東芝 55M530Xの評価・レビュー・口コミ・評判・製品情報・価格比較

最安値:¥84,800
55m530x テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、55m530x テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2022/08/05 更新

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

シンプルながらも基本を抑えたエントリーモデル

東芝のどちらかといえばスタンダードに属する4K液晶テレビです。それなりに幅広いネット動画対応に4Kチューナー内蔵、トリプルチューナー搭載と基本的なところをしっかり抑えつつも価格を抑えめにしてあるモデルなため、壊れてしまって急にテレビが入用になった場合などの選択肢としても人気があります。また、国内メーカーでこの性能で100,000円前後というのも大きなポイントで、少し豪華な一人暮らしなどにも対応できる性能性がウリです。

4K液晶

4Kとは画素(画面を構成する光の素子)の数を指しており、ハイビジョン(1280*720ドット)、フルハイビジョン(1920*1080ドット)、4K(3840*2160ドット)となる。横の画素の数を数えるとそれぞれ1k(キロ=1,000)、2k、4kとなり、より細かな映像描写が可能。

編集部おすすめの記事

55M530Xの基本スペック

種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
HDR方式 
HDR10HLG
映像処理エンジン
レグザエンジン Evolution-S
パネル種類
VAパネル
バックライト
LEDバックライト
画面分割(2画面機能) 
1V型(インチ)あたりの価格
¥1,596
BS 4K
110度CS 4K
地上デジタル
BSデジタル
110度CSデジタル
BS 4K数
2
110度CS 4K数
2
地上デジタル数
3
BSデジタル数
3
110度CSデジタル数
3
録画機能
外付けHDD
自動録画機能 
早見再生【倍速】
1.5 倍速
YouTube
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
DAZN
dTV
ひかりTV
ひかりTV4K
TSUTAYA TV
Hulu
U-NEXT
Paravi
Chips!TV
有線LAN
無線LAN
ホームネットワーク機能
レグザリンク
DTCP-IP 
SeeQVault対応 
HDMI端子
4端子ARC対応
USB端子
2(録画専用1/汎用1)
光デジタル音声出力端子
1
LAN端子
1
ヘッドホン出力端子
視聴距離(目安)【m】
1 m
消費電力【W】
155 W
待機時消費電力【W】
0.4 W
スマートスピーカー連携
Google アシスタントAmazon AlexaLINE Clova
音声実用最大出力【W】
20 W
スピーカー数
2個
ゲームモード
幅x高さx奥行 【mm】
1230x750x207 mm
重量 【kg】
15.5 kg
多段階評価 
★★★★★
省エネ基準達成率 
259%(2012年度)
省エネ性マーク(緑) 
年間消費電力量【kWh】
96 kWh
年間電気代【円】
2592 円

55M530Xの通販サイト比較

楽天 ¥84,800

在庫 : ○

楽天で詳細を見る
Amazon ¥97,220

在庫 : ○

状態 : 新品

Amazonで詳細を見る

※当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。 いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

最新機種と比べてみよう

高画質モデルをお探しの方はこちらもチェック

この商品が紹介されている記事

【ゲームモード】ゲーム用テレビおすすめ18選|低遅延で応答速度が速い機種は?のサムネイル画像

【ゲームモード】ゲーム用テレビおすすめ18選|低遅延で応答速度が速い機種は?

2022/08/08

【最新版】VAパネル・ゲームモード搭載の4Kテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】VAパネル・ゲームモード搭載の4Kテレビ "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/08/04

【2022】サイズ感も!50インチの液晶・4K・有機ELテレビ人気おすすめランキング22選のサムネイル画像

【2022】サイズ感も!50インチの液晶・4K・有機ELテレビ人気おすすめランキング22選

2022/07/26

【コスパ最強】55インチのテレビ人気おすすめ10選|4K・有機ELも【大きすぎる?】のサムネイル画像

【コスパ最強】55インチのテレビ人気おすすめ10選|4K・有機ELも【大きすぎる?】

2022/04/12

【最新版】50インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】50インチクラスの液晶テレビ 20選 "今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

