ジェイビーエル T450BT [ブラック] イヤホン・ヘッドホン評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥6,980
ジェイビーエル T450BT [ブラック] イヤホン・ヘッドホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ジェイビーエル T450BT [ブラック] イヤホン・ヘッドホンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/05/24 更新

ランク王編集部

初心者からサブ用としても◎軽量設計のワイヤレスヘッドホン

本商品は、ジェイビーエルより発売されている軽量かつ持ち運びにも便利なワイヤレスオンイヤーヘッドホンです。本体は約155gと負担なく装着でき、折りたたんで鞄に入れておくことも可能。また、イヤカップ部分にあるボタンで曲の操作や通話も行えるのが便利です。

加えて、3時間でフル充電され、最大11時間のワイヤレス再生ができるのも嬉しいですね。長時間の使用や、充電の手間なく作業に没頭したい方にうってつけです。さらに、本商品はエントリーモデルのため、始めてワイヤレスヘッドホンを買う方や、持ち運び用のサブヘッドホンとして所持しておきたい方に最適です。

T450BT [ブラック]の基本スペック

タイプ オーバーヘッド 接続タイプ ワイヤレス
装着方式 両耳 構造 密閉型(クローズド)
駆動方式 ダイナミック型 プラグ形状
インピーダンス 【Ω】 32 Ω 音圧感度 【dB】 102 dB
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz ドライバサイズ 【mm】 32 mm
コード種類 コード長【m】
最大入力 充電端子
ワイヤレス  Bluetooth Bluetoothバージョン Ver.4.0/Class2
連続再生時間 最大約11時間 充電時間 約3時間
対応コーデック  SBC NFC 
NFMI・MiGLO対応  TWS Plus対応 
マルチペアリング対応  マルチポイント対応
リケーブル  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み 音質調整
自動電源ON機能 自動電源OFF機能
防水・防塵性能  リモコン 
マグネット連結対応 折りたたみ 
フルデジタル  サラウンド 
AIアシスタント搭載 AIアシスタント呼び出し機能
カラー ブラック 重量【g】 155 g

T450BT [ブラック]のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

JBL T450BTの基本スペック

JBL

JBL T450BT Bluetoothヘッドホン 密閉型/オンイヤー/折りたたみ ブラック JBLT450BTBLK 【国内正規品】

価格:17,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー JBL 商品名 T450BT カラー:ブラック・ホワイト
タイプ オーバーヘッド 装着方式 両耳
構造 密閉型(クローズド) Bluetoothバージョン Ver.4.0/Class2
連続再生時間 約11時間 充電時間 2時間
充電端子 付属充電ケーブル その他機能 マイク・リモコン ・折りたたみ

JBL T450BTのおすすめポイント

JBLの歴史が詰まった低温サウンド

T450BTでは力強い低音サウンドを聞くことができます。設計会社であるJBLは60年以上に渡って本拠地アメリカや世界中にある開発施設でで確かな技術を開発してきた会社です。そんな歴史ある会社の技術が詰まっているので、T450BTではパワフルな音楽を体感できます。

約11時間の連続再生可能な大容量バッテリー

ワイヤレスヘッドホンはコード付きのヘッドホンと違いバッテリーが切れてしまったら使えなくなる悩みがあります。しかし、T450BTは充電がマックスの状態で最大約11時間の音楽を再生することができます。長時間バッテリーが持つので充電が切れで荷物になる心配もありません。

音楽再生中でもすぐに通話に切り替えできる

スマートホンでストリーミング音楽再生中に着信があるとヘッドホンを外して電話に出なければいけません。しかし、T450BTは手持ちのスマートホンに電話がかかって来てもヘッドホンをとる必要はありません。それは、ヘッドホンにマイクが付属されているからです。

家でもライブ会場にいるような感覚が味わえる

音楽プレーヤーを繋げば家の中だとしても、自分がライブ会場で体感するような体を突き刺す重低音を体感できます。また、家の中だけでなく通勤・通学などの外出中でも問題ありません。なぜなら、持ち運びが簡単にできるようコンパクトな設計になっているからです。

JBL T450BTの悪い点をレビュ―

ボタン操作が難しい

ヘッドホンの右耳側にあるボタン操作がなれるのに時間がかかります。特に、再生音楽を切り替える曲送り・曲戻しを2秒長押しすることが長く感じてしまいます。このように、長押し操作だとワンクリックやダブルクリックに慣れている人にとっては不便に感じてしまいます。

