エアコンの買取ってどうすればいいの?気になる相場も解説

不要なエアコンがある場合は、処分よりも買取してもらうのがおすすめです。買取が成立すれば、処分費用がかかることなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも。当記事では、エアコンを売りたい方に向けた買取方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

2021/10/22 更新

編集部おすすめの記事

新しいエアコンを購入する際、古いエアコンをどうすればいいか迷ってしまう方もいると思います。廃棄することもできますが、お金がかかるので、損をした気分になってしまうかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、買取してもらう方法です。まだ使えるエアコンは買取してもらえることがあるので、廃棄する前に売却を検討してはいかがでしょうか。買取が成立すれば処分費用がかかることもなく、むしろお金がもらえるのでお得です。

 

当記事では、エアコンの買取についてまとめました。高値で売れやすいエアコンの特徴やおすすめの買取業者など、エアコンを売りたい方にとって役立つ情報をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「エアコンを売りたいけれど、本当に売れるの?」と気になる方もいるでしょう。エアコンは買取してもらえます。エアコンの買取業者は多々あり、中古のエアコンでも十分に需要があります。

 

古いエアコンの場合は、エアコンの状態や買取業者によっては買取できないことがあります。しかし、諦める必要はありません。エアコンを買取してもらいたい方は、まずは査定から依頼しましょう。無料で査定してくれることが多いので、気軽に相談してください。

エアコンの買取といってもイメージしづらいですよね。まずは、エアコンの買取方法について紹介しますので、自分に合った方法を選んでください。

特におすすめなのが「出張買取」です。出張買取とは、業者が自宅まで来てエアコンを引取りしてくれる方法。エアコンの取り外しまでやってもらえること多いので、安全にエアコンを処分できます。

 

確認したいのが、「対応エリア」と「出張料・取り外し料」です。店舗ごとに対応エリアが異なるので、まずは依頼したい店舗の出張対応エリアを確認しましょう。業者によっては出張料や取り外し料などがかかるので、事前にチェックすると安心です。

エアコンを店頭に持ち込んでその場で査定してもらうのが「持ち込み買取」です。エアコンの取り外しは自分で行う必要があります。エアコンの取り外しは正しい手順で行わないと、エアコンの故障につながります。取扱説明書を参考に、正しく取り外してください。

宅配を使って業者にエアコンを送り、買取してもらうのが「宅配買取」です。こちらも自分でエアコンを取り外す必要があります。宅配買取ならば、遠方の業者にも売ることができます。「気になる業者があるけれど近所じゃない」「まとまった時間がとれない」といった場合は宅配買取がおすすめです。

エアコンはどのくらいの価格で売れるのでしょうか。ここでは、人気メーカーのエアコンの買取相場を紹介します。

 

  • コロナ CSH-B2220R 6畳:19,000円
  • ダイキン AN22XCS 6畳:36,000円
  • 日立 白くまくん RAS-A22J 6畳:19,000円
  • パナソニック エオリア CS-220DAX 6畳:50,000円
  • シャープ AC-22LFT 6畳:19,000円

 

なお、エアコンの買取価格は年式・畳数・メーカー・状態、そして買取業者によって異なります。いくつかの業者に査定をしてもらい、査定額を比較するのがおすすめです。

エアコンの買取価格はものによって異なりますが、具体的にはどのようなエアコンが高値買取されやすいのでしょうか。ここからは、高値で売れやすいエアコンの特徴を解説します。自宅にあるエアコンを確認しましょう。

人気のあるモデルは需要が高いので、高値買取されやすいです。モデル名は室内機・室外機に貼ってあるラベルに記載されているので、チェックしましょう。

高値買取してもらうには、製造年が新しいことが重要です。製造から5年以内であれば高値買取してもらえる確率が上がります。しかし、製造から10年経ってしまうと買取不可になるケースが多いので、注意しましょう。

 

そのため、売ろうと思ったらすぐに売るのがポイント。ただし、エアコンは需要が上がる6~7月に高値買取されやすくなるので、そのタイミングを狙って売るのもおすすめです。

汚れや臭いがあるエアコンは、買取が難しくなります。特に、ペットを飼っていたりタバコを吸っていたりする場合は注意してください。フィルターに臭いや汚れが染みついていると、買取されない可能性が高いです。そのため、普段からエアコンのお手入れをすることが大切です。

容量が大きなエアコンは高値買取されやすいです。エアコンの容量とは、何畳の部屋に対応しているか、ということです。10畳以下の場合は安くなりやすいですが、20畳以上となると高値が付きやすい傾向にあります。

付属品の有無も買取価格に影響します。保証書や取扱説明書、リモコンなど、購入したときに付いてきた付属品をすべて揃えて売却しましょう。付属品が欠けていると減額されてしまう可能性があります。

エアコンを買取してもらうときに、取り外しはどうしたらいいか気になる方も多いと思います。エアコンの取り外しは、買取業者に依頼するのがおすすめです。エアコンを買取している業者のほとんどは、取り外しも行ってくれます。業者によっては無料で取り外しをしてくれるので、事前に確認しましょう。

 

エアコンは自分で取り外すことも可能ですが、慣れていないのであれば推奨できません。取り外し方を解説しているサイトもありますが、ケガをしたりエアコンを壊したりといったリスクがあります。かえって損をしてしまうこともあるので、できれば業者に依頼しましょう。

