タープテントのおすすめ10選!用途に応じた種類や魅力を解説!

日避けや雨避けなどに最適なタープテントは様々なモデルが販売されており、キャンプ以外でも利用できる機会が沢山あります。様々なモデルの中から、自分の用途に合った商品を見つけられるよう、タープテントの種類ごとの特徴をご紹介させていただきます。

タープテントとは、ポールの上に屋根となるシートが付いたキャンプグッズです。屋根があることから、キャンプのみならず、音楽フェスや庭でのバーベキューなど、使用できるシーンは数多くあります。

 

例えば日差しが強い日や、雨が降っている日にも、タープテントを準備しておくことで快適に過ごすことができます。日避けや雨避けの用途であれば、テントがあれば十分と思われるかもしれませんが、テントにこもりきりのキャンプだと、アウトドア気分もあまり感じられなくなります。

 

そんな時でも、タープテントの下であれば、ファミリーや友人とアウトドア気分を味わいながらバーベキューや調理を楽しむことができます。テントを寝室に例えるならば、タープテントはリビングというイメージが近いです。

 

キャンプにおいても、タープテントの下で過ごす時間は意外と長く、用途や目的に応じたタープテントを選ぶには、サイズや扱いやすさが関わってきます。この記事ではそんなタープのおすすめ商品と選び方について紹介します。

今すぐおすすめのタープテント7選を見る

現在市販されているタープテントのラインナップには、サイズ(何人で使用可能か)、形状、アレンジ方法などによって、たくさんの種類があります。

 

例えばサイズであれば、ソロキャンプなどの1人で使用できるサイズ感のものから、ファミリーで使用できる2〜4人用のものなどがあります。形状も開放感の感じられる形状のものもあれば、足元まで屋根部分を広げられて、よりプライベート空間を感じられるものまであります。

 

また、テントと連結できるタイプや、どこでもすぐに組み立てて使用できる自立式のタイプなどアレンジ方法もたくさんあります。

今すぐコスパ抜群のタープテント3選を見る

アレンジも連結も!自由自在なヘキサタープ

ヘキサタープはアレンジ方法が豊富でテントと連結できる、ツーリングスペースが取れる、収納性が高いなどの特徴を持ちます。

 

市販されているサイズのラインナップも幅広く、ソロキャンプ、ファミリーキャンプのどちらにも適しています。デザイン性にも優れている商品が多く、キャンプ気分を存分に味わうことができます。また、設営スペースが少なくて済み、風にも強いことから、人気のタープテントです。

 

一方でデメリットとしては、開放感が高いためプライベート空間があまりないことと、寒い日の保温性の低さがが挙げられます。他のキャンパーからあまり見られたくない場合や、日中帯も気温が上がらない地域や季節でのキャンプを想定している場合、購入前に商品スペックを確認することをおすすめします。

庭での利用も!スクリーンタープ

スクリーンタープはヘキサタープに比べて、少し閉鎖的となりますので、ちょっとしたプライベート空間を作ることができます。

 

また、閉鎖的であることから、虫や風、雨、日差しなどから身を守ることができます。日差しの遮断性も高いため、夏場のキャンプも涼しく過ごすことができます。キャンプ用途以外でも庭で使う場合には、家とは別のプライベート空間が作れるので、庭先でのイベントなどで活躍します。

 

一方でデメリットとしては、ヘキサタープに比べて重量があり、コンパクトに収納できない商品が多いことや、1人で設営することが大変だということが挙げられます。設営の楽しさもキャンプの醍醐味ですので、複数人で楽しく設営したいという方には非常におすすめできる商品となります。

初心者やフェスでの利用は簡単ワンタッチタープ!

ワンタッチタープの最大の特徴はやはり、簡単に設営できることです。設営がうまくできるか不安な初心者でも楽に設営ができるほか、野外イベントなどで大量にタープテントを設営する必要がある場合にも、簡単に設営することができます。

 

また、ワンタッチタープは自立式の商品となるため、ロープで固定するなどの手間も発生しなくて済みます。自立式のため、石の多い河原での使用や、海岸などの砂地での使用にも向いています。

 

一方でデメリットとしては、ヘキサタープに比べてコンパクトに収納できない商品が多いことや、開放感が高いためプライベート空間がないことが挙げられます。また、ロープで固定していないことから風に弱いため、風の無い日での使用をおすすめします。

 

長期間の使用ではなく、気軽にタープテントを立てたい方にはおすすめできる商品です。

目的に合ったタープテントが分かったところで、たくさんのメーカーからラインナップがあります。この中から自分にお気に入りのタープテントを探すのは大変だと思います。そこでおすすめのブランド3選を紹介し、各メーカーが販売しているタープテントのおすすめポイントを紹介します。自分がやってみたいアウトドア体験に適したタープテントを探してみてください。

