パナソニック TH-49EX850の評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥139,800
パナソニック TH-49EX850 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、パナソニック TH-49EX850 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/03/16 更新

編集部おすすめの記事

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

未だ語り継がれる名器

2017年モデルながらもあまりの話題性と売れ行きに生産が追いつかなくなり、そのまま終売になってしまった絶大な人気のあるパナソニックの4K液晶テレビです。ソニーのX9500Eシリーズなどもそうですが、こちらの機種はテレビの両脇に巨大なスピーカーを配置してあり、総出力100Wという桁外れの高音質スピーカーを搭載。ハイレゾ音源にも対応できるというモデルになっています。画質もパナソニックのプラズマで培ったノウハウを活かし、明るくくっきりした液晶を実現。画質、音質ともに最高級のテレビです。

4K液晶

4Kとは画素(画面を構成する光の素子)の数を指しており、ハイビジョン(1280*720ドット)、フルハイビジョン(1920*1080ドット)、4K(3840*2160ドット)となる。横の画素の数を数えるとそれぞれ1k(キロ=1,000)、2k、4kとなり、より細かな映像描写が可能。

TH-49EX850の基本スペック

種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
49V型(インチ)
パネル性能
-
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
HDR方式 
HDR10
映像処理エンジン
-
パネル種類
-
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
倍速機能 
倍速駆動
Ultra HD Premium
-
1V型(インチ)あたりの価格
-
BS 8K
-
BS 4K
-
110度CS 4K
-
地上デジタル
BSデジタル
110度CSデジタル
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー
-
BS 8K数
-
BS 4K数
-
110度CS 4K数
-
地上デジタル数
3
BSデジタル数
3
110度CSデジタル数
3
録画機能
外付けHDD
ドライブ内蔵
-
自動録画機能 
早見再生【倍速】
-倍速
Android TV
-
Google TV
-
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
DAZN
FOD
-
dTV
ひかりTV
ひかりTV4K
TSUTAYA TV
Hulu
U-NEXT
Paravi
Rakuten TV
TELASA
Chips!TV
有線LAN
無線LAN
Bluetooth
Wi-Fi Direct対応 
-
ホームネットワーク機能
-
DTCP-IP 
-
SeeQVault対応 
-
HDMI端子
4端子ARC対応
USB端子
3
D端子入力 
D4
コンポーネント入力
-
PC入力端子
-
光デジタル音声出力端子
1
LAN端子
1
ヘッドホン出力端子
視聴距離(目安)【m】
0.9 m
消費電力【W】
200 W
待機時消費電力【W】
0.3 W
リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携
-
カードスロット
SD/SDHC/SDXC
DOLBY ATMOS
-
音声実用最大出力【W】
-W
スピーカー数
-
ゲームモード
VRR
-
ALLM
-
幅x高さx奥行 【mm】
1200x677x230 mm
重量 【kg】
27 kg
省エネ基準達成率 
164%(2012年度)
省エネ性マーク(緑) 
年間消費電力量【kWh】
136 kWh
年間電気代【円】
3672 円

TH-49EX850の通販サイト比較

Amazon ¥139,800

在庫 : ○

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

前面スピーカーならこちらも優秀

この商品が紹介されている記事

【最新版】40インチクラスのテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスのテレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/11/02

【最新版】40インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】40インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/11/02

【2022年最新】パナソニックのテレビ「ビエラ」人気おすすめランキング15選【評判・評価】のサムネイル画像

【2022年最新】パナソニックのテレビ「ビエラ」人気おすすめランキング15選【評判・評価】

2022/11/02

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】のサムネイル画像

テレビのゲームモードとは?設定のやり方を解説【シャープ・パナソニック】

2022/04/05

【49型テレビ】49インチサイズのおすすめテレビ10選【ソニーやパナソニックも】のサムネイル画像

【49型テレビ】49インチサイズのおすすめテレビ10選【ソニーやパナソニックも】

2022/04/04

【2022】コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ15選|単身者の相場・予算ものサムネイル画像

【2022】コスパで選ぶ!一人暮らしにおすすめのテレビ15選|単身者の相場・予算も

2022/04/04

※ランク王は、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がランク王に還元されることがあります。
パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic) 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49EX850 4K 2017年モデル

