ASUS ZenFone 3 Ultra 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.6
最安値:¥26,980
ASUS ZenFone 3 Ultra 携帯電話の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ASUS ZenFone 3 Ultra 携帯電話がどんな人におすすめなのかを評価しました。

ZenFone 3 Ultraのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ASUS ZenFone 3 Ultraの商品情報

ASUS ZenFone 3 Ultraの基本スペック

Asus

エイスース ZenFone 3 Ultra グレー ZU680KL-GY32S4

価格:27,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーASUS(エイスース)商品名ZenFone 3 Ultra
キャリアSIMフリー発売時期2016/12/09
RAM4GBROM(ストレージ容量)32GB
CPUSnapdragon 652 MSM8976CPUコア数8
画面サイズ6.8 インチ解像度1920x1080
バッテリー容量4600 mAh前面カメラ画素数2300万画素
背面カメラ画素数800万画素サイズ93.9x186.4x6.8 mm
重量233gその他機能4K , ハイレゾ , 手ブレ補正 , 指紋認証

ASUS ZenFone 3 Ultraのおすすめポイント

4KTV並みのディスプレイ解像度

ディスプレイ解像度自体はフルハイビジョンの部類に入りますが、搭載しているディスプレイ専用プロセッサにより、4K画質に近いコントラストや鮮明さを表現することが出来ます。性能の高いプロセッサのため、画像だけでなく映像もスムーズに描写することが可能です。

超大容量のバッテリー

4600mAhとかなりの大容量バッテリーを搭載しているため、長時間の連続使用が可能となっています。バッテリー性能には何の問題もないですが、画面も大きいのでアプリによっては相応にバッテリーは消耗します。普通に使う分には1回の充電で1日は持ちます。

2台搭載された高性能スピーカー

数あるスマートフォンの中でも珍しい、スピーカーを2台搭載した機種なので、一般的なスマートフォンに比べ、臨場感や迫力のあるサウンドを再現することが可能です。ハイレゾにも対応しているため、音質面では非常に優秀な機種と言えます。

ASUS ZenFone 3 Ultraの徹底レビュー(評価・口コミ)

ASUS ZenFone 3 Ultraの悪い点をレビュー

指紋認証センサーの性能が低い

指紋認証は多くのスマートフォンに付随している機能ですが、中には性能の低いものもあります。本機種の指紋認証は非常に感度が悪く、ホーム画面ロックの認証などに使うことはおすすめしません。セキュリティを重視したい方にとって大きなデメリットとなるでしょう。

携帯性が低い

画面サイズが6.8インチとスマートフォンとしては非常に大きい部類に入る本機種は本体サイズも相応に大きなものとなっています。厚さは特にありませんが、縦サイズがかなり大きいので携帯性に欠けます。操作性自体は横幅が狭いため、そこまで低くありません。

CPU性能があまり高くない

搭載しているCPUのコア数は8個(オクタコア)なので並列処理は問題なく行なえますが、CPU本体のスペックが低いため総合的な処理性能は低めとなっています。2016年モデルということを考慮すれば決して低い性能ではないものの、現在の最新機種と比べた場合、どうしても劣ってしまいます。

ASUS ZenFone 3 Ultraの良い点をレビュー

フォーマルなメタリックボディ

特に目立つ要素はないものの、良い意味で無難なフォーマルなデザインをしています。ボディはメタリックであるため、加熱時はかなり熱くなるという欠点がありますが、同時に排熱性能も高いということなので、ヘビーユーザーにおすすめです。

0.03秒の高速オートフォーカス

レーザーオートフォーカスと像面位相差オートフォーカスとコンテュニアオートフォーカスの3つの機能を搭載しているので、非常に高いオートフォーカス性能を持ちます。特にフォーカススピードはコンパクトデジタルカメラ顔負けの速度となっています。

3軸の電子式手ブレ補正機構

EISはElectric lmage Stabilizationの略で、自動電子式手ブレ補正のことを指します。撮影された画像を比較してぶれている部分を合成する機構なので、レンズ自体が動きブレを補正する光学式よりも高い手ブレ補正性能を持ちます。

ASUS ZenFone 3 Ultraの口コミを集めてみました

これまでにない大きさのスマートフォンでほぼタブレットのような感じです。文字入力がちょっと特殊で慣れるまでが大変だと思います。とはいえ画面も大きく電話としてイヤホンマイクなどを使って話すにはかなりいいものだと思います。

出典:https://www.yodobashi.com

携帯性は低くなっていますが、その分、操作性は一般的なスマートフォンに比べるとかなり向上しています。画像作成アプリやお絵かきアプリを多用される方におすすめの機種です。

Webや動画もサクサク動くし、カメラ画質も必要十分

出典:https://www.amazon.co.jp

CPUやRAMの性能はそこまで高くありませんが、Webや動画を利用する程度であれば問題なく使用できます。ただし、動画の画質が1080fps以上の高画質になってくると、途端に重くなるので注意が必要です。

Z Ultraからの乗り換えで購入。 操作性もよく、画面の大きさも申し分なしで大満足です。 特にバッテリーの持ちとカメラの性能がZ Ultraより格段に良くなったのが嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

本機種はASUSから幅位されているスマートフォンの中でも、トップクラスのバッテリー容量を持ちます。普通に使うのであれば十分充電が持つので、旅先などでも心強いのではないでしょうか。