バリエーション豊富!焚き火もできちゃうDODのタープ

DODのタープテントはカラー、デザインなどが豊富で、メーカーとしてのオリジナル性が高いことが特徴です。燃えにくいポリコットン生地が使用されているため、火の粉が当たっても穴が空きにくく、タープテントの下で焚き火ができるのが最大の魅力です。このポリコットン素材は日差しの遮断性も高く、夏場のキャンプで重宝します。

 

また、設営については、DOD公式サイトにて、商品ごとの基本的な設営方法やアレンジした設営方法まで画像付きで分かりやすく紹介されていますので、初心者の方も不安なく設営できます。価格も安価で、機能性に対してコスパが高く、初心者におすすめな商品です。

機能性抜群!コールマンのタープ

コールマンのタープテントはテントと連結できるモデルが人気です。テントとの連結も簡単で、テントの入り口にタープテントを差し込むことで連結できます。

 

また、遮光性、防水性などの機能面やサイズなどで幅広いラインナップが展開されています。ヘキサタープやスクリーンタープなど前述で紹介した商品に、様々なサイズが用意されており、目的や用途に応じたお気に入りのタープテントを見つけられると思います。

 

遮光性も高く、日中帯でも快適にキャンプができるほか、防水性にも優れた商品が多いため、幅広い用途でも使用可能です。とりあえずタープテントが欲しい、という初心者の方にもおすすめできるメーカーです。

楽々スタート!スノーピークのタープ

スノーピークのタープテントは、ポールとタープがセットになっているモデルが販売されているため、簡単に始められることが最大の魅力です。初心者の方でも簡単に扱えるエントリーモデルとなります。タープテントを使う人のことを考えられた設計で、他メーカーのエントリーモデルと比べても、特に扱いやすい商品です。

 

注意点としては焚き火ができるモデルが限られていることです。スノーピークのラインナップでは、tc素材を使用したTAKIBIタープに限り、焚き火をすることが可能です。焚き火をする予定が無い場合は、その他の数多くのラインナップから、自分のお気に入りのタープテントを探すことが可能です。

 

価格面ではコールマンの商品に比べると、少し高価となりますが、エントリーモデルであれば3万円前後で購入することができますので、参考にしてみてください。

DOD(ディーオーディー)

DOD(ディーオーディー) いつかのタープTT5-631-KH

価格:7,000円 (税込)

初心者でも扱いやすいヘキサタープ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも扱いやすいDODから展開されているヘキサタープのモデルとなります。タープテントを建てるために必要な道具がオールインワンとなっていますので、他のオプション道具を購入することなく、すぐに利用できる商品です。

 

また、軽量であるため、持ち運びも楽々行えます。価格も非常に安価なため、まずキャンプを始めたい方に非常におすすめできます!

サイズ Medium 素材 ポリエステル
収納サイズ 64 x 14.5 x 14.5 cm 重量 4.9 Kg
コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX グリーン 2000028621

価格:22,000円 (税込)

大人数でも使えるヘキサタープ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンから展開されているヘキサタープです。サイズが大きく、大人数でのキャンプや野外での利用に向いているモデルとなります。設営も簡単で、複数人いる場合は楽しくストレスなく設営ができます。一方で撤収の際には、1人で撤収作業ができるほど簡単なモデルとなります。

 

大人数用のため、1人用の商品に比べるとやや高価ですが、大人数で使用する場合はコスパに優れている商品となります。

サイズ Medium〜Large 素材 ポリエステル
収納サイズ 73.6 x 18.2 x 17 cm 重量 7.96 Kg
スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak) アメニティタープヘキサLセット TP-851SR

価格:29,480円 (税込)

デザイン性に優れたヘキサタープ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークから展開されているヘキサタープです。デザイン性に優れているため、使っているだけで楽しい気分になります。タープテントを建てるための道具がオールインワンとなっているモデルになりますので、初心者の方にもおすすめの商品となります。

 

サイズ感としては4人程度で使用するのに適したサイズとなります。ただし、重量が7.96kgと少し重めのため、1人で持ち運ぶのは少し難しいかもしれませんので、複数人で設営することをおすすめします。

サイズ Medium 素材 210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
収納サイズ 78.8 x 17.9 x 17.2 cm 重量 7.96kg
コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) シェード タフスクリーンタープ 400 2000031577

価格:34,440円 (税込)

遮光性抜群のスクリーンタープ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コールマンから展開されているスクリーンタープです。遮光性抜群で、虫や日差しが気になる環境では高い機能性を発揮します。スクリーンタープの中では設営が簡単なモデルとなります。また、サイズ感としては大人数の使用に適しています。

 

ヘキサタープに比べると少し高価ですが、不意な雨などにも対応できるおすすめの商品です。収納サイズが大きい上に、比較的重量があることが注意点ですので、購入の前にはご検討ください。

サイズ Large 素材 ポリエステル
収納サイズ 71 x 28 x 27.5 cm 重量 12.5kg
スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak) タープスクリーンレクタM TP402

価格:38,280円 (税込)

