ベンキュー HT2150ST プロジェクター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥98,000
BenQ HT2150ST プロジェクターの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、BenQ HT2150ST プロジェクターがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/04/01 更新

ランク王編集部

近距離からの投写も◎100型OKのゲーム用プロジェクター

本商品は、ベンキューから発売されているゲーム用のホームエンターテインメントプロジェクターです。低入力ラグで、応答速度が高速化!残像感も少ないため、ゲームにピッタリなプロジェクターです。また、短焦点で楽しめるのも便利なポイントですね。約1.5mで100型の大画面が可能になりました。高音質スピーカーを内蔵しているのも嬉しいです。

「リアルフルハイビジョン」の高解像度なので、ゲームだけでなく映画や動画も楽しみたい方におすすめです。色再現性が高く、クリアで鮮明な映像を視聴することができます。近距離からの投写が可能なので、設置スペースにお悩みの方にもピッタリですよ。

HT2150STの基本スペック

用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ DLP
光源 水銀ランプ光源 タイプ ポータブル
最大輝度【ルーメン】 2200 ルーメン コントラスト比 15000 :1
アスペクト比 16:9 パネル画素数 1920x1080
パネルサイズ【インチ】 対応解像度規格 VGA〜WUXGA
最大表示色【万色】 10億7000 万色 騒音レベル【dB】 29 dB
4K 3D対応
HDR対応 HDR方式
短焦点 Wi-Fi
Bluetooth バッテリー
スピーカー搭載 SDカードスロット
台形補正 タテ ゲームモード
スクリーン付き MHL
HDMI端子 DisplayPort
DVI RGB(VGA端子)
S端子 コンポーネント
コンポジット USB
BNC端子 幅x高さx奥行【mm】 380.5x121.7x277 mm
重量【kg】 3.6 kg 40インチ【m】
40インチワイド【m】 60インチ【m】
60インチワイド【m】 0.91〜1.11 m 80インチ【m】
80インチワイド【m】 1.22〜1.47 m 100インチ【m】
100インチワイド【m】 1.52〜1.83 m エコマーク 
認定番号

HT2150STのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

HT2150STの基本スペック

ベンキュージャパン

BenQ プロジェクター HT2150ST 短焦点 ホームシアター (DLP/フルHD/2200lm/3.6kg)

価格:84,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ベンキュージャパン(BenQ) 商品名 HT2150ST
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ DLP
最大輝度 2200 ルーメン アスペクト比 16:9
映像入力端子 HDMI端子 ・RGB(VGA端子) サイズ 380.5x121.7x277 mm
重量 3.6 kg 60インチワイド(投影距離) 0.91~1.11 m
80インチワイド(投影距離 1.22~1.47 m 100インチワイド(投影距離) 1.52~1.83 m

HT2150STのおすすめポイント

超高速レスポンスでスムーズなゲームを実現

HT2150STはゲームを楽しむために設計されたホームエンターテイメント・プロジェクターです。このHT2150STにはスムーズなゲームを実現するための超高速レスポンスが搭載されています。

 

ゲーマーにとって、最も重要な基準となっているビデオレスポンスを、HT2150STは16.67msの低入力ラグで備えた世界で初めてのゲームプロジェクターとなっています。レーシングゲームでは息をのむほどのスリルを味わったり、スポーツゲームでは遅滞なく素早い反応を堪能できたりとエキサイティングな体験ができます。

 

 

2つのゲームモードがアンビエント照明の下で詳細な画像を実現

HT2150STには2つのゲームモードが搭載されていて、ゲームモード・ゲームブライトモードの2種類があります。

 

暗い部屋のゲームモードや、明るい部屋のゲームブライトモードを使用すると、画面の明るさのコントラストを調整して環境光に完全にマッチさせることや、理想的なバランスのとれた明るさとコントラストを確保することが可能です。

画像パフォーマンスが凄い

HT2150STにはBenQ SmartEco技術が使われ、電気使用を節約しながらも、美しい映像を見ることが可能です。SmartEcoは素晴らしいソリューション技術で、投射するコンテンツに合わせてランプの明るさを自動で調節し、黒の豊かさを表現することで、画像の繊細なディティールまでコントラストをきかせます。

