ASUS zenfone 2 laser 携帯電話・スマートフォンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.8
最安値:¥7,280
ASUS zenfone 2 laser 携帯電話の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ASUS zenfone 2 laser 携帯電話がどのような人におすすめなのか評価しました。

zenfone 2 laserのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

ASUS zenfone 2 laserの商品情報

ASUS zenfone 2 laserの基本スペック

エイスース

ZenFone 2 Laser ZE500KL

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーASUS(エイスース)商品名ZenFon 2 Laser ZE500KL
キャリアSIMフリー発売時期2015/08/08
RAM2GBROM(ストレージ容量)16GB
CPUQualcomm® Snapdragon™ 410CPUコア数クアッドコア
画面サイズ5インチ解像度1,280×720ドット (HD)
バッテリー容量2,400mAh前面カメラ画素数500万画素
背面カメラ画素数1,300万画素サイズ143.7 ×71.5 ×3.5 mm ~ 10.5 mm
重量145gその他機能Wi-Fi対応、Bluetooth対応

ASUS zenfone 2 laserのおすすめポイント

デュアルSIMスロットでプライベートと使い分け

デュアルSIMスロット搭載のため、電話番号の違うSIMカードを2枚同時に利用可能です。保存したデータや通話履歴・各種設定なども、それぞれにしっかりと記録されます。プライベートと仕事用で、2台持ちをしなければならない手間が、この機種ならばこれ1台で省けます。

手にフィットするデザイン

人間工学に基づいた手にフィットする背面の曲面デザインで、手にした時のホールド感をアップし触り心地よく作られています。薄さに重きをおいている最新機種と比べると、とても握りやすく安定感のあるデザインです。これならば、手の中からすべり落ちることもありません。

レーザーフォーカスで写真も瞬時にピント合わせ

レーザーオートフォーカス搭載のカメラで、スナップ写真、人物・景色の撮影、それどころかたとえ夜景や花火の撮影でも、瞬時にピント合わせが可能となりました。またHDRモードを使えば、逆光の中でも自動的に明るさ調整を行うので、押すだけで簡単に綺麗な写真の撮影が可能です。

ASUS zenfone 2 laserの徹底レビュー(評価・口コミ)

ASUS zenfone 2 laserの悪い点をレビュー

独自アプリが多すぎる

ASUS独自のアプリが多く入っており、消去することもできないので内部メモリ容量を圧迫しているという口コミが見受けられました。これがあるためにさくさく軽々に動かないのではないかとの意見も。独自アプリに慣れることができないと、ただ容量を圧迫するだけの無用なものとなります。

iPhoneからの乗り換えだと動きが遅く感じる

iPhoneから本機種に乗り換えたところ、動きが鈍くてがっかりしたという意見が見受けられました。両機種を比較している貴重な意見です。iPhoneはアプリもすべてiOS専用に最適化され動作の速さには定評がありますが、Androidはアプリの公開にも審査すらないので、使い方によっては重くなります。

バッテリーが1日持たない

バッテリーは1日持たない、モバイルバッテリーは必需品だ、すぐ本体が熱くなり数時間で電池がなくなってしまった、という意見は非常に多く見受けられました。最新機種では長時間バッテリーの機種もたくさん出て来ているため、本機種の1日持たないという点は大きな弱点だと言わざるを得ません。

GPSが使い物にならない

GPSを利用するうようなアプリは全て使い物にならない、という意見がいくつか見受けられました。国外で利用している方の口コミでもありましたので、場所を問わずGPSの感度はよくないと思った方が良さそうです。カーナビ代わりにしたい人にはおすすめできません。

ASUS zenfone 2 laserの良い点をレビュー

独自アプリ・UIが使いやすい

悪い点としてあげられたASUSの独自機能ですが、これを利点として捉える口コミも見受けられました。独自UIは使いやすく、ファイルマネージャなどの独自アプリも使いやすいと感じている方もいるようです。プリインストールアプリをそのまま使うことができれば、容量のセーブにも繋がりますね。

カメラ機能が使いやすい

カメラ機能は同時期発売の他メーカーと比べて飛び抜けて画質がいい訳ではないようですが、この機種の売りでもあるレーザーフォーカスでピント合わせが早く、その点はとても綺麗に取れるそうです。アプリ内で編集するエフェクトも多く、使っていて楽しいという意見も見受けられました。

手の中にしっかりとおさまりホールド感がいい

人間工学に基づいた背面に丸みのあるデザインで、画面サイズも5インチと大きすぎないために、とてもホールド感がいいという口コミが見受けられました。最近の6インチ前後のスマートフォンに慣れている方は、そのフィット感に驚かれるのではないでしょうか。携帯もしやすそうです。

ASUS zenfone 2 laserの口コミを集めました

製品名にもなっているカメラもいいです。1300万画素かつ、カメラ側にも画像処理加工がかなりできるようになっており、すごく綺麗に写真がとれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

カメラアプリはとても綺麗に撮ることができるようです。エフェクトも多くあり、そのままSNSに投稿できるなどの意見もたくさんあり使い勝手も良さそうです。

概ね満足していますがASUS独自アプリの多さには閉口してしまいました

出典:https://www.amazon.co.jp

ASUS特有の独自アプリが多すぎるとい感じる人もいるようです。こちらに慣れることができないと、消去することもできないのでメモリを圧迫するだけで無用なものとなってしまいます。

5インチの適度な大きさと、ラウンドした裏蓋は、ホールド感もなかなかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

人間工学に基づいたデザインがしっかりと活かされており、手の中にしっかりとフィットするのでホールド感はとてもいいようです。これなら端末を落としにくそうですね。

最初に入っているzenfone独自のアプリの モーション設定や入力アプリなども実用的なものが充実しており個人的に使いやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

上記の独自アプリがいらないという意見もあれば、逆と感じている方もいるようで、ASUSのアプリに慣れることができるかどうかで使い勝手は大きく変わって来そうです。

GPSを使用するアプリ マップ ヤフーナビ みんカラ(ハイタッチ!drive)など全く使い物になりません、電波の掴みが悪いのか処理が追いつてないのか?

