ブラウン 5147S シェーバー評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥9,940
ブラウン 5147s メンズ電気シェーバーの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、ブラウン 5147s メンズ電気シェーバーがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/01/26 更新

5147Sのバリエーション

付属品

5147S

ブラウン

5147S

9940円〜

ランク王編集部

1人1人にあったヒゲ剃りを提供!肌に優しいシェーバー

本商品は、「ブラウンシリーズ5」です。曲面の多い顔に密着する機構が特徴!3連サスペンションシステムと密着3Dヘッドでどんな曲面でも確実に追従します。また、人工知能テクノロジーを搭載しており、ヒゲの濃さに応じて自動的にパワーを調整してくれます。これにより、濃い人には力強く、薄い人には優しくといった1人1人にあったヒゲ剃りが可能になりました。

最近流行りの風呂剃りにも対応しているので、お風呂に入りながらのんびりヒゲのケアをしたい方におすすめ。それぞれにあったヒゲ剃りを提供してくれるので、お肌が敏感な方や、傷つきやすい方でも安心してお使いいただけます。顔の凹凸が気になる方にも向いています。

5147Sの基本スペック

充電残量表示【段階充電残量表示】 ● 段階充電残量表示 刃の枚数【枚刃】 3 枚刃
駆動方式 往復式 電源方式 充電
シェービングタイプ ドライ/ウェット 電圧【V】 AC100〜240V 50-60Hz
充電時間【分】 60 分 使用可能時間【分】 約50 分
フロートヘッド 密着3Dヘッド 替え刃交換目安【年】 18か月 年
消費電力【W】 7 W 自動洗浄機能
お風呂剃り対応 水洗い可
キワゾリ刃 海外使用可
パワー自動制御 スイッチロック
ヘッドロック機能 急速充電
アプリ連携 洗浄器 なし
アタッチメント ケース・ポーチ
本体サイズ【mm】 W65xH170xD47 mm 重量【g】 本体質量:230 g
カラー ブラック/ブルー

5147Sのショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

5147sの基本スペック

ブラウン(BRAUN)

ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー 5147s 4カットシステム 水洗い/お風呂剃り可

価格:9,237円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー ブラウン(BRAUN) 商品名 5147s
刃の枚数 3枚 電源方式 充電式
充電時間 60分 使用可能時間 約50分
機能 ハイブリッド4カットシステム・まるごと水洗い・お風呂剃り対応・ヘッドロック機能 サイズ W65xH170xD47mm
重量 230g

5147sの替え刃

ブラウン(BRAUN)

ブラウン シェーバー替刃 シリーズ5用 シルバー F/C 52S【正規品】

価格:3,014円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5147sには正規品の替え刃が販売されています。ブラウンではシェーバーの網刃と内刃を18ヶ月ごとに交換と推奨しています。毎日完璧な剃り心地を実感するために、剃り感が悪くなってきたら交換をおすすめします。

5147sのおすすめポイント

密着3Dヘッドで肌に優しい深剃り

5147sは輪郭に沿い、あらゆる肌の凹凸に精密に対応可能な、密着3Dヘッドを搭載しています。首振りヘッドと刃が独立して動くサスペンション機能で精密に、優しい剃り心地が実現しました。

 

また、ミクロモーションとして、それぞれの刃が、独立して動くサスペンション機能もしていて、どんな小さな凹凸にも対応します。そして、マクロモーションとして、首振りヘッドが輪郭に沿うから、スムースで快適な剃り心地になります。

ハイブリット4カットシステム

5147sにはハイブリット4カットシステムが搭載されています。1つ目のディープキャッチ網刃では、短いひげも根元から捕らえて究極の深剃りを目指し、2つ目の高速振動くせひげトリマーでは、寝たひげを捕らえカットします。

 

3つ目のストレッチスキンガードでは、肌を滑らかにして、肌を傷付けずにシェービングが可能になり、最後の4つ目のディープキャッチ網刃で、残った短いひげも根元から捕らえて究極の深剃りにします。

丸洗いできる

5147sはウォータープルーフとなっていて、防水機能を5mの深さに相当する環境で測定されています。そのため、水道で丸ごと水洗いできますので、お手入れが簡単です。また、お風呂での使用や、シェービングフォーム、シェービングジェルの使用が可能です。

