グラドラボ GW100の評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥31,093
GRADO GW100 ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、GRADO GW100 ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/13 更新

ランク王編集部

長時間連続使用可能!音漏れ軽減を実現したワイヤレスヘッドホン

本商品は、Grado独自の内部構造を採用しており、音漏れを大幅に軽減したワイヤレスタイプの開放型ヘッドホンです。近くに人がいる場合や、音が気になる夜などの時間帯でも気兼ねなく使用できます。また、周波数特性は20〜20000Hzで、幅広い音域がクリアなサウンドを実現。連続再生約40時間可能で、長時間利用することができます。

重量が約180gと軽量なため、長時間連続して使用する方にもピッタリです。さらに、Bluetoothでの接続に対応しているので、配線しなくても手持ちのデバイスで利用することができます。そのため、動きを邪魔されず、キッチンで料理する時に音楽や動画の音声を楽しみたい方にもおすすめしたい商品です。

編集部おすすめの記事

GW100の基本スペック

タイプ
オーバーヘッド
接続タイプ
ワイヤレス・有線(ワイヤード)
装着方式
両耳
構造
半開放型(セミオープン)
駆動方式
ダイナミック型
プラグ形状
ミニプラグ
インピーダンス 【Ω】
32 Ω
音圧感度 【dB】
98.8 dB
再生周波数帯域
20Hz〜20kHz
ドライバサイズ 【mm】
40 mm
充電端子
microUSB
ワイヤレス 
Bluetooth
Bluetoothバージョン
Ver.4.2
連続再生時間
約15時間
対応コーデック 
SBCaptX
マイク 
折りたたみ 
カラー
ブラック系
重量【g】
170 g

GW100の通販サイト比較

楽天 ¥31,093

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥31,680

在庫 : ○

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る
Yahoo!ショッピング ¥31,669

在庫 : ○

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されている記事

【2022最新版】有線ヘッドホンの厳選おすすめ20選|高コスパ&ハイレゾ対応ものサムネイル画像

【2022最新版】有線ヘッドホンの厳選おすすめ20選|高コスパ&ハイレゾ対応も

2022/05/23

【2022年最新】ワイヤレス(無線)と有線両用ヘッドホンのおすすめ13選|特徴や選び方も解説のサムネイル画像

【2022年最新】ワイヤレス(無線)と有線両用ヘッドホンのおすすめ13選|特徴や選び方も解説

2022/02/24

【2022年最新】価格別!ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|安い・おしゃれ・選び方ものサムネイル画像

【2022年最新】価格別!ワイヤレスヘッドホンのおすすめ|安い・おしゃれ・選び方も

2022/02/01

USB接続ヘッドホンおすすめ6選!選ぶポイントや接続方法ものサムネイル画像

USB接続ヘッドホンおすすめ6選!選ぶポイントや接続方法も

2022/01/12

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのおすすめ14選|違いや選び方を解説のサムネイル画像

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンのおすすめ14選|違いや選び方を解説

2021/12/14

【2022年最新】おすすめヘッドホン18選!タイプ別に徹底比較!のサムネイル画像

【2022年最新】おすすめヘッドホン18選!タイプ別に徹底比較!

2021/12/14

【最新版】有線・無線両用ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】有線・無線両用ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ドライバー口径40~70mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【最新版】ドライバー口径28~40mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ドライバー口径28~40mmのヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

【最新版】2万円~の高級ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】2万円~の高級ヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/14

ワイヤレスヘッドホンおすすめ10選|充電に関する疑問も解決【徹底解説】のサムネイル画像

ワイヤレスヘッドホンおすすめ10選|充電に関する疑問も解決【徹底解説】

2021/12/14

【最新版】左右一体型のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】左右一体型のワイヤレスイヤホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【最新版】2万円〜3万円のワイヤレスヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】2万円〜3万円のワイヤレスヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【最新版】ワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】ワイヤレスのオーバーイヤーヘッドホン "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/08

