【2022年最新版】ELECOM(エレコム)のワイヤレスイヤホンのおすすめ【11選】

音楽をワイヤレスで楽しむことができるBluetooth接続イヤホン。通勤や通学時はもちろん、ランニングやウォーキングにも最適です。今回は、パソコンのサプライメーカーでもあるELECOMのおすすめワイヤレスイヤホンをセレクトしてみました。是非参考にしてください。

2021/10/21 更新

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンが欲しいと考えているけれど、種類が沢山ありすぎてどれがいいのかわからない!という人も多いはずです。

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンの種類や選び方をご紹介しながら、今回はパソコンのサプライメーカーでもあるELECOMのBluetoothイヤホンをセレクトしました。

 

何よりもコスパの良さが魅力のELECOMのイヤホン。人気の高いおすすめ機種を紹介します。イヤホン選びの参考にしてください。

 

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンを選ぶ際にどのような点に気をつけて選べばよいかは、使う人の使い方やライフスタイルによっても大きく変わってきます。

 

同時に、Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンといっても一種類ではなく、形や接続の方法によっても様々で、左右一体型、完全独立型、首掛け(ネックバンド)型、片耳タイプなどがあります。

 

それぞれの種類を紹介しながら、メリット、デメリットも合わせて参考にしてください。

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンの種類

ELECOMのBluetooth接続ワイヤレスイヤホンには、左右一体型、完全独立型、首掛け(ネックバンド)型、片耳タイプがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

 

また、Bluetoothと一言で言ってもver1.1〜5.0とバージョンがあります。

現在のBluetooth接続ワイヤレスイヤホンに搭載されているのはだいたいがver4.0やver4.2が主となっていますが、最新のBluetooth規格ver5.0を搭載するモデルも出てきています。

 

 

左右一体型

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス aptX AAC [圧倒的な重低音と抜け感のあるクリアなサウンド] 低音モード付き GrandBass GB41 レッド LBT-GB41RD

価格:4,715円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンで最もポピュラーな形状のイヤホンです。左右のイヤホンがコードで繋がり、ELECOMでも多くの製品で採用されています。

 

【左右一体型イヤホンのメリット】

ケーブルが短いのでからみにくい

本体が軽いので、コンパクトにまとめて持ち運びが可能

 

【左右一体型イヤホンのデメリット】

内蔵バッテリーの容量が少ない

バッテリーの駆動時間が比較的短い

完全独立型

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン 完全ワイヤレス Qi充電対応 [6時間再生可能 SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントに対応] FAST MUSIC ブラック LBT-TWS03QBK

価格:6,462円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全独立型のイヤホンとは、左右のイヤホンをつなぐケーブルがないタイプのイヤホンです。街で使っている人を見かけることも多くなりました。「完全独立型」「完全ワイヤレス」などと呼ばれています。

ELECOMのBluetooth接続ワイヤレスイヤホンでも、完全独立型のイヤホンが多くラインナップされています。

 

【完全独立型イヤホンのメリット】

ケーブルを全く気にすることなく使うことができる

本体が小さいため、重量も非常に軽い

 

【完全独立型イヤホンのデメリット】

内蔵バッテリーが小さいため、バッテリー駆動時間が短い

他の種類のワイヤレスイヤホンと比べると価格が比較的高め

ケーブルがないので、落として紛失してしまう可能性がある

 

首掛け(ネックバンド)型

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス bund [1ボタンのみのシンプルな機能設計] ストーンホワイト LBT-HPC14MPXWH

価格:2,378円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

首掛け(ネックバンド)型のBluetooth接続ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンをつなぐケーブルを首の後ろにかけて使用するタイプのイヤホンです。装着感が高いのが特徴です。

 

【首掛け(ネックバンド)型イヤホンのメリット】

首の後でしっかりと固定できるため、装着感が高い

大きなバッテリーを内蔵しやすく、バッテリーの駆動時間が比較的長い

首で固定しているため、うっかり落としてしまう心配がない

 

 

【首掛け(ネックバンド)型イヤホンのデメリット】

左右一体型ワイヤレスイヤホンと比べると、本体がやや重い

素材によってコンパクトに折り畳めない

 

片耳タイプ

エレコム

エレコム Bluetooth ヘッドセット USB Type-C(充電端子) 1年間保証 ゴールド LBT-HSC20MPGD LBT-HSC20MPGD

価格:2,600円 (税込)

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片耳に装着するタイプのBluetooth接続ワイヤレスイヤホンです。車の運転中などドライバーがハンズフリー通話をするために使われている場面が多いようです。

しかし、音声がモノラル再生のため、臨場感のある音楽を楽しむには向いていないかもしれません。

 