外観が安く見える

ヘッドホンがプラスチックで作られているので近くで見るとチープに感じます。これは、シンプルなデザインゆえに感じてしまいます。T450BTは頭を覆う部分とイヤーカップ両方とも単色となっています。だから、材質とフォルムが目立ってしまっているのです。

音の解像度が低い

T450BTはスマートホンなどの親機から送られてくる対応コーデックがSBCになっています。なので、他のAAC・aptxで聞きなれていると物足りなく感じてしまいます。なぜなら、SBCは対応機器が多い代わりに高音域を消してしまったり、タイムラグ・ノイズが発生しやすいからです。

待機状態でノイズが出る

無音の状態は音楽を聴くうえでも大切な状態です。なぜなら、アーティストが曲の中で無音を収録するのは、その間が必要だから収録しているからです。しかし、T450BTは無音状態の時にノイズが聞こえてしまい聞いている時に気になってしまいます。

JBL T450BTの良い点をレビュ―

音漏れがないので通勤・通学に便利

T450BTは遮音性が強いので音量を大きくしても、電車内や歩いている時など周りに注意する必要がありません。なので、通勤や通学で使う際に選びやすいヘッドホンになります。また、気兼ねなく音を大きくできるので、自分の世界に入りやすい事も大きな魅力になります。

音声通話ができる

音楽再生中に着信が入った時にヘッドホンを外して電話に出ることは手間になります。しかし、T450BTはスマートホンに来た電話をヘッドホンをつけたまま電話に出る事ができます。これは、イヤーパッド部分にマイクが付いているのでそのまま通話をする事ができます。

 

コンパクトで持ち運びに便利

移動中に音楽を楽しんだあと、ヘッドホンを一時的にしまおうとするとイヤホンに比べるとかさばってしまいます。しかし、このT450BTはイヤーパッド部分を内側に織り込む事で収納に強いコンパクトサイズになります。なので、カバンの中がヘッドホンに占領される心配はありません。

心地いい低音サウンドを楽しめる

T450BTは高品質なサウンドを楽しめます。そのなかでも、特に低音サウンドが魅力的な音質になっています。それは、まるでライブ会場にいるような臨場感あふれる音質なのです。これは、このヘッドホンに制作会社であるJBLの積み重ねられてきた技術が詰まっているからです。

 

JBL T450BTの口コミ集めました

JBLなのにと、あれこれ期待してしまうと音は特別良い訳ではないし、質感はプラスチッキーで安っぽいので、音や質感にこだわる方は高価格帯での検討が必要だと思います。

出典:https://www.yodobashi.com

JBLが長年積み重ねて来た実績が確かなものだとわかります。しかし、このヘッドホンはあまり定価が高くないライトユーザー向けのヘッドホンです。なので、今まで高品質なヘッドホンを使用していた人にとっては外観・音質と物足りなく感じてしまいます。

マルチポイント(同時にスマホとウォークマンなどを接続)でないのが、難点ですね。ソニー製の安くてマルチポイントなのと大して価格が変わらないので、そっちにすればよかったかも。それ以外は特に問題なし。音質はそれなり。

出典:https://www.yodobashi.com

マルチポイントは同時時にスマートホンと音楽再生機器をつなぐ事で接続を切り替える必要がありません。だから、ヘッドホンにマイクが付いていることもあるので付けて欲しかったというレビューががあります。

こちらは高音が耳に刺さる感じで長時間は聞けませんでさした。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音と低音が尖っていることなくバランスがいい音質だと聞いていてリラックスできます。しかし、レビューにあるように耳に刺さるように感じてしまうと長時間聴くことが難しくなってしまいます。

起動の際もブォーン!という「低音だせまっせ!」というアピールをしてくれますが、若干音が割れてます。 また、音楽を聴いていない際、「サー」という特有のホワイトノイズも大きいです。 音質的には、お値段以上、6000円クラスのものかと存じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質は良いけれど、音楽を聴いていない無音状態の時にノイズが入るとレビューがあります。アルバムやシングルの再生が終わり次の曲を選択中にノイズが入ると、耳に残り次の入りの邪魔になってしまいます。

ノートPCにブルートースワイヤレスヘッドホンを使いたくて探した所、低価格の製品で音質も「そこそこ」との評価なので購入しました。少しヘッドバンドの締め付けが気になりますが満足しています。

出典:https://www.yodobashi.com

ヘッドホンを使う時には長時間音楽を聞くことが多いです。しかし、つけている頭や耳に痛くなるなどの不満があったら気になってつけていることはできません。なので、音質が良くても使用感が良くないと使わなくなってしまいます。

