コールマン286Aの評判・レビュー・口コミを調査!ケロシン化する方法もご紹介!

最安値:¥17,480
コールマン ワンマントルランタン 286A740J ランタン・ワークライトの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、コールマン ワンマントルランタン 286A740J ランタン・ワークライトがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/08/03 更新

ランク王編集部

パチパチ燃える音で雰囲気アップ◎使い勝手のいいランタン

本商品は、コールマンから発売されている、冬場の寒い時期でも安定した明るさを確保できるホワイトガソリンを燃料とするランタンです。燃料が燃える時の独特な音が雰囲気を醸し出し、ゆっくりっとした時間を過ごせますよ。また、置いて使用することはもちろん、ハンガーがついているので吊るしたり持ち運んだりと、自由にお使いいただけます。

加えて、ランタンを収納する専用のプラスチックケース付きで、移動する時にも楽に使えるランタンを探している方にピッタリです。さらに、アウトドアの時間をより豊かに演出するサウンドがいいですね。ちょっと豪華なグランピングや、心を落ち着かせて過ごしたい方におすすめです。

ワンマントルランタン 286A740Jの基本スペック

タイプ
オイルランタン(ガソリン/灯油/パラフィン)
燃料・電源
ホワイトガソリン
明るさ
約200CP/130W相当
連続点灯時間
7.5 時間
本体USB充電対応
-
モバイルバッテリー機能
-
防水・防塵
-

ワンマントルランタン 286A740Jの通販サイト比較

楽天 ¥18,600

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥17,480

在庫 : ○

送料 : 無料~

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

この商品が紹介されている記事

ランタンのおすすめ25選!おしゃれなオイルランタンや便利なLEDランタンも!のサムネイル画像

ランタンのおすすめ25選!おしゃれなオイルランタンや便利なLEDランタンも!

2022/09/18

かわいい人気オイルランタンおすすめ5選!室内でインテリアとしても使用できる⁉︎    のサムネイル画像

かわいい人気オイルランタンおすすめ5選!室内でインテリアとしても使用できる⁉︎    

2022/08/09

コールマンのランタン「ノーススター」のおすすめ6選!使い方・メンテナンス方法も紹介!のサムネイル画像

コールマンのランタン「ノーススター」のおすすめ6選!使い方・メンテナンス方法も紹介!

2022/06/28

小型LEDランタンのおすすめ10選!おしゃれなものから実用性が高いものまで! のサムネイル画像

小型LEDランタンのおすすめ10選!おしゃれなものから実用性が高いものまで! 

2022/06/28

コールマン「バースデーランタン」の魅力とは?探し方も解説!のサムネイル画像

コールマン「バースデーランタン」の魅力とは?探し方も解説!

2022/06/28

オイルランタンの消し方はたったこれだけ!初心者向けに基本的な使い方も解説!のサムネイル画像

オイルランタンの消し方はたったこれだけ!初心者向けに基本的な使い方も解説!

2022/06/27

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

現代の生活は便利になりましたが、あえて不便を楽しむのもキャンプの醍醐味です。ランタンも手軽に点灯するよりも、手間をかけて点灯するからこその感動がありますよね。コールマン286Aは、ひと手間かけて点灯する楽しみが味わえるガソリンランタンです。

 

製造年が刻印されているので記念品にもなり、しっかりメンテナンスすれば一生モノになるほど耐久性も高いんです!メンテナンスや改造も楽しめるコールマン286Aですが、デメリットや使用感が気になりますよね。デメリットや使用感を知るには、購入者の口コミを知るのが一番です。

 

今回は、コールマン286Aの評判・レビュー・口コミについて調査しました。コールマン286Aの使い方やケロシン化する方法などについてもご紹介します。

コールマン286Aは、独特の燃焼音や明るさを楽しめるなど、他のランタンにはない魅力があります。コールマン286Aの魅力について解説します。

 

※クリックすると見出しへジャンプします

コールマン286Aは、専用のハードケースが付属するので持ち運びに便利です。コールマン286Aは、マントル・グローブ共に衝撃に強くないので落とすと割れる恐れがあります。ハードケースに入れておけば、落としたくらいでは割れないので安心して持ち運べます。

 

ハードケースは別売りのランタンも多いので、ハードケースが付属するコールマン286Aはコスパも高いです。ただし、付属のケースは取っ手と本体をロックしないと、持ち上げた際に本体が落ちてしまいます。ロックを忘れないように注意が必要です。

コールマン286Aは、耐久性が高くメンテナンスすれば非常に長く使えます。コールマンのガソリンランタンは、海に沈んだものを回収して掃除したら再び使えるようになったエピソードがあります。同じ構造のコールマン286Aは、根本的な故障が起こりにくく耐久性が抜群です。

 

構造もシンプルなので、自分で分解してメンテナンス・部品交換ができます。定期的にメンテナンスすれば、一生使えるランタンです。メンテナンスを楽しみたい方にもおすすめです。

コールマン286Aは、燃焼音や明るさなどガソリンランタンならではの楽しみ方ができます。コールマン286Aを使用すると、ホワイトガソリンが気化した独特の燃焼音がします。コールマン286Aの燃焼音は、焚き火が爆ぜる音のように癒しの空間を演出します。

 

ガソリンランタンはかなり明るいですが、強すぎて落ち着かない明かりではありません。光量は多いですが、間接照明のような落ち着いた明るさを楽しめます。

コールマン286Aは、製造年月が刻印されているので記念品になります。コールマン286Aの底には、「THE COLEMAN CO. INC.” “WICHITA KANSAS U.S.A」の文字と、製造年月が印字されています。右側の2桁の数字が製造年の下2桁、左側の2桁の数字が製造月です。