メーカー
パナソニック(Panasonic)
商品名
TH-49EX850
画面サイズ
49V型
画素数(水平×垂直)
4K(3,840×2,160)
録画機能
USBハードディスク録画対応
寸法/サイズ
テレビスタンド含む 幅:1200mm 高さ:677mm 奥行:230mm
重量
約27.0kg(テレビスタンド含む)
機能省エネ性能(★~★★★★★)
★★★
現物を手にしてみて高級感のあるデザインに大満足。また、予想以上に「ハイレゾ音響」の凄さに驚かされました。また設定などで画面を通じてその都度、解かりやすい説明をしてくれるので助かってます。改めて買ってよかったと感激の日々をおくっています。

出典: https://club.panasonic.jp

デザイン性は概ね満足されているようです。やはり音響のすごさには皆さん驚かれているようです。初期設定で、取扱説明書とにらめっこせずとも設定が完了できるのは嬉しいですね。
映像は綺麗です。色味が少し癖があるように感じますが、設定で細かく調整できるので問題ありません。 音も私のようなフツーの人間にはアンプで聴いているような良い音に聴こえます。 特に低音の迫力には満足です。さすがはTechnicsですね。 音の良さにこだわって価格的にはちょっと無理をしましたが、やはり正解でした。

出典: https://www.amazon.co.jp

色味はやはり、クセがあるようです。しかし、音の良さは満足されているようです。ウーハーが搭載されているので、低音期の迫力が楽しめるもいいですね。ライブ動画を鑑賞されている人もいるようです。
薄型テレビの音質は最高クラスだと思います。へたなサウンドバーよりよっぽど良いです。バスブーストできますが、オンにすると凄すぎるので普段はオフにしてます。

出典: https://www.biccamera.com

薄型テレビのどこにそんなスピーカーの音に関する部品を入れているのか不思議ですが、廉価のサウンドバーよりも良い音を出すようです。やはり低音を効かせる「バスブースト」は威力がすごいようです。
テレビ音を小さくしたらセリフが聞こえず・・ということで字幕版ばっかり見てました。 別売りのスピーカーを買う気は無し。 このテレビはそういうストレスをかなり減らしてくれました。 あと、netflixいっぱつ立ち上げが最高です。 電源が入ってなくてもokで一発立ち上がりはこんなに便利なのかと・・・。 リモコンでアプリ一個を設定できるのも楽です。amazonプライムビデオを登録しています。

出典: https://www.amazon.co.jp

効果音がうるさすぎて、肝心の人間の声が聞こえないのは古いテレビだとありがちですが、TH-49EX850はちゃんと音を解析してから流しているのでバランスよく聞こえるようです。アプリが一発で立ち上がるのは、細かい手間が省かれて便利ですね。
画質・音質・機能性に関しては満足しています、ただし操作性は2011年のREGZAから見ても使いづらいと感じています、リモコンのボタンの配置・番組表の見難さ(含むフォントサイズ)等々、パナソニックは他社のUI等を考慮して改良しないんでしょうか?

出典: https://review.kakaku.com

操作性はREGZAから移ってくると、使いづらいようです。リモコンの操作性は慣れれば問題なしとの意見もありました。ずっとパナソニックのテレビを使用していた人にとっては全く問題はないようです。
逆に機能が多すぎて使いこなせてないかも…。強いて言えば、番組表が見づらいのと一瞬番組が途切れるのが気になる(前のテレビではこうならなかったので…)。リモコンの下矢印のすぐ下に音声入力ボタンがあるので、暗い部屋などではよく押し間違える。

出典: https://club.panasonic.jp

こちらの人も上記の人とおおむね同じようなことがデメリットとして挙げています。番組表が見づらいのは大きなマイナスポイントに挙げられるでしょう。リモコンの操作性も落ち間違いが発生しているようです。
音質に関しては期待以上で、テレビ単体で音楽番組から映画まで、十分満足できる音質です。 画質は色々と調整してみましたが、特に肌色が思うように出ません。暗い部分が丁度良い状態に調整すると、ハイライト部分が白飛びした様な感じになります。 しかし現在の価格で考えると、音質重視の方にはベストな選択だと思います。