【最新版】50インチクラスの4K対応テレビ 20選"今"売れているおすすめの商品ランキングのサムネイル画像

【最新版】50インチクラスの4K対応テレビ 20選"今"売れているおすすめの商品ランキング

2022/04/04

東芝

24S22

価格:19,800円 (税込)

多機能でコスパ◎質感リアライザー搭載の24型テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、多機能ながらも安価に購入できるコスパが高いテレビです。映像を高画質で楽しめるように、「カラーテクスチャー復元」や「地デジ精細感復元」などの機能を搭載しています。また、鑑賞する映像に合わせてモードを切り替えることのできる機能も採用。質感リアライザーは、映像質感を自動調節してくれますよ。

さらに、3kgと軽いため、他の部屋に移動して使いたい時に便利です。24インチと小型なので、どんな狭い部屋でも設置することができますよ。加えて、ゲームモードを搭載。「ゲームダイレクト」機能でほとんど映像の遅れなく楽しめるため、ゲーム用にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
24 V型(インチ)
画素数 
1366x768
映像処理エンジン
レグザエンジンファイン
録画機能
外付けHDD
スピーカー数
2個
幅x高さx奥行 【mm】
553x356x143 mm
重量 【kg】
3 kg
Fleximounts

fleximounts テレビ壁掛け金具 壁面・水平調節 角度調節可能 32-55インチLED液晶テレビ対応 A22

価格:3,450円 (税込)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝 REGZA 55M530Xは壁掛け金具を使うことで壁に取り付けることができます。

壁に取り付けるのでテレビの位置や高さを自由に選ぶことができるメリットがあり、テレビ台がいらないのでお部屋を広く使うことが可能です。

4KビューティーXにより、映像の種類を細かく検知。細かい部分はより精細に、平坦な部分はより滑らかに。4K放送の美しさを再現しています。

 

地デジビューティーXにより、ノイズや動く映像での動きボケを抑えます。そのため、高画質を楽しむことができます。

 

 

新開発のバスレス型ボックスフルレンジスピーカーを搭載。

自然な臨場感低音から高音まで迫力のサウンドを楽しめます。

「みるコレ」機能を使えば、お好きなテーマを登録するだけで自動で録画してくれます。

さらに、「おまかせ録画番組表」により、録画された番組をあなただけの番組表として自動で作成してくれます。

※おまかせ録画は、USBハードディスク接続時に対応しています。

 インターネット接続環境が必要です。

東芝 REGZA 55M530Xは、反射抑制のための画面コーティングの白さが気になるとの意見があります。正面から画像をみているときは高画質の画像を楽しむことができます。しかし、斜めの位置から見ると白くかすんで見えるようです。

 

もちろん人によっては気にならない方もいらっしゃるでしょうが、広いリビングでは場所により見え方が異なり、見づらく感じるかもしれません。

東芝 REGZA 55M530Xは色合いが青紫色に感じるとの意見があります。人物の顔が青グレーに見えるようです。

 

人により色合いの感じ方も変わると思いますが、もし青っぽく見えるという方がいらっしゃいましたら色の設定を暖色に合わすと改善するようです。

 

東芝 REGZA 55M530Xは、デザインはスッキリしていて現代風で良いという意見が多いです。リモコンもシンプルで理解しやすく使いやすいです。

 

55インチなので大型テレビではあるものの、枠が薄くコンパクトな印象です。

実用性が高く、サイズ的にリビングの角にも設置しやすいという意見もあります。

 

テレビの画面サイズの選び方としては、50インチ以上であれば12畳以上の部屋の広さを推奨しています。

 

 

東芝 REGZA 55M530Xは、外付けHDDに対応。4K放送を見ながら別の4K放送を録画できる。BSも地デジも3チューナーを内蔵しているので番組を見ながら別の2番組の録画ができる機能が搭載されています。そのため、高い評価の意見が多いです。

 

見たい番組が重なっているときに非常に便利になっています。

東芝 REGZA 55M530Xは、レグザパワーオーディオシステムが搭載されており、バランスの良い迫力のあるサウンドが楽しめます。低音から高音までバランス良いサウンドで臨場感があります。

 

そのため、標準装備のスピーカーでも十分満足している方が多い印象です。

 

 

本機は等速パネル搭載のエントリーモデルですので、倍速パネル搭載のZ730Xなどのモデルに比べると、動きボケはどうしても劣ります。

出典: https://review.kakaku.com

55M530Xには、倍速機能がついていないために早い動きの映像のときに残像が残るようです。気にされない方はいいですが、人によってはデメリットになります。
画面近くで立ったり、少し離れて斜めから見ると、あれっ?画面が白っぽくて色褪せたように見える!

