ウェーブアイロンのおすすめ7選!選び方と使い方のコツも解説!

挟むだけで簡単にふわふわのウェーブヘアを作れる「ウェーブアイロン」。通常のヘアアイロンと違い、手軽にイメージチェンジできるのでおすすめです。そこでこの記事では、失敗しないウェーブアイロンの選び方と太さ別おすすめの商品をご紹介します。

ウェーブアイロンで手軽にイメージチェンジ

この記事を読んでいる方の多くは、ウェーブアイロンの購入を検討中もしくは迷っているという方でしょう。ウェーブアイロンにはさまざまな太さの商品がありますので、自分にあった商品を選ぶのはなかなか難しいですよね。

 

上手にウェーブアイロンを使いこなせるか、といった点で不安な方も多いかと思います。ですが、ウェーブアイロンは仕上がりイメージにあった商品さえ見つけられれば、スタイリングは非常に簡単です。

 

また、最近のウェーブアイロンには「やけど防止機能」がついた商品もあるので、初心者の方や髪の毛の短い男性でも安心して使用できます。ここではそんなウェーブヘアアイロンの魅力や仕上がりイメージに合わせた太さの選び方、おすすめの商品についてご案内していきます。

今すぐおすすめのウェーブアイロン7選を見る

ウェーブアイロンの魅力

ウェーブアイロンの魅力は何と言っても、挟むだけで簡単にウェーブヘアが作れることでしょう。なぜなら通常のヘアアイロンと違い「バレル」と呼ばれるパイプが3本も付いているからです。ですのでわざわざ内巻きと外巻きをしなくても、挟めるだけでサロン帰りのようなウェーブヘアを作れます。

 

ウェーブアイロンは、バレルの太さによって仕上がりの印象が変わります。太いバレルを選べば大きいウェーブ、細いバレルを選べば細かいウェーブが作れるので、なりたい印象に合わせて選べるのがメリットです。また、髪が短い方でも使用できます。

 

イメージチェンジが手軽に行えるウェーブアイロンですが、通常のヘアアイロンで髪をセットするよりも手間が少ないので、「忙しくて毎朝ヘアセットできない」という方にぴったりです。しかも挟むだけなので、ヘアアイロンのテクニックやスキルなどは必要ありません。

初心者でも綺麗なウェーブヘアを作れるのか?

ウェーブアイロンを使えば、どんな方でも綺麗なウェーブヘアが作れます。ですので、「上手に巻けるか不安」と思っている方も心配ありません。しかし通常のヘアアイロンと使い勝手が異なります。綺麗にウェーブを作るには、3つのコツがあるのです。

 

  1. 髪の毛をブラッシング
  2. 髪の毛を上・中・下にブロッキング
  3. 下の毛束から少量の毛を取り、挟んでスライド

 

結論をまとめると、一度に大量の毛を挟まないように注意すれば綺麗なウェーブヘアが作れるということです。そのためには、髪の毛をブロッキングする一手間が重要になります。あぜならプレスする髪の量が均等ではなければ、ウェーブの仕上がりにムラができるからです。

 

またウェーブアイロンを当てる時間が長かったり同じ場所を繰り返しプレスすると、髪の毛が傷んだりウェーブがキツくなったりする原因になります。1束ずつ丁寧にプレスする様に心がけましょう。

今すぐおすすめのウェーブアイロン7選を見る

髪の毛にあった太さを選ぶと失敗しない

ウェーブアイロンは髪の毛にあった太さの商品を選ぶと失敗しません。なりたいヘアスタイルのイメージに合わせて選ぶのもおすすめです。

19mm|細かいウェーブ

細かいウェーブを作りたい方は19mmのウェーブアイロンを選びましょう。バレルが細いので、髪が短い方でもウェーブヘアを作れます。仕上がりが強めのウェーブなので、剛毛や直毛で癖がつきにくい方にもおすすめです。

 

19mmのウェーブアイロンを使用した場合の印象は、80年代に流行ったソバージュのようになります。ロングヘアの方であればキュートなイメージ、ショートヘアの方であればクールなイメージになるでしょう。

 

バレルが細い分、実際にアイロンをかける工数が増えてしまうので、太いバレルのウェーブアイロンよりも傷みやすいというデメリットがあります。

今すぐ【19mm】おすすめのウェーブアイロン2選を見る

25mm・26mm・28mm|しっかり目のウェーブ

しっかり目のウェーブを作りたい方は25~28mmのウェーブアイロンがおすすめです。ヘアアイロンは25~28mmの太さが特に使いやすいと言われています。ですので、バレルの太さに迷ったら25〜28mmのウェーブアイロンを選べば間違いありません。

 

少し太めに感じるサイズですが、ショートヘアやボブの方でも問題なく使用できます。また、メンズ向けでもあります。「仕上がりが強すぎるウェーブは嫌だけど、しっかり癖をつけたい」という方は25~28mmがベストです。

 

