Beoplay h8i イヤホンの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.2
最安値:¥45,813
Beoplay H8i イヤホンの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、Beoplay H8i ヘッドフォンがどんな人におすすめなのかを評価しました。

h8iのショップ比較

他サイトの評判・ランキング

サイト名Amazon楽天Yahoo!ショッピング
ランキング名
順位名
レビュー

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

Beoplay H8i の商品情報

Beoplay H8i の基本スペック

Bang & Olufsen

Bang & Olufsen ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beoplay H8i Bluetooth/AAC 対応/通話対応/連続30時間再生 ブラック【国内正規品/保証2年】

価格:45,813円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカーB&O商品名Beoplay H8i
タイプオーバーヘッド装着方式両耳
構造ダイナミック密閉型コード長 オーディオケーブル/1.2m、USBケーブル/1.25m
BluetoothバージョンVer.4.2連続再生時間30時間(Bluetooth、ANC 使用時)、45時間(Bluetooth 使用時)、42時間(ANC 使用時)
充電時間3.5時間その他機能ノイズキャンセリング機能/ Transparency Mode/インテリジェンスセンサー

Beoplay H8i のおすすめポイント

連続再生時間は業界トップクラス

Beoplay H8iは、約30時間の連続再生が可能です。同メーカーのH8に比べ、約2倍の連続再生時間となっており、ヘッドホン業界でもトップクラスだと言われています。クッションに使用された高級ラムスキンによる快適な装着感とともに、時間に縛られることなく音楽をたのしむことが出来ます。

 

高品質なノイズキャンセリング機能

Beoplay H8i には、高品質なアクティヴノイズキャンセリング機能が付いています。たとえどんなにうるさい屋外の喧騒にいようとも、周囲の音をシャットアウトするこの機能が発揮されれば、雑音に邪魔されることなく音楽の世界に浸ることができます。Bluetooth接続に対応しているので、どこにでも持ち歩いて使用することが可能です。

 

 

スマートに機能する新モード

Beoplay H8i についている更なる機能が、Transparency Modeとインテリジェンスセンサーです。Transparency Modeは耳当ての部分をワンタッチするだけで、シャットアウトしていた周囲の音が聞こえるようになる機能です。 インテリジェンスセンサーはヘッドホンを外す動作をするだけで、再生していた音楽が自動で停止する機能です。再び装着すれば、音楽は自動的に再生します。余分な動作いらずで、スマートに機能するこれらの最新モードをBeoplay H8i は装備しています。

Beoplay H8i を徹底レビュー(評価・口コミ)

Beoplay H8i の悪い点をレビュー

Bluetooth接続が悪い

特に満員電車や駅など、人が多くいる場所においてBluetoothが接続しづらい、という問題点が挙げられています。 同じ人混みでも時間帯による混み具合によって接続状況が変わる場合もあるため、Bluetooth同様の電波を使用する電子機器が密集しているという外的な要因も考えられます。 場所を選ばせない優れた機能が、Bluetooth接続不良によってその効果を発揮しきれないこともあるようです。

多機能ゆえの不便さ

ワンタッチで作動するTransparency Modeにおいて、その機能が敏感すぎるゆえに、必要でないシーンにそれが誤作動として発揮されてしまう場合があるようです。 機能が多く、労力が少ない動作で作動するようになっている製品なので、それが返って裏目に出てしまうことがあります。

装着感

オンイヤー型ヘッドホンの形状による、装着したときの締め付け感があるようです。 締め付けによって頭が痛くなるなどの身体への負担も考えられます。 長時間の使用にこのヘッドホンは向かないかもしれません。

Beoplay H8i の良い点をレビュー

高音質

音楽機器において、音質の良さは最重要といっても良い要素なのではないでしょうか。 Beoplay H8iは高音質であるという口コミが非常に多い製品です。 有線の状態でもBluetooth接続時でも、高音質で音楽をたのしむことが出来ます。

充電の手間が少ない

連続再生時間が約30時間を誇るBeoplay H8i。 連続再生時間が長いということは、その分充電に気を取られる煩わしさも解消されるということ。電子機器において、充電回数が少なくて済むのは魅力的な要素ではないでしょうか。

