東芝 65Z740Xの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥185,000
東芝 REGZA 65Z740X テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、東芝 65Z740X テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/08/13 更新

65Z740Xのバリエーション

画面サイズのバリエーション

ランク王編集部

迫力の高精細画質とサウンドのレグザ最高峰の4K液晶テレビ

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、高精細でリアルな高画質が楽しめるテレビです。肌の質感もよりリアルに再現し、さまざまなノイズを検知し低減してくれます。また、迫力のある重低音とフラットで明瞭な音質を体感できるのも特徴です。スピーカーからでなく、画面から音が聞こえるような自然な音響が楽しめます。
65Z740Xには、「タイムシフトマシン機能」が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した番組や録り忘れたドラマも楽しむことができます。高画質で迫力のあるサウンドを体感したい方や、普段から外出が多くリアルタイムで番組が見れない方におすすめのテレビです。

編集部おすすめの記事

65Z740Xの基本スペック

種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
映像処理エンジン
レグザエンジン Cloud PRO
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
Ultra HD Premium
-
1V型(インチ)あたりの価格
¥2,692
BS 8K
-
BS 4K
110度CS 4K
地上デジタル
BSデジタル
110度CSデジタル
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー
-
BS 8K数
-
BS 4K数
2
110度CS 4K数
2
地上デジタル数
9
BSデジタル数
3
110度CSデジタル数
3
録画機能
外付けHDD
ドライブ内蔵
-
自動録画機能 
早見再生【倍速】
1.5 倍速
Android TV
-
Google TV
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
DAZN
FOD
-
dTV
ひかりTV
ひかりTV4K
TSUTAYA TV
Hulu
U-NEXT
Paravi
Rakuten TV
TELASA
-
Chips!TV
有線LAN
無線LAN
Bluetooth
-
Wi-Fi Direct対応 
-
ホームネットワーク機能
レグザリンク
DTCP-IP 
SeeQVault対応 
HDMI端子
4端子ARC対応
USB端子
4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)
D端子入力 
-
コンポーネント入力
-
PC入力端子
-
光デジタル音声出力端子
1
LAN端子
1
ヘッドホン出力端子
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
336 W
待機時消費電力【W】
0.4 W
リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携
Google アシスタントAmazon AlexaLINE Clova
カードスロット
-
DOLBY ATMOS
-
音声実用最大出力【W】
80 W
スピーカー数
ウーファー:2個フルレンジ:2個ツィーター:2個
ゲームモード
VRR
-
ALLM
幅x高さx奥行 【mm】
1456x893x340 mm
重量 【kg】
27 kg
多段階評価 
★★★
省エネ基準達成率 
168%(2012年度)
省エネ性マーク(緑) 
年間消費電力量【kWh】
196 kWh
年間電気代【円】
5292 円

65Z740Xの通販サイト比較

楽天 ¥185,000

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥202,759

在庫 : ○

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

この商品が紹介されている記事

【壊れやすいメーカーは?】テレビの人気メーカー12社の特徴比較|口コミも紹介のサムネイル画像

【壊れやすいメーカーは?】テレビの人気メーカー12社の特徴比較|口コミも紹介

2022/09/14

【徹底比較】レグザとブラビアの4k液晶テレビ|ゲームに向いてるのはどっち?のサムネイル画像

【徹底比較】レグザとブラビアの4k液晶テレビ|ゲームに向いてるのはどっち?

2022/08/19

【2022最新】東芝液晶テレビのレグザ(REGZA)おすすめ10選|特徴・シリーズ・評価のサムネイル画像

【2022最新】東芝液晶テレビのレグザ(REGZA)おすすめ10選|特徴・シリーズ・評価

2022/08/05

【2022最新】4Kチューナー内蔵テレビのおすすめ20選|ダブルチューナーとは?メーカー比較ものサムネイル画像

【2022最新】4Kチューナー内蔵テレビのおすすめ20選|ダブルチューナーとは?メーカー比較も

2022/08/04

【2022年最新】4Kテレビのおすすめ32選|サイズ別に人気モデルを紹介のサムネイル画像

【2022年最新】4Kテレビのおすすめ32選|サイズ別に人気モデルを紹介

2022/05/10

【大きすぎる?】65インチのおすすめテレビランキング|サイズ・部屋の大きさ・選び方のサムネイル画像

【大きすぎる?】65インチのおすすめテレビランキング|サイズ・部屋の大きさ・選び方

2022/04/19

【迷う】テレビのサイズの決め方!テレビの大きさの平均は?おすすめ14選ものサムネイル画像

【迷う】テレビのサイズの決め方!テレビの大きさの平均は?おすすめ14選も

2022/04/15

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】のサムネイル画像

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】

2022/04/05

【最新版】60インチクラスの4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】60インチクラスの4K対応テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】大型液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】大型液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】4K液晶レグザ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】4K液晶レグザ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【徹底解説】4Kテレビとは|ハイビジョンテレビとの違いは?おすすめ11選ものサムネイル画像

【徹底解説】4Kテレビとは|ハイビジョンテレビとの違いは?おすすめ11選も

2022/04/04

【2022年最新】おすすめの大型液晶テレビ・大型有機ELテレビ11選!のサムネイル画像

【2022年最新】おすすめの大型液晶テレビ・大型有機ELテレビ11選!