出典: https://www.yodobashi.com

音楽好きや映画好きには、たまらない機種となっているようです。しかしこちらの人も肌色の調整には苦労しているようです。色味は各社クセがあるので、自分の好みに合った色味のテレビを見つけることが重要です。
最近のTVは音がイマイチだ シアターバーの購入検討で店舗に行ったところ パナソニックのこの機種にめぐり合い 大満足です スタンドがあまりにもお粗末なのは残念です

出典: https://www.yodobashi.com

新たにサウンドバー(シアターバー)を購入せずとも、テレビ一台で良い音が聴けるのは狭い住宅事情の日本では大事なことです。ただ、こちらの口コミの人はデザイン性はあまり好みではなかったようです。
パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic) 49V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ ビエラ HDR対応 TH-49GX850

TH-49EX850は2017年発売、TH-49GX850は2019年発売です。850シリーズは最上位モデルシリーズなので2019年発売のTH-49GX850も気合が入っています。

 

機能面での最大の違いは4Kチューナの有無です。TH-49GX850は4Kチューナーが搭載されたので、店頭ではTH-49GX850がすごい勢いで売れているそうです。それだけ内蔵チューナーへの需要が高かったということでしょう。チューナーが内蔵されていない機種は、外付けチューナーと抱き合わせ販売しているようですが、需要は内蔵されているテレビの方があるようです。

 

TH-49GX850は音にも非常にこだわりをもって開発されています。映画館で採用されているドルビーアトモスを搭載しているので、広がりのある音を楽しめるそうです。これは普段映画やライブ動画を楽しむ人にとっては嬉しい機能です。

 

TH-49GX850は地震に対応したモデルでもあります。転倒防止スタンドを採用しているので、テレビが倒れづらくなります。また、どちらの機種も外付けハードディスクに録画になりますが、2番組録画機能は搭載されていますので、チャンネル争いが起きそうなご家庭には、どちらを選んでも大丈夫です。

 

多少値段が高くても、外付け4Kチューナーだと設置も手間がかかりますし、景観も良くないので2019年発売のTH-49GX850の方が満足度は高くなるでしょう。

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic) 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49DX850 4K USB HDD録画対応 2016年モデル

TH-49EX850とTH-49DX850は同じ最上位モデルで発売年度が違います。TH-49DX850が2016年発売、TH-49EX850が2017年発売のモデルになります。

 

これらの機種には特に大きな違いが見られません。強いて挙げるならば、サイズは微妙に違うので確認しておきましょう。

TH-49EX850幅x高さx奥行:1200x677x230 mm

TH-49DX850幅x高さx奥行:1200x702x260 mm

TH-49EX850の方が同じ画面インチながらも、高さ・奥行きは小さくなっているようです。

 

後継機であるTH-49DX850の方が、ほんの少しコンパクトである以外大きな違いは見られないので、この二つで迷ったら安い方を購入した方がコスパは良いでしょう。

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic) 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49FX750 4K 2018年モデル

TH-49EX850は2017年発売の液晶テレビの最上位モデルです。TH-49FX750は2018年発売のスタンダードモデルです。

 

機能面では細かい違いがあります。D端子入力がTH-49EX850では対応しており、D4まで対応しています。メモリーカードのスロットもTH-49EX850にはついています。SD/SDHC/SDXCが対応しているそうです。

 

サイズも同じ画面インチながら微妙に違いがあるので要確認です。

TH-49EX850幅x高さx奥行:1200x677x230 mm

TH-49FX750幅x高さx奥行:1099x694x245 mm

幅はTH-49EX850の方が大きいですが、高さと奥行きはTH-49FX750の方が大きいのがわかります。

 

現在TH-49FX750は値段が落ちていますが、音響は圧倒的にTH-49EX850の方が良いようです。というのも、TH-49EX850は音響にこだわったため、普通のテレビでは下向きにスピーカーを配置しているのを、画面横に配置されています。

 

サウンドバーを別途購入するのであればTH-49EX850の方がコスパは良いです。音にも特にこだわりがないのであれば、TH-49FX750の方をおすすめします。