オーディオテクニカ ATH-MSR7b イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥9,980
audio-technica ath-msr7b イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、audio-technica ath-msr7b イヤホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/26 更新

ATH-MSR7bの基本スペック

タイプ オーバーヘッド 接続タイプ 有線(ワイヤード)
装着方式 両耳 構造 密閉型(クローズド)
駆動方式 ダイナミック型 プラグ形状 ミニプラグ/4.4mmバランス
インピーダンス【Ω】 36 Ω 音圧感度【db】 101 db
再生周波数帯域 5Hz〜50kHz ドライバサイズ【mm】 45 mm
コード長【m】 1.2 m 最大入力【mW】 2000 mW
リケーブル ハイレゾ
折りたたみ カラー ブラックガンメタリック
重量【g】 237 g

ATH-MSR7bのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

audio-technica ath-msr7bの基本スペック

オーディオテクニカ

オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン(ブラック)audio-technica ATH-MSR7B-BK

価格:19,671円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー audio-technica(オーディオテクニカ) 商品名 Sound Reality ath-msr7b BK(ブラック)・GM(ガンメタリック)
タイプ オーバーヘッド 装着方法 両耳
構造 密閉型(クローズド) プラグ形状 ミニプラグ/4.4mmバランス
コード長 1.2m

audio-technica ath-msr7bのおすすめポイント

45mmの”トゥルー・モーション”ハイレゾドライバー搭載

ath-msr7bヘッドホンは、駆動力を最大限に引き出す高性能磁気回路と、音声信号を正確に伝送するという高純度7N-OFCショートボビン巻きボイスコイルを採用した、直径45mmの”トゥルーモーション”ハイレゾドライバーを搭載しています。

 

オーディオテクニカが開発した人気の”トゥルーモーション”ハイレゾドライバーを搭載することで、原音に忠実な音を楽しむことができます。

A2DCコネクターでリケーブル対応

ath-msr7bヘッドホンは、A2DCコネクターを採用した両出し形式です。A2DCコネクターは、オーディオテクニカ開発したオーディオ用の着脱式コネクターでリケーブルに対応しています。左右ドライバーのバランスを重視し、安定した着脱、高い耐久性があります。

デュアルレイヤー・エアコントロールテクノロジー採用

ath-msr7bヘッドホンは、ハウジングが2室に分かれたデュアルレイヤー・エアコントロールテクノロジーを採用しています。デュアルレイヤー・エアコントロールテクノロジーとは、2室に分かれた二重構造のハウジングが、ハウジング内の空気の動きを最適化し、振動板が快適に駆動できるというもの。

 

不要な振動を抑えるレイヤードメタル構造、トリプルベントシステムなど採用しています。

audio-technica ath-msr7bの悪い点をレビュー

場所を取る

持ち歩く機会の多いath-msr7bヘッドホン。スイーベル機構で折りたためるようですが、90度しか折りたためず場所を取るという声がありました。ヘッドホンはもともと大きいものであるため、想像したよりもコンパクトにはならないようです。

 

外出先で取り外す可能性がある場合は、大きめのバッグと一緒に持ち歩くことをおすすめします。保護面を考え、付属されているソフトポーチに収納すると安心できます。

少し蒸れる

ヘッドホンを耳に装着したことのある人ならば経験があるかもしれません。ath-msr7bヘッドホンも例外ではなく、少々蒸れることがあるそうです。密閉性の良さが、遮音性に繋がるので、多少の蒸れやすさはしょうがないのかもしれません。夏の暑い時期に外で装着する場合、対策が必要になりそうです。

頭上に負荷がかかる

ath-msr7bヘッドホンは、長時間使用する人への負担を少なくするために、最大限に軽量化をしています。その為、頭のヘッドパット部分のスポンジが少なくなっているようです。

 

最初は気にならないようですが、長時間使用しているとヘッドパッドの当たる部分に、痛みまではないのですが、負荷がかかるという声もありました。そうなった場合、少しずつ、ヘッドパッドをずらす方法など地道な作業が効果的なようです。