【2022最新】軽いヘッドホンおすすめ15選|ワイヤレスヘッドホンも紹介のサムネイル画像

【2022最新】軽いヘッドホンおすすめ15選|ワイヤレスヘッドホンも紹介

2021/12/03

【2022最新】3万円前後のワイヤレスイヤホンおすすめ8選|ポイントも紹介のサムネイル画像

【2022最新】3万円前後のワイヤレスイヤホンおすすめ8選|ポイントも紹介

2021/12/03

セミオープン型ヘッドホンのおすすめモデル11選!口コミ・特徴・比較【2022年最新版】のサムネイル画像

セミオープン型ヘッドホンのおすすめモデル11選!口コミ・特徴・比較【2022年最新版】

2021/11/30

【2022】映画鑑賞向けヘッドホンおすすめ15選|サラウンド対応ものサムネイル画像

【2022】映画鑑賞向けヘッドホンおすすめ15選|サラウンド対応も

2021/11/15

Grado Labs

グラド Bluetooth搭載ダイナミックオープンエアー型ヘッドホンGRADOワイヤレスシリーズ GW100

価格:31,082円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー
GRAD
商品名
グラド・Bluetooth搭載ダイナミックオープンエアー型ヘッドホン・GRADO・ワイヤレスシリーズ GW100
タイプ
-
装着方式
両耳
Bluetoothバージョン
4.2
連続再生時間
15時間
構造
セミオープンエア型
コード長
-
その他機能
バッテリー容量:320mAh

ヘッドホンに求められるのはやはり音質です。ワイヤレス機器は有線よりも音質が悪いというイメージがありますが、このGW100はその印象を覆せるほどの高音質になっています。

 

GRADOならではの音質を楽しめることでしょう。また、迫力もありますし、音の細やかさもあります。どんなサウンドも音質を気にせず楽しめること間違いありません。

長時間再生できる点でもおすすめです。ワイヤレスイヤホンは「充電」の手間がありますのでどうしても有線の方がその点においては使い勝手が良いです。

 

しかし、GRADOのGW100は15時間連続再生ができるので、半日音楽を聴きっぱなしでもまだ聞けます。

 

日中の間は持ってくれるので、睡眠時間に充電をしてあげれると切れることはありません。

GRADO GW100は、世界初の開放型Bluetoothヘッドフォンです。しかも、今まで有線でリケーブル機能もつかないヘッドフォンのみを販売していた老舗GRADOがリリースしました。話題性は抜群です。

 

世界初のヘッドフォンの音を楽しんでみてはいかがでしょうか?面白い発見も沢山あることでしょう。

「屋外で、接続が途切れ途切れになって音楽に集中できない」という声がありました。もちろん、環境にも寄りますが、外でヘッドフォンを使って動き回ると接続が悪くなってしまうようです。

 

外で運動をするときに使いたい方には向いていないかもしれません。

シンプルであることを良いと捉えるのか悪いと捉えるかに寄りますが、”多機能か”という点において考えると悪い点と言えるでしょう。

 

もちろん、多機能ではない分、基本的な機能は高性能です。

 

ノイズキャンセリングやタッチ操作などは一切できませんので、そのままの音を楽しみたい、ノイズごと楽しみたいという方にはおすすめです。雑音が入ってしまうのは開放型の特性なのでしょうがないでしょう。

世界初の開放型のヘッドフォンですが、音量を上げると音漏れがしてしまうようです。ヘッドフォンの最大の魅力は「閉塞感」で、「音漏れがしにくい」というところでしょう。音漏れをしてしまうならイヤホンを使うという人も多いです。

 

そういう面では、ワイヤレス式とは言え開放型のヘッドフォンに魅力を感じない人も多数います。

セミオープン型になっても、GRADOの音質は落ちません。開放型で音が逃げやすいと思いがちですが、セミオープンのため低音もしっかりと鼓膜に伝えてくれます。

 

昔ながらなのGRADOの音が好きな方でも楽しめること間違いありません。ギターやボーカルの音はもちろん、ベースやドラムの音も爽快にノリノリで楽しめます。

 

