象印 EQ-AG22 トースター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥3,980
象印 EQ-AG22 トースターの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、象印 EQ-AG22がどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/06/07 更新

ランク王編集部

30分のロングタイマー搭載!長時間調理対応のトースター

本製品は240Wから1000Wまで、5段階の火力調節が可能なトースターです。ロールパンのあたためなどの軽い加熱から、ホイル焼きのようなしっかりとした加熱まで、1台で幅広いメニューに対応可能。タイマーは30分までセットできるため、焼き芋なども長時間のじっくり加熱でおいしく出来上がります。

グラタンなどの仕上げの際にこんがりとした焦げ目をつけられる、上火グリルも搭載。見た目のおいしさも演出できます。取り外して丸洗いできる「もち焼きネット」やパンくずを簡単に捨てられる「スライド式くず受皿」で、普段のお手入れも楽々です。カラーはシックなブラックで、どんなキッチンにも似合います。

EQ-AG22のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

気になるレビューをピックアップ

高評価が多いトピック

「サイズ」に関するユーザーの反応 まとめ
「お手入れ」に関するユーザーの反応 まとめ
「タイマー機能」に関するユーザーの反応 まとめ

低評価が多いトピック

「温度差」に関するユーザーの反応 まとめ
「目盛り」に関するユーザーの反応 まとめ
「網」に関するユーザーの反応 まとめ

象印 EQ-AG22の基本スペック

象印

EQ−AG22−BA ブラック

価格:4,710円 (税込)

 

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 象印 商品名 EQ-AG22
加熱方式 ヒーター 同時枚数 山形パン2枚
温度調節機能 5段階調節 消費電力 1000W
パンクズトレイ その他機能 餅焼きネット・30分ロングタイマー・上火グリル
サイズ 38.5×27×23cm 重量 4kg

象印 EQ-AAG22のおすすめポイント

引き出せる「スライド式クズ受皿」で掃除がしやすい

EQ-AG22のパンクズトレイは引き出して掃除ができます。トースターはパンクズが落下して汚れやすいので、手軽に掃除ができるのが魅力です。また、前面の扉を閉じたままでもパンクズトレイを引き出せるのも特徴です。こまめにお手入れをすることで、トースター庫内を清潔に保てます。掃除を手間に感じてしまう方にぴったりの機能です。

洗いやすい「はずせるもち焼きネット」

トースターで餅を焼く方も多いと思います。EQ-AG22なら餅用の焼き網を取り外すことが可能なので、万が一、汚れてしまっても丸洗いをすることが可能です。また、焼き網は編みを重ねたネット状の作りになっているので、餅が庫内に垂れてしまう心配も入りません。餅はトースターに付着してしまうと、こびりついて落としにくいのが特徴なので嬉しい機能です。

クロワッサンも焼ける「温度調節機能」

パンの温めからグラタンの焦げ目まで可能な「温度調節機」は5段階調節が可能です。温度を調節することで、トースターで調理ができるレパートリーが増えます。また、EQ-AG22は「30分ロングタイマー」も搭載しているので、焼き芋などのじっくり焼く調理にもおすすめのモデルです。上火グリルできれいな焼き色を付けられるのも魅力です。

ピザが1枚入る広い庫内

EQ-AG22の庫内の奥行きは22cmです。8インチ(20cm)のピザも切らずに丸々1枚入れて焼けます。ピザ用のトレーが付属しているのも魅力で、温度調節機能を利用して冷凍ピザを調理すれば美味しく仕上げられます。

象印 EQ-AG22の悪い点をレビュー

焼きムラが気になる

左右で焦げかた違うや上下のヒーターのパワーが違うため裏面だけ焦げてしまうといった焼きに関する悪いレビューが多く見受けられました。また、焼け具合も表面だけ焦げてしまい中はあまり焼けないといった声も。温度調節機能でパワーを調節したりタイマーで焼き時間を調節したりする必要があります。

タイマーが合わせにくい

タイマーのメモリが小さいため合わせづらいという声も多く見受けられました。EQ-AG22は30フンロングタイマーを搭載していて長時間の調理にも向いたトースターです。しかし本体のコンパクトさに加えてタイマーの時間が長いためメモリが合わせにくいのも特徴です。

 

トーストなどは細かい時間調節をしないとすぐに焦げてしまいます。時間の調節だけではなくこまめに焼け具合をチェックするのも大切です。

パンクズトレイの隙間からパンクズが落ちる

EQ-AG22の引き出せるパンクズトレイは掃除がしやすいと人気も集めていますが、同時に引き出しにくさを感じたり隙間からパンクズが落ちてきたりするという悪いレビューも多く見受けられました。パンクズが落ちてきて掃除が手間に感じてしまう方もいらっしゃいます。

実際の口コミ

2枚並べて焼いた場合、左側に比べて右側が焼けません。そこは不満。

出典:https://review.kakaku.com

ダイアルの位置やドアの開き方など使い易いのですが、ダイアルに表示がないことと時間ダイアルの表示が細かすぎて合わせにくい。

出典:https://kakaku.com

見た目よし機能よしで買ってよかったです。ただ底の受け皿がただの板みたいなのでもうちょい受け皿ぽかったらなと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

ただ、カスが落ちる用のトレーが下にセットされてても、どうしても扉の開閉時にカスが下に落ちてしまいます…

出典:https://review.rakuten.co.jp

気になるのがパンくずのトレー、取り外しがスムーズにいかない毎回、引っ掛かります。気にしすぎかもしれませんが...

