東芝 55X830 テレビ評価・レビュー・製品情報・価格比較

最安値:¥149,000
55x830 テレビの商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較、価格などをまとめ、55x830 テレビがどんな人におすすめなのかを評価しました。

2021/12/07 更新

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

タイムシフトマシンのない廉価モデル

東芝の有機ELテレビ、X930シリーズの廉価版です。廉価と言っても違いはHDMI系統が7から4になっていることとタイムシフトマシンの有無しか差がないため、画質や音質は全く変わりません。それだけで大体40,000円程度の差がつくため、限られた予算の中での選択肢としてや、タイムシフトマシンを使用しない方には非常に有意義なテレビになっています。有機ELなので黒の表現力が液晶とは段違い。夜景や暗いシーンなどもくっきりした画質で視聴することができます。

倍速液晶

液晶テレビのコマは1秒間60コマだが、倍速になると倍の120コマになるため、従来の液晶より動きがなめらかになり、スポーツやアクション映画などの激しいシーンで違いが現れる。

タイムシフトマシン

東芝の上位機種に付いてくる機能で、専用の外付けHDDを接続することにより「地上波6ch全てを24時間365日ずっと録画し続ける」という機能。これによりテレビの番組表をさかのぼって検索し、視聴を行うことができる。

55X830の基本スペック

HDR  対応 画面分割(2画面機能) 
画面サイズ【V型(インチ)】 55 V型(インチ) 画素数(縦) 3840x2160
HDMI端子数 4端子ARC対応 Netflix対応
種類 有機ELテレビ パネル性能 4K
倍速機能  4K OLED クリアダイレクトモーション 1V型(インチ)あたりの価格【円】 2,720 円
BS 4K 110度CS 4K
地上デジタル BSデジタル
110度CSデジタル BS 4K数 2
110度CS 4K数 2 地上デジタル数 3
BSデジタル数 3 110度CSデジタル数 3
録画機能 外付けHDD 自動録画機能 
早見再生【倍速】 1.5 倍速 YouTube
Amazonプライム・ビデオ DAZN
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
Hulu U-NEXT
Paravi Chips!TV
有線LAN 無線LAN
ホームネットワーク機能 レグザリンク DTCP-IP 
SeeQVault対応  USB端子 2(通常録画専用1/汎用1)
光デジタル音声出力端子 1 LAN端子 1
ヘッドホン出力端子 視聴距離(目安) 1 m
消費電力【W】 355 W 待機時消費電力【W】 0.3 W
スマートスピーカー連携 Google アシスタントAmazon AlexaLINE Clova ゲームモード
重量 【kg】 23.5 kg

55X830のショップ比較

当ページの在庫とは、当ページ作成時点での在庫、最安値とは、在庫が◯となっているもののうち、当ページ作成時点での最安値を指します。いずれも現在の在庫や最安値を保証するものではありません。

類似商品と比較する

現役家電販売員兼家電ライター

たろっさ

ソニーの有機ELはこちら

ソニー
BRAVIA KJ-55A8G
321,851円〜

ネット対応を更に重視したい方はこちら

パナソニック
TH-55GZ1800
198,900円〜

コストを抑えて有機ELを検討したい方はこちらもおすすめ

エルジーエレクトロ二クス
OLED55B9PJA
141,540円〜

東芝 REGZA X830シリーズ 55X830の基本スペック

ソニー

KJ-43X8000G

価格:79,000円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メーカー 東芝 商品名 REGZA X830シリーズ 55X830
画面サイズ 55インチ 画素数 3840x2160
画質 4K、フルハイビジョン、HDR 録画機能 外付けHDD、自動録画機能
寸法/サイズ 1226x751x203 mm 重量 23.5 kg
機能 VODサービス連携、DTCP-IP 省エネ性能(★~★★★★★) ★★☆☆☆
取扱説明書 http://www.toshiba-living.jp/rev2.php