アプリが増えてくるとレスポンスが落ちてきました。 カメラも悪くありませんが、前機種を水没させているため、防水でない点は不満です。

出典:https://review.kakaku.com

ROMの容量が小さい機種なのでアプリをたくさん入れると重くなってしまいます。使わないアプリはなるべく削除することをおすすめします。

これはメモリーが4Gあるので期待していたが、やたらとメモリーを喰い、常にメモリーが1G未満で反応も遅い。 Webを見ているときによく引っかかるし、フリーズもする。

出典:https://review.kakaku.com

よほど重い処理をするアプリ、もしくはアプリを複数同時起動させない限りはフリーズはしません。このような症状が心配な方は、起動中のアプリをチェックするだけでなく、バックグラウンドで稼働している無駄なアプリがないかをチェックしましょう。

綺麗ですし、見やすいです。 明るい外でも全く問題ありません。

出典:https://review.kakaku.com

ディスプレイ専用のプロセッサを搭載しているため、非常に綺麗な映像表現を描写することが可能です。画面も大きく、音質も優れた機種であるため、映画視聴などにうってつけでしょう。

指紋センサーはひど過ぎるのであてにしたら後悔する。やめたほうがいい!

出典:https://review.kakaku.com

2016年モデルであるため、指紋認証の性能が現在と比べて低くなっています。こちらの口コミの方もおっしゃるように、画面ロックなどに指紋認証を採用すると認証できない可能性があるので、あまりあてにはしない方が良いでしょう。

エッジ部のダイヤモンドカットは小傷が付きやすいので、神経質な人は注意が必要かもしれません。

出典:https://review.kakaku.com

金属でボディを構成しているため、摩耗には強いですが、衝撃には弱い傾向があります。落下時に傷がつく可能性は十分あるので、ある程度の注意は必要です。

ASUS ZenFone 3 Ultraの関連商品と比較する

ASUS ZenFone 3 UltraとZenFone ARの違い

ZenFone AR ZS571KL-BK64S6

エイスース ASUS ZenFone AR ブラック(メモリ 6GB/ストレージ 64GB) ZS571KL-BK64S6

価格:27,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZenFone ARはZenFone 3 Ultraと同じASUSから発売されているスマートフォンです。 ZenFone ARとZenFone 3 Ultraは、「メモリ容量」「記憶容量」「バッテリー容量」において違いがあります。

 

メモリ容量については、ZenFone 3 Ultraが4GBであるのに対し、ZenFone ARは8GBとなっています。 動作速度や安定性に関してはZenFone ARの方が優秀です。

 

記憶容量については、ZenFone 3 Ultraが32GBであるのに対し、ZenFone ARは128GBとなっています。記憶容量(ROM)においては、 圧倒的にZenFone ARの方が優秀です。楽曲やアプリを複数ダウンロードしたい方におすすめです。

 

バッテリー容量については、ZenFone 3 Ultraが4600mAhであるのに対し、ZenFone ARは3300mAhとなっています。 どちらも大容量ですが、バッテリー性能に関してはZenFone 3 Ultraの方が優秀です。

 

ZenFone ARとZenFone 3 Ultraの違いに関する結論としては、バッテリー性能に関してはZenFone 3 Ultraの方が優秀で、スペックに関してはZenFone ARの方が優秀です。長時間使用を重視する方にはZenFone 3 Ultraを購入する方が得策だといえるでしょう。

ASUS ZenFone 3 UltraとZenFone Max Proの違い

Asustek

ASUS Zenfone Max Pro M2 コズミックチタニウム 【日本正規代理店品】 ZB631KL-TI64S4/A

価格:34,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ZenFone Max ProはZenFone 3 Ultraと同じASUSから発売されているスマートフォンです。 ZenFone Max ProとZenFone 3 Ultraは、「前面カメラ画素」「インタフェース」「音質」において違いがあります。

 

前面カメラ画素については、ZenFone 3 Ultraが800万画素であるのに対し、ZenFone Max Proは1300万画素となっています。ZenFone Max Proの前面カメラは背面カメラと同程度の画素なので、 自撮り撮影を頻繁にされる方におすすめです。

 

インターフェースについては、ZenFone 3 UltraがUSB Type-Cであるのに対し、ZenFone Max Proはmicro USBとなっています。上下リバーシブルなUSB Type-Cの方が便利ですが、 汎用性の高さで言えばmicro USBを搭載してZenFone Max Proの方が優秀です。

 

音質については、ZenFone 3 Ultraがハイレゾ対応であるのに対し、ZenFone Max Proは非対応となっています。ZenFone Max Proはカメラやバッテリー容量に特化した機種で、 ZenFone 3 Ultraはバッテリー容量や音質に特化した機種となっています。

 

ZenFone Max ProとZenFone 3 Ultraの違いに関する結論としては、カメラ性能に関してはZenFone Max Proの方が優秀で、音質面に関してはZenFone 3 Ultraの方が優秀です。音楽再生を主としたスマートフォン活用を重視する方にはZenFone 3 Ultraを購入する方が得策だといえるでしょう。

ASUS ZenFone 3 Ultraの総合評価

Asus

エイスース ZenFone 3 Ultra グレー ZU680KL-GY32S4

価格:27,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ASUS ZenFone 3 Ultra 携帯電話について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの方にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、おすすめポイントについてですが、やはり、「ディスプレイ解像度」と「バッテリー容量」と「ハイレゾ」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「バッテリー容量」に関しては、長時間使用を重要視する方にとって、ご購入の決め手になるのではないでしょうか。

 

続いて、口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、今回紹介した製品のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品