出典: https://review.kakaku.com

斜めから見ると、画面が白っぽく映るという意見が非常に多いです。VAパネルの場合は白っぽく映るようです。同じREGZAでもIPS方式のパネルを採用した上級モデルですと、多方向から見ても白っぽくならず大丈夫です。部屋でのテレビの配置的に斜めに見る機会が多い方は不満になりそうです。
55M530Xにはプラウザ機能が無いのでサイトを閲覧する事が出来ません。テレビでサイトを、見る機会は少ないですが、旧型にある機能がないのは少しショックでした。

出典: https://review.kakaku.com

これまでREGZAに標準装備されていたプラウザ機能が55M530Xには付いていません。プラウザ機能を使わない方にはまったく問題ありませんが、今まで使っていた方にとっては大きなデメリットになるでしょうね。
amazonプライムビデオやNetflixなどを主に見る人ならば、このMシリーズなどの倍速無しのスタンダードモデルが丁度いいかもしれませんね。

出典: https://review.cacaku.com

Netflixは映画をテレビで見るときは、倍速機能や映像オート機能をOFFにすることを提唱されています。映画好きで映画鑑賞が趣味のような方でしたら、高価な機能満載のテレビは必要ないかも知れませんね。コストパフォーマンスが上がります。
お値段の割にいいかも。総合的にお値段の割に手頃な仕様になっていると思います。

出典: https://review.kakaku.com

コストパフォーマンスがいいという意見です。デザイン・サイズ感、画質、音質、機能性など総合的に見て、価格の割に満足感が高いという意見が多く感じられました。
音質は今の狭小ベゼルタイプのテレビとしては非常に優秀だと思います。標準装備のスピーカーでこれならサウンドバー要らずです。

出典: https://review.kakaku.com

東芝公式ホームページでも高音質なことをアピールされていますが、実際に音質を聞き、満足している声が多いです。音楽番組が好きな方にはうれしい機能です。
大画面大迫力。リビング17畳あるので55型はピッタリでした。REGZAエンジンも納得の高画質。

出典: https://biccamera.com

やはり4Kということもあり、画質に満足されて高評価の声をあげる方が多数いらっしゃいます。画面サイズ的にも最適だという意見が目立っています。大きな画面できれいな映像を観れば、みなさん納得です。
番組表の不要な局を非表示にできないのが馬鹿馬鹿し過ぎる。L37H07が8年前にやったことが最新テレビで出来ないってのはホント呆れる。

出典: https://review.kakaku.com

細かいことかもしれませんが、人により様々なことが気になるようです。メーカーもすべての顧客の要望に応えることはできないので、総合的に評価するしかないんですよね。
エルジーエレクトロ二クス

OLED55B7P

価格:276,804円 (税込)

映画好きの方にピッタリな55V型有機ELテレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、リモコン1つでスムーズで直感的な操作ができる55V型有機ELテレビです。前モデルよりも中間輝度層での明るさが向上するだけでなく、画面各部分のピーク輝度が25%上がり、鮮明でクリアな映像を映し出してくれます。「Dolby Atmos」・「ドルビービジョン」・「HDR10」が搭載されているのも嬉しいですね。

そのため、音声にもこだわりたい映画好きの方にピッタリです。また、「マジックズーム」機能により、注目して見たい箇所や文字を最大500%まで拡大できます。年配の方の使用にも最適です。スマホとペアリングできるのも魅力です。
種類
有機ELテレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
55 V型(インチ)
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
1229x759x225 mm
重量 【kg】
20.5 kg

東芝 REGZA 43Z730Xは55M530Xの上位モデルとして同じ2019年6月に販売が始まりました。全録機能の「タイムシフトマシン」や「倍速機能」も備えています。

 

