日立 HMO-F100 トースター評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥714
日立 HMO-F100 電子レンジの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、日立 HMO-F100 電子レンジがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/06/07 更新

ランク王編集部

機能性と使いやすさを追究した便利なトースター!

本商品は、循環ファンと遠赤ヒーターを用いることで、低温から高温調理まで行うことができ、全体を満遍なく加熱することが可能です。 オートメニューである14種類の調理モード選択の機能も備わっており、温度や時間を自動でコントロールできるため、調理操作もかんたんです!↵↵機能性が抜群で、使いやすさにも優れているため、多彩で豊富なメニューをおいしく、かんたんに作り上げたい人におすすめです!「トーストがおいしく焼ける」という口コミ、評判も多いことも特徴です!また、スライドイン式のオーブン皿を用いており、お手入れもラクチンなため、面倒くさがりの方にもぴったりな商品です!

HMO-F100のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

この商品が紹介されているランキング

日立 HMO-F100の基本スペック

日立(HITACHI)

日立 コンベクションオーブントースター HMO-F100 R

価格:7,688円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー HITACHI(日立) 商品名 HMO-F100 R(レッド) W(ホワイト)
サイズ 376x249x413 mm 種類 オーブントースター
庫内形状 フラット 庫内容量 10L
最大出力 1300W 年間消費電力 -
年間電気代 -

日立 HMO-F100のおすすめポイント

豊富なレシピ

HMO-F100はトースターながら非常に多くの機能を備えています。その中でも特筆すべきはレシピメニュー数の豊富さで、餅やトーストだけでなく、コンベクション機能により、ポテトチップスなどのレシピを作ることも可能です。

コンベクションオーブントースター

HMO-F100はコンベクションオーブンというタイプのトースターです。従来はヒーターなどを使って食材を加熱するだけだったのに対し、コンベクションオーブンはファンを使った熱風加熱調理を可能としています。

ホーロー加工のオーブン皿

HMO-F100のオーブン皿はホーロー加工という特殊なコーティングがされています。これにより掃除が非常に容易になったり、タレなどの頑固な汚れも焦げ付かないようになっています。掃除の手間が省けるので、単身赴任の方などにもおすすめです。

日立 HMO-F100の悪い点をレビュー

庫内サイズが小さい

HMO-F100は本体サイズ(外寸)が376x249x413 mmなのに対し、庫内寸法は322x101x324 mmとなっています。本体サイズに比べて庫内寸法が小さめとなっているので、4人以上のご家族がいる場合は少々不便になってくることもあります。

電気代が高い

HMO-F100の口コミのなかでも、特に多いのが「電気代」が高くなるというものです。HMO-F100の消費電力は1300Wと決して省エネとはいえません。高機能で時短もできて便利なだけに、残念なデメリットですね。

メニュー機能に任せられない

HMO-F100は最新の電子レンジとは違い、AIを搭載していないので、自動でメニューを調節してくれません。例えばピザの場合は、厚めのものだと中まで焼けない場合があるので、注意が必要になってきます。冷凍食品に関しては、慣れが必要となってくるでしょう。

日立 HMO-F100の良い点をレビュー

操作がシンプルで分かりやすい

HMO-F100は多機能ながら、高いUIデザインを有しています。少なすぎるわけではないですが、出来る限り無駄なボタンを省いたデザインは、お子様からご高齢の方まで直感的に幅広く操作することを可能にしてくれるでしょう。

静音性が高い

オーブンやオーブントースターが使用後の換気時にうるさいというデメリットがありますが、HMO-F100の換気音は比較的静かで、気にならな場合が多いようです。調理中の静音性も高いため、夜中でも騒音を気にすることなく使うことが出来るでしょう。

掃除がしやすい

上述したホーロー加工されたオーブン皿だけではなく、HMO-F100はその庫内形状も掃除に特化しています。凹凸が少ないデザインのため、サッと拭くだけで汚れが取れるので、今までのように面倒な掃除に時間を消耗してしまうことも減るでしょう。

日立 HMO-F100の口コミを集めてみました

税金込みでこの値段なら良かったです。デザインもシンプルでいいし、表示も分かりやすい。

出典:https://www.biccamera.com

こちらの口コミの方は、HMO-F100の価格とデザインや操作性に高い評価を下されています。HMO-F100は10000円を切るリーズナブルな価格帯でありながら、トースターの中ではトップクラスの性能を持ちます。

使いやすくて、便利です。まだ 全部の機能を試せてませんが、ムラなく出来上がりました。

出典:https://www.biccamera.com

こちらの口コミの方も、HMO-F100の操作性に対して、高い評価を下されています。HMO-F100はトースターとしては非常に多機能であるため、食材やメニューに合わせて調理することが出来ます。

中がとても広いので大きめのピザも焼けるし、見た目もとってもカッコイイのでお気に入りです。

出典:https://www.biccamera.com

HMO-F100はトースターの中でも大型の種類であるため、大きめのピザやトーストを焼くことが出来ます。HMO-F100の庫内形状の大きさや、高いデザイン性にこちらの口コミの方も実感しているようです。

先に自宅用で購入し、とても使い勝手が良かったので、母にも勧め購入しました。天板の汚れは少し落としにくいですが、惣菜の温めは余分な油も取れてカリッとして美味しく頂けます。もちろん、パンも綺麗に焼けますよ。

出典:https://www.biccamera.com

HMO-F100の天板はホーロー加工されているため、一般的なものと比べれば汚れは落ちやすい方といわれていますが、食材によっては汚れが落ちにくいものもあるようです。