【片耳タイプのメリット】

車の運転中でも利用できる

音声AI等に対応している製品があり、声のみで操作できる 片耳で利用できるので、屋外でも安心して使用できる

 

【片耳タイプのデメリット】 モノラル再生のため、音楽再生には不向き

片耳のため、周りの音が聞こえてしまうので、音楽を聞く際の没入感や臨場感はやや劣る

 

目的から選ぶワイヤレスBluetooth接続イヤホン

たくさんあるイヤホンの中から自分にピッタリのモデルを見つけるのは大変ですよね。

しかし、どのような場面で使うことが多いのか?という視点で考えると、機能やタイプなどからピッタリのモデルを絞り込むことができます。通勤・通学?スポーツ?などシーン別のイヤホンの選び方をご紹介します。

通勤・通学時に使用する

通勤や通学時の満員電車で隣の人のイヤホンの音漏れは本当にいやですよね。大勢の人がいる中で使用する場合は、きちんとマナーを守って使いましょう。

 

それには、音漏れしにくいカナル型や、密閉型は、音漏れがしづらく車内でも安心して使うことができます。その上、Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンならケーブルが絡まったり引っかかったりする煩わしさからも解消できますね。

 

また、通勤・通学の使用がメイン。という方には、ノイズキャンセリング機能搭載のモデルもおすすめです。雑音と逆の信号を発生させることで外からの雑音や騒音を打ち消してくれるノイズキャンセリング機能がついたモデルは、雑音に邪魔をされずに音楽に集中することができますよ。

 

 

【チェックポイント】

・外部からの雑音をおさえる「ノイズキャンセリング機能」搭載か

・音漏れしにくい「カナル型」or「密閉型」か?

・ケーブルが絡まる心配がない「ワイヤレスタイプ」か?

スポーツ・ランニング時に使用する

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンをウォーキングやランニングをしながら使う人は多いでしょう。その際に必要なのが、防水・防滴機能です。また、激しい動きでも外れにくいカナル型や耳掛けタイプがおすすめです。

 

【チェックポイント】

・汗でぬれても大丈夫な「防水・防滴」に対応しているか?

・激しい動きでも落ちにくい「耳かけ(ネックバンド型)対応」or 「カナル型」か?

・体の動きを制限しない「ワイヤレスタイプ

 

自宅でゆっくりと音楽を楽しむ

自宅で音楽を聞く時に、Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンを使いたい方は、高音質が楽しめるハイレゾ対応モデルやサラウンド機能搭載モデルがおすすめです。

 

また、周りの雑音を消去してくれるノイズキャンセリング機能搭載のモデルを選べば、自分だけの音楽の世界に没頭することができますよ。

 

【チェックポイント】

・高音質が楽しめる「ハイレゾ」機能が搭載されているか?

・外部の雑音を抑える「ノイズキャンセリング」機能が搭載されているか?

・音楽に没頭できる密閉型か?

新幹線、飛行機などの長距離移動時に使用する

出張などで移動の多い方にも、イヤホンは必須アイテムですよね。イヤホンを長時間使う場合は、自分の耳の穴にしっかりフィットするものを選びましょう。

また、長時間使用する場合は、軽いものの方が疲れづらく、耳の負担も少なくてすみます。

首掛け(ネックバンド型)は首で支えるため、比較的疲れにくいと言われています。

 

何かと騒音の多い飛行機の中では、ノイズキャンセリング機能搭載モデルを選ぶといいでしょう。

 

 

【チェックポイント】

・長時間の使用でも疲れにくい「ネックバンドタイプ」か?

・エンジン音や走行音を抑えてくれる「ノイズキャンセリング」機能が搭載されているか?

運転時に使用する

運転時に使用する場合には、両耳をふさがずに、片耳から周囲の音情報を得られる片耳型を選びましょう。通話や音声での操作が可能なマイク機能付きを選ぶと、より快適です。

 

 

【チェックポイント】

・周囲の音を遮らない「片耳型」か?

・会話ができる「マイク」機能搭載か?

機能から選ぶワイヤレスBluetooth接続ワイヤレスイヤホン

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンはどのような点に注意して選べば良いのか、ポイント別に選び方を説明していきましょう。

音質で選ぶ

Bluetooth接続ワイヤレスイヤホンは、有線で接続するイヤホンと比較して音質がおちるのでは?と思っている人も多いようです。

高音質にこだわるのであれば、コーデックの種類に注意をしましょう。

 

現在のBluetooth接続ワイヤレスイヤホンで使われている高音質なコーデックに、AACとapt-Xがあります。AACは主にiPhoneで使用されていて、apt-Xは主にAndroidで使用されています。

 

iPhoneはapt-Xには対応しておらず、apt-Xのイヤホンは使用することができないので注意が必要です。

 