 

エアコンの取り外しについては、以下の記事で詳しく解説しています。

室外機のみの買取を依頼したいという方もいるかもしれません。しかし、室外機のみの買取はできないことが多いです。エアコンは室内機と室外機のセットが基本なので、どちらか一方だけだと価値がなくなってしまいます。

 

ただ、業者によっては室外機のみの無料回収をしているところもあります。室外機は自分で処分しようとするとお金がかかってしまうので、室外機しかない場合は無料回収が可能な業者に依頼するのがおすすめです。

エアコンを売却するときに、どこの業者に売ればいいか迷う方もいると思います。ここからは、エアコンを売却する際のおすすめの業者を紹介します。ぜひ、業者選びの参考にしてください。

エアコン買取王はエアコン買取の専門業者です。専門店ならではの高額買取が自慢の業者で、他店のほうが買取価格が高い場合は価格交渉も可能。製造から13年経ったような古いエアコンでも買取してくれることがあります。

 

出張買取と店頭買取に対応しています。出張買取は幅広い地域に対応。買取前提ですが、無料で取り外しを行ってくれます。また、査定も無料でしてもらえるので気軽に相談できます。店頭買取の場合は買取価格が少し高くなります。

幅広い品目を買取しているトレジャーファクトリー。エアコン以外も買取してくれるので、不要品を一気に売りたい方にもぴったり。エアコンの取り外しも無料なので、安心して依頼できます。

 

エアコンの買取は出張買取にて対応。東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・福岡・大阪・京都・兵庫が対応エリアです。製造から7年以内のエアコンを買取しているので、早めに売るのがおすすめです。

家電の買取専門の家電高く売れるドットコム。利用者数100万人突破と実績豊富な業者なので、安心して依頼できます。査定から取り外しまで無料で行ってくれるのが特徴です。

 

出張買取・店頭買取・宅配買取に対応しています。いずれの方法でも手数料はかかりません。出張買取も幅広いエリアに対応しているので、近くの店舗を探してみましょう。出張日程は細かく調整できるので、都合に合わせて利用できます。

「買取してもらうのが難しいエアコンを処分したい」「売るのが面倒だから自分で処分したい」といった場合のエアコンの処分方法をご存じでしょうか。エアコンは家電リサイクル法の対象品目なので、リサイクルに出さなければいけません。リサイクルに出すには、次のような方法があります。

 

  • 購入店に引取りを依頼する
  • 自治体に問い合わせる
  • 指定の回収所に持ち込む
  • 回収業者に引取りしてもらう

 

いずれの場合でも、リサイクル料がかかります。料金はエアコンのメーカーによって異なりますが、1,000円前後が多いです。また、業者に引取りや取り外しをしてもらう場合は、費用がかかることがあるので留意しましょう。

 

回収業者に依頼するときは、悪徳業者に要注意です。「一般廃棄物処理業」の許可を持つ業者に依頼しましょう。以下の記事では、エアコンの処分方法について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

不要なエアコンは処分するよりも買取してもらったほうがお得です。処分した場合はリサイクル料や諸費用がかかってしまいますが、買取してもらえば収支がプラスになることがほとんどです。さまざまな買取業者があるので、まずは査定からしてもらってはいかがでしょうか。

関連する記事

【徹底解説】ノートパソコンの買取におすすめの業者6選|買取相場もご紹介のサムネイル画像

【徹底解説】ノートパソコンの買取におすすめの業者6選|買取相場もご紹介

2021/12/27

【徹底解説】不要な天体望遠鏡は買取してもらおう|買取価格相場も紹介のサムネイル画像

【徹底解説】不要な天体望遠鏡は買取してもらおう|買取価格相場も紹介

2021/10/22

【徹底解説】タブレットのおすすめ買取方法は?|相場もご紹介!のサムネイル画像

【徹底解説】タブレットのおすすめ買取方法は?|相場もご紹介!

2022/01/06

【徹底解説】Goproは買取できる?|買取価格やおすすめ業者を紹介のサムネイル画像

【徹底解説】Goproは買取できる?|買取価格やおすすめ業者を紹介

2021/10/22

【徹底解説】エアコンの取り外しは専門業者に頼もう|費用や処分は?のサムネイル画像

【徹底解説】エアコンの取り外しは専門業者に頼もう|費用や処分は?

2021/10/22

液晶・有機ELテレビの処分方法を紹介|無料でできる?お得にリサイクルしようのサムネイル画像

液晶・有機ELテレビの処分方法を紹介|無料でできる?お得にリサイクルしよう

2021/10/22

おすすめのヘッドホン買取業者3選|店舗に行かず査定可能の業者も!のサムネイル画像

おすすめのヘッドホン買取業者3選|店舗に行かず査定可能の業者も!

2022/01/11

ヘッドホンを高く売る|おすすめ買取業者5社と高く売るコツは?のサムネイル画像

ヘッドホンを高く売る|おすすめ買取業者5社と高く売るコツは?

2022/01/11

カメラバッグを売りたい!【高く売るコツや買取サービスを紹介】のサムネイル画像

カメラバッグを売りたい!【高く売るコツや買取サービスを紹介】

2022/01/07