エージング前は音が突き刺さる

ath-msr7bヘッドホンは最初、突き刺さるような音だという声もありました。エージングすると上質な音になるので、イージング専用の音源を用意し、きちんとエージングを行いましょう。

 

ath-msr7bヘッドホンのインピーダンスが36Ωと小さめなので、ピンクノイズ使用ですと10時間〜30時間ほどで効果が出てくるかもしれません。

audio-technica ath-msr7bの良い点をレビュー

イヤーパッドがもちもちで付け心地が良い

ath-msr7bヘッドホンのイヤーパッドは、もちもちで柔らかくフィット感も絶妙で、付け心地が良いと好評です。ヘッドホンを選ぶ人は、長時間使う人が多いので、付け心地やフィット感は重要なポイントになります。

 

ath-msr7bヘッドホンは、コードを除いた本体の重量は約237gでとても軽量なので、負担を感じさせません。

デザインがカッコいい

デザインもヘッドホンを選ぶ上で重要なポイントになります。ath-msr7bヘッドホンは、メーカーのロゴも小さくなって目立たなくなり、シンプルでカッコいい。業界人みたいでカッコいいという声が多いです。

 

ath-msr7bヘッドホンは、BK(ブラック)とGM(ガンメタリック)の2種類があり、BKは黒に青の差し色のヘッドホンでクールに。GMは茶色に赤の差し色のヘッドホンで可愛いです。

音質が良く中高音域がクリア

ath-msr7bヘッドホンの音質に関しての口コミは評価が高いものが多いです。とくに、中高音域がクリア、女性ボーカルが気持ちよく響き渡って聴こえるなどの声もあるので、音質に関しては申し分ないようです。クラッシックからロックまで幅広くバランスよく聴くことができます。

 

中低域に多いボワつきもなく、音の広がりや、定位感も満足いくとの声もありました。

ハイレゾ音源も細かく再現できる

ath-msr7bヘッドホンはハイレゾ対応で、とても好評です。ハイレゾは音の情報量が圧倒的に多く、音の力強さや繊細さ、奥行き、表現力などCDでは聴き取れないような細かな音も聴き取れます。

 

今まで聞き逃していた楽器やボーカルの息遣いなども加わり、CDでは味わえなかった綺臨場感のある音楽を存分に楽しむことができます。

audio-technica ath-msr7bの口コミ集めました

最近寒くなってきた為、耳だしのイヤフォンでは耳が痛いので購入しました。 同じ様にクリアな音質で満足しております。耳を覆ってくれるので常識の範囲内での音量では外音でかき消されて音漏れもしないです。

出典:https://www.yodobashi.com

普段はイヤホン派でも、寒い時期は耳当てのようなヘッドホンへ移行する方も。冷たくなった耳がクッションに覆われ優しくフィットしてくれます。音漏れの心配もないようです。

ハイレゾ音源を再生すると細かな音まで聞こえていて特に中高音域はさすがです。とてもクリアに聞こえてきます。 装着感はとても軽く側圧も強くなく、イヤーパッドも柔らかいので楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイレゾ音源を存分に聴けるath-msr7bヘッドホン。中高音域、イヤーパッドは特に好評です。

ケーブル端子が他に持ってるテクニカ製のM50x、WS660BTとも違うし、同一メーカーで違うのは如何なものでしょうか。本当に音、デザイン、付け心地は最高なのに残念です。

出典:https://www.amazon.co.jp

同じオーディオテクニカでも、SOLID BASSとSound Realityではケーブル端子が違うようなので、注意しましょう。

PC直刺し、スマホ直刺しなどではあまり 上下左右広がり感は感じれませんでした ボーカルも距離感は結構近い方だと思います ですがDP-X1Aにてバランス接続した場合、左右のセパレーションや出力が上がり 音場の広がり感、定位感なども良くなったので使用環境に結構左右されるのかなと思いました。