5147sの悪い点をレビュー

動作時に手に伝わる振動が強く感じる

5147sの動作時に関することですが、ひげを剃っている間に手に伝わってくる振動が強く感じるとの声が聞こえてきます。音もうるさく感じるようなのですが、他のメーカーからの買い換えの方に、特に感じてしまうようです。

 

剃っている最中に手がしびれて困るという方もいるようですので、気になる方は振動を手に取って試せる環境で購入できると良いですね。

電源コードに繋いでいると使えない充電式

5147sは充電式の電気シェーバーですが、電源コードに繋いだ状態で使おうと思っても、使えないという仕様とのことで、戸惑う方も少なくないようです。

 

電源コードに繋いで使えないということは、充電されていないということになりますので、うっかり充電するのを忘れていたときには、充電から始めないといけないため、不便に感じてしまうかもしれません。5147sを購入したら、充電を忘れないようにしましょう。

匂いが残る

5147sは丸ごと水洗いができるお手入れが簡単だという魅力のある電気シェーバーですが、水洗いしても、使用していていると独特の臭いがして気になってしまうということです。

 

臭いに敏感な方は特に気にしてしまうかもしれません。水洗いだけでは不安という方は、洗浄機付きのモデルもありますので、そちらを検討してみても良いかもしれません。

5147sの良い点をレビュー

顎のカーブにも合う

5147sには密着3Dヘッドが搭載されていますが、顎のカーブで剃り残しが出そうなところや、顎から首にかけての難しいカーブも、しっかりと深剃りして、剃り残しも無くなったと高評価です。

 

深剃りでも肌に優しい仕上がりとのことなので安心して深剃りできるそうです。また、密着3dヘッドの首の動きも滑らかで、肌から離れること無く快適に剃ることができるとのことで、使い心地はとても良いようですね。

充電器もコンパクトで旅行や出張に便利

5147sは充電式の電気シェーバーですが、充電器がコンパクトなので、旅行や出張に持って行きやすいと高評価です。充電器も大きいと荷物になってしまいますので、コンパクトだと使い勝手良いですね。

 

また、フル充電で50分の稼働できるとのことで、一週間程度の出張なら充電器が無くても平気との声もありました。万が一充電していなくても急速充電5分で1回分剃れるそうなので、充電器を持ち運びしていれば、充電を忘れたとしても安心です。

お風呂で使いやすい

5147sはウォータープルーフ対応で、お風呂で使えることも魅力の1つの電気シェーバーですが、お風呂で使えてとても便利だと高評価です。

 

お風呂で髭剃りを済ませる習慣がある方にとって、お風呂で使えるということはとても利点のポイントが高いようです。使った後に、お風呂で水洗いもできてしまうので非常に使いやすいようですね。

5147sの口コミを集めました

7年使った、BRAUN Contour 5884 から 買いかえです。 外刃に穴が空いてしまったためです。 5147Sは、軽いタッチの剃り味で気にいっています。 私は敏感肌ですが、肌に優しいですし、深剃り出来るのでありがたいです。 バッテリーの持ちは、良いと思います。

出典:https://review.kakaku.com

ブラウンの電気シェーバーから買い換えた方からの口コミです。5147sは軽いタッチの剃りあじのようで、敏感肌の方にも問題なく使えるのは良いですね。バッテリーの持ちも良いとのことです。

短い時間できれいな仕上がりになります。忙しいお出かけ前にもイライラせずに、満足できる剃りです。

出典:https://review.kakaku.com

5147sはハイブリット4カットシステムで心地よい深剃りが実現するという電気シェーバーですが、短い時間で綺麗な仕上がりになるそうです。忙しくて、時間が無いときも十分な仕上がりにしてくれるそうですよ。

シリーズ3 3020sを所有していて、壊れてはいませんが恐らくもう3年は経過しているだろうから、そろそろ替刃の時期にぶち当たりそうなので5 5147sを購入してみました。 一度使用してみた限り、首降り等付いていたり、風呂での使用OKとか増えた機能はありますが、特別剃れるようになった感じは全然しません。 3020もそうでしたが、別に新品だからといって一発で剃れる訳ではなく、結局何回か往復して剃ります。 風呂場での使用予定の無かった私にはただ高くついただけの印象です。

