AKG k72 イヤホンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

3.82
最安値:¥4,935
AKG K72 イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他社製品との比較、価格などをまとめAKG K72 イヤホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

k72のショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

AKG K72の商品情報

AKG K72の基本スペック

AKG

AKG K72

価格:3,709円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーAKG商品名K72
タイプオーバーヘッド装着方式両耳
構造密封型プラグ形状標準プラグ/ミニプラグ
コード長(m)3mその他機能セルフアジャスト機能
その他機能低インピーダンス設計

AKG K72のおすすめポイント

プロフェッショナルの現場も想定したつくり

AKG K72は高い解像度と、中庸なサウンドバランスを採用。広いサウンドステージを実現し、音の質感を高いレベルで再現してくれます。

軽量感とセルフアジャスト機能による快適な装着感

AKG K72は200gという軽量級デザインと、装着するだけでフィットできるセルフアジャスト機能を搭載しています。それにより、心地よい着け心地を体感することができます。

低インピーダンス設計で、様々なデバイスで使用可能

AKG K72はプロの現場での利用を考えつつも、スマートフォンや携帯音楽プレーヤーでもしっかりと音を取ってくれます。様々なシーンで活躍してくれるヘッドホンです。

AKG K72の徹底レビュー(評価・口コミ)

AKG K72の悪い点をレビュー

玄人には少し物足りない性能

AKG K72は低域方向の響きは高密度ではあるが、中域の音の抜け感がもう一つという口コミも見受けられました。幅の広いシーンで活用できる反面、こだわった使用を考えている方には少し物足りなさを感じてしまいそうですね。

エージング前は安定しない

比較的に高評価の多いAKG K72ですが、エージング前は酷かったという口コミもありました。エージングとは、一定音量の音声を流すことによって、機械を振動させ、ヘッドホン毎の差をなくしてくものです。これにより、そのヘッドホン本来の音質が、安定して出てきます。

 

しかし、エージングは賛否両論あります。AKG K72の音が満足のいくものなのか、しっかりと検討する必要があります。

3mのケーブルが長すぎる

AKG K72はモニターヘッドホンの入門機としての色合いが強いです。自宅などでの普段使いも、問題ないということですが、ケーブルの煩わしさを感じることもあります。

 

使うシーンに合わせて、ケーブルをまとめるなど、工夫を考えての使用が必要です。

中途半端な印象もある

AKG K72は K52 と K92 と同じシリーズで、その中の中間の機種になります。

 

価格ではAKG K52より高く、性能では K92 に劣ります。その為、値段の安さであったり、ヘッドホンの音質などの性能を求める方には、少し中途半端に見えてしまいます。

AKG K72の良い点をレビュー

初心者にもやさしい設計

AKG K72はスマートフォンなどにも直結して繋げることから、気軽に使用することができます。音楽の仕事をする方から、一般の方まで幅広い人達に使ってもらうことができると思います。

リーズナブルなヘッドホン

AKG K72はその性能にも関わらず、値段が安いという口コミが多いです。プロフェッショナルな現場での利用も想定されているため、値段と比べても十分満足できます。

リッチなサウンドを実現

AKG K72は価格帯が低い入門機ではありますが、AKGヘッドホンの特徴でもある上質な中高音と開放的な臨場感が期待できます。特に低域方向に優れており、それによってリッチなサウンド感を演出してくれます。

装着した際のフィット感

AKG K72の重量は200gと、比較的軽めなのが特徴です。口コミでも着けた時のフィット感は高評価なものが多いです。

 

セルフアジャスト機能という、着用をアシストしてくれる機能もついています。軽さとフィット感が合わさって、長時間の使用にも向いています。

 

自宅でも、出先でも、仕事場でも、様々な場面でストレスなく装着し、音楽を味わうことができます。

AKG K72の口コミを集めました

エイジング前に、かなり酷評しましたが、100時間ほどのエイジングで高級機には全く及びませんが、こもった音からやや抜けが良くなり、使おうと思うレベルになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

価格帯の高い高級機と比較すると、性能の物足りなさが目立ってしまうこともあります。普段使いであれば、大きな問題はないと思います。

見た目も「K612PRO」など上位機種を彷彿させるAKGらしい洗練されたデザインに変更。エントリ-モデルながら、AKGヘッドホンの特徴でもある上質な中高音と拡がりのある臨場感が十分に楽しめます。

出典:https://www.soundhouse.co.jp

黒を基調にしたデザインで、AKG K72はサイドの部分がシルバーに配色されています。シンプルではありますが、高級感も見えるデザインですね。

低域方向の響きも高密度であり、中域のヌケ感がもう一つという印象ではあるものの、昨今求められる低域の豊かさを他の帯域とのバランスを保ちつつ、破たんなくまとめ上げているようだ。