デザイン性が高い

ヘッドホンのもつ存在感ゆえ、重要視されるのが『デザイン性』。そのデザイン性の高さもBeoplay H8iの評価のひとつです。 デザインを担当したJakob Wagner氏は工業デザインに長けた人物です。レッド・ドット・デザイン賞やIFデザイン賞など多くの賞を受賞しており、国際的に高い評価を受けています。 Beoplay H8iは彼の掲げた無駄のないデザイン性を見事に実現した、洗練されたデザインとなっています。

Beoplay H8i の口コミを集めました

音質に関しては文句なく素晴らしいです。 他の方も書かれていますが、有線接続時が一番バランス良く広がりのあるサウンドで聞くことができます。 ではBluetoothでの音がイマイチかというとそんなことはなく、有線接続時とは違う味があり、これはこれで心地良い音を鳴らしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質に文句がない、との好評価。有線の状態がもっとも優れたサウンドであるという感想をもたれています。

音質は低音はクリアで結構迫力もあります。 中音域は少し控えめかなという感じで高音は伸びやかな印象です。 全体的にBOSEやSONYのような作ったような音に比べて自然な原音に近い感じで聴きやすいです。有線接続の方が音質はいいです。ピアノ曲をかけた時その高音の伸びやかな感じに驚き、いつのまにか没頭してました。

出典:https://www.amazon.co.jp

それぞれの音域の聞こえ方を細かくレビューされています。 前のレビューと同様、有線の状態のほうが音質が良いという評価です。

電気店に入り浸りついに出会った最高のヘッドフォンでした。 H8も良かったですが、連続再生時間が倍近くあるのでそこもプラス。1週間に1回ぐらい充電で済みます。

出典:https://www.amazon.co.jp

このように、充電をこまめに行う必要がないために、満足感を覚えているユーザーもいます。使用頻度にもよりますが、1週間に1回の充電のみで済んでしまうのは驚きですね。充電に気を煩わせることなく、ヘッドフォンを使用することが出来そうです。

Beoplay H8iはニューヨーク近代美術館にも作品が収蔵されている著名なプロダクトデザイナーが設計したというだけあり、洗練された美しいデザイン。レザーとアルミニウムの素材使いが上質さを引き立てます。

出典:https://www.fukulow.info

デザイン性について言及されたレビューです。 上質な素材が使用されていることもあり、全体的に上品で洗練された印象を持たれています。

朝の通勤時(地下鉄内、地下鉄構内、街中)にBluetooth接続がすぐに切れ、再生ボタンで復帰させても秒単位で切れるので、朝はほとんど使い物になりません。同じルートでも夜の帰宅時には朝ほどは切れないので(でも切れます)、問い合わせ方法も難しい。グローバル本社には問い合わせ中、完実電気さんには問い合わせたところ実機で不具合の確認になるとのことでした(まだお送りしていません)。

出典:https://www.amazon.co.jp

Bluetooth接続の不具合に関するレビューです。 製品そのものの接続が悪いという可能性もありますが、時間帯によって接続状況が変わるようなので、満員電車という環境がもたらしている影響を考える必要もありそうです。

試聴中に急に停止したり、曲が始めからになったりと、まともに聴くことができなくなることが多々ありました。 これは非常に残念な点です。 初めは初期不良かと思い交換してもらいましたが、2機目でも同様の症状が出たため、根本的にセンサーが高感度過ぎるのかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらはインテリジェンスセンサーが敏感すぎるために、誤作動を起こしている ことに関するレビューです。 この被害を回避するためには、あらかじめセンサーをOFFに切り替える必要があるようです。

着け心地は側圧が少しきつめですが、パッドが柔らかく、オンイヤー型の中では良い方かと思います。しかし、長時間使用していると少し痛みが出てきます。 これは個人差があるかと思いますが、私の場合は1時間以上利用してるとだんだん痛みが出てきます。慣れてしまえばそれほど気にならなくなりますが、気になる方はアラウンドイヤー型にした方がいいかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

装着感に関するレビューです。 ラムスキンを使用したパットのやわらかさはあれど、長時間使用するとやはり頭に痛みが出てくるようです。

タイトルどおりです。ノイキャンが一番素晴らしい。音は低音寄りでオールジャンルいけます。ただ起動音とbluetoothの音がでかすぎて耳がぶっ壊れます。そこだけ気をつければ完璧