スペック詳細はこちら

 

取扱説明書はこちら

東芝 REGZA X830シリーズ 55X830のおすすめポイント

専用チューニングされた「4K有機EL」パネルによる高画質

専用にチューニングされた「4K有機EL」という新映像処理エンジンにより、美しい色彩と深みのある黒色の出力により、立体感のある映像と自然豊かな階調表現を実現。

「レグザエンジン」によりさらなる高画質を

AI技術、映像分析機能や設定機能を有効的に活用することで、4K衛星放送、動画配信サービスなどの様々な映像を3段階の高画質で楽しめる「レグザエンジン Professional」を搭載。

「有機ELレグザオーディオシステム」による豊かな高音質

スクリーンサイズに最適なオーディオシステムを合わせることで、低音から高音まで充実し、透明感と臨場感を併せ持つ高音質を再現。そして画面から直接流れ出てくるような自然な音像再生までも可能に。
さらには別売のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」をシンクロ動作することでさらなる臨場感のある高域再生も。

東芝 REGZA X830シリーズ 55X830の悪い点をレビュー

リモートコントローラーの操作性

ボタンが少し小さ、ボタンの配置が使いにくいなど細々としたものではあるが、いくつかの不満点が挙げられております。細かな問題ではありますが、普段使用する機会の多いリモコンなので小さくはない問題となりそうです。

ひと手間かかる配線位置

背面の端子盤やメカクシ板、配線ルートなどの位置が極端に寄っているせいで配線位置に若干の一工夫が必要となりそうです。本商品の設置位置によってはアンテナなどのケーブルの別途購入が必要となる可能性に注意したほうが良さそうです。

ゲーム画面の焼付きに注意

長時間(5~6時間以上)ゲームを放置していると、画面に焼き付きが発生するとの報告が上がっています。多少の手間がかかるかとは思いますが、放置前にスリープモードにするなどをして対策をしたほうが良さそうです。

東芝 REGZA X830シリーズ 55X830の良い点をレビュー

美しい色彩と細かな黒の画質表現

豊かな色合いと細かな黒の表現により、暗いシーンでも細部まではっきりと見えるほどの高画質に高評価の声が多いです。映画やドラマ、ゲームなど様々なコンテンツで暗所は少なからずありますし、やはりテレビの購入に置いて画質という一点は大きいのでこの商品の最も大きな利点です。

細かく設定のできる音質

内蔵スピーカーでありながら、及第点以上との声が多く見えます。さらには数多くの種類の設定が搭載されており、自分好みの音質の設定を探しやすくなっています。また、外部のオーディオとの接続も問題なく行えるため、お好みの設定や環境で音楽や音声をお楽しみいただけます。

薄幅なのに大きな画面

55インチという大きな画面で映像作品を楽しめるというのは大きな利点となっているようです。さらにこの東芝 REGZA X830シリーズ 55X830は大きな画面に似合わない薄型で、その設置の自由度により理想に沿った配置をしやすくなっています。

東芝 REGZA X830シリーズ 55X830の口コミを集めました

電源ケーブル差し込み位置が裏から見て極端に左端、一方アンテナやHDMIは右端、そしてその配線を中央にまとめてカバーをかけるようになっているが、中央経由で壁や機器に配線するので、ケーブル長がその分短くなる。 DIGAから取るアンテナケーブルがギリギリとなり、仕方なく買い替えた。

出典:https://review.kakaku.com

ケーブルの配置による問題はよく挙がるようです。知識がある人、慣れている人以外の方は設置の際などにケーブルが届くかなど少々注意をしたほうがいいかもしれません。

◆明暗 これでdeath strandingをやりましたが、暗いシーンもしっかり潰れず細部を描けていて、このテレビでプレイしてほんとに良かったと思いました。 明度の差が激しいゲームなので、安物液晶モニターでは暗すぎて何も見えませんでした。

