エー・ケー・ジー Q701WHT [ホワイト] イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥16,800
エー・ケー・ジー Q701WHT [ホワイト] イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、エー・ケー・ジー Q701WHT [ホワイト] イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/05/12 更新

ランク王編集部

軽い着け心地と爽やかなカラーが◎繊細な音が楽しめるヘッドホン

本商品は、エー・ケー・ジーより発売されている2層ダイヤフラム・フラットワイヤーボイスコイル採用のダイナミックオープン型ヘッドホンです。ホワイトカラーで爽やかさを演出し、おしゃれに装着できます。また、ナチュラルで繊細なサウンドはオープンエア型ならでは。

そのため、原音に近いクリアで洗練された音楽を体感したい方にピッタリです。加えて、軽やかな装着感が得られるのもポイント。頭や耳への締め付けも少なく、蒸れも低減。長時間着けてリスニングされる方をはじめ、ヘッドホン特有の締め付けが苦手な方にも着けやすくておすすめです。

Q701WHT [ホワイト]の基本スペック

タイプ オーバーヘッド 接続タイプ 有線(ワイヤード)
装着方式 両耳 構造 開放型(オープンエアー)
駆動方式 ダイナミック型 プラグ形状 標準プラグ/ミニプラグ
インピーダンス 【Ω】 62 Ω 音圧感度 【dB】 93 dB
再生周波数帯域 10Hz〜39.8kHz ドライバサイズ 【mm】
コード種類 コード長【m】 3 m
最大入力 充電端子
ワイヤレス  Bluetoothバージョン
連続再生時間 充電時間
対応コーデック  NFC 
NFMI・MiGLO対応  TWS Plus対応 
マルチペアリング対応  マルチポイント対応
リケーブル  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み 音質調整
自動電源ON機能 自動電源OFF機能
防水・防塵性能  リモコン 
マグネット連結対応 折りたたみ 
フルデジタル  サラウンド 
AIアシスタント搭載 AIアシスタント呼び出し機能
カラー ブラック 重量【g】 235 g

Q701WHT [ホワイト]のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

AKG Q701の基本スペック

AKG

AKG Q701 ヘッドホン オープン型 ホワイト Q701WHT 【国内正規品】

価格:49,800円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー AKG(エーケージー) 商品名 Q701・グリーン・ブラック・ホワイト
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 開放型 プラグ形状 標準プラグ/ミニプラグ
コード長 3m その他機能 リケーブル

AKG Q701のおすすめポイント

バリモーション・テクノロジー

Q701は2層のダイヤフラムを2分割した、独自のバリモーション・テクノロジーという設計を採用しています。これにより音の解像度が高くなっており、DTMやレコーディングなどの本格的な使用にも可能です。

3D Form イヤハッド

Q701は「3D Form イヤパッド」というイヤーパッドを採用しています。このイヤーパッドは長時間の使用でも耳が痛くなったり、疲れたりしにくいように作られています。楽曲制作などを頻繁に行う方には、なかなか嬉しい仕様となっております。

セルフアジャスト機能

Q701は一般的な開放型のオーバーヘッドヘッドホンのように、耳の位置を調整する必要はありません。従来の面倒な調整をQ701は、セルフアジャスト機能によりしなくていいので、ヘッドホン初心者の方にも嬉しい仕様となっております。

AKG Q701の悪い点をレビュー

素人には手を出しにくい価格

Q701はDTMやレコーディングの際に使うモニター向きのオーバーヘッドヘッドホンであるため、観賞用の使用には向いていません。これは性質上仕方ないことなのですが、拡張性が高ければこのタイプのヘッドホンでも、鑑賞用にできるため少し残念な部分ではあります。

公共の場では基本的に使えない

Q701は開放型のオーバーヘッドヘッドホンであるため、音漏れは確実にします。まず、確実に電車やバスなどの公共の場では絶対に使えません。コード長からしてそもそもモバイル端末での使用を想定されていないため仕方ありませんね。

静かな場所での使用に限られる

上述したとおり、Q701は開放型のオーバーヘッドヘッドホンであるため、遮音性が非常に低いです。というか遮音を想定して作られていません。そのため、屋外での使用は雑音がガッツリ聴こえるので、使用の際は屋内のみでの使用となってくるでしょう。