GRADは、どの音楽ジャンルにもおすすめですが、特にロックがおすすめです。ロック好きな方にはたまらない音質になります。

音ズレを最小限に抑えている点もこの商品の良い点です。ワイヤレスイヤホンやヘッドフォンを購入したときに、動画やゲームの映像と音がずれて音楽用にしか使えないという経験をした方もいるのではないでしょうか。

 

GRADOではその心配は軽減されます。音ズレがあまりないので、快適に動画を見ることが出来るでしょう。耳を使うゲームでは少し不安は残ります。

 

MVを見るときも、音楽と映像のズレを気にすることなく楽しむことができるのです。

ヘッドフォンをつけるうえで重要視したいのはやはり「つけごこち」。つけ心地が悪ければ音楽どころじゃありません。GRADO GW100のヘッドフォンは、つけごこちが軽く、長時間つけていても疲れを感じない点でとてもおすすめです。

 

装着していることを忘れるくらいに、快適に1日を過ごせるでしょう。

音が出てすぐに「GRADOの音だ」と思いました。全体的に開放感があって音の抜け方が気持ちいいです。音がこもることがないので自然と高域寄りになりますが、GW100はセミオープンだからか低域も量感があって下まで出てます。 ギターリフの音が軽快に鳴るのももちろんいいのですが、ドラムのタムのアタック音が快適でした。

出典: https://music.iiotode.com

やはり、GRADOならではの音を楽しむことができるみたいです。セミオープン設計なので、低音域も高音域の音質に負けていません。ヘッドホンに求められるのはやはり一番は「音質」ですね。
軽いので長時間着用しても気になりませんでした。

出典: https://www.gizmodo.jp

ヘッドフォンをつけていることを忘れるくらい軽い設計なので、長時間装着も楽々です。15時間連続して曲を再生できますし、長い間ストレスなく聞ける点では最高のヘッドフォンと言えるでしょう。
ここが少し以外な結果でした。 開放型なのでじゃじゃ漏れ状態かと思いきやiPhoneに付属で付いてくるイヤホンレベルです。 かなり大きな音で聴いてもそれほど音漏れしないですがさすがに満員電車では使えないレベルです。

出典: https://review.kakaku.com

音量を大きくしてしまえばさすがに音漏れはおこりますが、iPhoneに付属しているイヤホンレベルなら電車内でも問題なく利用できるでしょう。 普段はあまり大音量で曲を聴かない人にはおすすめできそうです。
GRADOらしいデザインですが、質感がいいのと細部の作り込みもよくできています。これまで見てきたGRADO製品は民芸品という表現がピッタリの作りだったのでちょっと意外でした。(笑)

出典: http://staging.rank-king.jp

GRADOらしいデザインを残しつつ、細部まで作り込まれた至高のデザインです。シンプルで格好良いデザインが好きな人にはたまらないヘッドフォンでしょう。 質感が良い点でも好印象です。ヘッドフォンはやはりデザイン性、外見も大事ですね。
These, though are a great disappointment. Besides the very plastic quality and the controls that are counter-intuitive and on the wrong side what is the saddest of all is the terrible bluetooth connectivity especially outdoors.

出典: https://www.amazon.co.jp

英語のレビューを引用してしまいましたが、「屋外でのBluetooth接続が悪い」という意味合いのレビューです。 外で急に頭の向きを変えたりすると接続が悪くなるそうですので、外での運動時には向いていないのかもしれません。また、音のタイミングが大事なゲームなどにも向いていないでしょう。
このGW100は約60%の音漏れを 軽減したモデルにはなりますが やはり音量をあげると 音漏れは起こってしまいます。

出典: https://e-earphone.blog

GW100は、60%音漏れを軽減しているモデルですが、開放型のため音漏れはどうしようもない問題のようです。音漏れがない環境下で使うか、音量には常に気を配った方が良いでしょう。 音漏れが気になるか気にならないかは人に寄るようです。
それと密閉型特有の閉塞感というものがありません。オンイヤーですし、ましてや開放型なので、(もしかするとこれがこの製品の最大のメリットかもしれないですね) このヘッドホンを使っていて息苦しさを感じる事は無いと思います。