その他にもSBCというコーデックもありますが、こちらはやや古い規格でそれほど音質が高いとは言えません。

 

また、ハイクラスな音質を求めるならLDACやapt -X HDといった高音質なコーデックもあります。その場合、音楽プレイヤーもLDACやapt -X HDに対応している必要があります。

 

再生時間で選ぶ

バッテリー持続時間も気になるところです。ホームページや仕様書に記載されている「連続再生時間」を必ずチェックしましょう。

 

ワイヤレスイヤホンのタイプによっても、バッテリーの容量が違いますのでチェックが必要です。

充電する際のスピードで選ぶ

上記と同時、充電にかかる時間も商品を選ぶ際に重要になってきます。フル充電にどれくらいの時間がかかるかも確認を。仕様の「充電時間」をチェックしましょう。

遮音性で選ぶ

外部の音を極力入れたくない場合は、遮音性の高いイヤホンを選びましょう。一般的に遮音性が高いのは、耳の中にシリコンのキャップを差し込むカナル型イヤホンです。

 

密閉性が高いので、音を漏らすことなく聞くことができるだけでなく、周囲への音漏れも少なくなります。低音までしっかり聴きたい人はカナル型がおすすめです。

 

装着方法で選ぶ

「ワイヤレスイヤホンの種類」でもご紹介をしたように、 Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンにも種類があります。

ケーブルが一切ない左右完全独立型、イヤホンが短いコードでつながっている左右一体型、首に固定するためのバンドが付いているネックバンド型、ヘッドホン型などがあります。

 

それぞれのライフスタイルを考え、使うシーンに合わせて好みのものを選ぶようにしましょう。

 

コントロールできる範囲で選ぶ

首掛け(ネックバンド型)イヤホンなどについているリモコンは、機種によって操作できる機能が違います。

 

音楽の再生や停止だけでなく、通話の操作をすることができる機種もあります。また、一切触らなくても音声のみで操作できる機種もありますので、必要な機能がついているか確認をしましょう。

 

どんな操作ができるかはプロファイル規格で確認が可能です。

「AVRCP」に対応していれば、再生・停止・スキップ・早送りなど

「HFP」対応なら通話(電話)の発信・着信時の通話開始などの通話操作も可能です。

 

商品を選ぶ際の参考にしてください。

デザインで選ぶ

見た目の良さももちろん重要。シンプルさ、機能美、カラーリングなど、好みに合った商品を比較検討してください。

LBT-TWS02BK

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース 完全ワイヤレス イヤホン 6.0mmドライバー オートペアリング [充電ケースを使用し、最大6時間の音楽再生が可能] 4g軽量設計 ブラック LBT-TWS02BK

価格:3,900円 (税込)

充電ケースから取り出すだけですぐ使える完全ワイヤレスステレオヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケーブルのない完全ワイヤレスイヤホンです。充電ケースから取り出すだけで左右のイヤホンが自動的にスマートフォンとペアリングをしてくれるオートペアリングに対応しています。

 

カラフルで手軽なELECOMの人気機種です。

また、Siriや Googleアシスタントにも対応し、イヤホンの操作ひとつで簡単にスマートフォンの音声アシスタントを呼び出すことが可能です。

 

音声操作で音楽をかけたり、音量調節などが可能です

LBT-RH1000

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ ブラック LBT-RH1000XBK

価格:3,815円 (税込)

aptXAAC対応Bluetoothヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンで音楽を楽しむ究極のワイヤレスイヤホン。

アーティストが表現する音、そのパフォーマンスをありのままに伝える、音のリアルさを追求したELECOMを代表するスタンダードモデルです。

 

スマートフォンで楽しむ究極のワイヤレス。 BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能など、多彩な機能をワイヤレスで楽しめるMusicians Reference(TM)レーベルのBluetooth(R)ヘッドホン。

 

自撮りが可能なカメラシャッター機能付きで、スマートフォンに接続すれば、リモコンでのボタン操作で写真撮影が可能です。

LBT-HPC1000MPGD

エレコム

エレコム Bluetooth イヤホン HPC1000 φ9.8mmダイナミックドライバー採用 LDAC対応 ブラック LBT-HPC1000MPGD

価格:5,990円 (税込)

ハイレゾ相当の高音質をワイヤレスで楽しめるBluetooth®ワイヤレスヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音にこだわりのある方はこちらのモデルがおすすめです。

高音質コーデック、LDACとQualcomm aptXHDに対応していることから、ハイレゾ相当の音をなんとワイヤレスで楽しむことができます。

 