AKG Q701の良い点をレビュー

安定した低音

Q701は音質に関して、あらゆるユーザーからグッドイメージをもたれている開放型のオーバーヘッドヘッドホンです。中でも低音の再現性や安定性に関しては非常に評判が高く、ベースやバスドラムの聴いた音源では、凄まじい迫力を発揮してくれます。

線が細く、キレイな高音

上述したように、Q701は低音に迫力があることで有名な開放型のオーバーヘッドヘッドホンですが、長所は決して低音だけではありません。Q701は高音のノビがよく、バイオリンやビオラなどの繊細な音源も高いレベルで再現することが可能です。

長時間の使用もできる重量

Q701は開放型のオーバーヘッドヘッドホンの中でも非常に軽い部類に入る商品です。その重さはなんと300gを大きく下回り、235gとなっています。長時間の使用で10gの差というのは非常に大きいです。ここまで軽量化されたQ701であれば、長時間の使用も苦ではなくなるでしょう。

AKG Q701の口コミを集めてみました

NW-WM1Z, BCR-NWH10, AMPはTA-ZH1ES、カインのHA-1AMK2で聞いています。 初めてAKGのQ701を購入しましたがとても素晴らしく、もっと速く買えばよかたと思っています。 これで、音ではなく、音楽を楽しめるように感じます。ヘッドホンも色々持ってますがAKGが自分に合う様に感じます。 コストパフォーマンスが最高! 追伸 AKGがこんなにも素晴らしい音で鳴らすとは、低音もバンバン出てきますしびっくりしました。凄く好みです。ゼンハイザ-も良いですが、さすがにAKGですねなめてました。嵌まりました本当に素晴らしいです。

出典:https://review.kakaku.com

こちらの口コミの方も仰るとおり、Q701は一見すると非常に高額な商品のように思えますが、実際はそんなことはありません。多くの方にとってQ701は、その高いスペックを考慮すれば寧ろお手ごろと感じるでしょう。

外人向けに作ってあるのか大きさはかなりでかいです。音の傾向は、ピラミッド型かなり低音重視の傾向です。が、イアーパッドを外してスポンジでできた詰め物を外すとフラットな音になります。ピュアオーディオのフラットな音を嗜好されている方は試してみる価値ありです。 オープンエアー型のヘッドフォンなので遮音性はゼロ、自宅専用と割り切ると不満も出ないでしょう。

出典:https://review.kakaku.com

こちらの口コミの方は、Q701に対して全体的にグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。口コミの方も仰るとおり、Q701は開放型のオーバーヘッドヘッドホンですので遮音性はほとんどないので、屋内での使用がベストとなってきますね。

音に関しては多くの方の感想と同じ意見です。 刻印が欲しかったのでオーストリア製を購入しました。 品質にも期待してたのですが中国と大差ないようです。 外枠に小キズがありシリアルナンバーのシールも大きく曲がっていました。 シールは貼り直しましたが小キズは諦めます。 刻印がいらない人は安い中国製を買った方がいいと思います。

出典:https://review.kakaku.com

Q701の高いスペックや長時間の使用を考えて設計された優秀なデザインに関しては、多くの方と同じようにグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。中国製のものと品質が変わらないのは、価格を重視するかたにとっては嬉しい要素ですね。

何を作るにしてもこの自然さを醸し出すのは至難の技だと思うし、やはりAKGは素人、玄人両方を包括できる脅威のヘッドホンですね。 ただ言えることはそのままですと高音よりなのでヘッドホンアンプやイコライザーで低音強化する必要は感じます。私は低音好きなのでそのままが丁度いい方もいる? あとAKGのほとんどのヘッドホンはエージング200時間位必要ですね。

出典:https://review.kakaku.com

ヘッドホンはエイジングが、ほぼ必ず必要となってきますが、こちらの口コミの方も仰るとおり、アーカーゲーの ヘッドホンは通常の倍近い200時間ほどのエイジングが必要になってきます。

AKGですねって感じの刺さらない、滑らかで抜けのいい高域に、このモデル特有の広いレンジと詳細な低域 スピーカーを鳴らせない深夜の友です 使い始めはピーキーなので丸一日くらいは鳴らしこんだほうがいいかと思います オープン型なんで音漏れはそれなりにあります

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方もQ701の高い音質に関してグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。こちらの口コミの方も仰るとおり、使い始めの音質は、どの ヘッドホンであろうと最悪なのでエイジングは必須です。

