シャープ 4B-C20AT3 DVDレコーダーの評価・レビュー・製品情報・価格比較

4.1
最安値:¥64,584
シャープ AQUOS 4B-C20AT3の商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、AQUOS 4Kテレビ 4B-C20AT3がどんな人におすすめなのかを評価しました。

4B-C20AT3の基本スペック

  • 説明 : エッジライト型のLEDバックライトを採用した地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ。4個のHDMI入力端子を装備するほか、DLNA機能にも対応しています。
  • 4B-C20AT3のショップ比較

    他サイトの評判・ランキング

    サイト名amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
    ランキング名
    順位名
    レビュー

    当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の商品情報

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の基本スペック

    シャープ(SHARP)

    シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 2TB 3チューナー 4Kチューナー内蔵 Ultla HDブルーレイ対応 4B-C20AT3

    価格:64,584円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見るヨドバシカメラで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    メーカーシャープ(SHARP)商品名AQUOS・4Kレコーダー・4B-C20AT3
    機能3番組同時録画、新4K衛星放送対応チューナー寸法/サイズ幅430mm×奥行339mm×高さ65mm
    重量約3.3kg

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3のおすすめポイント

    新4K衛星放送対応チューナー搭載

    2018年から放送開始した新4K衛星放送ですが、4B-C20AT3はBS・110度CSなどの新4K放送に対応しているブルーレイレコーダーです。昔に比べて通常のテレビの画質は格段に綺麗になりましたが、4B-C20AT3はその4倍もの画素数(3,840×2,160画素)でキメ細かい映像を楽しむことができます。

     

    更に他の4K対応レコーダーと比べて色の表現できる範囲が広いため、繊細で深みのある映像となります。また明暗表現力の高い「HDR(ハイダイナミックレンジ)」にも対応しているため、色彩・明暗差・画素数どれを取っても洗礼された映像を映し出してくれます。

    4K映像のまま録画することが可能

    4B-C20AT3は4K放送を視聴できるだけでなく、4K放送を4K動画のまま録画することができます。視聴時と同様の画素数で見れる数少ないブルーレコーダーとなっています。ただし4K録画禁止とされている映画などは録画できないので注意が必要です。

     

    また4B-C20AT3内のハードディスクに録画した映像は、4B-C20AT3にブルーレイディスクをセットすることでダビングすることも可能です。別室や車内でも映像を楽しむことができます。

     

    録画リスト表示画面にもシャープはこだわっており、1画面に18もの録画映像が表示されるので、こまめにリモコンでスクロールする必要がなく、とても便利な機能です。

    番組表にもこだわった新4Kビジュアル番組表

    4B-C20AT3のこだわりは画素数や録画リストだけではありません。購入時はつい見逃しがちですが、番組表にもとてもこだわっています。その名も「新4Kビジュアル番組表」。映像の画質だけでなく、細々した文字が並んでどうしても見にくくなってしまいがちな番組表も一目で分かりやすいように、文字の太さや大きさにこだわっているようです。

     

    4K映像が(3,840×2,160画素)なのに対し、番組表でも同様の画素数を採用しています。またよく見るジャンル別に色を変えるカスタム機能もついています。デフォルトの文字サイズやフォントを自由に設定することもできます。

    放送中の番組も遡って視聴できる「AQUOSタイムシフト」

    4B-C20AT3には放送中の番組を遡ってみることができる「AQUOSタイムシフト」機能が搭載されています。最大90分遡って見直すことができるので、見逃してしまったときも焦る必要はありません。他の機種にはなかなかないので、とても便利な機能です。

    汚れによる劣化を防ぐ「ホコリシールドBDドライブ」

    テレビ周りは掃除がしにくく、ついホコリなどが溜まってしまいがちですが、電子機器にとってホコリなどのゴミは故障の原因となってしまいます。しかし4B-C20AT3は耐塵予防と光学性能が改善されているので、ホコリによる劣化が起こりにくくなっています。

     

    だからといって掃除をしなくていいというわけではありません。高価な精密機械となるので、機能に頼らずこまめなメンテナンスも必要です。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の徹底レビュー