2022/04/04

東芝(REGZA)有機elテレビおすす9選|評価やレビューは?他ブランドと比較のサムネイル画像

東芝(REGZA)有機elテレビおすす9選|評価やレビューは?他ブランドと比較

2022/04/04

【2022最新】スマートテレビとは?|おすすめランキング・アンドロイドテレビのデメリットものサムネイル画像

【2022最新】スマートテレビとは?|おすすめランキング・アンドロイドテレビのデメリットも

2022/04/04

【2022最新】東芝のテレビ「REGZA」おすすめ12選|選び方や故障時の対処法ものサムネイル画像

【2022最新】東芝のテレビ「REGZA」おすすめ12選|選び方や故障時の対処法も

2022/04/04

【最新版】東芝REGZAの65インチテレビ"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】東芝REGZAの65インチテレビ"今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】50〜65インチテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】50〜65インチテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/12/13

【最新版】50インチ以上の4Kテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】50インチ以上の4Kテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/15

【最新版】4K液晶テレビ(60インチ以上) "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】4K液晶テレビ(60インチ以上) "今"売れているおすすめの商品ランキング

2021/11/09

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
東芝

65Z740X

価格:185,000円 (税込)

迫力の高精細画質とサウンドのレグザ最高峰の4K液晶テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、高精細でリアルな高画質が楽しめるテレビです。肌の質感もよりリアルに再現し、さまざまなノイズを検知し低減してくれます。また、迫力のある重低音とフラットで明瞭な音質を体感できるのも特徴です。スピーカーからでなく、画面から音が聞こえるような自然な音響が楽しめます。
65Z740Xには、「タイムシフトマシン機能」が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した番組や録り忘れたドラマも楽しむことができます。高画質で迫力のあるサウンドを体感したい方や、普段から外出が多くリアルタイムで番組が見れない方におすすめのテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
336 W
年間電気代【円】
5292 円

65Z740Xはレグザエンジンがクラウドと連携して高画質処理を行う、「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しています。詳細ジャンルやコンテンツごとの画質特性をクラウドから取得し、視聴中のコンテンツに高画質処理を行うことで、コントラスト高くリアルな映像を実現しています。4K放送だけでなく、地上デジタル放送も高画質で楽しめるのが魅力です。

65Z740Xは、見逃した番組も録り忘れたドラマもすぐに楽しめる、「タイムシフトマシン」機能が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけですぐに視聴できるので、見逃しも録り忘れも心配がありません。さらに、過去の番組から厳選しておすすめするスマート機能も充実しており、見たい番組はもちろん、見たことのない番組にも出会えるのがポイント。

「クワッドパッシブ重低音バズーカーウーファー」と「クリアダイレクト2ウェイスピーカー」を搭載しており、総合出力80Wマルチアンプ駆動で迫力のあるサウンドと重低音を再現しているのが特徴。また、「VIRイコライザー」により、フラットで明瞭な音質と自然な音像定位を実現しているのもポイントです。

画面が映らないといった初期不良が起こることもあるようです。購入してすぐに再生ができない場合やリモコンが作動しないときには初期不良の可能性もあるので、メーカーやサポートに問い合わせるようにしましょう。

チャンネル切り替えの際など、リモコンの反応がやや遅いといったレビューもありました。ボタンを押してから数秒のタイムラグは出るようですが、慣れれば気にならない程度のことでした。テレビ本体からリモコンが遠いと反応が悪くなることもあるので、距離は離れすぎないようにしましょう。

ヨドバシで買ったのですが、 画面が一切映らない初期不良でした。

出典: https://www.amazon.co.jp

リモコンはちょっと反応が悪い印象。 画面の切り替えはもやや遅めかな。

出典: https://review.kakaku.com

上記以外にあげられる悪い口コミはありませんでした。

音質がよく、重低音の迫力を感じられるといったレビューが多くありました。テレビなのにシアター並みのサウンドで、映画やゲームも臨場感を味わえるのが魅力のようです。音質も細かく設定できるので、シーンに合わせて自分好みのサウンドに変えることもできます。

画質がとてもきれいで見やすいといったレビューも多くありました。自然な発色の美しい画質で、黒の表現も暗部の階調もしっかりしているのが高評価を得ていました。コントラストの高い画質が特徴なので、映画などもシーンに合わせてリアルな映像で楽しめます。

タイムシフト録画の機能で高評価を得ているレビューも多くありました。見逃した番組や録画し忘れた番組もすぐに視聴ができるので、忙しくてリアルタイムでテレビを見れない方にもとても便利な機能です。タイムシフト機能の有無で購入を決めた方も多くいるようです。

音質面では、おもに重低音が凄いと言われるほど 凄くテレビなのにシアターなみですよ! 購入した時の設定は、音質は悪いですが… 音質設定や画質調整、設定する事で改善されます どんなテレビのメーカーでも設定画面を見て画質設定や音質設定で改善される事が多いですね! 