出典:https://review.kakaku.com

黒色の表現に関しては高い評価が多く見受けられます。ゲームだけでなく、映画やドラマなど様々な映像作品で黒という色は多く使われるため、黒色が美しく出力するのは理想的ではないでしょうか。

スタンドは奥行きが短く設置の自由度が高い。 電源ケーブルの位置が端で外向きなのが始末がしにくい。もう少し中程ならよかった。 正面から見るには良いが、斜めから見る際には少々違和感がある。ホコリも表面に付きやすい。

出典:https://review.kakaku.com

設置の自由度が高いのはとてもよさそうですが、視聴する位置によっては違和感があるそうです。自由度が高いとは言っても、普段の視聴場所から計算して配置したほうが良さそうです。

有機ELなので、画像がきれいとは想像していましたが、期待以上です。 また音も前面からよく聞こえ聞きやすいです。 しいて言うなら、スイッチを押してから画面が表示されるまでのタイムラグがちょっと気になります。

出典:https://www.biccamera.com

やはり画質に関しては専用のチューニングに関しての良い意見が多く見えます。テレビにとっての画質は大事な要素なので評価が高いのは、購入の際に非常に大きなポイントとなるのではないでしょうか。

このスピーカーは、ある程度のエージングが必要なようです。 当初は声がキンキンして、特に女性の声は耳に刺さる硬い音質でした。 だからイコライザーで4Khzを抑え気味にしていたのですが、使用開始から1か月が経過して、かなり柔らかくなってきました。

出典:https://review.kakaku.com

音質に関しては標準程度というレビューが多いです。ただし、あくまで内蔵と見ると及第点という声が多いので、音質に拘る人は外部オーディオなどが必要となりそうです。

【応答性能】 ・同じく東芝46ZX9000から切り替えましたがアニメなどを見ていると気持ちが悪いほどにヌルヌルと動く映像に感動です。 ・ゲームモードは未使用ですがRPGなどのムービーシーンにも非常に相性が良さそうです。

出典:https://review.kakaku.com

応答性能は見てわかるほどの感動とのことです。ゲームやアニメなどのサブカルチャーを趣味として楽しむ方も購入を検討してみても損はしないテレビとなっていそうですね。

メーカー側で通常想定されてる使用法でも、ゲーム画面は焼き付きやすい物という認識がされてます(X830取説192Pを参照)。 さらに焼き付きの発生が起こりやすいとの覚悟の上で使用されるのが賢明でしょうね。もしくは、自分で出来る事をこまめに継続するなどの工夫が必要かと思います。

出典:https://bbs.kakaku.com

悪い点でも挙げましたが、ゲームの焼き付きはメーカー側での通常想定でも起こりやすいみたいですね。ゲームを多くされる方は要注意なポイントとなるかと思われます。

画質モードも「リビングAIピクチャー」が大変優秀で、他のモードに切替えたくなりません。 4Kの繊細さも素晴らしいが、20万円でプラズマをも超える感動の「真っ黒」が味わえます。

出典:https://review.kakaku.com

繊細な画質はもちろん、値段のパフォーマンスも素晴らしそうです。素晴らしいコストパフォーマンスを誇るので、値段以上の画質を期待して購入を予定している方へ文句なくおすすめできそうです。

東芝 REGZA 55X830とREGZA 55X930を比較する

ソニー

KJ-55A8F

価格:183,130円 (税込)

SONY KJ-55A8Gの型落ち商品です

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\楽天スーパーセール開催中!!/ 楽天市場で詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのテレビはSONY KJ-55A8Gの型落ち商品です。現在は最新モデルの、SONY KJ-55A8Gが発売されているので、そちらの購入がおすすめです。

REGZA 55X930はREGZA 55X830とほぼ同時期に同じメーカーである東芝から発売された55V型4K有機ELテレビです。

発売日が一月違いということからも伺える通り、サイズや画質、音質などもほぼほぼほぼ変わらないのですが、僅かな、しかし大きく違う点が数点あります。

 