 

子供が生まれた月など特別な月に製造されたコールマン286Aを見つければ、良い記念品になります。

コールマン286Aは、ガソリンランタンなので点火に一手間必要です。LEDランタンはスイッチを押すだけで点火できますが、ガソリンランタンは違います。ガソリンランタンはホワイトガソリンを注いだ後に、空気圧を加えるポンピングを行って点火します。

 

点火する際の作業が面倒にも思えますが、この一手間を楽しめるのがガソリンランタンの魅力です。キャンプはあえて不便を楽しみたい方におすすめのランタンです。

今までLEDランタンでしたが、ガソリンランタンの灯りはとても優しく思わず眺めてしまいます。音も働いてる感があります。確かに手順、操作はありますが、それが味であり楽しみです。メンテをすれば一生モノ。使い込むほどに深みを増す。それがこの値段で手に入ることが素晴らしい。プロセスを楽しむのがアウトドアです。

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマン286Aはガソリンランタンならではの光や音が楽しめます。LEDランタンに比べると操作も難しくメンテナンスの手間も必要ですが、そこが魅力でもあります。キャンプの面倒さやメンテナンス自体を楽しみたいならおすすめです。
さすがにコールマンの火モノ、安心感があります。 また、シンプルな構造でメンテナンスも簡単。 丁寧に使えばまさに一生モノとなる製品のひとつです。

出典: https://www.amazon.co.jp

メンテナンスすれば半永久的に使えるだけでなく、メンテナンスが簡単なのもコールマン286Aのメリットです。ただし、構造を理解して丁寧にメンテナンスしないと、トラブルになる可能性もあります。ネジ溝が潰れると修理不能になる可能性もあるので、バルブを交換する場合などは要注意です。
ソロキャンプで使っておりますが、必要十分の明るさ、燃費です。 100W相当の明るさ(それ以上明るいかも)なので4人くらいのキャンプでもこれを置いたテーブルを囲んで 食事も可能です。テーブルに置いてのMAXではまぶしいくらいなので、リフレクターの購入もおすすめします。

出典: https://www.amazon.co.jp

明るさに関する口コミです。コールマン286Aの光は雰囲気があるだけでなく、ソロキャンプなら十分な明るさがあります。実用的な明るさと雰囲気を兼ね備えた光のランタンが欲しいならおすすめです。
火をつけようとしても上手に点火できずにランタン全体が燃えました。危うく火事になるかと恐ろしかったです。数回、説明書どおりにしましたがマントルが燃焼してくれずにランタンが外側まで燃えるので危ないので使用してないです。

出典: https://www.amazon.co.jp

上手く着火できずに火事になりそうだったとの口コミです。ガソリンランタンはガソリンがしっかり気化していないと、炎上しやすいです。ジェネレーターを暖めて、しっかりとガソリンを気化させましょう。初心者は安全な場所で練習して、確実に着火できるようにしてください。
しっかりポンピングしないと着火しない。50回なんて嘘。100回以上しなければならない。 軽易に着火できなければ負担になる。夏場はこのために汗だくになるのは間違いない。

出典: https://www.amazon.co.jp

ポンピングが大変との口コミです。コールマン286Aのポンピングは数十回で十分ですが、ポンプにトラブルが起こると美味くポンピングできません。ポンピングが上手くできない場合は、ポンプのメンテナンスを行ってください。注油で直る場合が多いですが、ポンプの内部が劣化している可能性もあります。

コールマン286Aの使い方の手順は以下の通りです。

 

  • タンクの蓋を開けてホワイトガソリンを8分目まで入れる
  • ポンプノブが押し込めなくなるまでポンピングを行う
  • マントルを袋状に広げてから取り付け、バーナーチューブに取り付けて袋を膨らませる
  • 取り付け後に余った紐を切断し、マントルを空焚きする
  • ベンチレーター・ガラスグローブを接続し、動かないように固定
  • ライターで火をつけて、燃料バルブを開放
  • 炎が落ち着いたら、光が安定するまでポンピングを行う

 

消化する際は、燃料バルブをOFFにしてください。

コールマン286Aは、灯油を使うケロシンランタンに改造できます。燃費が良くなりますが、失敗すると元に戻せないので改造は自己責任で行ってください。ジェネレータとバルブアッセンブリーをコールマンランタン214A用に交換すれば、ケロシン化できます。

 

燃料の吸い込み口・空気取り入れ口の大きさを自分で改造できるなら、ジェネレータのみの交換で大丈夫です。ただ個体差などもあるので、同じ手順でケロシン化が上手くいかない場合もあります。ケロシン化はYouTubeの動画なども参考にして、慎重に行ってください。

コールマン286Aは、通常のグリーンカラーとコールマンレッドの特別カラーがあります。通常のコールマン286Aは、定価以下で購入可能です。オフシーズンには通常カラーが定価以上で販売される事例もあるので、他の店の価格も確認してから購入してください。

 

公式サイトでは在庫切れのコールマンレッドのコールマン286Aは、ネットショップやフリマサイトならプレミア価格で購入可能です。コールマンレッドのコールマン286Aを定価で購入したいなら、再販されるまで待ちましょう。

コールマン286Aの評判・レビュー・口コミについてご紹介しました。コールマン286Aは、メンテナンスや点火の手間が楽しめて、一生使い続けられるのが魅力です。コールマン286Aで充実したキャンプを実現してください。