HT2150STの悪い点をレビュー

赤色が強いことがある

HT2150STの画面の色彩ですが、若干赤が強い場合があるそうです。赤色の強い場面では初期設定のままですとかなり広域に広がってしまうとのことですので、赤色が気になってしまう場合は、ゲインコントロールで抑えるという設定が必要になってきます。

 

色の設定で面倒に感じてしまうかもしれませんが、設定を変えれば赤色の強さも収まるとのことなので、もしそうなってしまった場合は、自分で設定のし直しが必要になりますので注意しましょう。

サイズが大きい

HT2150STはサイズが380.5mm×121.1mm×277mmと他社のプロジェクターに比べると大きめのサイズとなっています。

 

そのため購入された方からサイズが大きいとの不満の声もあるようです。カラーも白のため、余計に膨張され目立ってしまうとこともあるようです。購入される際には、実際のサイズ感を見極めてから購入を決めた方が良さそうですね。

焦点の設定が手動

HT2150STの本体の焦点などの設定がリモコンで操作できないという点が不評のようです。HT2150STの焦点レンズは自らの手でアナログで回して動かして合わせないといけないとのことで面倒に感じてしまうこともあるようです。

 

手動で合わせることも細かく合わせられて良いこともあるかと思いますが、離れたところから合わせたい場合はそれができなくなってしまいますので、不便に感じてしまうかもしれません。

HT2150STの良い点をレビュー

100インチでゲームが楽しめる

HT2150STはゲーム使用に特化したプロジェクターとなっていて、ゲームが簡単に大迫力の画面でプレイできると好評のようです。設置も簡単で専用の部屋なども必要なく気軽にプロジェクターを使用する事ができます。

 

特にスポーツゲームでサッカーなどの選手がたくさん出てきて細かい動きなどが多いゲームは大画面100インチでゲームをプレイすることによって細かい所まで良く見えるため、臨場感や投影感がとても凄いとのことです。

 

シューティングゲームでも、大画面にすることで新たな発見ができたりと、ゲーム好きにはたまらないプロジェクターのようです。

投影距離が短い

HT2150STは投影距離が短くできるということで、部屋が6畳サイズでも100インチワイドの視聴が可能です。他のプロジェクターよりも1m短く設定されてるということで使い勝手が良いと好評のようです。

 

大きい部屋で無くても大画面での映画などを楽しむことができますので、気軽にホームシアターを作ることが実現します。特にスクリーンに写さなくても、スピーカーが無くても、このHT2150ST本体のみあれば良いだけですので、手軽さも好評の要因となっているようですよ。

設置が簡単で映画もバッチリ

HT2150STは設置がとても簡単で、プロジェクター初心者にも扱いやすいと、入門的にはぴったりとのことで好評です。このHT2150STはゲームに特化したプロジェクターですが、疑似4Kということですが、4K対応のテレビと見比べてみても遜色ない映像のようで、映画などを見るのにも最適だということです。

HT2150STの口コミを集めました

かなり細かい設定までできるように感じます。 ただし簡単な設定だけでも十分満足する映像感が得られました。 台形補正が縦方向しかなく横方向の調整があればさらに良かったかなと思います。使用環境によっては気を付けたいところです。

出典:https://review.kakaku.com

HT2150STの設定に関する口コミです。HT2150STは細かい設定までできるのが可能のようで、自分の好みに映像を仕上げることもできそうです。簡単な設定だけでも充分に満足できるとのことなので、機械設定が苦手な方にも安心して使えそうです。

スペックシートでは表現されない部分ですが、HD26と比較して、映画の細かい描写がよく見えます。特に意識を集中させていなくても画面で起こっていることがスムーズに知覚されます。私はゲームはしませんが、これはゲームにおいても非常によい特性だと思います。