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の悪い点をレビュー

    画質同様の高音質は伴っていない

    画質にばかり目がいってしまい、どんなに高画質な映像を見れても音質が悪ければムードも出ないものです。4B-C20AT3は4Kには対応していますが、アンプが4KHDRには対応していないので、画質と音質でバランスがあまり取れていないと感じる人もいるようです。

    スキップ機能にラグを感じる

    番組視聴中の30秒早送り、10秒戻し、早送りなどのスキップ機能に多少のラグを感じる方もいるようです。4B-C20AT3は2TBもの大容量を搭載しているので、高性能PCのようなスムーズさを求めてる方にはあまりおすすめできないでしょう。

     

    しかし番組視聴にひどく影響する程のラグさではないので、問題なく使用することはできるでしょう。

    番組表の文字サイズが小さい

    番組表の文字サイズが小さくて不便と感じる方もいるようです。4B-C20AT3のデフォルトサイズは一見見づらいと感じる方も多いようですが、番組表の表示文字設定から小・中・大の3タイプから文字サイズの変更をすることが可能です。

     

    また文字の濃さやフォントを自分好みにカスタマイズすることもできるので、デフォルトでは見づらいと感じる方は調節してみるといいでしょう。

    再放送二重取り防止が搭載されていない

    ジャンルやキーワードで録画予約をしている場合、どうしても再放送なども自動で複数録画してしまうことがあります。他社では一度録画している番組は自動で録画しないようにしてくれる「再放送二重撮り防止機能」が搭載されているものがありますが、4B-C20AT3にはその機能が搭載されていません。

     

    録画してしまったものは自分で削除しなくてはいけないのが面倒な方にはあまり向いていないかもしれません。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の良い点をレビュー

    設定項目が見やすく分かりやすい

    最近の最新テレビはネットに繋ぐことが当たり前になってきていますが、その設定方法やテレビの明るさ表示などの設定なども親切に分かりやすく指示してくれという口コミがありました。

     

    インターネット接続や電子機器が苦手という方にもおすすめできますが、それでも不安という方はメーカーに問い合わせれば電話にて操作方法を教えるので安心です。

    バージョンアップで不具合改善

    4B-C20AT3がどれだけ高性能のレコーダーであっても、精密な電子機器ということもあり残念ながら不具合は起こってしまうものです。しかしその都度アップデートが行われ、不具合への対応も早いと満足度の高い口コミが多く見られました。

     

    稀に新機能がアップデートに追加されることもあるため、それを楽しみにしている方も多いようです。

    高画質映像に大満足

    4B-C20AT3を購入した方で一番多い口コミがとにかく画質が綺麗であるという点でした。一般的なテレビから4B-C20AT3に買い替えた方、同じ4Kレコーダーから乗り換えた方、共に満足しているという方が多く見られました。

     

    電子機器にあまり詳しくはないけれど、4K対応レコーダーで綺麗な映像を見たいという方にはおすすめできる商品となっているようです。

    以前使用していたレコーダーの録画番組を以降できる

    レコーダーを買い替えるのに躊躇している方の多くは、まだ見たい録画番組が消えるのが嫌という方が多いでしょう。しかし4B-C20AT3は同メーカーのシャープであれば、4B-C20AT3にデータを以降することが可能です。

     

    移行したい番組の量が多ければ多いほど時間はかかってしまいますが、消えてしまうよりはいい!と上位モデルの4B-C20AT3に乗り換える方も多いようです。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の口コミを集めました

    4K録画の場合、DR録画しかできません。 0.9倍速のゆっくり再生は可能ですが、早見は一切出来ません。 自動チャプター機能も使えません。(今後対応予定とのこと)

    出典:https://www.amazon.co.jp

    4K以外のテレビにも近年搭載されている早見再生機能ですが、残念ながら4B-C20AT3には4K映像を見る際の早見再生機能は搭載されていません。普段から早見再生機能を使用している方には、あまりおすすめできないでしょう。