出典:https://www.phileweb.com

公式も含めて、低域が評価されている口コミが見受けられます。それだけ質の高い音を再現し、納得してヘッドホンを使ってもらえています。

低音は音圧がしっかりとありながら、嫌みがなく非常にナチュラルな印象。繊細な高音をカモフラージュすることなく、バランスの良さが際立っています。 低価格でもAKGヘッドホンの魅力を十分に楽しめる入門機にベストなヘッドホンではないでしょうか。

出典:https://www.soundhouse.co.jp

入門機という位置づけになっている為、活躍の機会は多いです。しかし、より高品質を求める方には、物足りないと感じてしまうこともありそうです。

普段はミックス・マスタリング用にSRH440を使用していますが、それに比べ締め付けが緩く、重量も軽いのでピッタリだと思いました。 家でのDTMやギター練習用にももう一つ購入を検討しています。

出典:https://www.soundhouse.co.jp

装着感も快適で、価格も比較的お求めやすい価格帯となっています。使用頻度の多い方は複数の購入を検討することもいいですね。

中間価格帯から一台欲しかったのでちょうどいい値段でした 抜群とは言い難いですが使いやすいです

出典:https://www.e-earphone.jp

AKG K72の値段に関しては、好感触な口コミが多いです。しかし、音質などには満足できていないような声もあるので、この値段なら受け入れられるという印象が見受けられます。

問題はこの3機種、場合によっては価格差が1000円くらいしか無いときが有ります。

出典:https://www.underpowermotors.com

AKG K72、 K52 、 K92 と価格や性能に差をつけて、販売されています。ただ、値段にそこまで大きな差がないので、一番グレードが高い K92 に決める方もいるようです。

K271/240系のイヤーパッドは、フチの形状が異なるためにハマらないので、古くなったときに丸ごと買い換えになりそうな気がします。 パッドだけ安価に販売があれば良いのですが、この値段だったら買い直しが安いですね。エコじゃないですけど。

出典:https://www.soundhouse.co.jp

AKG K72は口コミの数は多くないですが、部品の交換などには懸念があるようです。長期間の利用を考えるのであれば、買い直しを視野に入れて使っていく事も必要かもしれません。

AKG K72の関連商品と比較する

AKG K72 と K92 の違い

AKG

AKG K92

価格:6,882円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG K92は K72 と同じくK701系のデザインを引き継いだ、スタイリッシュなモニターヘッドホンです。AKG K72の上位機種である K92 は K72 の低い音域のリッチさと、AKG K52のバランスの良さをさらに引き立てたような音が特徴です。

 

低インピーダンス設計で、プロの現場での使用だけでなく、スマートフォンなどのデバイスにも対応し幅広い場面での活躍が期待できます。仕事、野外、自宅と使える場所を選ばないことも人気の一つです。

 

AKG K72と同じデザインなので、重量も比較的軽めです。セルフアジャスト機能により、装着時も違和感なくフィットしてくれます。口コミでもAKG K92の装着感は高評価な印象を受けました。

 

AKG K92も K72 と同様に低価格帯のヘッドホンですが、ゴールドを使い高級感が出ています。口コミでの、評価も好意的なものが多く、同シリーズの中では全体的な総合力が高くおすすめと言えるでしょう。

 

しかしAKG K72と K52 に比較すると、値段は高くなっています。値段、性能、デザインなど、いろいろな面から製品を選ぶことが大切です。

AKG K72 と K52 の違い

AKG

AKG K52

価格:3,818円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG K52は K72 と同じタイプのモニターヘッドホンです。AKG K72よりもスペックは一段階下がりますが、モニターヘッドホンの入門機としてふさわしい性能を備えています。

 

ブラックでシンプルなデザインと、フラットで美しく、整った自然な音を伝えてくれます。その価格もAKG K72や K92 比べると、一番お求めやすい価格になっています。しかし、価格の差はそこまで大きくないので、他の部分もしっかりと比べてみることをおすすめします。

 

口コミも高評価なものが多く、特に値段に比べてのコスパが高いということが目立っていました。使用した際の装着感も良く、モニターの正確さは上にスペックの機種には劣るものの、普段使いもでき、バランスの良いヘッドホンです。

 

しかし、口コミの中には購入直後の音が気になったり、コード部分の不具合があったり、批判的な声もありましたので、総合的に見てから購入を検討されることをおすすめ致します。

AKG K72の総合評価

AKG

AKG K72

価格:3,709円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AKG K72 イヤホンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

音楽で有名な、オーストリアで生まれたAKGのヘッドホンなので、たとえ低価格であっても、その音にこだわりを持っています。

 

その中でもAKG K72は同シリーズの中間のポジションにいるヘッドホンということで、価格、性能を含めて使いやすい印象を受けました。モニターヘッドホンの入門機として、または日常生活で使う音楽のお供として、自分に合った場面で使えるという幅の広さがおすすめのポイントです。

 

国内、外国のメーカーを含めると多くのヘッドホンが販売されています。ぜひ、自分に一番あった価格、性能、デザインの製品を探してみてください。

関連する商品

イヤホンの人気商品