出典:https://kakaku.com

シリーズ初のバランス接続対応モデルでもあるath-msr7bヘッドホン。バランス接続することで環境が格段に良くなるようです。

ヘッドホンを使うのは初めてだが、とても質が高いと感じます。ガンメタリックを買いましたが、ハウジングの外装も赤の差し色が素敵です。

出典:https://kakaku.com

初心者の方もath-msr7bヘッドホンの質の良さがわかるクオリティ。デザインも好評です。

耳に当たる部分はモチモチしていて、快適です。頭頂部のクッションが少し薄いかなと感じますが二時間つけっぱなしでも全く痛くなりません。 密閉型だからなのか、多少蒸れます。

出典:https://review.kakaku.com

イヤークッションの感触はとても気持ち良さそうです。頭頂部はスポンジが少ないですが、痛くはならないようです。ヘッドホンを長時間つけっぱなしにせず、耳元に風を通しましょう。

【中高音の音質】 良い意味でオーテクらしい煌びやかな高域ですが変にシャリシャリしたり刺さったりすることはありません。ハイハットなどの金属の響きやクッキリ描写されるボーカルの生々しさは流石です。さらにMSR7は音源によって刺さりを感じていたのですが、本機ではそういった神経質な部分が改善されています。中高域の解像度の高さと締りのある鳴らし方は引き継ぎつつ、線の細い表現がなくなり音の厚みが増したように感じました

出典:https://review.kakaku.com

ボーカルが身近に感じられるほどの生々しい臨場感に定評があります。ath-msr7ヘッドホンの後期モデルで改良している為、魅力がUPしています。

【低音の音質】 引き締まった鳴らし方で他の帯域にかぶさるようなこともない絶妙なバランスだと思います。空間に広がる低音ではなく中高域の下にどっしりと支えるような配置で、音全体の印象がしっかりとしたものに感じられます。ただ単に量感を無くして中高域を聞き取りやすくするような感じではなく、とてもユニークな聞かせ方だと思いますね。

出典:https://review.kakaku.com

低音ではなく中高域が支えていると感じる人は多いです。音のバランスの良さだけではない味わいのあるサウンドを届けてくれます。

ath-msr7b と ath-msr7の違い

Audio Technica(オーディオテクニカ)

audio-technica 密閉型ポータブルヘッドホン ハイレゾ音源対応 ブラック ATH-MSR7 BK

価格:16,672円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018年に発売されたath-msr7bヘッドホンは、2014年発売のath-msr7ヘッドホンを改良したもなので、よく比較対象になります。ath-msr7bヘッドホンではath-msr7ヘッドホンに比べ、「高音のキンキンした鋭さがなくなった」という声を聞きます。

 

他にも、本体の重量は290gで重いと言われていましたが、237gと軽くなり、側圧が強い部分も改善され、長時間使用しても快適なままでいられるそう。そして、大きな違いといえば、ath-msr7bヘッドホンは両出し式のA2DCコネクターによる着脱式ケーブルなのに対し、ath-msr7ヘッドホンは左側のハウジングから3.5mmプラグでの着脱方式なことです。

 

ath-msr7ヘッドホンは今では定番的な人気です。好みにもよりますが、ath-msr7bヘッドホンはath-msr7bヘッドホンの進化系である上に、価格もさほど変わらないのでath-msr7bヘッドホンをおすすめします。

 

ですが、ath-msr7ヘッドホンはレッドが展開されています。とっても可愛いので、一目惚れした方はath-msr7ヘッドホンのレッドをおすすめします。

ath-msr7b と ath-msr7seの違い

オーディオテクニカ

オーディオテクニカ ポータブルヘッドホン ATH-MSR7SE   

在庫なし

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

青のカラーとゴールドラインがスタイリッシュなデザインのath-msr7seヘッドホンは、ath-msr7ヘッドホンを特別仕様にした限定モデルです。ath-msr7ヘッドホンよりも音質を高精細に再生できる45mm径の「トゥルー・モーション」ハイレゾドライバを搭載しているのは、ath-msr7bヘッドホンと同じです。

 

