作しにくいですね 慣れるまでちょっと時間が掛かります。

出典:https://review.kakaku.com

ASUSの文字変換が独特で使いにくいという口コミです。海外製スマートフォンになるので仕方のない面もありますが、慣れるまで時間がかかりそうです。

ASUS zenfone 3 laserの関連商品と比較する

ASUS zenfone 3 laserとzenfone 3 の違い

ASUS

ZenFone 3 ZE552KL

価格:21,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Zen Fone3は2016年秋モデルと、Zen Fone 3 Lasarと同時期に発売された機種です。同じZenFone3とつくので、マイナーチェンジかと思いがちですが、Laserはそれ自体がラインナップ名となっているので、実は別ラインナップの機種となります。

 

そのため、スペックにも違いがあり、laserはエントリーモデルの位置付けのため、zenfone3の方が全体的に数値は高いです。CPUはSnapdragon 625のオクタコア、バッテリー容量は2650 mAhと低くなっていますが、RAMを3GBに抑えることで、zenfone3はさらなる長時間利用が可能です。

 

さらに、カメラの画素数は1600万画素で4K撮影も対応しており、USB Type-Cにも対応しています。また、この画素数の違いが写真の仕上がりにも差として出てきており、カメラ機能もZenfone3の方が上だと言わざるをえません。そのため、カメラ機能を求める方にはこちらをおすすめします。

 

ほかにも、さらなるレスポンスのよさとバッテリーの持ちの良さを求める方にも、ZenFone3の方がおすすめだと言えるでしょう。しかし、コストパフォーマンスはZen Fone 3 Lasarの方が安価でよいため、ご自身が何を重視するかを考えてください。

ASUS zenfone 3 laserとzenfone 4 maxの違い

Asus

ZenFone4 MAX ZC520KL

価格:21,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Zen Fone4 MAXは2017年秋12月8日と、Zen Fone 3 Lasarの約1年後に発売された機種です。ZenFoneのMAXシリーズに当たる機種ですね。まずスペックを比べますと、画面解像度の違いがあります。ZenFone4は1280x720とハイビジョンに留まっているのです。

 

搭載OSはZen Fone4 MAXの方が発売日が新しい分、OSも新しいものを積んでいます。CPUは同じものとなっていますが、RAMは3GBと減らされており、Zen Fone3 Laserの方が優秀となっています。

 

しかし、MAXシリーズと名乗るだけあり、Zen Fone4のバッテリーは4100mAhととても大きなものとなっており、最長駆動時間は888時間ととてつもなく長いです。バッテリーの長さに重点を置く人は、このMAXシリーズは特におすすめできます。

 

また、Zen FoneシリーズだけあってデュアルSIMが対応なのは当然として、2つの電話番号で同時に電話を待てるという「デュアルスタンバイ」機能が搭載されているため、両方の番号をどちらも並行して受けたい方は、このZen Fone 4 MAXの方を選ばれた方がいいでしょう。

 

全体的に、スマートフォンをよく使い、電話もメールもアプリもゲームも、そしてカメラも使うというメイン機種として、しっかりした一台が欲しい方向けの機種だと言えるでしょう。格安系スマートフォンでいい機種がほしいという方は、こちらを選択肢に入れてもいいと思います。

ASUS zenfone 3 laserの総合評価

Asus

ZenFone 3 Laser ZC551KL

価格:28,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ASUS 携帯電話 zenfone 3 Laserの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

zanfoneシリーズの廉価版モデルであるLaserシリーズの本機種ですが、廉価版モデルと言えど性能はかなり上がっており、レスポンスもよく通常のアプリ利用でしたら十分に行えるスマートフォンだと言えます。

 

しかしこの時代のスマートフォンはまだ接続端子にmicroUSBを使っているため差し込む時に故障する傾向もあり、また文字変換がいまいちだったり、Wi-Fiつまりやゴーストタッチなど、使ってみなければ発現するかわからない不具合が報告されている点は懸念点でもあります。

 

その場合、電源の入れ直しやWi-Fiのオンオフなど、その場その場で対処をするなど工夫が必要ですので、自分で症状にあった解決策を調べるだけの力が必要そうです。携帯会社のサポートも受けられませんので、初心者の方にはおすすめしにくい機種だと言えます。

 

しかしレスポンスはよく頻繁な利用でも耐えるだけのスペックはあり、またサブ機として利用する、カーナビとして使う、デュアルシムを利用して電話専用にするなど、いろいろな使い方のできる機種でもありますので、使い道のある方にはおすすめできます。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品