1つ目の違いは地上デジタルチューナー数となります。REGZA 55X830は3に対し、REGZA 55X930は9となります。デジタルチューナーの数によって番組視聴中の録画可能数などに違いが生まれます。同時間にいくつもの録画を利用したい時にはREGZA 55X930に軍配が上がりそうです。

 

2つ目の違いはUSB端子での専用タイムシフトマシンの有無となります。このタイムシフトマシンの有無が最も大きな違いですが、このタイムシフトマシンでは過去に終了した番組の中から、タイムシフト視聴が有効な番組をすぐに視聴できるという機能です。また、対応する番組なら、番組中にオープニングまで巻き戻せるという機能です。

 

これらの違いから、REGZA 55X930はタイムシフトマシンなどの利便性を強化したREGZA 55X830のバージョンアップ版と言えるかもしれません。

しかし、機能追加の代償に値段自体は増加しているため、上記の機能に魅力を感じない場合は、REGZA 55X830を選ぶのも選択肢になりそうです。

東芝 REGZA 55X830とREGZA 55X920を比較する

東芝

55X920

価格:120,000円 (税込)

東芝 55X930の型落ち商品です

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\年末大感謝祭開催中!!/ Yahoo!で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのテレビは東芝 55X930の型落ち商品です。現在は最新モデルの、東芝 55X930が発売されているので、そちらの購入がおすすめです。

REGZA 55X920はREGZA 55X830と同じメーカーである東芝から、REGZA 55X830発売の一年前に発売された55V型4K有機ELテレビです。

 

大きな違いの一つとして、サイズと重量の違いがあります。

REGZA 55X920  横:1.2m、縦:75.1cm、厚さ:203mm、重量23.5kg

REGZA 55X830  横:1.2m、縦:72.2cm、厚さ:251mm、重量37.5kg

となっており、配置場所の利便性でREGZA 55X830に軍配が上がりそうです。

 

他にも、消費電力やHDR方式などでREGZA 55X830に軍配があがる一方、REGZA 55X920の利点としてはタイムシフトマシンに対応しているという一点でしょう。画質や音質、画面サイズに大きな違いはない上に、タイムシフトマシンが対応しているので、前述のREGZA 55X930より廉価でタイムシフトマシンが必要な場合に限り、REGZA 55X920にも一考の余地が生まれるのではないでしょうか。

 

ソニー

KJ-43X8000G

価格:79,000円 (税込)

\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面サイズ【V型(インチ)】 43V型(インチ) 画素数(縦) 3840x2160
録画機能 外付けHDD 幅x高さx奥行 【mm】 970x630x260mm
重量 【kg】 10.2kg 年間電気代【円】 2781円

東芝 REGZA X830シリーズ 55X830について、商品概要、説明書、おすすめポイント、口コミ・レビュー・評価、他製品との比較をまとめました。

 

東芝の公式からの発表・紹介の通り、鮮やかで豊かな色彩と深みのある黒色が織りなす美しい映像再現は眼を見張るものがあります。プラズマテレビをも凌駕しかねない映像美を備えているにも関わらず、コストパフォーマンスもよく、お求めしやすい価格となっています。

一方、音質の方は期待以上にはならず、内蔵スピーカーならこの程度、外部オーディオなどが必要などの声が多く、音質面を気にされる方は注意したほうが良さそうです。

 

また、ほぼ同スペックのREGZA 55X930などもあるため、ご自分の利用目的に沿った選択が必要となりそうなテレビかと思われます。

なので購入の際は、一度ご自分が利用されるサービスなどの確認から行ったほうがいいのではないかという感想を持ちました。

 

評価としては、映像美は文句なしだが、音質や配置も自身で調整できる方、もしくは音質よりも映像を優先するという方にはおすすめです。