金額も手頃で高音質の音が楽しめるとあって、人気のモデルとなっています。

音楽再生/停止、着信応答/終話やボリューム調整が快適にできるリモコン、通話もできるマイクが付いています。

LBT-TWS01AVBK

エレコム

LBT-TWS01AVBK(ブラック) Bluetooth完全ワイヤレスヘッドホン

価格:9,082円 (税込)

完全なワイヤレスで高音質を楽しめるBluetoothRヘッドホン

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケーブルレスの完全ワイヤレスイヤホン。

小さな事ですが、フィットしないイヤホンを使っていると、長時間の仕様で耳が痛くなったりすぐに抜けてしまったり。何気ないことだけにストレスを感じることも多くあります。

その点、このモデルは、耳の凹凸にフィットする3Dイヤーアームが付属し、耳のサイズに合わせてぴたりと装着することができるので、しっかりフィットしてくれます。

 

遮音性が高く、耳にフィットする耳栓タイプで、ヘアスタイルの乱れを気にすることなく装着可能です。

 

音楽を楽しむだけでなく、通話もできるマイクが付いています。

LBT-TWS03

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース 完全ワイヤレス イヤホン 6.0mmドライバー オートペアリング [充電ケースを使用し、最大6時間の音楽再生が可能] 4g軽量設計 ブラック LBT-TWS02BK

価格:3,900円 (税込)

ケースから取り出すだけで自動ペアリング

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全ワイヤレスイヤホンの一番の魅力は、充電ケースから取り出したらすぐに使える事かもしれません。冬場に厚着をしていると、イヤホンのコードがいろいろな場所に引っかかりがちです。そんな時は、ワイヤレスイヤホンがありがたいですね。

左右のイヤホンがすぐに自動的につながるオートペアリングに対応、スマートフォンとの接続も、初期登録後のみでOKです。

 

片耳わずか4gという小さくで軽いヘッドホンが長時間の音楽視聴もストレスなく使用することができます。気軽に完全ワイヤレスのイヤホンを楽しみたい人に向けたエントリーモデルです。

 

 

LBT-HPC14MPGN

ELECOM

LBT-HPC14MPGN(オリ-ブカ-キ) Bluetooth(R) ヘッドホン FASTMUSI

価格:2,330円 (税込)

ミニマルデザインと、繊細でマットな質感のカラー。

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「流れる1本の帯をまとい統一されたミニマルデザイン」がコンセプトのワイヤレスイヤホン。繊細でマットな質感のカラーラインナップはファッションにもこだわる人にピッタリのモデルです。

 

シンプルなデザインとマットな質感、今人気のアースカラーのカラーリングは、洋服との相性もバッチリ。高い装着感とアイコニックなデザイン性で人気のイヤホンです。

 

また、Bluetooth通信部とバッテリー部を分散して配置し、イヤホンコードが片側に偏らず、左右のバランスが取りやすい設計も使いやすいですね。

 

コンパクトサイズながら連続音楽再生最大は約6.0時間、連続通話は最大約6.5時間の使用が可能で、通勤通学でも安心です。

PINK PINK PINK LBT-F11IP1

エレコム

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 13.6mmドライバー [密閉しない装着感のセミオープン型/1ボタンのみのシンプルな設計] マイク付き PINKPINKPINK FAST MUSIC F11Iシリーズ ビビットピンク LBT-F11IP1

価格:1,863円 (税込)

女性に人気のピンク系3色のバリエーションがそろった“PINK PINK PINK”シリーズ。

\タイムセール祭り開催中!!/ Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性に人気のピンク系3色のバリエーションがそろった“PINK PINK PINK”シリーズ。 ポップでかわいいイヤホンを探している人は必見のモデルです。

密閉しない装着感のセミオープン型でこもりが無く自然な音質が楽しめるBluetoothワイヤレスイヤホンです

 

かわいい・カラフル・楽しいをコンセプトに設計されているだけあって、女性に人気のピンク系3色の色使いもとってもおしゃれ。可愛らしい見た目ですが、連続音楽再生4時間の使用が可能で、通勤や通学に最適です。

ここまで、ELECOMのおすすめBluetoothワイヤレス接続のイヤホンをご紹介しました。

価格を見てもわかるように、ELECOMのイヤホン製品は高性能なのに安い!というのが一番の魅力かもしれません。

 

また、カラフルな色使いや、おしゃれなデザインなど、機能だけでなく使う人の気持ちまで考慮されている点も嬉しいですね。

 

しっかり機能がついているのに、1万円を下回る製品が多く、ワイヤレスイヤホン初心者にはピッタリなのではないでしょうか?

 

ワイヤレスのイヤホンをこれから使い始める、一度使ってみたい。という方是非ELECOMのイヤホンも検討機種の一つに加えてみてください。

 

それぞれのライフスタイルによって、選ぶイヤホンも人それぞれ。みなさんにぴったりのイヤホン探しの参考にしてください。