出典:https://review.kakaku.com

HT2150STと他のモデルを比較した口コミです。理画の細かい描写がよりよく見えるようで、意識していなくても知覚に入ってくるということは、映画感さながらの投影感が味わえそうです。ゲームに特化したプロジェクターですが、映画も問題なく楽しめる商品のようです。

他のプロジェクターに比べると良い音ですが、迫力ある映像に比べ音はちょっとです。別途スピーカーの設置をお勧めします

出典:https://review.kakaku.com

HT2150STの音質に関する口コミです。他のプロジェクターに比べると良い音のようで問題は無いように感じますが、やはり迫力ある大画面での映像と合わせてしまうと少し残念に感じてしまうようです。スピーカー機器を揃えるとより楽しむことができそうです。

PS4 pro でゲームをするために購入しました。 ゲームモード搭載プロジェクターということでコレ1択でしたが、液晶テレビと遜色ない画質・応答性で快適なプレイができます。※音ゲー、格ゲーは検証していません。 金銭的な余裕があれば4Kネイティブ出力のプロジェクターが欲しかったのですが、現状どれも50万〜という手が出せない価格なので妥協してコレを購入しました。が、結果としては十分に満足できる性能でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

HT2150STはゲームに特化した性能を持つプロジェクターのため、ゲームのプレイ目的で購入される方が多い印象です。液晶テレビと遜色ない画面での快適なプレイということで、これが大画面でプレイ可能ですので、一度プレイしてみたくなりますね。

初めのホームシアターで予算は10万円程度として製品選定した結果、こちらを購入した。 映像の綺麗さ、設置や操作の容易さなどでおおむね満足度は高い製品だった。 期待よりも低かったのは、昼間の時間帯ではカーテンをして部屋を暗くしても見え難いところ。 明るい映像であればまだ見えるが、暗い映像(たとえば暗闇の映像)だと人や物の判別が厳しい。 日当たりの良い部屋ということもあるが、もっとクリアに見えてもいいかなと思った。 2000ルーメンではこの程度なのかもしれない。

出典:https://www.amazon.co.jp

初めてのホームシアターを購入された方の口コミです。初めての方にも、設置のしやすさや、映像の綺麗さの満足度が高いようで好評です。ただ、やはり2000ルーメンですので、日中はカーテンを閉めていても見えにくいことがあるようです。

初めてのホームシアターでしたが接続方法がとてもシンプルな為とても簡単で 狭い部屋でも快適に鑑賞できます。 それからスペーカーが内臓されているため本体が大きく感じましたが、 専用の持ち運びにも便利な収納ケースが付属されているので、そちらに入れて立てて保管すれば場所を取りません。 また本体カラーのホワイトも埃などが目立たず気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらも始めてのホームシアター購入の方の口コミです。HT2150STはスピーカーが内蔵されているため本体が大きく感じてしまうようです。ただ、専用の収納ケースが付いているとのことなので、持ち運びや収納に便利ですね。

ホームシアター用に購入。 100インチのスクリーンに投射して使用していますが、不都合無く利用出来ています。 ファンやカラーホイールの動作音もさほど気になりません。 カラーブレーキングはハッキリとわかります。 とは言っても体質なのか、カラーホイールを使用したDLP方式では必ず見えてしまうので気にはしていません。 標準でRec.709に準じた調整がされているのも良いですね

出典:https://www.amazon.co.jp

HT2150STをホームシアター用に購入された方の口コミです。購入しやすい価格帯ということで、ゲーム目的だけでは無く、ホームシアター用に購入される方も多い印象です。100インチのスクリーンに投射しても不都合無く利用できるとのことで、スクリーンとの相性にも問題ないようです。

TVが10年落ちの東芝REGZAでそんなに画質には興味がありませんでした。 ホームシアター用のオーディオは一式揃っているのでこの際 この価格なら試す価値ありと思いスクリーンと一緒に買ってみました。 ブルーレイの画質の鮮明差に愕然としました。広大な山や川の景色SF映画も素晴らしい 人の肌の質感や髪の毛の流れ一本一本描写されます。 有料の配信サイトの映像でもかなり高画質。今までのDVDコレクションどうしよう・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