一言で言うと、フラットで音が広がる印象を受けました。 注意点をあげるとするならば、インピーダンスが高いのでアンプは必須かと思われます。 さて、今回私がお伝えしたいのは「アフターサービスの良さ」です。 この製品にはハーマンの2年保証がついています。 購入から1年6ヶ月、突然右側のスピーカーから音が出なくなってしまい、販売元であるハーマン様に連絡を差し上げたところ、非常に丁寧に対応してくださいました。 Amazonの納品書と本体パッケージに付属している保証書を郵送したところ、5日程で修理されたものが自宅に届きました。 また、ヘッドホンのイヤーパッドの部分もサービスで清掃して下さったようで、感謝の気持ちでいっぱいです。 これからはまた音楽漬けの日々になりそうですw

出典:https://www.amazon.co.jp

アフターサービスの良さに関する口コミはいくつもありました。高い買い物ですので、アフターサービスがしっかりしているという点は非常に大きなメリットかと思われます。

よく言われてる低音部分ですが、確かに控えめではあります。 ただ、モニタ用としてはそれがかえって邪魔になるので、調度よいバランスに仕上がっていると思いました。 重量はやや重め、大きさもそれなりに大きい。 また、アンプもしっかりした物を選ばないといけないなど、色々と課題はあるが、それでも買ってよかったと思える品ではないでしょうか?

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方は、DTMのモニター用としてQ701を使用されているようです。DTMでの ヘッドホンの役割は音に迫力や深みをつけることではなく、フラットに忠実に再現することですが、そういった場合でもQ701の性能は優秀ということがこちらの口コミを見て分かりますね。

二種類の長さのケーブルは使い勝手がよい 側圧がちょっと強い

出典:https://www.biccamera.com

こちらの口コミの方も、基本的にQ701に対してグッドイメージをお持ちでいらっしゃるようです。

Q701 と K712の違い

ハーマンインターナショナル

AKG Reference Studio Headphones K712PRO 【国内正規品】

価格:32,832円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

K712はQ701と同じAKGから発売されている開放型のオーバーヘッドヘッドホンです。

 

K712とQ701は、まず生産が異なる点、次にヘッドホンタイプが異なる点、そして同包品異が異なる点がデザインやスペック面に関して、大きく異なる点となります。

 

まず生産が異なる点についてですが、Q701は生産が終了しており、流通商品のみの販売となっています。K712は現在も生産が続いており、メーカーサポートも継続している状況となっています。

 

次にヘッドホンタイプが異なる点についてですが、Q701はヘッドホンタイプがセミオープンであるのに対し、K712はヘッドホンタイプがオープンとなっています。

 

最後に同包品が異なる点についてですが、Q701は取り外し可能ケーブル (長さ2種類) / 3.5-6.3mmと変換アダプタが同包されているのに対し、K712の同包品はコイルケーブルとプレミアムキャリングポーチとなっています。

 

Q701とK712の違いに関する総合的な評価についてですが、スペック的にはK712が上ですが、コスパではQ701の方が優秀でしょう。ただし、K712がQ701の性能を上回るといっても非常に高水準同士での違いなので、普通にDTMをする程度であれば、価格の安いQ701を購入するほうが良いでしょう。

Q701 と K701の違い

ヘッドフォン イヤホン

AKG K701 リファレンスヘッドホン 並行輸入品

価格:19,150円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

K701はQ701と同じAKGから発売されている開放型のオーバーヘッドヘッドホンです。

 

K701とQ701は、まずリケーブルが異なる点、次に価格推移が異なる点がデザインやスペック面に関して、大きく異なる点となります。

 

まずリケーブルが異なる点についてですが、Q701はリケーブルが可能であるのに対し、K701はリケーブルができない仕様となっています。

 

次に価格推移が異なる点についてですが、Q701の価格推移は変わらない状況であるのに対し、K701の価格推移は下降を辿る状況となっています。

 

K701とQ701の違いに関する総合的な評価についてですが、基本的なスペックには変わりないものの、価格に関してはK701の方が優秀なので、特にQ701を購入するメリットがなければK701を購入すると良いでしょう。

AKG

AKG Q701 ヘッドホン オープン型 ホワイト Q701WHT 【国内正規品】

価格:49,800円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Q701について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

Q701の商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの世帯にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、Q701のおすすめポイントについてですが、やはり、「音質」と「装着性」と「価格」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「装着性」に関しては、長時間のリスニングを重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

 

続いて、Q701の口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、Q701のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、Q701の総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。