主流となっている太さなので、ウェーブアイロンの中でも数が多いです。それだけ選択肢が多くなるので、自分に合うアイロンを見つけやすいでしょう。

今すぐ【25〜28mm】おすすめのウェーブアイロン3選を見る

32mm|ナチュラルな仕上がり

ナチュラルに仕上げたい方には32mmのウェーブアイロンを選びましょう。バレルが太いのでミディアムヘアやロングヘア向けです。髪が長いと通常のヘアアイロンで巻き髪を作るのは時間がかかりますが、32mmのウェーブアイロンは手間を減らして簡単にウェーブヘアを作れます。

 

しかも1回で広範囲にアイロンを当てられるので、バレルが細いものよりも髪が傷みません。髪の毛が細い方や傷めたくない方はバレルが細いアイロンより太いアイロンを選んだ方が良いでしょう。

 

仕上がりがふわふわで自然体なウェーブなので「こなれ感」や「抜け感」を出せますし、ウェーブを作ってからまとめ髪やアップヘアなどのヘアアレンジをしてもオシャレさを演出できます。外国人のようなヘアスタイルを好む方や大人っぽく仕上げたい方におすすめです。

今すぐ【32mm】おすすめのウェーブアイロン2選を見る

購入前にチェックしたいポイント

実際にウェーブアイロンを購入する前にチェックしたいポイントが2つあります。安全に髪の毛を傷めないためにも付いていると便利な機能を紹介するので、選ぶときに参考にしてください。

やけど防止機能がついているか

やけど防止機能が付いているかチェックしましょう。ウェーブアイロンは他のヘアアイロンよりもプレートが大きいので、熱くなる面積が大きいです。顔に当たらないように注意しても触れたり当たったりする可能性があります。よってやけど防止機能は重要です。

 

通常のヘアアイロンは髪の毛を巻きながらカールを作る構造のため、パイプ全体が熱を持ちます。その構造からやけど防止機能をつけることはできませんが、ウェーブアイロンはやけど防止機能を付けることができるので、やけどをしてしまう可能性が低くなるわけです。

 

メーカーや製品によってやけど防止機能の設計は違います。ウェーブアイロンはプレートが肌に触れにくい商品や外側に耐熱板が施されている商品が多いです。やけどは完全に治るまで時間がかかるので、やけど防止機能があるかは忘れずにチェックしましょう。

温度調節機能があるかどうか

温度調節機能があるかどうかも重要です。髪質にあった温度で使うことで、ウェーブの持ちが変わってきます。柔らかくて細い髪質の方は低い温度でもウェーブヘアが持続しますが、硬くて太い髪質の方は高い温度で使用しないと綺麗なウェーブヘアがキープされません。

 

また髪のダメージが気になる方が高温でウェーブアイロンを使用すると、切れ毛の原因になります。このようにキープ力を高めてダメージを軽減させるために、髪質にあった温度に設定できる商品を選んだ方が良いのです。

 

他にも温度調節機能のメリットがあります。それはウェーブヘアの印象を自由自在に変えられるということです。高温で使用すればしっかりとしたウェーブを、低温で使用すれば緩いウェーブをかけられるので、その日の気分に合わせてイメージチェンジができます。

【19mm】おすすめのウェーブアイロン2選

太さが19mmのおすすめのウェーブアイロン2選をご紹介します。細かいウェーブが綺麗にかかる商品を厳選しました。

SALONIA(サロニア)

トリプルマジックウェーブヘアアイロン SL001

価格:4,995円(税込)

スタイリッシュなデザイン!しかも多機能!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインが目を引くウェーブアイロンです。シンプルな見た目なので、自宅にあっても全く生活感が出ません。販売元のSALONIA(サロニア)は「続けられるキレイを」がコンセプトなので、デザインだけではなく機能性も工夫されています。

 

例えば、約30秒で80度になるので忙しい朝でもすぐに使用できます。しかもセラミックコーティングが施されているので、髪が引っかかりにくくスムーズなヘアセットが可能です。

メーカー SALONIA(サロニア) 商品名 トリプルマジックヘアアイロン SL-001
重量 500g サイズ 370x70x59mm
バレル直径 19mm やけど防止機能 なし
温度調節機能 あり 温度調節範囲 80~210℃ (ボタン式5℃刻み調節)
CkeyiN

ヘアカーラーウェーブ

価格:2,980円(税込)

クイックヒート機能で素早く加熱!MAX230度

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高温度が230度もあるウェーブアイロンです。数ある商品の中でも加熱温度は最高レベル。クイックヒート機能で素早く加熱してくれるので、「温度が上がるまで時間がかかる」なんてことはありません。60秒で220度まで上がります。

 

そして販売元のCkeyiNは中国メーカーなので海外の電圧にも対応しています。コンパクトなサイズ感ということもあり、旅行先に持参しても荷物になりません。

メーカー CkeyiN 商品名 ヘアカーラーウェーブ
重量 472g サイズ 340x65mm
バレル直径 19mm やけど防止機能 なし
温度調節機能 あり 温度調節範囲 80~230℃(16段階調節可能)