同じくDual-layer Air-control Technologyも採用。違うところは、高純度銅線(6N-OFC)のリケーブルが付属しておて、取り付けると情報量が多く音質も向上します。ath-msr7bヘッドホンは、両出しの1.2mバランスケーブル(直径4.4mm5極プラグ)と、1.2mコード(直径3.5mmステレオミニプラグ)が付属します。

 

イヤークッションも改善されており、ath-msr7seヘッドホンは、ath-msr7bヘッドホンと一番似かよった製品のように思えます。口コミを読むと、音質に関してath-msr7seヘッドホンに分があるように思えます。

 

ですが、ath-msr7seヘッドホンは限定モデルな為、在庫もあまりなく、そして価格も4万円代と高価ということで、総合的にath-msr7bヘッドホンをおすすめします。

ath-msr7b と ath-sr50の違い

オーディオテクニカ

オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン ATH-SR50

価格:13,615円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018年のath-msr7bヘッドホンと同時期に発売されたath-sr50ヘッドホンは、同じバランス接続対応モデルすが、ath-sr50ヘッドホンは両出しではなく片出しです。標準ケーブルに加え、4.4mm5極バランスケーブルも同じく付属されています。

 

Bluetooth接続と有線接続の両方に対応しているath-sr50ヘッドホンは、多機能で便利。ノイズを低減するイズリダクションモードと、外音を取り入れるヒアスルーモードのアンビエンスコントロール機能。そして再生・通話を簡単に行えるタッチコントロール機能。

 

瞬時に音程を下げてくれるクイックヒアスルー機能など、外で音楽を聴きながらも生活を快適に過ごせるような便利多機能が搭載されています。対応コーデックはSBC・AAC・aptXで、カラーはブラックとブラウンの2色です。

 

価格もath-msr7bヘッドホンとほぼ変わらないので、音楽を身近に感じながら、生活もスマートにこなしたい人はこちらのath-sr50ヘッドホンがおすすめです。

ath-msr7b と MDR-1AM2の違い

ソニー(SONY)

ソニー SONY ヘッドホン MDR-1AM2 S : ハイレゾ 密閉型 折りたたみ式 ケーブル着脱式/バランス接続 Φ4.4ケーブル同梱 リモコン/マイク付き 2018年 シルバー

価格:24,086円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONY製品のMDR-1AM2ヘッドホンは、40mmHDドライバーユニットの採用ハイレゾ音源をクリアに聴ける。そして、リケーブル対応ということで、同じハイレゾ音源をクリアに聴けるヘッドホンとして、ath-msr7bヘッドホンとよく比べられます。

 

他には、ハウジング部分には樹脂材料を使い、いらない振動を抑えてクリアな音質を実現しているそうです。口コミでは音質に関して、二つをヘッドホンを比べたところ、クリアで音質が高いとath-msr7bヘッドホンの方に分があるようです。

 

MDR-1AM2ヘッドホンは、合成皮革と低反撥素材を採用したイヤーパッドなので、長時間のリスニングでも蒸れにくく、重量も187gでath-msr7bヘッドホンよりも軽いです。装着感はMDR-1AM2ヘッドホンの方が上のようです。

オーディオテクニカ

オーディオテクニカ ハイレゾ対応 ダイナミック密閉型ヘッドホン(ブラック)audio-technica ATH-MSR7B-BK

価格:19,671円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーディオテクニカ Sound Reality ath-msr7bの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価他製品との比較をまとめました。いかがでしたでしょうか?

 

ath-msr7bヘッドホンは人気のあったath-msr7を改良したものなので、イヤーパッドももちもちで気持ちよく長時間の使用も快適、音質に関しては個人差程度のもので悪い口コミもありませんでした。頭頂部に関しては、価格や重量からするとしかたがないと思える程度のもののようなので、特に気にしなくてもよさそうです。

 

ハイレゾ対応で音は細かい再生ができるので、元の音源を情報の多いものにしたり、バランス接続対応のDAPやリケーブルなどで、さらに音質の良い自分好みの音楽を追求して楽しむことができそうです。

 

唯一、重低音好みの方には、物足りなさを感じるかもしれないので、購入前に一度店頭で聴いてみることをおすすめします。