出典:https://review.kakaku.com

5147sはウォータープルーフ対応でお風呂でも使える魅力がありますが、お風呂で使う習慣が無い方にとってみれば余計な機能に感じてしまい、不満に感じてしまう要因かもしれません。優しい深剃りが可能な電気シェーバーですが、やはり往復して何度も剃らなくては行けないようですね。

今までブラウンの5000円以下のモデルを2台続けて使って来ました。携帯用もブラウンの2000円位の替え刃の交換が出来ないタイプを使っています。 髭の濃さは普通で肌は敏感なほうです。首回りのくせ毛が酷く何日かするとT字カミソリを使わなければならないので煩わしさを感じていました。 散々調べた挙げ句コストパフォーマンスが良さげだったのでこのモデルを購入しました。 深剃りの加減で言うと凄い深剃りではありません。そこそこ深剃りになったかなというレベルです。肌対策でいうと全く不満はありません。肝心のくせ毛剃りですが、これは大幅に改善されました。今までのシェーバーではどれだけ時間掛けてもそれなかったくせ毛が少し時間を掛ければ綺麗に剃れてしまいました!その他のお風呂シェービングや耐久性についてはまだ分かりませんが、今の所買い替えて良かったと満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5147sにはハイブリット4カットシステムが搭載されていて、くせひげトリマーが付いていますが、以前のものと比べて、くせひげ剃りがとても進化しているようです。くせ毛に悩む方も、この5147sで悩みから解放されるかもしれませんよ。

父のお下がりのブラウン製品を使い始めて半世紀弱。他社品はフィリップ社の回転刃を一度使用し懲りました。以来、本品でブラウン社は三品目です。一台で20年以上使ってきた計算。何時しかきちんと掃除すれば替え刃も長持ちすることを覚えました。 一台目は一枚刃。2代目は二枚刃に。今回は3枚刃です。驚く程剃り残しが少ない。毎回の使用時間が半分以下。十分に満足出来る製品で、20年つかうなら安い買い物だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブラウンの電気シェーバーを長年愛用されている方の口コミです。以前の電気シェーバーは20年も使われたいたとは、とても長持ちする良い商品だと覗えます。今回の5147sは3枚刃で驚くほど剃り残しが少ないとのことなので、長期的に使うことを考えれば、非常にコスパが良い電気シェーバーです。

初めての電動シェーバーでどのくらい剃れるのか多少の不安はありましたが、思った以上に綺麗に肌も痛めず剃れたので良かったです。 ただ充電時の高周波ノイズがうるさく、あまりのひどさに一度商品を交換してもらいましたが、二度目の商品も多少ましにはなったものの聞こえます。 高周波ノイズは20代の私と弟には聞こえましたが、50代の母には聞こえなかったようで人によっては気にならないかもしれませんが、私にとって決して安い買い物ではないのでもう少しなんとかしてほしいというのが本音です。 二度も返送するのもなあという感じなので充電時に近寄らないようにすることで我慢しようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

初めて電気シェーバーを購入された方の口コミです。肌を痛めず、剃り心地も快適そうなのですが、充電時のノイズ音が気になるようです。音に敏感な方は不快に思ってしまうかもしれません。

長年日立のシェーバーを使用していたが、近年剃り味に少々不満を感じていた。他店の売り場で実演をしていたので、試し剃りをしたら剃り残しもなくきれいに剃れて好印象だった。次はブラウンにと思っていたところ、手頃な値段で5シリーズが出ていたので購入を決めた。使用感は期待通りで、3Dヘッドが肌にピッタリフィットして気持ち良い。

出典:https://joshinweb.jp

他メーカーから買い換えの方の口コミです。実演販売で試してからの購入とのことで、理想的な買い方をされたのではないでしょうか。3Dヘッドの密着感が気持ち良いようです。

series7を使っていて、追加でこちらを購入しました。 series7に比べると、振動はやや大きめですが、そのうち慣れそうな感じです。 剃り味についてもやや劣る感じはありますが、満足できる範囲だと思いました。 その他は特に不満はありません。