出典:https://review.kakaku.com

GPSを利用するようなアプリや、カーナビとしての利用はやめておいた方が良さそうです。道に迷った時に、すぐに地図アプリを開く癖のある方などは、困ってしまうかもしれません。

レビューを見て良さそうだったので購入しましたが、iPhoneから乗り換えた感じからして、動きが非常にモッサリだなと思いました。反応が鈍いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

iPhoneからの乗り換えの方の貴重な意見です。iPhoneはアプリが全てiOS専用に最適化されているので動作はとても軽快ですが、Androidはそれと比べて動きが鈍く感じるのかもしれません。

唯一のマイナス点は、キャリア系スマホは不明点あればSHOPに言って直接聞けたりしますが格安スマホは自分で調べる努力が必要なことです。 私は困った事は無かったですが、スマホ始めての方は少し辛いかもしれません。

出典:https://review.kakaku.com

MVNOで利用するいわゆる『格安系スマートフォン』である本機種は、キャリア系でのサポートが一切受けられません。そのため、自分で調べることのできるレベルの方でないと辛いかもしれませんね。

バッテリーが一日持たない。

出典:https://review.kakaku.com

他にも、モバイルバッテリーは必需品だという意見や、1日1時間触るだけでもう1/4にまで減るという意見も見受けられました。バッテリー面は弱いと言えるでしょう。

ASUS zenfone 2 laserの関連商品と比較する

ASUS zenfone 2 laserとZenFone 2の違い

Asustek

ZenFone2 ZE551ML

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Zen Fone2は2015年5月20日と、Zen Fone 2 Laserの3ヶ月前に発売された機種です。名前が似ているので、マイナーチェンジかと思う方もいそうですが、この2機種はそもそもラインナップとしての位置付けが別物となっています

 

Zen Fone2はCPUにインテルAtomの2.33GHzを搭載したクアッドコアとなっており、GPUも高機能なものを載せています。ROMとRAMも64GBの4GBとZen Fone 2 Laserとは格段にパワーアップしており、さらに解像度はフルハイビジョンとなっています。

 

これにより、操作性のレスポンスは格段に上だと言えますし、よりグラフィックを要求されるようなゲームも快適に行うことができるでしょう。この機能の違いからもわかるように、性能自体は格段に、Zen Fone2の方が上になります。ヘビーユーザー向けと言えますね。

 

しかしながら、コストパフォーマンスはZen Fone 2 Laserの方がよく、エントリーモデル機種であることから、購入しやすい値段帯となっています。また、Zen Fone2は画面サイズが5.5インチと大きく、 重量も170gと重たくなっているので、コンパクトさを求めるのでしたら、Zen Fone 2 Laserの方がおすすめです。

ASUS zenfone 2 laserとZenFone 5 a500klの違い

Asustek

ZenFone5 A500KL

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Zen Fone5 A500KLは2014年11月8日と、Zen Fone 2 Laserの半年前に発売された機種です。日本で探すとZenFone5は2機種存在する状態ですが、Zen Fone5のナンバリングは発売国台湾のものであり、日本向けのローカライズとしてはA500KLという名前が使われています。

 

2機種のスペックを比較していきますと、まずCPUの面ではほぼ変わらない同等の性能だと言えます。RAMも同じ2GBですので、レスポンスの面では同レベルであり、ネットやメールの閲覧、LINE返信くらいでしたらストレスなく行えます。

 

本体容量に関しては、16GBのZen Fone 2 Laserにたいして、Zen Fone5は32GBと大きくなっていますが、MicroSDカードによる拡張が、Zen Fone 2 Laserが128GBでZen Fone5の倍となっているので、動画などを保存する場合はZen Fone 2 Laserに分があると言えるでしょう。

 

本体サイズや画面サイズ等は変わらず、画素数も同じですので、他の使い勝手として大きく変わる面はありません。また、どちらも防水やワンセグ・おサイフケータイといった機能はついていませんので、本体容量の拡張性に関して自分にあった機種を選べばいいかと思います。

ASUS zenfone 2 laserの総合評価

エイスース

ZenFone 2 Laser ZE500KL

価格:22,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ASUS 携帯電話 zenfone 2 laserの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

種類の多く発売されているzenfonシリーズの中でも初期の機種に位置するzenfone 2 laserは、最新機種と比べると性能こそ劣るものの、メールや電話、LINEだけなどのサブ機としての利用でしたら今でも十分に使える機種だと言えると思います。

 

注意点は、携帯会社のサポートが受けられない面にありますので、『わからなかったらお店で聞こう』という使い方はこの機種ではできません。自分で解決するだけの調べる力が要求されますので、初心者向けとは言いにくいです。

 

しかし、何と言ってもデュアルSIMに対応している機種は少なく、本機種は中でも特にコストパフォーマンスの良い機種となりますので、仕事などの通話用に何台も電話を持つのは辛い、二台持ちを卒業したいという方にはぴったりではないでしょうか。

関連する商品

携帯電話・スマートフォンの人気商品