HT2150STの映像に関する口コミです。ブルーレイの画質の鮮明さがとても綺麗だということで、人の肌の質感や、髪の毛の流れ1本1本描写される映像を試してみたいと思ってしまいますね。

HT2150STと TH671ST の違い

ベンキュージャパン

BenQ DLPプロジェクター TH671ST 短焦点モデル (フルHD/3000lm/2.7kg/1.5mで100インチ投写)

価格:79,580円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HT2150STは2016年に発売された2016年モデルでTH671STは2017年に発売された2017年モデルとなっています。この2つのプロジェクターは共にゲームに特化した性能を搭載しているゲームモデルとも言えるプロジェクターですが、1年の期間を経て新しくなったTH671STはHT2150STに比べてどんな進化をしているのでしょうか。

 

まずはルーメンが2,200ルーメンが3,000ルーメンに上がったことでより高精度になり、比較的明るい室内でも、照明を付けたままでも見ることができるようになりました。リビングで見るのに最適なモデルとなりましたので、家族の団らんに大活躍しそうです。

 

また音質モードにゲームモード。ミュージックモード・スポーツモード・シネマモードが新たに加わったことで、その映像に合った音質を再現することで、ゲームだけではなく様々な分野でも、快適な音質で映像を楽しむことができます。

 

更にBenQ QCastミラーHDMIワイヤレスドングルを使用することで、Smartデバイスでのインスタントビデオが可能になります。モバイルデバイスのビデオや写真を大画面で簡単に共有できる便利な機能も搭載されています。

 

コントラストは、15000:1から10000:1に落とされていますが、この新たに搭載された機能と見比べてどの機能が自分にとて重要かを吟味しながら購入するのがおすすめです。

 

 

HT2150STとHT2050 の違い

ベンキュージャパン

BenQ プロジェクター HT2050 ホームシアター (DLP/フルHD/2200lm/3.3kg)

価格:73,000円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HT2150STは2016年に発売されたゲームに特化したモデルもプロジェクターで、HT2050は2015年に発売されたホームシアターモデルのプロジェクターです。この2つの性能の違いにはどんなものがあるのでしょうか。

 

まず第一に、HT2150STはゲームに特化したモデルですので、HT2050には2つのゲームモードが搭載されていません。HT2050はホームシアターを楽しむプロジェクターとなっていますので、ゲームをされない方には適しているかもしれません。

 

コントラストとルーメンは共に15000:1・2200ルーメンと同じものになっていますが、投影距離に大きな差があります。100インチではHT2150STの場合1.5mですが、HT2050では2.5mと1mの差が出てしまいますので、ある程度の部屋の広さでないと、大画面での視聴は難しそうです。

 

発売も1年の差がありますので、価格もそれなりに開きがありますが、性能や機能も違う面がありますので、価格だけでは決めずに、性能を見比べて購入する必要がありそうです。

ベンキュージャパン

BenQ プロジェクター HT2150ST 短焦点 ホームシアター (DLP/フルHD/2200lm/3.6kg)

価格:84,500円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BenQ プロジェクター HT2150STの商品情報・おすすめポイント・口コミレビュー・比較商品などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。HT2150STにはユニークなゲームに特化したプロジェクターで、他にはあまり無い特性を持ったプロジェクターだということがわかりました。

 

本体にスピーカーも内蔵され、壁に映して使用することができるので、本体さえあれば100インチの大画面でゲームがプレイできるお手軽さや、設置のしやすさも、プロジェクター初心者の方や、ゲームをプレイするのが好きな方などにとても好評のようです。

 

また、投影距離が短く1.5mの距離で100インチの大型画面で映像を楽しむことができるため、ゲームだけにとどまらず、映画やライブ映像も臨場感たっぷりに楽しめますので、幅広い利用ができるのもHT2150STの魅力の1つだと考えます。

 

価格もそこまで高額の部類には入りませんので、プロジェクターを始めたいと言う方にもおすすめですし、もちろんゲームに特化したプロジェクターですので、ゲームを大画面で思いっきり楽しみたいという方も。違った世界の体験ができそうですよ。