通気性の高いスクリーンタープ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スノーピークから展開されているスクリーンタープです。メッシュシートが壁側に使用されているため、スクリーンタープの中でも通気性が高く、蒸し暑い夏場のキャンプなどで活躍します。また、虫からの遮断効果も高い商品となります。サイズ感としては、4人程度の使用に適したサイズとなります。

 

価格はやや高価ですが、スクリーンタープの中でも軽量なモデルのため、持ち運びに適した商品です。夏場のみの使用を考えている方にもおすすめできる商品です。

サイズ Medium 素材 ポリエステル
収納サイズ 67.5 x 58 x 14.4 cm 重量 5.18kg
DOD(ディーオーディー)

DOD(ディーオーディー) TCワンタッチタープL TT8-677-KH

価格:23,376円 (税込)

ポリコットン素材のワンタッチタープ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DODから展開されているワンタッチタープです。設営が簡単なワンタッチタープという特徴に加え、焚き火ができる燃えにくいポリコットン素材を使用しているため、利用できるシーンも幅広くあります。

 

価格も比較的安価なため、焚き火をしたいキャンプ初心者の方にもおすすめできる商品です。サイズ感としては4人程度の使用が適していますが、開放感も高いモデルのため広々と利用できます。

サイズ Medium〜Large 素材 ポリコットン
収納サイズ 130 x 26 x 26 cm 重量 20kg
コンポジット

FIELDOOR G03 スチールフレーム 3.0m 【T/C カーキ】

価格:15,000円 (税込)

組立て簡単!!ワンタッチタープ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FIELDOORから展開されているワンタッチタープです。こちらも素材にポリコットンが使われていますので、焚き火が可能なモデルです。また、ワンタッチタープの中でも比較的安価です。簡単に設営することができて、焚き火もできるタープテントが欲しいという方にも向いている商品です。

 

サイズ感としては、4人程度の使用が適していますが、開放感のあるデザインのため、天気の良い日には、少しタープテントの外にもチェアやテーブルを置く使い方などもできます。

サイズ Medium 素材 ポリコットン
収納サイズ 300 x 300 x 256 cm 重量 15kg
SANPERCY

ヘキサタープ (ad200 [5-6人用])

価格:6,080円 (税込)

とにかく安いヘキサタープ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SANPERCYから展開されているとにかく安いヘキサタープです。値段に対してサイズが大きく、複数人の利用を目的としている場合に適しています。また、タープテントを建てるのに必要な道具がオールインワンで用意されているため、初心者でも安心できるモデルです。

 

また、重量も3.94kgと非常に軽量であるため、1人での持ち運びにも優れています。とりあえずヘキサタープが欲しい方におすすめの商品です。

サイズ Small〜Medium 素材 オックスフォード素材
収納サイズ 67.5 x 17 x 16.2 cm 重量 3.94 Kg
Hewflit

スクリーンテント 収納袋付(レッドブラウン)

価格:9,150円 (税込)

コスパの良いスクリーンタープ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Hewflitから展開されているスクリーンタープです。価格が非常に安いのが特徴ですが、メッシュシートが使用されているため、しっかり防虫効果がある上に、通気性も高いため、夏場のキャンプにおすすめの商品です。

 

1万円を下回る価格設定で、この機能性の高さは十分にコスパが高いと言えます。また、重量も8kgと、スクリーンタープの中でも比較的軽量な方であるため、持ち運びや設営の際にも便利な商品です。

サイズ Medium 素材 オックスフォード生地
収納サイズ 67.8 x 26.2 x 23.2 cm 重量 8Kg
コンポジット

FIELDOOR 1.8m ワンタッチ タープテント ポータブル

価格:6,900円 (税込)

コスパ抜群のワンタッチタープ

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FILEDOORから展開されているワンタッチタープの紹介です。何と言っても非常に安いのが特徴です。1万円を下回る価格設定ですが、機能性も十分に備えているため、コスパの高い商品です。

 

また、高さをスムーズに変えられる機能を持っており、使用用途に応じた高さに変更出ます。さらに、収納した際のサイズも非常にコンパクトになるため、持ち運びにも便利なモデルです。とりあえず簡単に扱うことができるタープテントが欲しいという方におすすめできる商品です。

サイズ Medium 素材 ポリエステル
収納サイズ 240 x 240 x 220 cm 重量 8.4 Kg

これからキャンプを始めてみたい方や、野外でのイベントを開催してみたいけれど道具を持っていない方も多いかと思います。一口にタープテントと言ってもたくさんの種類やデザインがあります。自分がやってみたいアウトドア体験の目的や用途に応じて、適したタープテントがどういったものなのかを検討してみてください。

 

また、タープテントがあれば不意な天候の変化や防虫にも対応できるため、快適なキャンプをする上で大事な道具となります。機能性もデザインも自分にぴったりの、お気に入りのタープテントを見つけて、最高のアウトドア体験を満喫してみてください。