【25〜28mm】おすすめのウェーブアイロン3選

続いて25~28mmのおすすめウェーブアイロンをご紹介します。スタンダードな太さということもあり使い勝手が良い商品ばかりです。3つのウェーブアイロンを厳選しました。

SALONIA(サロニア)

トリプルマジックウェーブヘアアイロンSL003

価格:3,800円(税込)

大人ウェーブに最適!主流の25mmもおすすめ

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

19mmでもご紹介したSALONIAのウェーブアイロン。25mmの商品も発売されています。細かいウェーブより太いウェーブに仕上げたい方や大人っぽい印象になりたい方は25mmがおすすめです。また、ミディアムヘア以上の長さがある方が使いやすいでしょう。

 

もちろんスペックは19mmのウェーブアイロンと変わらず、素早い立ち上がりや幅広い温度調整ができます。他の商品と違い購入できるサイトが多いので、手に入れやすいのも特徴です。

メーカー SALONIA(サロニア) 商品名 トリプルマジックヘアアイロン SL-003
重量 530g サイズ 370x70x100mm
バレル直径 25mm やけど防止機能 なし
温度調節機能 あり 温度調節範囲 80℃~210℃ (ボタン式5℃刻み調節)
Adetsuya(アデツヤ)

ウェーブアイロン

価格:3,218円(税込)

サロン級の高品質な仕上がりに!

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サロン級の仕上がりになる理由はセラミックコーティングされたバレルにあります。イオンコーティングされているので熱から髪を守ってツヤツヤのまとまりのあるウェーブヘアにしてくれるのです。しかも230℃まで対応しているのでかみ短時間でヘアセットできます。

 

最高温度が230℃と高めですが、30分自動OFF機能や電気用品安全法(PSE)の基準適合性を証明されているので安心です。

メーカー Adetsuya(アデツヤ) 商品名 ウェーブヘアアイロン
重量 - サイズ 370x90x70mm
バレル 直径25mm やけど防止機能 なし
温度調節機能 あり 温度調節範囲 80~230℃
ウィッグ・エクステ専門店BBroom

トリプルウェーブアイロン

価格:3,520円(税込)

コンパクトだから使いやすい!

楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他の25mmのウェーブアイロンよりもコンパクトサイズです。持つ部分がシリコン製で握りやすくコードが360度回転するので、バックスタイルのヘアセットも簡単にできます。ゴールドとピンクの2種のカラーが用意されていて、他のメーカーにない色揃えなのも可愛いですね。

 

見た目だけではなくて機能性も侮れません。220℃まで温度調節が可能で超高速機能もついています。デジタルディスプレイ付きなので目視で温度が確認できるのもポイントです。

 

メーカー エクステウィッグ専門店BBroom(ビービールーム) 商品名 トリプルウェーブアイロン
重量 - サイズ 370x70x65mm
バレル直径 25mm やけど防止機能 なし
温度調節機能 あり 温度調節範囲 80~220℃

【32mm】おすすめのウェーブアイロン2選

ミディアムヘアやロングヘア向きの32mmのおすすめウェーブアイロンをご紹介します。2つの商品をピックアップしました。

プランニング1

ツヤプロウェーブアイロン LV022

価格:10,800円(税込)

うるうるツヤツヤのウェーブがワンハンドで作れる!

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セラミック・トルマリン・イオンの3つのコーティングが施されている最新プレートを採用しているので、うるうるツヤツヤのウェーブヘアが作れます。髪の毛のダメージを考慮されているアイロンなので、モデルやヘアスタイリストなどプロに大人気のロングセラー商品です。

 

またアイロンの表面に耐熱板が付いているので、やけどの心配がないのも嬉しいポイントです。さらにプレート部分に折り曲げ防止加工がされているので、ワンハンドで簡単に仕上がります。

メーカー プランニング1 商品名 ツヤプロウェーブアイロンLV022
重量 555g サイズ 265×110×47mm
バレル直径 32mm やけど防止機能 あり
温度調節機能 あり 温度調節範囲 120~200℃
Tangtang

3連バレルのウェーブアイロン

価格:2,000円(税込)

5つの太さから選べる!MAXは32mm

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5種類のバレルが用意されているので、購入時に髪の長さやウェーブの大きさによって好みのサイズを選べます。しかも髪のダメージを軽減してくれるセラミックプレートを採用しているので、摩擦を減らしてスムーズに使用することができます

 

温度調整が2段階の商品と自由に設定できる商品の2パターンから選べるのも特徴です。自由に設定できるアイロンの方が少し価格が上がりますが、どちらのパターンもお求めやすい価格になっています。

メーカー Tangtang 商品名 3連バレルのウェーブアイロン
重量 - サイズ -
バレル直径 32mm やけど防止機能 なし
温度調節機能 あり 温度調節範囲 80~210℃

髪の毛にあった太さのウェーブアイロンを選べば間違いなし

ウェーブアイロンは髪の毛にあった太さの商品を選べば綺麗なウェーブヘアを作ることができます。通常のヘアアイロンよりも使い勝手が良いので初心者の方でも安心です。この記事で紹介した内容を参考にしながらウェーブアイロンを選んでみてくださいね。