出典: https://review.kakaku.com

閉塞感が苦手に感じる方や、外の音が聞こえないと不安だという方にもおすすめできるヘッドホンになります。開放型である点をメリットと捉えるかデメリットと捉えるかが鍵ですね。
もう一つ、気になる点は耳に当たる部分のパッドです。安っぽい素材でできており、耳に当たるとちょっとだけガサガサ感があるんですよね。そしてイヤーカップから外れてしまいます。なのでヘッドフォンをカバンの中に投げ入れたときには、後ほど使いたいときにイヤーカップから外れてしまったカバーパッドをカバンの中で探すという作業が必要になります。

出典: https://www.excite.co.jp

GRADO独特の耳当ての部分が馴染むかどうかも問題です。慣れないとつけごこちが悪く、音楽に集中できなさそうです。
GRADO

【国内正規品】GRADO SR325e オープン型オーバーヘッドヘッドフォン アメリカ製 新シリーズ 000899

価格:38,545円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最近発売されたGRAD GW100と、同じ会社から発売されている人気の商品SR325eを比較してみましょう。

 

SR325eは、オープンエアー型のヘッドフォンです。開放感あふれる、爽快な中高音が一番の特徴になります。

 

SR325eとGW100の主な違いは、GW100がワイヤレスであるのに対して、SR325eは有線であることです。ワイヤレスであるGW100の方が持ち運びには適していると言えるでしょう。

 

また、GW100のモデルにはマイク機能が付いていますが、SR325eモデルにはマイクは内蔵されていません。更に言うと、GW100はリケーブル機能も付いていて、音質を自分好みに調節できます。

 

音質や、遮音性、音漏れに関しては目立った違いはありません。どちらの機種でも爽快感のある中高音、そして聞けば聞くほど深みにはまる低音を楽しめます。デザインもGRADOならではのデザインを堪能できるでしょう。音ズレに関しては有線であるSR325eモデルの方が優秀です。

 

ワイヤレスで持ち運びやすい点、リケーブル機能とマイク搭載の機能面からいうと、GW100の方が機能的と言えます。値段もGW100のほうが7,000円以上安いので、音楽を聴くだけであるならばGW100が使いやすいでしょう。

GRADO

グラド オープンエア型ヘッドホンLimitad Edition ヘリテージシリーズ GH4

価格:71,060円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

次は、GW100と同じ会社が販売しているGH4と比較をしていきます。

 

やはり、一番の違いはGW100がワイヤレスであると言うことに対して、GH4は有線であると言うことです。しかし、今回はデザイン性に関してだけいうとGH4が勝っていると言えるでしょう。

 

GH4のヘッド部分には木目調の和風チックなデザインが施されています。他のヘッドフォンにはないデザインです。GW100にはもちろん、他の製品にもないでしょう。また、フィット感に関してもGH4の方が良いと言えます。

 

デザイン性はGH4がGW100に勝っていますが、音質は圧倒的にGW100のほうが高音質です。そして、万単位でGW100の方が安価です。機能的な面と価格の面で考えるとGW100のほうが良いでしょう。

 

しかし、デザインを追求したい方には値段がは高いですがGH4をおすすめします。

Grado Labs

グラド Bluetooth搭載ダイナミックオープンエアー型ヘッドホンGRADOワイヤレスシリーズ GW100

価格:31,082円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GRADO GRAD GW100 ヘッドフォンの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

GRADOのGW100は、世界初のセミオープン型ワイヤレスヘッドフォンです。開放感を「良いもの」と捉えるか、「使いにくいもの」と捉えるかは使用者次第でしょう。自分の用途をよく考えて購入を検討してください。

 

音質は、有線のものに負けないほど高音質です。従来のGRADOの音質が大好きな方には最高のヘッドフォンになること間違いありません。また、開放感が好きな方にもたまらないヘッドフォンでしょう。

 

しかし、大音量にして聞きたい方や、外での途切れる音が嫌いな方には向きません。運動のお供に使いたいと考えている方、閉塞感が大好きな方は従来の有線製品を使用するか、閉塞感があるものを選びましょう。

 

自分の用途に合ったヘッドフォンを買って、最高のヘッドフォンライフを過ごしましょう!