食パンをトーストしてみましたが、裏面が全く焼けていませんでした。メーカーに問い合わせたところそういう問い合わせがかなり多いとうことでしたが、特に何の対策もないようでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方は、HMO-F100の基本的なトースト機能に対し、低い評価を下されています。トースト機能を十分に使えないのは、かなり大きいデメリットですが、正常に使えてるとの口コミもあります。

また、自家製パンを焼くのにも使っていますが、うちの高級オーブンレンジより美味しく焼けます。 欲を言えばもう少し中の高さがあるといいのですが、縦横は広々していてピザなどを焼くのには困りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらの口コミの方は、「高級オーブンレンジよりもパンがおいしく焼ける」と非常に高い評価を下されています。高さに関してはオーブンではないので、どうしても低くなりがちですが、問題なく使用できているようです。

家族4人の我が家では、今までのトースターが2枚しか焼けなくて、このトースターは4枚ふっくらと美味しく焼けるので電気代と時間の短縮が出来ます。少し大きくなったので今までのトースターの台に置けるか心配でしたがゴム足が内側に入ってるので綺麗に収まりました。

出典:https://bbs.kakaku.com

HMO-F100は一般的なトースターの2倍程度の大きさを持つため、トーストを4枚焼くことが出来ます。HMO-F100の大きさに関して、こちらの口コミの方は非常に高い評価を下されています。

コンベクションオーブントースターとしては優秀だと思います。 反面、電気の消費量が激しすぎて、月の電気代が3,000円以上跳ね上がりました。

出典:https://review.kakaku.com

HMO-F100は電気代が高いという意見が多いです。HMO-F100の電気代の高さをこちらの口コミの方も実感しているようです。HMO-F100の消費電力は1300Wあるので、使いすぎには注意が必要となってくるでしょう。

日立 HMO-F100とHTO-CF50の違い

日立(HITACHI)

日立 オーブントースター 1,200W 角型パン4枚焼き 無段階温度調節機能 HTO-CF50 N

価格:4,850円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HTO-CF50はHMO-F100と同じ日立から発売されているトースターです。

 

HTO-CF50とHMO-F100は、「タイプ」「消費電力」「オートメニュー」において違いがあります。

 

タイプについては、HMO-F100はタイプがコンベクションオーブンであるのに対し、HTO-CF50のタイプはオーブンとなっています。

コンベクションオーブンとは、コンベクション(対流)を利用したオーブンのことです。従来のオーブンのように、ヒーターを利用して焼き上げながら、ファンを使い熱風を起こすことで調理するタイプのことを指します。

 

消費電力については、HMO-F100は消費電力が1300Wであるのに対し、HTO-CF50の消費電力は1200Wとなっています。

HMO-F100は電気代が高いことで有名です。HTO-CF50も一見違いがあまりないように感じますが、100Wの違いは1ヶ月積み上げれば大きな違いとなります。

 

オートメニューについては、HMO-F100はオートメニュー機能を総裁しているのに対し、HTO-CF50にはオートメニュー機能を搭載していません。

 

HTO-CF50とHMO-F100の違いに関する結論としては、省エネに関してはHTO-CF50の方が優秀で、性能や汎用性に関してはHMO-F100の方が優秀です。電気代を重視する方にはHTO-CF50を購入する方が得策だといえるでしょう。

日立 HMO-F100とHTO-CT30の違い

日立(HITACHI)

日立 オーブントースター 1,000W 角型パン2枚焼き HTO-CT30 R

価格:2,738円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HTO-CT30はHMO-F100と同じ日立から発売されているトースターです。

 

HTO-CT30とHMO-F100は、「タイプ」「消費電力」「本体サイズ」において違いがあります。

 

タイプについては、HMO-F100はタイプがコンベクションオーブンであるのに対し、HTO-CT30のタイプはオーブンとなっています。

上述したとおり、コンベクションオーブンは熱風を利用した過熱方法なのですが、カラっと焼き上げるときに大きな効果を発揮します。フレンチフライなどを作る場合はHMO-F100の方が圧倒的にカラっと仕上がるでしょう。

 

消費電力については、HMO-F100は消費電力が1300Wであるのに対し、HTO-CT30の消費電力は1000Wとなっています。

HTO-CT30はHTO-CF50よりもさらに消費電力が少ないので、省エネを重視するならHTO-CT30の方がおすすめです。

 

本体サイズについては、HMO-F100は本体サイズが376x249x413 mmであるのに対し、HTO-CT30の本体サイズは310x232x297 mmとなっています。

 

HTO-CT30とHMO-F100の違いに関する結論としては、省エネに関してはHTO-CT30の方が優秀で、汎用性に関してはHMO-F100の方が優秀です。レシピ数を重視する方にはHMO-F100を購入する方が得策だといえるでしょう。

日立(HITACHI)

日立 コンベクションオーブントースター HMO-F100 R

価格:7,688円 (税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日立 HMO-F100 トースターについて、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

HMO-F100の商品概要についてですが、価格やスペック面を考慮した上で、どの世帯にも非常にお求めやすいタイプの商品といっても過言ではありません。

 

続いて、HMO-F100のおすすめポイントについてですが、やはり、「レシピ数」と「コンベクションオーブントースター」と「ホーロー加工」は、ご購入を検討する上で大事な要素になりますし、特に「レシピ数」に関しては、時短を重要視する方にとって、ご購入の決め手だと言えるでしょう。

 

続いて、HMO-F100の口コミやレビューについてですが、Amazonや価格.comを見る限り、ポジティブなレビューの方が多い印象です。

レビューを見る限り、HMO-F100のご購入は満足できるものなのではないでしょうか。

 

最後に、HMO-F100の総合的な評価やおすすめ度合いに関してですが、デザイン面、スペック面、レビューの印象など、全ての要素を加味した上で、多くの方にとって非常に良い商品になるでしょう。