    4K番組を視聴や録画や番組表表示していると、リモコンが効かなくなることが多々あります。 アップデートが出ていたので入れたら改善された気がしましたが、たまに発生している模様。 操作が効かなくなるので困ります。 ただアップデートするうちにそのうち直るのでしょう。 番組録画に失敗するようなクリティカルなバグがあるかどうかは今のところ不明。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    接続端子が認識してくれない、リモコンが効かなくなったという口コミが中には見受けられました。その度にアップデートで不具合解消しているメーカーですが、アップデートが入るまでは不便と感じている方の口コミです。

    電源をオンにしたときにテレビがオンにならない。 電源オフしたときはテレビもオフになる。 2倍速再生すると、字幕が抜けたり、字幕のタイミングがずれる。 録画した番組が再生できないことが何回かあった。 画像用HDMIと音声用のHDMIの2本を利用しているとまともに動作しない。 4K視聴中に番組表をクリックするとリモコンが効かなくなる。 リモコンのレスポンスが悪いので、10秒戻しを押しても、2秒後に反応する。 つまり押した瞬間からは8秒しか戻らない。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    電源ON/OFFのバグ、字幕のラグ、録画番組が再生できない、HDMIの認識バグなど発売当時に不具合があったという方の口コミです。現在はアップデートが入り、上記のバグは改善されているようですが、ネット接続した精密機器ということもあり多少のバグは存在してしまっているようです。

    4kで録画した番組を、編集してブルーレイディスクに残すといった基本的なことが出来ない。何のためのハードディスクなのでしょうか。友人は購入してから気づき、諦めてパナソニック機を買い直しました。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    4B-C20AT3は録画した番組をブルーレイディスクにダビング際に、CMなどをカットしてダビングすることができないとは思わなかったという方の口コミです。ダビングを頻繁にするという方は一度購入を検討してみた方がいいでしょう。

    NHKの4K放送(BS4K)を録画し良作が有ればブルーレイディスクに4KDRで録っておきたいという目的で新発売日に購入。最初の頃はバグが取れきれてないようでしたが、何度かのソフトウェアのアップデートを経て今はハングはなくなったようです。4K放送は今が見物、番組制作者も気合を入れてて本当に綺麗です。YouTubeのテカテカとした4K画質より、このレコーダーで見るBS4Kの方が綺麗ですね。詳しくは分かりませんがHLGってのが利いているのでしょうか。操作が遅いという感じは特に僕はしませんでした。AV機器はこんなものかと。僕は買って良かったです。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    ネット動画サービスYouTubeでは4K映像の配信もしており、4Kテレビなどを持っていない人も高画質な映像を楽しめると人気がありますが、YouTubeの映像とは比にならない程綺麗な画質で満足しているという方の口コミです。

    12月1日からの本放送に間に合わせて購入しました。 画質に満足しています。 特にドローンによる空撮番組は綺麗で楽しんでいます。

    出典:https://www.amazon.co.jp

    4K映像を最も活かせるのが風景などの繊細で深みのある映像ではないでしょうか。もちろん4B-C20AT3はその点で迫力のある映像を楽しめる!という方の満足度の高い口コミです。

    4Kでのみ放送する番組が見たくて急遽手配しました。深夜に注文して24時間以内に到着するスピード感がすごいです。おかげさまで希望の番組を初回から録画できました。3チューナー搭載は便利です。この機能があることを知りませんでした。 タイマー録画後一旦電源が切れますがすぐに再起動して数分後に切れるのと、電源OFFでも結構頻繁に起動して何かしているのがちょっと気になります。購入後数回アップデートしましたのでその都合かも知れません。機能的には十分満足しています。ただしテレビがHDなので4Kの画質の良さがわからないのが残念です。

    出典:https://www.yodobashi.com

    4B-C20AT3は3チューナー搭載モデルですが、実際使用してみるととても便利であるという方の口コミです。2番組までは同時録画できるチューナーは安価で販売されていることが多いですが、3番組同時録画でき尚且つコストパフォーマンスのよい価格帯のレコーダーはなかなかないのではないでしょうか。

    HLG→HDR10変換機能が素晴らしいです。 HDR10にしか対応していないテレビでも、4KBS,4KCS放送でHDRを楽しめます。 今年の紅白は、HDR放送なので今から楽しみです。