4K放送チューナーも搭載されており、4K液晶としてはトップクラスの高画質を誇ります。4K放送だけではなく、地デジ放送でも明らかにキレイな映像です。IPS液晶なので55M530Mのように斜めから画面を見たときの白っぽく映る感じもなく、視野角の心配も必要ありません。

 

音質については「レグザ重低音バズーカシステム PRO」が内蔵スピーカーとして搭載されています。43インチながら80W(15W×4、10W×2)の出力を誇り、迫力のサウンドを楽しめます。

 

画面サイズは43インチと少し小さいですが、各機能が充実しています。高機能を重視されるのであれば43Z730X。標準的な機能ですが、高画質な映像を楽しむことができ、コストを含め総合的に評価されるなら55M530Xがおすすめです。

東芝

50BM620X

価格:96,554円 (税込)

重低音BAZOOKA搭載高音質テレビ

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝の50インチの良コストパフォーマンステレビです。こちらの製品の最大の特徴が前面についている大型スピーカーで、東芝の音響技術であるBAZOOKAを用いることによって迫力のある重低音サウンドを実現しています。スピーカーが下向きについているテレビと比べるとその差は一目瞭然で、別付けでシアターシステムを用意しなくても十分な音質を発揮。映画やライブ鑑賞をする方に非常におすすめです。また、お求めやすい価格であるにも関わらず4Kチューナー内蔵なのも大きな利点です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
50 V型(インチ)
パネル性能
4K
画素数 
3840x2160
HDR 
対応
パネル種類
VAパネル
録画機能
外付けHDD
幅x高さx奥行 【mm】
1120x716x201 mm
重量 【kg】
19.5 kg

東芝 REGZA 50BM620Xは、55M530Xよりも1年早い2018年6月に販売が始まりました。

比較しても機能面では大きな差はありません。あえて違いを上げるならば、画面サイズと重量が違います。55インチの55M530Xに比べ、50BM620Xは50インチと小さくなります。

 

重量については55M530Xが15.5Kgに対して50BM620Xが19.5Kgもあり、画面サイズが小さな割には4Kgも重くなっています。

 

比較したところ大きな差はありませんので、画面サイズが大きく、重量も軽い55M530Xをおすすめします。

東芝

24S22

価格:19,800円 (税込)

多機能でコスパ◎質感リアライザー搭載の24型テレビ

\お買い物マラソン開催中!!/
楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\ペイペイジャンボ開催中!!/
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本商品は、多機能ながらも安価に購入できるコスパが高いテレビです。映像を高画質で楽しめるように、「カラーテクスチャー復元」や「地デジ精細感復元」などの機能を搭載しています。また、鑑賞する映像に合わせてモードを切り替えることのできる機能も採用。質感リアライザーは、映像質感を自動調節してくれますよ。

さらに、3kgと軽いため、他の部屋に移動して使いたい時に便利です。24インチと小型なので、どんな狭い部屋でも設置することができますよ。加えて、ゲームモードを搭載。「ゲームダイレクト」機能でほとんど映像の遅れなく楽しめるため、ゲーム用にもおすすめしたい商品です。
種類
液晶テレビ
画面サイズ【V型(インチ)】
24 V型(インチ)
画素数 
1366x768
映像処理エンジン
レグザエンジンファイン
録画機能
外付けHDD
スピーカー数
2個
幅x高さx奥行 【mm】
553x356x143 mm
重量 【kg】
3 kg

東芝 REGZA 55M530Xについて、商品概要、取扱説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

今回、紹介した55M530Xは東芝のREGZAで4K液晶のスタンダードモデルです。標準的なモデルですが、4K放送に対応。高画質エンジン「レグザエンジン」を搭載し、「4K/地デジビューティーX」機能も標準装備となっています。

 

その他に録画機能の「みるコレ」。迫力のサウンドを楽しめる「パワーオーディオシステム」など機能満載になっており、大変満足なモデルだと言えます。

 

しかし、視野角の問題などもありますので、実際に自分の目で見て確認することが大事です。

 

実際に確認し問題なければ、テレビの買い替えを考えている方は、コストパフォーマンスが抜群の東芝 REGZA 55M530Xをぜひ検討してみてはいかがですか。