出典:https://www.e-earphone.jp

bluetoothの音が大きいとのレビューです。購入の際はこのような部分にも気をつけたほうが良いでしょう。

Beoplay H8i の関連商品と比較する

Beoplay H8i と H9i の違い

Bang & Olufsen

Bang & Olufsen ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beoplay H9i Bluetooth/AAC対応/通話対応 ブラック 【国内正規品/保証2年】

価格:52,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同じブランドであるBeoplayのH9iとの比較を行います。H8iとH9iの性能の違いなどをまとめてみました。 まず音域は、同様に20〜2.2000Hzとなっています。デザインは同じデザイナーによるものなので、その見た目にほとんど違いはありません。どちらもスタイリッシュで機能的なデザイン性に優れています。 H8iとH9iで、両者を最も変化づけているのは音質です。 300~800㎐の音域がH8iよりグレードアップされています。この音域は人間の声の主音域なので、特に通話時にはその効果を存分に発揮します。H9iの方がH8iに比べてサイズが大きく、重さもあります。 Bluetooth+ANC 使用時の連続使用時間はH8iが30時間なのに対して、H9iは24時間と 6時間少ない維持時間になっています。そして価格はH9iの方が約1万円高い値段設定となっています。 以上のことから、重さ・サイズや値段などのマイナスポイントを凌駕する音質の向上がH9iの魅力であるといえます。音質にこだわりたい方には、音質がさらにグレードアップしたH9iがおすすめです。

Beoplay H8iと V-moda CROSSFADE IIの違い

L9CAM

V-moda XFBT2-RGOLDB CROSSFADE II WIRELESS ROSE GOLD BLACK Bluetooth ワイヤレスヘッドホン

価格:47,724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらはV-modaのワイヤレスヘッドフォンです。Amazonの人気ランキングで40000~50000円台のワイヤレスヘッドフォンの中で、上位にランクインしていました。 まずH8iとの大きな違いは、このヘッドフォンはオーバーイヤー型であることです。完全に耳を覆う構造になっているので、外部の音を確実にシャットアウトできますし、音漏れの心配もありません。 そして特筆すべきなのが、ワイヤレス機能です。Bluetooth接続において、2つのデバイスと同時に接続することができます。さらにワイヤード接続時には、4.0000Hzまで再生することができる高音質を実現しています。 外部の音に邪魔されず、高音質の音楽に浸りたいという方におすすめのヘッドフォンだといえますね。オーバーイヤーとしてその形状から雑音の遮断にアプローチし、ワイヤレス機能の充実と高音質を実現する代わりに、H8iにはあるアクティブノイズキャンセリング機能やTransparency Modeはありません。 また、ワイヤレス接続の持ち時間は14時間です。H8iが30時間なので、半分以下の持ち時間となっています。H8iにくらべ、充電の手間が増えてくるでしょう。とことん音質を追求したい方にはV-modaをおすすめしますが、融通の利く機能性を求める方にはH8iを選ぶと良いのではないでしょうか。

Beoplay H8i の総合評価

Bang & Olufsen

Bang & Olufsen ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beoplay H8i Bluetooth/AAC 対応/通話対応/連続30時間再生 ブラック【国内正規品/保証2年】

価格:45,813円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Beoplay H8i イヤホンについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。 Beoplay H8iは、外部の雑音をシャットアウトするアクティブノイズキャンセリング機能と、ワンタッチで周囲の音を取り込むTransparency Modeの2つを兼ね備えた、さまざまなシーンに対応できる機能をもつ、高音質・高性能のワイヤレスヘッドホンです。 場所を選ばずに高音質な音楽をたのしみたい方に是非おすすめしたいヘッドホンだといえます。しかし、口コミによるとBluetooth接続機能やインテリジェンスセンサーの不具合が生じている事実もあり、多機能により生じた不具合と付き合う必要がありそうです。 そうした不具合に煩わしさを感じる方は、多機能でないシンプルなヘッドホンを選ぶことをおすすめしますBeoplay H8iの強みと弱みを把握したうえで、他のさまざまな製品とも比較し、ご自身の求めるヘッドホンを探してみてくださいね。

関連する商品

イヤホンの人気商品