    出典:https://www.yodobashi.com

    NHKで放送された紅白歌合戦が2018年からHDR放送と切り替わり話題となりましたが、4B-C20AT3を接続されたHDR10のみ対応のテレビも、高画質で映像を楽しめると満足度の高い口コミです。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の関連商品と比較する

    4B-C20AT3 と 4B-C40AT3 の違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 4TB 3チューナー 4Kチューナー内蔵 Ultla HDブルーレイ対応 4B-C40AT3

    価格:86,520円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    4B-C20AT3の上位モデルとして挙がってくるのが、4B-C40AT3となります。4B-C20AT3の容量が2TBに対し、4B-C40AT3は4TBと倍の容量を搭載しています。4K放送を録画した場合、2TBだと約130時間。4TBだと262時間と十分に録画することができます。

     

    毎日何時間も録画する方や、過去に録画した番組は残しておきたいという方には4B-C40AT3がおすすめできます。2TBで十分という方は、容量以外に違いは全くないので4B-C20AT3で十分といえるでしょう。

    4B-C20AT3 と BD-UT2100 との違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ AQUOSブルーレイレコーダー 2TB 3チューナー Ultra HDブルーレイ対応 4K対応 BD-UT2100

    価格:49,460円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    4B-C20AT3の下位モデルとして挙がってくるのが、BD-UT2100となります。4B-C20AT3が2TBに対し、BD-UT2100も同様の2TBとなっています。大きな違いは、BD-UT2100は地デジ・BSデジタル・110度CSデジタルのみの視聴という点です。

     

    しかしBD-UT2100には光デジタル端子がついているので、別に端子を買う必要なくイヤホンやヘッドホンなどを差し込み音声を楽しむことができます。

     

    4B-C20AT3では高性能な映像出力によって高画質を楽しむことができますが、BD-UT2100はそれほどまでの性能は備えていません。しかし4Kテレビではないテレビから移行でしたら、以前より高画質になったと満足することはできるでしょう。

     

    またBD-UT2100は消費電力33Wの年間電気代959円と上位モデルの4B-C20AT3より消費電力が多いので、性能面などを見ても4B-C20AT3の方がコストパフォーマンスはいいということになってきます。

    4B-C20AT3 と 2B-C20BT3 との違い

    シャープ(SHARP)

    シャープ 2TB 3番組同時録画 AQUOS ブルーレイ レコーダー Ultra HD/4K再生対応 連続ドラマ自動録画 声でラクラク操作対応 無線LAN内蔵 2B-C20BT3

    価格:63,610円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    4B-C20AT3が4K対応レコーダーなのに対して、2B-C20BT3は4K放送に対応していないレコーダーになります。その他のスペックはほとんど変わりがなく、4K放送はまだそこまで普及していないし、必要性を感じていないという方には2B-C20BT3がおすすめできます。

     

    2B-C20BT3はブルーレイディスクには対応しているので、4K映像で録画したディスクなどを2B-C20BT3で見ることは可能です。しかし4K対応レコーダーほどの高画質は期待できないので、のちのち4K放送を見ていきたいと考えている方は、4B-C20AT3を購入した方がいいでしょう。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3の総合評価

    シャープ(SHARP)

    シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 2TB 3チューナー 4Kチューナー内蔵 Ultla HDブルーレイ対応 4B-C20AT3

    価格:64,584円(税込)

    Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シャープ AQUOS 4B-C20AT3 4Kテレビの種類について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

     

    4B-C20AT3はとにかく画質が綺麗で、迫力があり深みのある映像を楽しめると満足度の高い4K対応レコーダーでした。発売された当初は約11万円程で販売されていましたが、2018年に販売されたということもあり、現在は10万円もしないで購入することができます。

     

    高画質の映像と充実した機能を考えるとコストパフォーマンスのよいレコーダーといえるでしょう。もちろん他社の上位モデルや最新のレコーダーと比べてしまうと、劣っている点もありますが、最新とまではいかないで安い上に機能が豊富なレコーダーを考えている!という方にはおすすめできるレコーダーとなっています。

     

    必要としている機能などをしっかりと吟味した上で、自分に合っているレコーダーを見つけてくださいね!

    関連する商品

    DVDレコーダーの人気商品