頭にフィットして、軽くて疲れない感じでいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

頭の上に何かあると軽いものでも気になってしまいます。ですが、T450BTは重量が155gとiPhoneXRよりも軽くなっています。なので、使っていても首に負担がかからず疲れにくいので長い時間使うことができます。

イヤホンが苦手で無線の安いヘッドホンがほしい!という人にはおすすめかもしれません。 また、「JBL」のアイコンはカッコヨク、外で使う際には画像の外人さんのようにクールにきまります。

出典:https://www.amazon.co.jp

イヤホンをつけていると耳が痛くなることや耳から外れてしまうことなどがあります。しかし、ヘッドホンではイヤーパッドがあるので痛くなることはありません。そんな、初めてヘッドホンを購入しようとしている人におすすめできるとレビューがあります。

音がいい!外で聞いてもしっかり聞けます。この音質でこの値段はお得です。

出典:https://www.biccamera.com

外の音が邪魔にならない遮音性が高くて高音質な音を楽しめるとレビューがあります。だから、音楽に集中して気分が向上します。なので、自分の周りに注意を配れなくなってしまう危険性があります。

娘の希望によるプレゼント、この値段でこの音。JBLサウンドがしっとり鳴ってました。 入門機とは思えないクオリティです。

出典:https://www.biccamera.com

今は早ければ小学生がスマートホンを使ってストリーミング音楽を聴いています。そんな、音楽を好きになったお子さんにプレゼントするならJBLの技術が詰まったヘッドホンを使用してほしいです。

JBL T450BTとTUNE500BTの違い

JBL

JBL TUNE500BT ワイヤレスオンイヤーヘッドフォン ワンボタンリモートとマイク付き (ホワイト)

価格:15,267円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TUNE500BTは2019年に発売され、2017年に発売されたT450BTの最新同位モデルになります。重量・カラーなどの外観の大きな変わりはありません。変わっているのは、ヘッド本の機能性と音質です。

 

追加された機能の中でも、マルチポイント接続はスマートホンやタブレットを使って音楽を聞くことが多い人には便利な機能になります。なぜなら、マルチポイント接続は複数のBluetoothデバイスとヘッドホンを接続し、着信が入った時などにすぐに切り替えることができるからです。

 

また、音質では遮音性の向上とT450BTでも強みであった低音が強くなっています。なので、ベースやバスドラムを強く感じることができます。

 

TUNE500BTはT450BTの最新同位モデルになっているので、音質・機能性が強化されています。またはT450BTは生産終了となっていて価格が店舗によって大きく変わってきます。なので、購入を考える時には価格を比較することをおすすめします。

JBL T450BTとE55BTの違い

JBL

JBL E55BT Bluetoothヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー/マイク付 ブラック JBLE55BTBLK 【国内正規品】

価格:17,150円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

E55BTはT450BTと同じ2017年に発売された上位互換のヘッドホンになります。最上位モデルであるので音質が高品質なものになっています。また、ヘッドホンのカラーや材質も違っています。

 

音質はヘッドホンに搭載されているドライバユニットによって変わってきます。そして、E55BTのドライバユニットサイズは30mmから50mmと大きくなっています。なので、より多くの音の震動を起こすことができるので高品質な音を出すことができます。

 

ヘッドホンのイヤーパッドがフロッグスキンからPUレザーに変更されています。このように、肌に密着するイヤーパッドがPUレザーと合皮になっているので付け心地が良くなっています。

 

また、カラーバリエーションも黒と白に以外の色も追加されています。残りの生産されている色は青と赤になり合計4色のうちから選択することができます。

 

E55BTはT450BTより高音質な音楽を楽しめるようにドライバユニットが大きくなっています。なので、その分価格も高くなっているのでミドルユーザーが対象になっています。しかし、公式HPでは生産終了になっている色もあるので、購入を検討する際は注意が必要です。

 

JBL

JBL T450BT Bluetoothヘッドホン 密閉型/オンイヤー/折りたたみ ブラック JBLT450BTBLK 【国内正規品】

価格:17,800円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

JBL Bluetoothヘッドホン T450BT について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

T450BTは価格にあった音質と持ち運びのがしやすいコンパクトなつくりになっています。特に音質にはJBLの経験を生かしたものになっています。それは、遮音性が抜群で臨場感が伝わってくる低音サウンドを体感できる作りになっていることから伝わってきます。

 

好きな音楽のジャンルによってヘッドホンに欲しい音域が変わってきます。このT450BTは低音に好評ですが高音がいいというレビューはありませんでした。他メーカーやJBLが出している他のイヤホン・ヘッドホンはそれぞれ特色があります。ぜひ、自分に合ったヘッドホンを見つけ出して下さい。