出典:https://joshinweb.jp

上位モデルの7シリーズを購入されている方からの口コミです。やはり上位モデルの方が、振動も少なく、剃り味も良いようですね。

5147sと5197ccの違い

ブラウン(BRAUN)

ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー 5197cc 4カットシステム 洗浄機付 水洗い可

価格:11,889円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5147sと5197ccの2つを見比べてみてもシェーバー本体には大きな違いは無いように見えますが、この2つの違いはどのようなことなのでしょうか。この2つは本体の機能・性能に違いは無く同じ電気シェーバーになりますが、違う点は専用の洗浄機が付いているか、付いていないかの違いになります。

 

5197ccには専用のアルコール洗浄システム機が付属されていて、水洗いだけでは落としきれない汚れを落とし、アルコール洗浄システムで刃を最高のコンディションにキープします。定期的な洗浄を行うことで、衛生面でも安心して、毎日使用することが可能です。

 

5147sは丸洗いができる魅力もありますが、水洗いだけでは不安だという方には、この5197ccのアルコール洗浄システム機が同梱されているモデルがおすすめです。気をつけたいのは、洗浄機のみ別売りはされていないという点です。後から洗浄機を購入したいと思っても、後から購入できませんので、注意しましょう。

 

5147sと5145sの違い

ブラウン

ブラウン ≪国内・海外兼用≫[AC100-240V] シェーバー 「シリーズ5」(3枚刃) 5145S

価格:12,290円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5147sと5145sは本体を見比べてみても、違いは無いようにみえますが、どこかに違いはあるのでしょうか。この2つの本体には違いは無く、機能・性能については同じ電気シェーバーとなっていますが、5145sには本体のケースが付属されています。

 

5145sは家電量販店モデルで、5147sには付属していなかった、本体ケースが付いていることが、この2機種の違いとなります。家電量販店モデルのため、販売先によって価格の違いがあるようです。

 

専用のケース付きのモデルをお買い求めの場合は、家電量販店を見てみることもおすすめです。ショッピングサイトの場所で販売価格が変わってきますのでいろんな所を見て探すのも良いかもしれません。

5147sと5140sの違い

ブラウン(BRAUN)

【Amazon.co.jp 限定】ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー 5140s 4カットシステム 水洗い/お風呂剃り可

価格:8,880円 (税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5147sと5140sを見比べてみると本体のサイズやボタンの位置などに違いは無いようですが、どこに違いがあるのでしょうか。5147sと5140sは同じブラウンの5シリーズの電気シェーバーですが、本体のカラーに若干の違いがあります。

 

5147sは本体下部がブラックになっていますが、5140sは本体下部がブルーの配色が施されています。この2つは外見が少し違うだけで、機能・性能は同電気シェーバーとなっています。5140sはAmazon限定モデルとなっていて、Amazonでしか買うことができません。この点がこの2つの違いということになります。

 

機能・性能は同じ商品のため、この2機種で購入を迷っている場合は、下部のカラーや、価格、保証内容の違いで、検討するのが良さそうです。

ブラウン(BRAUN)

ブラウン シリーズ5 メンズ電気シェーバー 5147s 4カットシステム 水洗い/お風呂剃り可

価格:9,236円 (税込)

Amazonで詳細を見る
\お買い物マラソン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラウン電気シェーバー 5147sの商品情報、おすすめポイント、口コミレビュー、商品比較などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

5147sはハイブリット4カットシステムや密着3Dヘッドにより、快適な深剃りが可能な、優秀な電気シェーバーだということがわかりました。音や振動が苦手な方もあり、注意が必要な点もありますが、充電に関することは高速充電でカバーできる点もあり、使い方によっては便利になります。

 

剃り心地に関しては剃り残しもなく、顎のラインも綺麗に剃ることができ、くせひげがある場合も綺麗に剃ることが可能ですので、くせひげに悩んだり、ひげが濃くて悩んでいる方におすすめできる電気シェーバーとなっています。

 

販売先で、型番が違うため、同じ商品なのに付属品が付いたり、カラーが違ったりするため、購入の際は、どこで購入するか、付属品は必要かで検討すると良いかもしれませんね。