出典: https://www.amazon.co.jp

自然な発色の美しい画質。 黒の表現も暗部の階調もしっかりしています。

出典: https://www.amazon.co.jp

タイムシフトは本当に便利で、これに慣れるとタイムシフトの無いテレビは 不便に感じてしまうと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp

東芝

55X8400

価格:142,222円 (税込)

色彩豊かで濃密な映像美を楽しめる高画質4K有機LEテレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

東芝独自の「高画質映像処理エンジン」により、地デジ・4K放送・ネット動画まであらゆる映像を高画質で表現します。左右に6個のスピーカーを搭載し、さらに、ダブルパッシブラジエーターを組み合わせた「レグザパワーオーディオX」が、パワフルで迫力ある低音を実現。ジャンルや好きなテーマを登録しておけば、自動で録画してくれる「おまかせ録画」も搭載されています。

また、AIが学習しおすすめ番組を自動で録画する「みるコレAI」など便利な機能も充実です。さらに、サウンドバーを併用すれば、臨場感のあるリアルな映像に没入することができます。リモコンも使い勝手がいいようデザインされているため、複雑な操作が苦手な方も安心して使用できます。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+ドルビービジョンHLG
パネル種類
-
バックライト
-
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4K OLED クリアダイレクトモーション
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
362 W
年間電気代【円】
4968 円

55X8400は、65Z740Xの上位モデルになります。主な違いとしては、パネルの種類や録画機能に違いがあります。パネルの種類では、65Z740Xは液晶パネルを使用していますが、55X8400は有機ELパネルを使用しています。そのため、55X8400の方がより高精細な映像を楽しめます。

 

また、録画機能では65Z740Xはタイムシフトマシン機能やジャンプ機能が搭載されていますが、55X8400には搭載されていません。録画機能を活用したい方や、見逃しの心配のある方には、タイムシフトマシン機能付きの65Z740Xがおすすめです。

 

「地デジAIビューティ PRO」はどちらの機種にも搭載されているので、基本的な映像処理システムは同じような使用になります。コントラストの高い映像を楽しみたい場合には、有機ELパネルを使用している55X8400がおすすめです。

 
レグザ(Regza)

東芝 65M540X

価格:139,800円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

65M540Xは65Z740Xの下位モデルになります。主な違いとしては映像処理エンジンの種類やタイムシフトマシン機能の有無に違いがあります。映像処理エンジンでは、65M540Xは「レグザエンジン Cloud」を採用していますが、65Z740Xは「レグザエンジンCloud PRO」を搭載しています。

 

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しているので、65Z740Xの方がより高精細で高画質なのが特徴です。また、65M540Xにはタイムシフトマシン機能や初めにやジャンプ機能、音声操作機能が搭載されていません。

 

そのため、過去番組も遡って視聴したい方や、見逃しの心配のある方には65Z740Xがおすすめです。高画質な映像をより楽しみたい方や、タイムシフトマシン機能を活用したい場合には65Z740Xを選ぶようにしましょう。

東芝

65Z740X

価格:185,000円 (税込)

迫力の高精細画質とサウンドのレグザ最高峰の4K液晶テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランク王編集部

「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、高精細でリアルな高画質が楽しめるテレビです。肌の質感もよりリアルに再現し、さまざまなノイズを検知し低減してくれます。また、迫力のある重低音とフラットで明瞭な音質を体感できるのも特徴です。スピーカーからでなく、画面から音が聞こえるような自然な音響が楽しめます。
65Z740Xには、「タイムシフトマシン機能」が搭載されています。過去の番組表から気になる番組を選ぶだけで、見逃した番組や録り忘れたドラマも楽しむことができます。高画質で迫力のあるサウンドを体感したい方や、普段から外出が多くリアルタイムで番組が見れない方におすすめのテレビです。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
65V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR方式 
HDR10HDR10+HLG
パネル種類
-
バックライト
全面直下LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
4Kクリアダイレクトモーション480
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
視聴距離(目安)【m】
1.2 m
消費電力【W】
336 W
年間電気代【円】
5292 円

東芝 65Z740X テレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。65Z740Xは「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しており、コントラスト高くリアルな映像が楽しめるのが特徴です。

 

画質にこだわりたい方でも満足できる、高画質な映像を楽しむことができます。また、タイムシフトマシン機能も搭載されており、過去の番組を見逃してもすぐに視聴ができ、録り忘れの心配がないのもポイントです。しかしながら、上位モデルと比較するとパネルが液晶になるので、高精細さでは物足りなく感じる場合もあります

 

以上のことから、65Z740Xは液晶テレビで高画質を楽しみたい方や、タイムシフトマシン機能を活用して過去の番組も視聴したい方におすすめのテレビと言えます。