出典:https://review.rakuten.co.jp

象印 EQ-AG22の良い点をレビュー

手入れのしやすいトースター

良いレビューの中でも特に、手入れがしやすいと評判です。パンクズトレイが引き出せるので簡単に掃除ができるという声が多いです。また、扉が大きめに開くので奥までしっかりと掃除ができるという声も見受けられました。

上火グリルできれいな焼け目がつけられる

EQ-AG22は焼きに関して悪いレビューが多く見受けらましたが、きれいに焦げ目をつけられるという声も多いです。特に上火グリルを使用することで、グラタンの仕上げの焦げ目がきれいについたりパンがきれいに焼けたりしたという声もあります。パワーや時間を調節することできれいな焦げ目をつけて美味しく焼けます。

温度調節機能が便利

EQ-AG22には調理内容によって温度を調節できる機能が搭載されています。トーストだけでなく冷凍ピザやパンの温めなども可能で、使いやすいとの声があります30分のタイマーと合わせればトーストや餅だけでなく料理にも活用ができます。

デザイン性も機能性も優れたコスパのいいトースター

シックなブラックのカラーが部屋のインテリアや他の家電にも馴染みおしゃれと評判です。また、シンプルな形も人気の理由です。また、見た目だけでなく操作が簡単で機能性にも優れているのでコスパに優れたトースターとの声もあります。

実際の口コミ

実家用に購入しました。母はパンくずを受けるトレーが付いているので掃除がしやすいこと、網目が細かく餅焼きしやすそうなところが気に入ったようです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

いたって標準的。トーストを焼くときに上火グリルを使うとこんがり焼ける。

出典:https://kakaku.com

良く焼けます。上火グリルを使えば焦げ目も簡単に付けられます。

出典:https://kakaku.com

色々な用途によって温度の使い分けができてとっても便利です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

デザインすっきり、大きくて高さもあり使い勝手がいいです、

出典:https://review.rakuten.co.jp

EQ-AG22とEQ-SA22との違い

象印

EQ-SA22-BW

価格:5,450円 (税込)

 

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「EQ-AG22」と同時期に発売されたこんがり倶楽部シリーズの上位モデルの「 EQ-SA22」です。EQ-SA22はEQ-AG22と同じくパワー・加熱方式・同時枚数・パンクズトレイ・はずせる餅焼きネット・タイマーの時間といったスペックが同じです

 

しかし、EQ-SA22は温度調節が80℃〜高温250℃で、5段階調節のEQ-AG22と比べて細かい温度設定が可能なモデルです。遠赤外線ヒーターを搭載しているので、さらにこんがりと調理できます。また、これまでのトースターは前面の扉が取り外せない仕様でしたが、EQ-SA22は取り外しをして掃除ができます。パンクズトレイに加えて扉がはずせるので掃除のしやすさが格段と増した製品です。

 

EQ-AG22と比べると価格も大きく変わらないので機能性を充実させてトースターを使用したい方におすすめのモデルです。サイズや重量が若干増えているので、設置場所の確保には注意をしてください。

EQ-AG22とEQ-AA22との違い

象印

EQ-AA22-NM

価格:3,620円 (税込)

 

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらも「 EQ-AG22」と同時期に販売されたこんがり倶楽部シリーズの下位モデルの「EQ-AA22」です。EQ-AA22のカラーはシャンパンゴールドでデザイン性も人気を集めているトースターです。スペックはサイズ・加熱方式・同時枚数・パンクズトレイ・消費電力が同じです。

 

しかし、EQ-AG22と比べてタイマー時間は30分から15分と短くなり、温度調節機能を搭載していません。シリーズのなかでもスペック面がシンプルなモデルです。機能性は劣るものの奥行きなどのサイズが同じなのでピザなどを焼くのには十分です。

 

価格はEQ-AA22の方が若干安くなります。シンプルな焼きのみにトースターを使用したい方におすすめのモデルです。また、カラーもシャンパンゴールドでおしゃれなのでEQ-AG22のブラックがいまいちという方にもおすすめです。

象印

EQ−AG22−BA ブラック

価格:4,710円 (税込)

 

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

象印 EQ-AG22 トースターの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめてみました。

 

EQ-AG22はコンパクトでデザイン性にも優れきれいな焼き目・温度調節で調理するものに合わせて温度を変更できる・30分のタイマー・掃除がしやすいパンクズトレイといった機能性にも優れています。スペックもいいのでコスパに優れたトースターといえます。

 

しかし、レビューの悪い点にもあった通り、焼きムラやメモリの合わせづらさが気になる方も多いようです。掃除がしやすいパンクズトレイがついているものの、パンクズが落下してしまうのも欠点。汚れやパンクズが気になる方はトレイにアルミホイルを敷くと掃除のしやすさがアップします。EQ-AG22はトースターに焼く以外の機能性を求める方におすすめの製品です。